THE BRIDGE

タグ Uber

4.5万人が稼働するUberロンドン市場で営業権が一時失効に

SHARE:

  ピックアップ:Uber’s fate in London hangs in the balance as transport regulator reportedly weighs a ban ニュースサマリー:Uberが持つロンドン市での営業権利が失効されたようだ。ロンドン交通局(正式名 Transport for London)は失効日である25日までに新たな営業ライセンスを発行…

 

pexels-photo-769049.jpeg
Image Credit : Pexels

ピックアップUber’s fate in London hangs in the balance as transport regulator reportedly weighs a ban

ニュースサマリー:Uberが持つロンドン市での営業権利が失効されたようだ。ロンドン交通局(正式名 Transport for London)は失効日である25日までに新たな営業ライセンスを発行するかどうかの判断を迫られたが、発行の動きを見せなかったことから静かに幕引きとなった。

ただし、Uberに21日間の控訴猶予日が残されていることから、すぐにオペレーションが止まることはない。また、裁判が始まれば判決が出るまで営業を続けていくことができる。ロンドン交通局はUberの運営禁止に関し積極的な検討を行なってきたとされ、一方のUberは当局の判断について楽観的だとの意見を述べていた。

しかし、ロンドン交通局はUberがいくつかの交通安全上のリスクを孕んでいる点を懸念。たとえばロンドン交通局がUberのドライバーを全て特定できておらず、1.4万にも及ぶ未登録車両が存在している点を問題視していた。

pexels-photo-374815.jpeg
Image Credit : Pexels

話題のポイント:Uberのロンドンでのサービス提供に暗雲が立ち込めてきているようです。2017年、Uberは初めてロンドン交通局に営業ライセンスを没収されました。その後、改善を試みた上で一時的な営業ライセンス付与に至り、15カ月に渡ってオペレーションを回しました。さらに今年9月には新たに一時営業ライセンスを取得し、11月までの約2カ月間の営業を行なってきました。

Uberにとってロンドンはヨーロッパの中でも最も利用数を誇る、4.5万を超えるドライバーを抱える市場です。今後のロンドン交通局の対応次第で本当に営業を停止する必要に迫れられます。そうなった場合は非常に大きな機会損失を生むでしょう。

ロンドン・ラジオ・ステーションの編集者はTwitter上でタレコミ情報をツイート。ロンドン交通局は同氏に対し「Uberはポジティブな改善をし続けてはいる」と回答しているようで、Uberによる一定のオペレーション改善努力は認めていることが分かります。この点が今後どう転ぶかは注目でしょう。

一方、Uberは余裕な姿勢を見せ続けています。というのも、Uberは控訴・上訴を行うことで実質的にオペレーションを延長し続けることができてしまうからです。許されるギリギリのラインを見計らいながら改善を施していくと同時に、だらだらと裁判の期間を引き延ばす戦略が垣間見れます。

Uberとしても欧州最大規模のロンドン市場を失うことだけは避けたいはずです。事実、Financial Timesによれば同社の株価は当ニュースを受け6%以上下落しました。これから裁判に臨み、出来る限りの改善を尽くすでしょうが、ロンドン交通局がどこまで譲歩するのかが焦点となりそうです。

----------[AD]----------

UberのQ3純損失は12億ドル、2021年を目途に黒字転換目指す

SHARE:

こちらは『Tech in Asia』の抄訳記事です。同メディアでは有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 米Uberは、11月4日、2019年度第3四半期における純損失として約12億ドルを計上した。昨年同四半期には9億8600ドルであったたため、損失額が…

uber smartphone iphone app
Photo by freestocks.org on Pexels.com

こちらは『Tech in Asia』の抄訳記事です。同メディアでは有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


米Uberは、11月4日、2019年度第3四半期における純損失として約12億ドルを計上した。昨年同四半期には9億8600ドルであったたため、損失額が増加していることが分かる。しかし、今年度第2四半期における損失額は52億ドルとされていたため経営状況は改善をみせているともいえるだろう。

今年初めに上場したUberだが、四半期ごとに経営状況は改善してきており、6億4700万ドルの収益成長も達成している。

顧客がUberに支払う予定であるグロスブッキング額(Gross bookings)は第3四半期において165億ドルに到達し、昨年から29%の上昇を記録している。総合的に見ると9月を含めた過去4か月で38億ドルを売り上げ、昨年同四半期に記録した29億ドルから39%の成長率をみせている。

Uberの総収益の内、ライドサービスUberが29億ドルを計上し、Uber Eats事業が6億4500万ドルを占めている。未だ赤字経営だが、同社CEOのDara Khostowshahi氏はCNBCの取材に対し、2021年をめどに黒字転換するだろうと発言している。

まだ最終的な目処は付いていませんが、2021年を目標に黒字転換すると見込んでいます。この目標設定を達成するために努力する箇所は多々ありますが、最大限の限りを尽くし実現を目指しています

Uberは競合のLyftに続き、米国で2番目に上場に成功したライドサービス企業。同社が上場した際、成長スピードが遅いことから黒字転換を迎えない可能性も指摘されていた。

今年9月には、別アプリとして運用していたUber Eatsを米国外の国で拡大展開。加えてUberはサービスに対する新たな安全機能の導入や、ライドシェアサービス及びUberEatsを利用できるサブスクリプションモデルの採用を開始している。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

なぜAirbnbは強く、Uberは弱いのか?ーー起業家が知っておくべき4つのネットワークエフェクト

SHARE:

ピックアップ記事: Why Some Platforms Thrive and Others Don’t 最近、SNSで「起業家が投資家へ事業戦略をピッチする際、答えるべき型がある」というやり取りをしばしば目にするようになりました。結論から言うと「ネットワークエフェクト」「規模のメリット」「ブランド」「高いスイッチコスト」の4つが答えになります。サービスが成長するために、何を武器に戦っていくかはこ…

Print
Image Credit: NFX

ピックアップ記事: Why Some Platforms Thrive and Others Don’t

最近、SNSで「起業家が投資家へ事業戦略をピッチする際、答えるべき型がある」というやり取りをしばしば目にするようになりました。結論から言うと「ネットワークエフェクト」「規模のメリット」「ブランド」「高いスイッチコスト」の4つが答えになります。サービスが成長するために、何を武器に戦っていくかはこのどれかを説明すれば片付くというものです。

しかしリサーチをしているなか、強固な「ネットワークエフェクト」を作り上げる4つの公式を押さえておけば、先ほどの全ての回答モデルを満たす筋道が見えると感じました。言い換えればネットワークエフェクト構築戦略さえ誤らなければ、あらゆる競合シチュエーションにおいても他社を負かせる“ディフェンス力”を獲得できると考えます。

そもそもネットワークエフェクトとは何でしょうか?最も簡単な答えとして挙げられるのが「使えば使うほど価値が増すシステム」です。

たとえばFacebookは友人同士のやり取りを活発化させることでネットワークを構築。現在は大問題になっていますが、個人データを膨大に集めて広告収益事業を成長させました。同様にAmazonもレビュー機能を通じて買い手と売り手を繋ぐマーケットプレイスを初期に構築。購買データからレコメンド機能の精度を上げて、さらにマーケットプレイスの価値を高めました。

それではGAFAに代表されるような巨大なネットワークを構築するにはどうすればよいのか。2つほど考えがあります。1つは強固なネットワークを構築できる領域から選択することです。

下記に記した13の領域は番号順にネットワーク効果の高い事業領域といわれています。事業アイデアを0から考えている起業家予備軍の方は高いランクのものから事業選定すれば強固なネットワークエフェクト構築の確率を上げられるかもしれません。本記事では2つ目の考えを中心に説明していくため、詳細説明は元記事『The Network Effects Manual: 13 Different Network Effects (and counting)』に譲ります。

  1. フィジカル(道路・電話・鉄道)
  2. プロトコル(Bitcoin・Ethereum)
  3. パーソナル・ユーティリティ(Facebook Messenger・Slack・Skype)
  4. パーソナル(Facebook・Instagram・Twitter)
  5. マーケット(AngelList・Houzz・TravelJoy)
  6. 2サイド・マーケットプレイス(eBay・Albibaba・Amazon)
  7. プラットフォーム(Microsoft OS・iOS・Android)
  8. アシンプトニック・プラットフォーム(Uber・Lyft)
  9. データネットワーク(Google・Yelp・Waze)
  10. テックパフォーマンス(VPN・BitTorrent)
  11. 言語(Google・若者言葉)
  12. 信念(宗教・イデオロギー)
  13. バンドワゴン – 人気や熱狂(Apple・Google・Stripe)
uber smartphone iphone app
Photo by freestocks.org on Pexels.com

さて、2つ目の考えは本題にもある、4つのネットワークエフェクト戦略を考察し、過去の事例から踏襲することです。前述したように次の4つの戦略を事業に取り入れることは「規模のメリット」「ブランド」「高いスイッチコスト」を含む全てのディフェンス力に繋がると考えています。

1. ネットワーク・クラスター

長期的に見て、単にユーザーを集めるだけでは強いネットワークエフェクトは誕生しません。なかでもローカルネットワークを積み重なって作る構築方法は注意が必要です。

たとえばUberのユーザー体験を考えてみましょう。東京に住むユーザーがニューヨークやサンフランシスコの配車状況を見ることはありません。つまり、ユーザーが利用するサービス都市毎にネットワーク構築がなされ、サービス展開都市数を増加させることで巨大なネットワーク網を作り上げているのがUberというわけです。

巨大なUberネットワークを因数分解するとバラバラのネットワークの積み重なりによって構成されている点を指して「クラスター」と呼びます。

他方、Airbnbは全く違うネットワークを保有します。ユーザーが最初に行うのは旅行先選択。東京に住んでいるユーザーが東京へ民泊するローカルな体験は想定していません。つまり旅行先に該当する都市数が多くなければそもそも成り立たないのがAirbnb。言い換えれば展開数が多いからこそ民泊市場を牽引できているのです。

brown wooden center table
Photo by Skitterphoto on Pexels.com

2つの事例を比較すると、タイトルにある通りAirbnbにはUberにはない強みがあります。それは参入障壁の高さです。

Uberは都市ベースで勝負をしているため、たとえば日本市場へ参入した場合、「日本交通」などのローカル企業と競合する形になります。ユーザー体験をベースにするとUberの競合数は数え切れないほど世界中に点在する構図ができあがってしまいます。

一方、Airbnbはグローバル規模でネットワークを広げて初めて成り立つモデルを採用。中小規模の競合他社を持つことはありません。いかに世界中にネットワークを持つかが競合力を測る物差しになるため、一度ネットワーク構築してしまえば後追いされる危険性が減るのです。

このように、仮に巨大なネットワーク構築ができた場合、どのような競合を迎え討たなければならないのかをユーザー体験視点で考える必要があるでしょう。「ローカル」vs「グローバル」ネットワークの視点から、後者の考えの方が長期戦略を語る際には説得力があるように思えます。

しかし、Uberのようにローカル都市ベースでネットワーク構築をしていく方向性の方が成長スピードが早い場合もあります。こうしたPro/Con比較をしっかりとした上で、最終的にどちらのネットワーク傾向を目指すのかを説明できるようになるとよいでしょう。

woman in the kitchen preparing to cook
Photo by Joe on Pexels.com

2. 仲介業者の排除と引き抜き

UberやLyft、TaskRabbitの台頭により、一時期ギグワーカー向けサービスが多数登場した時期がありました。そのなかでも注目されたのが家事手伝いサービス「Homejoy」。2010年にサンフランシスコで創業し、2015年に倒産にまで追いやられました。累計調達額が6,500万ドルにも及ぶ大型スタートアップです。

当初、家事手伝いサービス提供者にホームレスを雇用していたり、ちゃんとした契約書(W-2フォーム)を結んでいないなどの雇用形態が問題視されていたことでブランド低下を招いたことが倒産の原因だと叫ばれていました。しかしネットワークエフェクトの側面から見ると違った見方が浮かび上がってきます。それが「引き抜き」です。

Homejoyは家事手伝いマッチングが成立した時点で手数料を徴収するマーケットプレイスモデル。しかしサービス提供者がユーザーから直接「毎週同じ値段で家事手伝いに来てくれないか」と誘われてしまえばマーケットプレイスから引き抜かれてしまう危険性があります。手数料を徴収されないため、ユーザーからしたら損はなく、サービス提供者から見れば通常より15-20%多く稼ぐことができます。仲介業者に該当するサービスプラットフォームを排除し、引き抜く具合です。

close up of human hand
Photo by Pixabay on Pexels.com

上記の事例は個人が引き抜く想定事例ですが、企業レベルで行われてしまっては後発企業がユーザー獲得コストを削減することでき有利に立つことができます。実際、Uberと競合のLyft間ではこうした引き抜き合いが行われたことが容易に想像できます。手数料キャンペーンを張り続けた方が引き抜きの勝者になるため、共倒れリスクも考えられるでしょう。

この点、Airbnbのディフェンス思考は一歩先に行っています。サービスを実際に使われた方であればわかる通り、予約が完了するまで民泊先の連絡先・住所は公開されません。ユーザー視点から考えるとプライバシーを守るための導線であるように思えますが、実は引き抜き予防線になっているのです。

Airbnbでは一泊少なくとも50-100ドル以上を支払わないとサービス提供者へリーチすることができません。競合他社からすればそこまでの費用を払って連絡先を入手できたとしても、必ずしも自社民泊プラットフォームへ引き抜けるわけではないため断念せざるを得ません。

一方、HomejoyやUberなどの単価の安いサービスや、引き抜き策を講じていないサービスはどんどんネットワークを奪われてしまう可能性があります。いまでは規約に「ユーザー間の個人情報のやり取りを禁止する」と明言することで法的に守る手法が一般的ですが、あくまでも性善説に基づくため限界があるのです。

ちなみに初期のAirbnbは類似サービス「Craigslist」に掲載されている物件情報をさらいながらマーケットプレイス拡大を狙いました。今では徹底的に自社ネットワークを守っているAirbnbが、初期にはその逆手を突いた戦略を採用していた点は頭が切れるといえます。

引き抜きをする戦略は評価されますが、成長すれば引き抜かれるリスクを背負うことを意味します。最も優秀なプランはAirbnbのように“引き抜きはするが、成長フェーズでは引き抜きはさせない”ことを、取引額の高さやユーザー導線に組み込んだディフェンシビリティーの観点からを胸を張って言えるようなサービスでしょう。

apps blur button close up
Photo by Pixabay on Pexels.com

3. マルチホーミング

シリコンバレーでは複数のアプリを同時に立ち上げながら仕事をする人を頻繁に見かけます。

たとえばUberとLyftを立ち上げたスマホ2台を運転席に立て替えておいて、リクエストが入ってきた順、もしくは高い運賃を稼げるほうを承認するという使い方をするユーザーです。買い物代行サービス市場において同様の現象が起きており、「Instacart」「Postmates」の両方をうまく駆使しながら隙間時間を作らずにお金を稼ぐわけです。

このように競合サービスをリアルタイムで同時に使う現象を「マルチホーミング」と呼びます。先述した引き抜きにも似ていますが、文脈上では「共存」というのが適切でしょう。

日本でもキャッシュレスブームが起きてから「Paypay」「メルペイ」「LINE Pay」のどれを使うか迷い、とりあえず全てインストールして持っている方は少なくないのではないでしょうか?フリマアプリにおいても「メルカリ」と「ラクマ」の併用が想定できます。

このようなアプリ複数持ちの現象が続くと、競合優位性を高く保てないネットワーク構築に終始してしまいます。実際にサービス利用されるまで選択肢が残り続けるため、ネットワークに長く留まってくれるコアファンの獲得に繋がらず、安定的な収益化に走ることが困難になります。まさにレッドオーシャン市場の様相で、最終的に競合から逃げ切るには、マーケティングコストをかけてユーザーを多く獲得して逃げるという手法が最有力になるかもしれません。

長期的に見て、ユーザーに選択肢を与えないようなサービス像を描くことができれば競合と戦う必要がなくなり、こうした説明を投資家に向かってできれば非常に魅力的で考えられた事業プランと呼べるはずです。著名投資家Peter Thiel氏が述べる「競争せずに市場を独占しろ」という名言にも繋がる考えでしょう。

person riding on black bicycle
Photo by zhang kaiyv on Pexels.com

4. ネットワークブリッジ

多角化戦略をしながら他市場でもネットワークを構築、ユーザーとの接点を増やすことで様々なデータを獲得してネットワークエフェクトを最大化するのが「ネットワークブリッジ」です。

中国のEコマース企業「Alibaba」が好例です。自社傘下Eコマース事業「Taobao」「Tmall」と決済サービス「Alipay」を連携させることで相乗効果的にデータ獲得。取引データから信用情報を弾き出して金融事業にも攻勢をかけることを可能とし、「Ant Financial」の立ち上げを通じてデフォルト率の低いローンサービスを始めました。競合「Tencent」が「WeChat Pay」を通じた決済サービスの提供を始めたとしても、Eコマースを軸にした巨大な経済圏ネットワークを武器に独自のポジションを築き続けられています。

このように複数のネットワーク環境を構築することでプラットフォーム・オーナーであるAlibabaに大量のデータ資産が収集されます。ビックデータを活かすことでどのサービスチャネルにおいてもパーソナライズ・ユーザー体験を提供できるようになる、というわけです。

ネットワークブリッジの考えを起業初期から話したとしても絵に描いた餅の感じを持たれてしまうかもしれませんが、バーティカル特化で他市場へ参入できるポテンシャルを示せれば非常に良い説得力を与えられるでしょう。

abstract art blur bright
Photo by Pixabay on Pexels.com

最後に簡単に内容をまとめます。

ネットワーク要素が大きく絡む事業を考える場合、起業家は自社ネットワークの特徴を長期戦略の視点から分析し、ネットワークエフェクトを強化する手法を検討、投資家へ説明する必要があります。

具体的には「グローバルネットワークの構築」「引き抜き戦略対策」「脱マルチホーミング」「ネットワークブリッジによる規模拡大」の4つを提示する公式が浮かび上がります。そして冒頭に説明した残り3つのディフェンビリティーもこの公式に紐づきます。

「ネットワークブリッジ」と「規模のメリット」は同意、「グローバルネットワーク構築」と「脱マルチホーミング」を成すためには「ブランド力」が鍵となってくるため、必然的に検討すべき条件に上がってきます。そして「グローバルネットワーク構築」ができる事業であれば「スイッチコスト」は自ずと高くなるでしょう。こうして、ネットワークエフェクトに関する4つの公式を考えることで、投資家が起業家に求めるディフェンビリティーの説明を一挙に行うことができます。

タイトルに記したAirbnbの強さは、この4つの公式をほぼ全て満たせていることが要因と推測できます。唯一ネットワークブリッジが弱いように思えますが、最近ではビジネス旅行市場へ積極的に攻勢をかけていたり、P2Pクラウドファンディングサービスを買収していることから多角化戦略に舵を切るタイミングはじきに来るでしょう。

一方、Uberはネットワークブリッジを除く3つの点において決定的な弱点を抱えています。せっかく成長させたネットワークが縮小するリスクを多々含んでおり、競合他社の動向を気にしながらネットワークエフェクトを維持できるか常に気を配る必要があります。

みなさんの事業では今回紹介した4つのネットワークエフェクトの特徴を何個抑えられていたでしょうか?仮にいくつか考えの抜けている点があれば、しっかりと公式に沿ってテンプレート回答を用意しておくと無駄な説明準備コストをかけずに済むため、実際にチーム内で議論してみるとよいかもしれません。

----------[AD]----------

Uber、ペットと一緒に乗車できる「Uber Pet」をアメリカでローンチ

SHARE:

Uber は現在、アメリカで新サービス「Uber Pet」の試験運用を行っている。このサービスで利用者は、ペットの同乗を事前に許可してくれるドライバーをリクエストすることができる。 10月第1週に導入したオンデマンド求人プラットフォーム Uber Works など、Uber が最近手掛けるその他の事業拡大と比較すると、Uber Pet は単なる追加アップデートのように見えるかもしれない。しかし、全…

Uber Pet

Uber は現在、アメリカで新サービス「Uber Pet」の試験運用を行っている。このサービスで利用者は、ペットの同乗を事前に許可してくれるドライバーをリクエストすることができる。

10月第1週に導入したオンデマンド求人プラットフォーム Uber Works など、Uber が最近手掛けるその他の事業拡大と比較すると、Uber Pet は単なる追加アップデートのように見えるかもしれない。しかし、全世帯の36%が犬を飼っている同国のペット業界の規模を考慮すると、同サービスは実に理にかなっていると言える。つまり、多くの人にとって移動に関する摩擦問題をかなり回避することができる。

これまでの同社のペット規約では、「ドライバーは視覚障害などを持つ人を手助けするために訓練された介助犬を受け入れる」ことを求めている。それとは別に、乗客のペットを車内に受け入れるかどうかは、ドライバーの裁量に委ねられている。そのため、Uber は前もってドライバーにコンタクトを取り、動物も同乗する旨を知らせることを乗客に推奨していた。

Uber Pet

Uber Pet で同社は乗客とドライバー間のペット輸送に関するコミュニケーションの円滑化を実現させようとしている。

実のところ、ブラジル、メキシコを含む南米諸国や一部のアジア市場では、アメリカより先に Uber Pet を利用できていた。2017年、シンガポールでもローンチしたものの、翌年地元の配車サービス大手 Grab によって Uber の東南アジア事業が買収された。その際、ペットに特化したサービスは合併により消滅してしまったようだ。

現在、同社はアメリカという世界最大の市場に同サービスを進出する準備を進めている。

サービス開始は10月16日。まずはオースティン、デンバー、ナッシュビル、ミネアポリス・セントポール、フィラデルフィア、フェニックス、タンパ湾から事業を展開していく。同日以降、Uber の配車アプリ内で Uber Pet オプションが追加されるという。そのボタンをタップすることで、ペットにかかる追加料金の支払いに同意することとなる。価格は都市によって異なり、3〜5米ドル。

同社によると、その追加料金のほとんどはドライバーの懐に入り、ペット乗車を積極的に受け入れる十分なインセンティブになるという。ドライバー側はデフォルトでペットの乗車を受け入れることを選択されているが、アプリの設定メニューから解除することが可能だ。

注目すべき点は、Uber Pet が開始しても前述のペット規約には何も影響がないということである。引き続きドライバー側は、追加料金なしですべての介助犬を車内に乗せるよう求められる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ライドシェア次の戦場はどこにーーUber2Q決算から紐解く次の一手は?

SHARE:

ピックアップ:Uber Reports Second Quarter 2019 Results  ニュースサマリー:Uberは9日、第2四半期の決算報告書を公開した。同資料によれば、Q2における同社純利益は14%(YoY比)増で約31億ドルとなる一方、純損益は52億ドルと前年度の8780万ドルから大きく増加する結果となった。それでも最終的な修正後純利益は28.7億ドルと12% (YoY比)の増加率…

Capture.JPG

ピックアップUber Reports Second Quarter 2019 Results 

ニュースサマリー:Uberは9日、第2四半期の決算報告書を公開した。同資料によれば、Q2における同社純利益は14%(YoY比)増で約31億ドルとなる一方、純損益は52億ドルと前年度の8780万ドルから大きく増加する結果となった。それでも最終的な修正後純利益は28.7億ドルと12% (YoY比)の増加率となっている。ニューヨークタイムズによれば純損益の52億ドルの内39億ドルはIPO時における従業員への配当や関連資金としている。

Capture

話題のポイント:先日Pinterestの第2四半期決算報告書の内容をお伝えしましたが、今回はUberの2Qをチェックしてみたいと思います。

上記でも述べた通り損失の内39億ドルはIPO時における株式配当金(RSU:制限付きのストックオプション)、2億9800万ドルは「Driver Appreciation Award」というUberの運転手への報奨金として使われた一時的なものです。IPOに準じて生ずる内部の費用がマイナス全体の約80%を占めていることになるため、実質の損失額は約10億ドルいえるので前年度の8億7800万ドルと比較してもそこまで大きな差がありません。

Uberの決算報告書では、Uber ProやUber Rewardを通した利用者並びにドライバーへの還元姿勢、またUberEatsの海外市場における成長がハイライトとして言及されていました。ただ、ライドシェアリングという市場で見れば、この様な内容は目新しいものでなく、競合のLyftやGrabなども同じ内容を含んでいることが想像つきます。

Uberが先行していると感じたのは「Uber Air」、同社が進める「空飛ぶタクシー」プロジェクトです。ライドシェアが当たり前になった今、Uberは新たに「空」の移動市場に拡大をしようとしています。

<参考資料>

Capture.JPG

上資料はUberAirのホワイトペーパーに記載の、同プロジェクトにおける今後のタイムラインです。2025年を目途にオペレーションが開始されることが明記されており、初期デモンストレーションに1000万ドルから2000万ドル、公的な諸手続きや生産に1億5000万ドルから3億ドルのコストがかかると見込んでいます。

同プロジェクトの本格始動は2019年度、つまりまさに今、進行中ということなので、今後の決算資料にUberAirがどういった立ち位置で出てくるのか楽しみです。

----------[AD]----------

Uberが車内コンビニサービス提携強化へーー自動運転社会のAmazonを目指す、次の一手は乗客の購買データ獲得か

SHARE:

ピックアップ: Uber now gives passengers ride credits for buying stuff through Cargo’s in-car commerce platform ニュースサマリ:7月17日、配車コマーススタートアップ「Cargo」がモバイルマーケットアプリ「Cargo Store」の公式立ち上げを発表。Cargoは配車サービス中に飲食料品や家電、美容…

ピックアップ: Uber now gives passengers ride credits for buying stuff through Cargo’s in-car commerce platform

ニュースサマリ:7月17日、配車コマーススタートアップ「Cargo」がモバイルマーケットアプリ「Cargo Store」の公式立ち上げを発表。Cargoは配車サービス中に飲食料品や家電、美容品を購入できるプラットフォーム。2016年ニューヨークで創業し、累計調達額は2,940万ドル。

ドライバーは無料で専用ボックスと一緒に商品を取り寄せて乗客に販売する。商品購入が発生した時点でコミッションを収益として確保できる。これまでは簡単な飲食料品のみを提供していたが、同日から商材カテゴリーを増やす。加えてUberのサービス利用に使えるポイントバックキャンペーンを展開する。

Cargo Storeは配車サービス中にのみ利用できる。購入したい商品がある場合、備え付けのCargo BoxにQRコードを読み込ませ、PayPalやGoogle Payなどで支払いを済ませる。家電などの大型もしくは高級商品は後日乗客の住所へ配達される仕組み。

毎日数種類ほど高ポイントバック商品が売りに出される。たとえばAmazon EchoやNintendo Switchが挙げられる。配車中にのみ利用できるバーゲン体験を提供し、高いポイント還元でUberの利用率を高める考えだ。

また、高価格帯商品の販売にまで手を伸ばしたことでドラバイバー収益率がさらに高まる。昨今、UberやLyftの低賃金が大きな問題となっているが、Cargoはこうした問題解決を目指す。

Cargoは昨年Uberと公式パートナー契約を結んでおり、現在はUber特化型のサービスとして成長している。

話題のポイント: 今回のUberの動きの先に見えるのは自動運転社会です。なかでも自動運転車が普及したモビリティ社会における小売市場の覇権を握ろうとしている考えが伺えます。

同社会で利用される配車サービスにドライバーは同乗しません。その代わり、各自動車には顧客のパーソナルデータに沿って最適化されたサービスや商品が搭載されています。

配車サービスが小売店舗の役割を代替し、「店舗が顧客の元へやってくる」時代が到来するのです。たとえば空港へ向かう配車予約が入った場合、旅行グッズを載せた自動車が手配される具合です。(トヨタ自動車が非常に理解しやすいコンセプト動画を発表しているのでこちらからご覧ください)

顧客の購買意欲をそそるため、各乗客に最適化させた商品やサービスを載せた配車サービスが主流となる未来が到来するでしょう。本記事ではこの考えを「パーソナライズ配車」と呼びます。まさにCargoの車内コンビニはこの点を満足させる最初の一手となると考えます。

パーソナライズ配車を実現するためには2つの条件を満たす必要があります。自動運転の技術の確立と乗客のパーソナライズ購買データ構築のシステム導入です。

すでに前者の技術確立には多額の投資をしているUber。今回紹介したニュースは後者に当たる乗客データ獲得と商品最適化をさせるための長期戦略の一貫と見て良いと考えます。

現在Cargoは今回の商材カテゴリー拡大により乗客の購買データ収集接点を拡大。しばらくはUberのポイント還元をインセンティブに高価格品や大型商品を販売し、送客増加やドライバーの収益増加ツールとして利用されるでしょう。

しかし十分な活用価値が検証された際は本格的にUberとCargoの顧客データ連携が始まると予想されます。Uberが保有する乗車データとCargoの販売データ連携が実現すると感じます。

乗客/顧客データ連携が達成されれば「どの顧客が、どの配車ルート・時間に、どの商品を購入したか」を知ることができます。こうした乗客の購買趣向を知ることはパーソナライズ配車には必要不可欠な要素。

従来の小売企業が保有するデータとは違い、配車体験中の購買データは非常にユニークなもので他者には獲得できないものでしょう。Amazonですら手にできない特殊データと言えます。

先述したパーソナライズ配車の骨組みとなるのはデータです。繰り返しになりますが各乗客に最適化したサービスや商品を手配するには購買データ獲得が最低条件になります。そのため、乗車体験と小売販売データが紐づかせることで初めて次世代モビリティ社会の小売市場への布石が打たれるのです。

いづれせによ、自動運転車が走り回る世界における小売体験はAmazonも未だ戦略上参入できていない領域。Uberが次世代の小売体験を提供できる点には大きな可能性があります。UberとCargoの関係強化の流れは5-10年後の自動運転社会の購買体験を広げるための一手と考えて良いでしょう。

----------[AD]----------

空の道を走る「UberAir」がメルボルンでテスト飛行実施ーー「世界で最も住みたい街」が選ばれたワケ

SHARE:

ピックアップ:Uber Air picks Melbourne as its first international launch city ニュースサマリー:Uberは11日、同社が主催するカンファレンスUber Elevateにて、空飛ぶタクシーとなる「UberAir」をお披露目した。米国以外では初となるオーストラリア・メルボルンにてテストフライトを実施する。 2016年にUberは分散型電気…

Capture.JPG

ピックアップUber Air picks Melbourne as its first international launch city

ニュースサマリー:Uberは11日、同社が主催するカンファレンスUber Elevateにて、空飛ぶタクシーとなる「UberAir」をお披露目した。米国以外では初となるオーストラリア・メルボルンにてテストフライトを実施する。

2016年にUberは分散型電気推進による、電動垂直離着陸機(eVTOL)を開発するElevateプログラムを立ち上げている。今回の発表はこの取り組みとその他の自律走行車の取り組みの一環で、これまでにピッツバーク、トロント、サンフランシスコに応用技術拠点を開設してきた。

Uberはボーイングとパートナシップを結んでおり、同社は今年1月に自動運転型航空機のプロトタイプテスト飛行に成功したことを発表している。同市におけるテスト飛行は2020年より、商業利用は2023年を目標にしている。

話題のポイント:UberAirのパイロット飛行地として、海外では初選出となったオーストラリアのメルボルン。メルボルンと聞くと、どちらかといえばカフェの聖地でそこまでテクノロジー感ある街という印象はあまりありません。その中で、今回なぜメルボルンが選出されることとなったのでしょうか。

オーストラリア、ニュージーランド、北アジアにおいてUberのリージョナルマネージャーを務めるSusan Anderson氏によれば、Uberがオーストラリア市場に参入した2012年より、同国におけるユーザー数は増加を続け、現在では約380万人がUberを日常的に利用しています。

また豪政府もライドシェアリングの重要性を認識しています。というのも現在、オーストラリアでは交通機関の整備に対し年間約165億ドルのコストがかかっており、2030年には約300億ドルまで膨れ上がるという試算もあるそうです。

特に近年、メルボルンは「世界で最も住みたい街」に選出されるなど人口増加を続ける街です。そのため交通渋滞は深刻な問題になりつつあります。

Capture.JPG
Road Congestion in Australia

上図は、Australia Automobile Associationによって2018年に発表された「Road Congestion in Australia」に関する資料の一部になります。メルボルンにおける都市部と空港周辺の渋滞情報を表したもので、今の状況では道路を拡張しない限り改善は難しいと結論付けています。こういった直面した課題があるメルボルンという都市だからこそ、UberAirとシナジーがあったのでしょう。

----------[AD]----------

ボーイングが「空飛ぶタクシー」のテスト飛行に初成功、2〜4人乗りを視野に実用化目指す

SHARE:

ピックアップ:Boeing’s passenger air vehicle prototype rises into the sky for its first test flight ニュースサマリー:米シアトルに本社を置くボーイング社は1月23日、自動運転型航空機のプロトタイプのテスト飛行に初めて成功したと発表した。テスト飛行は22日にバージニア州のAurora Flight Science本…

flyingtaxi.png
Image Credit : Boeing / Youtube

ピックアップ:Boeing’s passenger air vehicle prototype rises into the sky for its first test flight

ニュースサマリー:米シアトルに本社を置くボーイング社は1月23日、自動運転型航空機のプロトタイプのテスト飛行に初めて成功したと発表した。テスト飛行は22日にバージニア州のAurora Flight Science本社に近い空港にて実施された。

Aurora Flight Scienceは2017年に同社によって買収された、無人電動垂直離陸期(eVTOL:electric-powered, vertical takeoff-and-landing aircraft)と呼ばれる貨物運搬航空機を開発している企業だ。

このような航空機はエアタクシー(空飛ぶ車、タクシー)としての利用が望まれている。ボーイング社はまず2人または4人乗りを視野に入れて実用化を目指す。AuroraはUberともパートナシップを結んでおり、2020年には「空飛ぶタクシー」のデモンストレーションをダラス、ドバイ、ロサンジェルスで行う予定だ。

----------[AD]----------

Uberが電動自転車&スクーターの自動運転プロジェクト始動?ーー「Uber Micromobility Robotics」、クリス・アンダーソン氏が明かす

SHARE:

ピックアップ:Uber is hiring engineers to develop self-driving bikes and e-scooters ニュースサマリー:Uberが自動運転技術の拡大を狙っているようだ。同社は電動自転車とスクーターのシェア事業に、開発中の自動運転技術を導入するためのR&Dを進めるプロジェクトが進行中なのだという。 これは先日開催されたイベント「DIY Ro…

uber.png

ピックアップ:Uber is hiring engineers to develop self-driving bikes and e-scooters

ニュースサマリー:Uberが自動運転技術の拡大を狙っているようだ。同社は電動自転車とスクーターのシェア事業に、開発中の自動運転技術を導入するためのR&Dを進めるプロジェクトが進行中なのだという。

これは先日開催されたイベント「DIY Robotics」にて公表された情報を、3D Robotics創業者のクリス・アンダーソン氏がTwitterで明かしたもの。彼はステージでプロジェクトの詳細が語られたと伝えているが、Uberからの正式なリリースはまだない。

同プロジェクトを推進しているチームは「Uber Micromobility Robotics」と呼ばれており、シェアリングサイクル事業を推進するUber Jumpと密に連携を取っているという。Uberは昨年4月にシェアリングサイクル事業者であったJump社を買収し、自社内事業部を設立していた。(執筆:増渕大志)

----------[AD]----------

2018年、電動スクーターシェアリングはどのように社会に浸透したか?

SHARE:

2017年がドックレスなバイクシェアリングの年であったとするならば、2018年はテックを活用したパーソナルモビリティのスタートアップにとってまったく新しい時代に突入した年であった。 昨年一年間を通して、中国のバイクシェアリング企業 Ofo(小黄車)と Mobike(摩拜単車)は正気とは思えない額の資金を調達して急成長中の市場に先を争って参入し、世界中の都市に手付けとして明るい色の自転車を設置した。…

01_DSC_1287
これは Bird だろうか? 電動スクーターのスタートアップがヨーロッパでローンチする。

2017年がドックレスなバイクシェアリングの年であったとするならば、2018年はテックを活用したパーソナルモビリティのスタートアップにとってまったく新しい時代に突入した年であった。

昨年一年間を通して、中国のバイクシェアリング企業 Ofo(小黄車)と Mobike(摩拜単車)は正気とは思えない額資金調達して急成長中の市場に先を争って参入し、世界中の都市に手付けとして明るい色の自転車を設置した。

時は流れて2018年、状況はあまり「明るい」ものではない。Ofo は破産と隣り合わせであり、Mobike は器物破損データ機密性の厳密な調査という困難を抱えている。ではドックレスのバイクシェアリングは消えてしまったのかと言えばそんなことはまったくなく、新たな市場への参入にはより慎重なアプローチが必要となったというだけのことである。長期的な成功のためには、できるだけ大量の自転車を都市に押し付ける勝負をライバルとするよりも、むしろ都市と協力することが必要不可欠となるだろう。

しかし2018年はパーソナルモビリティ界隈では著しい発展があった。さらなるフォームファクター、統合、インフラの発展が見られ、そして投資がそれに続いた。大きなトレンドの1つは電動の移動手段への移行だったが、特に焦点が当たっていたのは電動スクーターであった。

どの企業がどこでどういうサービスを提供しているのかを逐一チェックするのは実際困難であるため、ここではパーソナルモビリティ産業におけるいくつかの発展を簡単に振り返ってみたい。一目で分かるのは、命名に関しては4文字が人気ということだ。「Lime」「Bird」「Spin」「Jump」「Skip」というふうに。

Lime の時代

limee-bike
Lime-E

サンフランシスコを拠点とする LimeBike は今年、電動スクーターへの進出を強調すべく「Lime」としてブランドを刷新した。また一方では電動自転車も手札に加えカーシェアリングにも手を伸ばしている。これらすべてを支えるのは Uber や Alphabet の VC 部門である GV を含む大手から新たに調達した4億米ドルを超える資金である。

他の場所では、サンタモニカの Bird も電動スクーターのレンタルサービスを拡大すべく今年4億米ドル前後を調達し、現在ヨーロッパの多くの都市でビジネスを開始している

サンフランシスコの e スクーターのスタートアップ Spin が調達したのは800万米ドルという控え目な額であり、しかも昨年のことであった。だがこの少額の投資がおそらく理由となり、突然現れた Ford が先月同社を1億米ドルとされる額で買収した

東海岸ではニューヨークを拠点とする Jump Bikes が1月にペダルアシストの電動自転車を発展させるために1,000万米ドルを手に入れたが、その後4月に Uber が声をかけてそのままこのスタートアップを買収した。Uber の管理の下で Jump はその社名から「Bikes」を外し電動スクーターに進出したが、2018年の Jump の拡大で最も注目すべき点は、インフラへの投資の動きである。

Ofo や Mobike が取り組んでいるドックレスのバイクシェアリングとは違い、電動の移動手段は充電を必要とし、サービスを管理する上で障害が増えることにつながる。そのため Uber は1,000万米ドルの基金を含む幅広い持続可能なモビリティ推進の一環として、市場の1つに Jump の電動自転車充電ステーションをローンチした

JUMP-charging-stations-at-Sac.-city-college-light-rail-station
Jump の充電ステーション
Image Credit: Jump

Uber の CEO である Dara Khosrowshahi 氏はかつてこう述べていた。

前世紀において自動車の個人所有がモビリティに根源的なインパクトを与えたように、新たな形の移動手段はまた別の変革に拍車をかけていますし、そこには新たな困難とチャンスがあります。今日私たちは変曲点にいます。官と民が協力し、人々が移動するためのよりスマートで安全で、そして効率的な方法を共に作る必要がある時です。

今週(12月第4週)、Uber は Jump の e 自転車を大きくアップグレードするということも発表した。スマートフォンホルダー、QR コードによる簡単な解錠、そして交換可能なバッテリーなどである。これによって、チームを組んだスタッフが人力で電池切れの自転車を回収し充電所で充電する必要がなくなり、その場で数分のうちにバッテリーを交換できるようになる。

アメリカのライドシェアリングにおける Uber の大きなライバルにも注目しておくべきだろう。7月に Lyft はブルックリンを拠点とする Motivate を買収し、バイクシェアリングをサービスに加えたが、電動スクーターに進出するには時期が遅すぎた。

ラストマイル

これまで述べてきた企業はすべて同じ目標を持っている。それは都市中心部の交通インフラにおける、いわゆる「ラストマイル」の隙間を埋めることだ。バス停や駅への行き帰り、言い換えれば、機動力のある移動手段がより役に立つ2地点間である。

Lyft の共同設立者 John Zimmer 氏は同社の拡大の際にこう述べていた

Lyft アプリは何を重視するかという点で、またファーストマイルとラストマイルを埋める能力において、ユニークなものとなります。間もなく、リアルタイムの乗り換え情報を入手して複数の経路の計画を立てることができるようになり、そして乗り換え地点やライドシェアリングを拾える地点まで Lyft の自転車やスクーターで行くことができるようになります。

このトレンドはアメリカ企業に限ったものではない。ヨーロッパにおいても、オランダのスタートアップ Dott は丈夫な電動スクーターや自転車で先週(12月第3週)2,300万米ドルを調達した。またスウェーデンの Voi は最近、電動スクーターをヨーロッパ中の都市に拡大し続けるために5,000万米ドルという大金を調達した。同社のセールスピッチには現地当局と緊密に連携していくということも含まれている。つまり、Ofo や Mobike がやってしまったように当局や市民を怒らせたりはしないということだ。

Voi の CEO である Fredrik Hjelm 氏はこう指摘する。

スカンジナビア半島の、そしてヨーロッパの企業として、弊社のアプローチは対話と透明性に基づいています。ビジネスを行うために都市の道路やインフラを使用することは、当該都市の全面的な協力や支援がなければ不可能であると、弊社は固く信じています。

VOI10-by-Elliot-Nyhlin
Voi の電動スクーター
Image Credit: Elliot Nyhlin

電動スケートボードについても忘れないようにしよう。

2012年に設立されマウンテンビューを拠点とする Boosted は幅広い e スケートボードをローンチしてきた。だが12月20日、Boosted は「新たなフォームファクター」への進出のために6,000万米ドルを調達したと発表した。同社が追及する新たな製品がどういうものなのか概要は語られなかったが、賭け事が好きな人なら有り金を電動スクーターに賭けるだろう。実際、Boosted の電動スケートボードのライバルである Inboard が先月電動スクーターへの進出を公式に発表したばかりである。

余談になるが、Boosted の前 CEO 兼共同設立者の Sanjay Dastoor 氏は昨年同社を去り、Skip という e スクーターのスタートアップをローンチした。Skip は今夏にエクイティラウンドで獲得した2,500万米ドルに加えて、最近デットラウンドで1億米ドルを調達した

世界はスクーターに覆われつつあるようだ。

曖昧になる境界線

2019年という年も交通系アプリの世界でいくつか興味深い発展が見られると予想されるが、これは官と民の交通手段を分ける境界線を、技術が曖昧にし始めているのではないかということを強調するものだ。

人気の都市乗り換えアプリ Citymapper はロンドンで独自の交通サービスをローンチした。これは Smart Ride と呼ばれ、同社が持つ大量の都市のモビリティデータを活用してユーザが都市の中をどう移動しているのかを観察し、そしてより便利な公共交通手段はどれかを見極めるものである。前の年に同社は最初の商業バスサービスをローンチすることでその基盤を築いたが、ロンドンのバス規制ではリアルタイムデータに基づいて経路を変更することができなかった。規制を迂回するため、代わりに Citymapper は法的にはバスと見なされない小さめの8人乗り自動車に注力した。バスと同じように決まったネットワークと専用の停留所で運用されるが、Citymapper データが要求すればそこから逸脱する自由もあるというものだ。一方、乗り方はバスとは違い、Citymapper アプリを通じてタクシーのように席を予約することができる。

この仕組みもトレンドの一部である。

2017年に Lyft が固定経路と運賃の Lyft Shuttle サービスでバスを事実上再発明した際は嘲笑を受けていた。その1年後、Uber は既存の UberPool ライドシェアリングサービスと似た Uber Express Pool をローンチしたが、既存サービスとの違いは Express Pool は正確なドアツードアのサービスを提供しないという点であった。代わりに Uber は多くの人がライドシェアリングを求める場所の近くを通るベストなルートを割り出した。つまり、乗車するために数ブロック歩かなければならない人もいるかもしれないということだ。バスとタクシーの中間のようなものである。

現在 Uber アプリは自動車以外にも自転車や e スクーターを含めた移動手段のオプションを提供している。Citymapper も自転車やスクーターをアプリに加えている。つまり、今ではユーザは A 地点から B 地点への最適経路をより多くの選択肢から選ぶことができるのだ。バスや鉄道、徒歩、そしてスクーターを組み合わせたものが最適条件ということもあるかもしれない。

1_NduaRwPU9CDJx22xFeLizA
Citymapper:ロンドン

2019年は?

どんな業界でも何が盛り上がっているのか知りたければ、金の流れをチェックすべきだ。2018年は e 自転車や e スクーターの企業に対する大きな投資がいくつかあった。この流れは2019年以降にいくつかの主要な市場への展開や拡大で最高潮に達するだろう。今年はほんのウォームアップに過ぎない。

しかしながら、これほど多数の企業が同じ顧客を奪い合う中では、おそらく大きな合併も起こるのではないかと思われる。すでに Uber はラストマイルの目標を加速させるために e スクーターのスタートアップを探しているという報告もある。もし来年のパーソナルモビリティ業界で合併や買収が多発しても、驚くべきことではないだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------