BRIDGE

タグ Uber

Uber、ペットと一緒に乗車できる「Uber Pet」をアメリカでローンチ

SHARE:

Uber は現在、アメリカで新サービス「Uber Pet」の試験運用を行っている。このサービスで利用者は、ペットの同乗を事前に許可してくれるドライバーをリクエストすることができる。 10月第1週に導入したオンデマンド求人プラットフォーム Uber Works など、Uber が最近手掛けるその他の事業拡大と比較すると、Uber Pet は単なる追加アップデートのように見えるかもしれない。しかし、全…

Uber Pet

Uber は現在、アメリカで新サービス「Uber Pet」の試験運用を行っている。このサービスで利用者は、ペットの同乗を事前に許可してくれるドライバーをリクエストすることができる。

10月第1週に導入したオンデマンド求人プラットフォーム Uber Works など、Uber が最近手掛けるその他の事業拡大と比較すると、Uber Pet は単なる追加アップデートのように見えるかもしれない。しかし、全世帯の36%が犬を飼っている同国のペット業界の規模を考慮すると、同サービスは実に理にかなっていると言える。つまり、多くの人にとって移動に関する摩擦問題をかなり回避することができる。

これまでの同社のペット規約では、「ドライバーは視覚障害などを持つ人を手助けするために訓練された介助犬を受け入れる」ことを求めている。それとは別に、乗客のペットを車内に受け入れるかどうかは、ドライバーの裁量に委ねられている。そのため、Uber は前もってドライバーにコンタクトを取り、動物も同乗する旨を知らせることを乗客に推奨していた。

Uber Pet

Uber Pet で同社は乗客とドライバー間のペット輸送に関するコミュニケーションの円滑化を実現させようとしている。

実のところ、ブラジル、メキシコを含む南米諸国や一部のアジア市場では、アメリカより先に Uber Pet を利用できていた。2017年、シンガポールでもローンチしたものの、翌年地元の配車サービス大手 Grab によって Uber の東南アジア事業が買収された。その際、ペットに特化したサービスは合併により消滅してしまったようだ。

現在、同社はアメリカという世界最大の市場に同サービスを進出する準備を進めている。

サービス開始は10月16日。まずはオースティン、デンバー、ナッシュビル、ミネアポリス・セントポール、フィラデルフィア、フェニックス、タンパ湾から事業を展開していく。同日以降、Uber の配車アプリ内で Uber Pet オプションが追加されるという。そのボタンをタップすることで、ペットにかかる追加料金の支払いに同意することとなる。価格は都市によって異なり、3〜5米ドル。

同社によると、その追加料金のほとんどはドライバーの懐に入り、ペット乗車を積極的に受け入れる十分なインセンティブになるという。ドライバー側はデフォルトでペットの乗車を受け入れることを選択されているが、アプリの設定メニューから解除することが可能だ。

注目すべき点は、Uber Pet が開始しても前述のペット規約には何も影響がないということである。引き続きドライバー側は、追加料金なしですべての介助犬を車内に乗せるよう求められる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ライドシェア次の戦場はどこにーーUber2Q決算から紐解く次の一手は?

SHARE:

ピックアップ:Uber Reports Second Quarter 2019 Results  ニュースサマリー:Uberは9日、第2四半期の決算報告書を公開した。同資料によれば、Q2における同社純利益は14%(YoY比)増で約31億ドルとなる一方、純損益は52億ドルと前年度の8780万ドルから大きく増加する結果となった。それでも最終的な修正後純利益は28.7億ドルと12% (YoY比)の増加率…

Capture.JPG

ピックアップUber Reports Second Quarter 2019 Results 

ニュースサマリー:Uberは9日、第2四半期の決算報告書を公開した。同資料によれば、Q2における同社純利益は14%(YoY比)増で約31億ドルとなる一方、純損益は52億ドルと前年度の8780万ドルから大きく増加する結果となった。それでも最終的な修正後純利益は28.7億ドルと12% (YoY比)の増加率となっている。ニューヨークタイムズによれば純損益の52億ドルの内39億ドルはIPO時における従業員への配当や関連資金としている。

Capture

話題のポイント:先日Pinterestの第2四半期決算報告書の内容をお伝えしましたが、今回はUberの2Qをチェックしてみたいと思います。

上記でも述べた通り損失の内39億ドルはIPO時における株式配当金(RSU:制限付きのストックオプション)、2億9800万ドルは「Driver Appreciation Award」というUberの運転手への報奨金として使われた一時的なものです。IPOに準じて生ずる内部の費用がマイナス全体の約80%を占めていることになるため、実質の損失額は約10億ドルいえるので前年度の8億7800万ドルと比較してもそこまで大きな差がありません。

Uberの決算報告書では、Uber ProやUber Rewardを通した利用者並びにドライバーへの還元姿勢、またUberEatsの海外市場における成長がハイライトとして言及されていました。ただ、ライドシェアリングという市場で見れば、この様な内容は目新しいものでなく、競合のLyftやGrabなども同じ内容を含んでいることが想像つきます。

Uberが先行していると感じたのは「Uber Air」、同社が進める「空飛ぶタクシー」プロジェクトです。ライドシェアが当たり前になった今、Uberは新たに「空」の移動市場に拡大をしようとしています。

<参考資料>

Capture.JPG

上資料はUberAirのホワイトペーパーに記載の、同プロジェクトにおける今後のタイムラインです。2025年を目途にオペレーションが開始されることが明記されており、初期デモンストレーションに1000万ドルから2000万ドル、公的な諸手続きや生産に1億5000万ドルから3億ドルのコストがかかると見込んでいます。

同プロジェクトの本格始動は2019年度、つまりまさに今、進行中ということなので、今後の決算資料にUberAirがどういった立ち位置で出てくるのか楽しみです。

----------[AD]----------

Uberが車内コンビニサービス提携強化へーー自動運転社会のAmazonを目指す、次の一手は乗客の購買データ獲得か

SHARE:

ピックアップ: Uber now gives passengers ride credits for buying stuff through Cargo’s in-car commerce platform ニュースサマリ:7月17日、配車コマーススタートアップ「Cargo」がモバイルマーケットアプリ「Cargo Store」の公式立ち上げを発表。Cargoは配車サービス中に飲食料品や家電、美容…

ピックアップ: Uber now gives passengers ride credits for buying stuff through Cargo’s in-car commerce platform

ニュースサマリ:7月17日、配車コマーススタートアップ「Cargo」がモバイルマーケットアプリ「Cargo Store」の公式立ち上げを発表。Cargoは配車サービス中に飲食料品や家電、美容品を購入できるプラットフォーム。2016年ニューヨークで創業し、累計調達額は2,940万ドル。

ドライバーは無料で専用ボックスと一緒に商品を取り寄せて乗客に販売する。商品購入が発生した時点でコミッションを収益として確保できる。これまでは簡単な飲食料品のみを提供していたが、同日から商材カテゴリーを増やす。加えてUberのサービス利用に使えるポイントバックキャンペーンを展開する。

Cargo Storeは配車サービス中にのみ利用できる。購入したい商品がある場合、備え付けのCargo BoxにQRコードを読み込ませ、PayPalやGoogle Payなどで支払いを済ませる。家電などの大型もしくは高級商品は後日乗客の住所へ配達される仕組み。

毎日数種類ほど高ポイントバック商品が売りに出される。たとえばAmazon EchoやNintendo Switchが挙げられる。配車中にのみ利用できるバーゲン体験を提供し、高いポイント還元でUberの利用率を高める考えだ。

また、高価格帯商品の販売にまで手を伸ばしたことでドラバイバー収益率がさらに高まる。昨今、UberやLyftの低賃金が大きな問題となっているが、Cargoはこうした問題解決を目指す。

Cargoは昨年Uberと公式パートナー契約を結んでおり、現在はUber特化型のサービスとして成長している。

話題のポイント: 今回のUberの動きの先に見えるのは自動運転社会です。なかでも自動運転車が普及したモビリティ社会における小売市場の覇権を握ろうとしている考えが伺えます。

同社会で利用される配車サービスにドライバーは同乗しません。その代わり、各自動車には顧客のパーソナルデータに沿って最適化されたサービスや商品が搭載されています。

配車サービスが小売店舗の役割を代替し、「店舗が顧客の元へやってくる」時代が到来するのです。たとえば空港へ向かう配車予約が入った場合、旅行グッズを載せた自動車が手配される具合です。(トヨタ自動車が非常に理解しやすいコンセプト動画を発表しているのでこちらからご覧ください)

顧客の購買意欲をそそるため、各乗客に最適化させた商品やサービスを載せた配車サービスが主流となる未来が到来するでしょう。本記事ではこの考えを「パーソナライズ配車」と呼びます。まさにCargoの車内コンビニはこの点を満足させる最初の一手となると考えます。

パーソナライズ配車を実現するためには2つの条件を満たす必要があります。自動運転の技術の確立と乗客のパーソナライズ購買データ構築のシステム導入です。

すでに前者の技術確立には多額の投資をしているUber。今回紹介したニュースは後者に当たる乗客データ獲得と商品最適化をさせるための長期戦略の一貫と見て良いと考えます。

現在Cargoは今回の商材カテゴリー拡大により乗客の購買データ収集接点を拡大。しばらくはUberのポイント還元をインセンティブに高価格品や大型商品を販売し、送客増加やドライバーの収益増加ツールとして利用されるでしょう。

しかし十分な活用価値が検証された際は本格的にUberとCargoの顧客データ連携が始まると予想されます。Uberが保有する乗車データとCargoの販売データ連携が実現すると感じます。

乗客/顧客データ連携が達成されれば「どの顧客が、どの配車ルート・時間に、どの商品を購入したか」を知ることができます。こうした乗客の購買趣向を知ることはパーソナライズ配車には必要不可欠な要素。

従来の小売企業が保有するデータとは違い、配車体験中の購買データは非常にユニークなもので他者には獲得できないものでしょう。Amazonですら手にできない特殊データと言えます。

先述したパーソナライズ配車の骨組みとなるのはデータです。繰り返しになりますが各乗客に最適化したサービスや商品を手配するには購買データ獲得が最低条件になります。そのため、乗車体験と小売販売データが紐づかせることで初めて次世代モビリティ社会の小売市場への布石が打たれるのです。

いづれせによ、自動運転車が走り回る世界における小売体験はAmazonも未だ戦略上参入できていない領域。Uberが次世代の小売体験を提供できる点には大きな可能性があります。UberとCargoの関係強化の流れは5-10年後の自動運転社会の購買体験を広げるための一手と考えて良いでしょう。

----------[AD]----------

空の道を走る「UberAir」がメルボルンでテスト飛行実施ーー「世界で最も住みたい街」が選ばれたワケ

SHARE:

ピックアップ:Uber Air picks Melbourne as its first international launch city ニュースサマリー:Uberは11日、同社が主催するカンファレンスUber Elevateにて、空飛ぶタクシーとなる「UberAir」をお披露目した。米国以外では初となるオーストラリア・メルボルンにてテストフライトを実施する。 2016年にUberは分散型電気…

Capture.JPG

ピックアップUber Air picks Melbourne as its first international launch city

ニュースサマリー:Uberは11日、同社が主催するカンファレンスUber Elevateにて、空飛ぶタクシーとなる「UberAir」をお披露目した。米国以外では初となるオーストラリア・メルボルンにてテストフライトを実施する。

2016年にUberは分散型電気推進による、電動垂直離着陸機(eVTOL)を開発するElevateプログラムを立ち上げている。今回の発表はこの取り組みとその他の自律走行車の取り組みの一環で、これまでにピッツバーク、トロント、サンフランシスコに応用技術拠点を開設してきた。

Uberはボーイングとパートナシップを結んでおり、同社は今年1月に自動運転型航空機のプロトタイプテスト飛行に成功したことを発表している。同市におけるテスト飛行は2020年より、商業利用は2023年を目標にしている。

話題のポイント:UberAirのパイロット飛行地として、海外では初選出となったオーストラリアのメルボルン。メルボルンと聞くと、どちらかといえばカフェの聖地でそこまでテクノロジー感ある街という印象はあまりありません。その中で、今回なぜメルボルンが選出されることとなったのでしょうか。

オーストラリア、ニュージーランド、北アジアにおいてUberのリージョナルマネージャーを務めるSusan Anderson氏によれば、Uberがオーストラリア市場に参入した2012年より、同国におけるユーザー数は増加を続け、現在では約380万人がUberを日常的に利用しています。

また豪政府もライドシェアリングの重要性を認識しています。というのも現在、オーストラリアでは交通機関の整備に対し年間約165億ドルのコストがかかっており、2030年には約300億ドルまで膨れ上がるという試算もあるそうです。

特に近年、メルボルンは「世界で最も住みたい街」に選出されるなど人口増加を続ける街です。そのため交通渋滞は深刻な問題になりつつあります。

Capture.JPG
Road Congestion in Australia

上図は、Australia Automobile Associationによって2018年に発表された「Road Congestion in Australia」に関する資料の一部になります。メルボルンにおける都市部と空港周辺の渋滞情報を表したもので、今の状況では道路を拡張しない限り改善は難しいと結論付けています。こういった直面した課題があるメルボルンという都市だからこそ、UberAirとシナジーがあったのでしょう。

----------[AD]----------

ボーイングが「空飛ぶタクシー」のテスト飛行に初成功、2〜4人乗りを視野に実用化目指す

SHARE:

ピックアップ:Boeing’s passenger air vehicle prototype rises into the sky for its first test flight ニュースサマリー:米シアトルに本社を置くボーイング社は1月23日、自動運転型航空機のプロトタイプのテスト飛行に初めて成功したと発表した。テスト飛行は22日にバージニア州のAurora Flight Science本…

flyingtaxi.png
Image Credit : Boeing / Youtube

ピックアップ:Boeing’s passenger air vehicle prototype rises into the sky for its first test flight

ニュースサマリー:米シアトルに本社を置くボーイング社は1月23日、自動運転型航空機のプロトタイプのテスト飛行に初めて成功したと発表した。テスト飛行は22日にバージニア州のAurora Flight Science本社に近い空港にて実施された。

Aurora Flight Scienceは2017年に同社によって買収された、無人電動垂直離陸期(eVTOL:electric-powered, vertical takeoff-and-landing aircraft)と呼ばれる貨物運搬航空機を開発している企業だ。

このような航空機はエアタクシー(空飛ぶ車、タクシー)としての利用が望まれている。ボーイング社はまず2人または4人乗りを視野に入れて実用化を目指す。AuroraはUberともパートナシップを結んでおり、2020年には「空飛ぶタクシー」のデモンストレーションをダラス、ドバイ、ロサンジェルスで行う予定だ。

----------[AD]----------

Uberが電動自転車&スクーターの自動運転プロジェクト始動?ーー「Uber Micromobility Robotics」、クリス・アンダーソン氏が明かす

SHARE:

ピックアップ:Uber is hiring engineers to develop self-driving bikes and e-scooters ニュースサマリー:Uberが自動運転技術の拡大を狙っているようだ。同社は電動自転車とスクーターのシェア事業に、開発中の自動運転技術を導入するためのR&Dを進めるプロジェクトが進行中なのだという。 これは先日開催されたイベント「DIY Ro…

uber.png

ピックアップ:Uber is hiring engineers to develop self-driving bikes and e-scooters

ニュースサマリー:Uberが自動運転技術の拡大を狙っているようだ。同社は電動自転車とスクーターのシェア事業に、開発中の自動運転技術を導入するためのR&Dを進めるプロジェクトが進行中なのだという。

これは先日開催されたイベント「DIY Robotics」にて公表された情報を、3D Robotics創業者のクリス・アンダーソン氏がTwitterで明かしたもの。彼はステージでプロジェクトの詳細が語られたと伝えているが、Uberからの正式なリリースはまだない。

同プロジェクトを推進しているチームは「Uber Micromobility Robotics」と呼ばれており、シェアリングサイクル事業を推進するUber Jumpと密に連携を取っているという。Uberは昨年4月にシェアリングサイクル事業者であったJump社を買収し、自社内事業部を設立していた。(執筆:増渕大志)

----------[AD]----------

2018年、電動スクーターシェアリングはどのように社会に浸透したか?

SHARE:

2017年がドックレスなバイクシェアリングの年であったとするならば、2018年はテックを活用したパーソナルモビリティのスタートアップにとってまったく新しい時代に突入した年であった。 昨年一年間を通して、中国のバイクシェアリング企業 Ofo(小黄車)と Mobike(摩拜単車)は正気とは思えない額の資金を調達して急成長中の市場に先を争って参入し、世界中の都市に手付けとして明るい色の自転車を設置した。…

01_DSC_1287
これは Bird だろうか? 電動スクーターのスタートアップがヨーロッパでローンチする。

2017年がドックレスなバイクシェアリングの年であったとするならば、2018年はテックを活用したパーソナルモビリティのスタートアップにとってまったく新しい時代に突入した年であった。

昨年一年間を通して、中国のバイクシェアリング企業 Ofo(小黄車)と Mobike(摩拜単車)は正気とは思えない額資金調達して急成長中の市場に先を争って参入し、世界中の都市に手付けとして明るい色の自転車を設置した。

時は流れて2018年、状況はあまり「明るい」ものではない。Ofo は破産と隣り合わせであり、Mobike は器物破損データ機密性の厳密な調査という困難を抱えている。ではドックレスのバイクシェアリングは消えてしまったのかと言えばそんなことはまったくなく、新たな市場への参入にはより慎重なアプローチが必要となったというだけのことである。長期的な成功のためには、できるだけ大量の自転車を都市に押し付ける勝負をライバルとするよりも、むしろ都市と協力することが必要不可欠となるだろう。

しかし2018年はパーソナルモビリティ界隈では著しい発展があった。さらなるフォームファクター、統合、インフラの発展が見られ、そして投資がそれに続いた。大きなトレンドの1つは電動の移動手段への移行だったが、特に焦点が当たっていたのは電動スクーターであった。

どの企業がどこでどういうサービスを提供しているのかを逐一チェックするのは実際困難であるため、ここではパーソナルモビリティ産業におけるいくつかの発展を簡単に振り返ってみたい。一目で分かるのは、命名に関しては4文字が人気ということだ。「Lime」「Bird」「Spin」「Jump」「Skip」というふうに。

Lime の時代

limee-bike
Lime-E

サンフランシスコを拠点とする LimeBike は今年、電動スクーターへの進出を強調すべく「Lime」としてブランドを刷新した。また一方では電動自転車も手札に加えカーシェアリングにも手を伸ばしている。これらすべてを支えるのは Uber や Alphabet の VC 部門である GV を含む大手から新たに調達した4億米ドルを超える資金である。

他の場所では、サンタモニカの Bird も電動スクーターのレンタルサービスを拡大すべく今年4億米ドル前後を調達し、現在ヨーロッパの多くの都市でビジネスを開始している

サンフランシスコの e スクーターのスタートアップ Spin が調達したのは800万米ドルという控え目な額であり、しかも昨年のことであった。だがこの少額の投資がおそらく理由となり、突然現れた Ford が先月同社を1億米ドルとされる額で買収した

東海岸ではニューヨークを拠点とする Jump Bikes が1月にペダルアシストの電動自転車を発展させるために1,000万米ドルを手に入れたが、その後4月に Uber が声をかけてそのままこのスタートアップを買収した。Uber の管理の下で Jump はその社名から「Bikes」を外し電動スクーターに進出したが、2018年の Jump の拡大で最も注目すべき点は、インフラへの投資の動きである。

Ofo や Mobike が取り組んでいるドックレスのバイクシェアリングとは違い、電動の移動手段は充電を必要とし、サービスを管理する上で障害が増えることにつながる。そのため Uber は1,000万米ドルの基金を含む幅広い持続可能なモビリティ推進の一環として、市場の1つに Jump の電動自転車充電ステーションをローンチした

JUMP-charging-stations-at-Sac.-city-college-light-rail-station
Jump の充電ステーション
Image Credit: Jump

Uber の CEO である Dara Khosrowshahi 氏はかつてこう述べていた。

前世紀において自動車の個人所有がモビリティに根源的なインパクトを与えたように、新たな形の移動手段はまた別の変革に拍車をかけていますし、そこには新たな困難とチャンスがあります。今日私たちは変曲点にいます。官と民が協力し、人々が移動するためのよりスマートで安全で、そして効率的な方法を共に作る必要がある時です。

今週(12月第4週)、Uber は Jump の e 自転車を大きくアップグレードするということも発表した。スマートフォンホルダー、QR コードによる簡単な解錠、そして交換可能なバッテリーなどである。これによって、チームを組んだスタッフが人力で電池切れの自転車を回収し充電所で充電する必要がなくなり、その場で数分のうちにバッテリーを交換できるようになる。

アメリカのライドシェアリングにおける Uber の大きなライバルにも注目しておくべきだろう。7月に Lyft はブルックリンを拠点とする Motivate を買収し、バイクシェアリングをサービスに加えたが、電動スクーターに進出するには時期が遅すぎた。

ラストマイル

これまで述べてきた企業はすべて同じ目標を持っている。それは都市中心部の交通インフラにおける、いわゆる「ラストマイル」の隙間を埋めることだ。バス停や駅への行き帰り、言い換えれば、機動力のある移動手段がより役に立つ2地点間である。

Lyft の共同設立者 John Zimmer 氏は同社の拡大の際にこう述べていた

Lyft アプリは何を重視するかという点で、またファーストマイルとラストマイルを埋める能力において、ユニークなものとなります。間もなく、リアルタイムの乗り換え情報を入手して複数の経路の計画を立てることができるようになり、そして乗り換え地点やライドシェアリングを拾える地点まで Lyft の自転車やスクーターで行くことができるようになります。

このトレンドはアメリカ企業に限ったものではない。ヨーロッパにおいても、オランダのスタートアップ Dott は丈夫な電動スクーターや自転車で先週(12月第3週)2,300万米ドルを調達した。またスウェーデンの Voi は最近、電動スクーターをヨーロッパ中の都市に拡大し続けるために5,000万米ドルという大金を調達した。同社のセールスピッチには現地当局と緊密に連携していくということも含まれている。つまり、Ofo や Mobike がやってしまったように当局や市民を怒らせたりはしないということだ。

Voi の CEO である Fredrik Hjelm 氏はこう指摘する。

スカンジナビア半島の、そしてヨーロッパの企業として、弊社のアプローチは対話と透明性に基づいています。ビジネスを行うために都市の道路やインフラを使用することは、当該都市の全面的な協力や支援がなければ不可能であると、弊社は固く信じています。

VOI10-by-Elliot-Nyhlin
Voi の電動スクーター
Image Credit: Elliot Nyhlin

電動スケートボードについても忘れないようにしよう。

2012年に設立されマウンテンビューを拠点とする Boosted は幅広い e スケートボードをローンチしてきた。だが12月20日、Boosted は「新たなフォームファクター」への進出のために6,000万米ドルを調達したと発表した。同社が追及する新たな製品がどういうものなのか概要は語られなかったが、賭け事が好きな人なら有り金を電動スクーターに賭けるだろう。実際、Boosted の電動スケートボードのライバルである Inboard が先月電動スクーターへの進出を公式に発表したばかりである。

余談になるが、Boosted の前 CEO 兼共同設立者の Sanjay Dastoor 氏は昨年同社を去り、Skip という e スクーターのスタートアップをローンチした。Skip は今夏にエクイティラウンドで獲得した2,500万米ドルに加えて、最近デットラウンドで1億米ドルを調達した

世界はスクーターに覆われつつあるようだ。

曖昧になる境界線

2019年という年も交通系アプリの世界でいくつか興味深い発展が見られると予想されるが、これは官と民の交通手段を分ける境界線を、技術が曖昧にし始めているのではないかということを強調するものだ。

人気の都市乗り換えアプリ Citymapper はロンドンで独自の交通サービスをローンチした。これは Smart Ride と呼ばれ、同社が持つ大量の都市のモビリティデータを活用してユーザが都市の中をどう移動しているのかを観察し、そしてより便利な公共交通手段はどれかを見極めるものである。前の年に同社は最初の商業バスサービスをローンチすることでその基盤を築いたが、ロンドンのバス規制ではリアルタイムデータに基づいて経路を変更することができなかった。規制を迂回するため、代わりに Citymapper は法的にはバスと見なされない小さめの8人乗り自動車に注力した。バスと同じように決まったネットワークと専用の停留所で運用されるが、Citymapper データが要求すればそこから逸脱する自由もあるというものだ。一方、乗り方はバスとは違い、Citymapper アプリを通じてタクシーのように席を予約することができる。

この仕組みもトレンドの一部である。

2017年に Lyft が固定経路と運賃の Lyft Shuttle サービスでバスを事実上再発明した際は嘲笑を受けていた。その1年後、Uber は既存の UberPool ライドシェアリングサービスと似た Uber Express Pool をローンチしたが、既存サービスとの違いは Express Pool は正確なドアツードアのサービスを提供しないという点であった。代わりに Uber は多くの人がライドシェアリングを求める場所の近くを通るベストなルートを割り出した。つまり、乗車するために数ブロック歩かなければならない人もいるかもしれないということだ。バスとタクシーの中間のようなものである。

現在 Uber アプリは自動車以外にも自転車や e スクーターを含めた移動手段のオプションを提供している。Citymapper も自転車やスクーターをアプリに加えている。つまり、今ではユーザは A 地点から B 地点への最適経路をより多くの選択肢から選ぶことができるのだ。バスや鉄道、徒歩、そしてスクーターを組み合わせたものが最適条件ということもあるかもしれない。

1_NduaRwPU9CDJx22xFeLizA
Citymapper:ロンドン

2019年は?

どんな業界でも何が盛り上がっているのか知りたければ、金の流れをチェックすべきだ。2018年は e 自転車や e スクーターの企業に対する大きな投資がいくつかあった。この流れは2019年以降にいくつかの主要な市場への展開や拡大で最高潮に達するだろう。今年はほんのウォームアップに過ぎない。

しかしながら、これほど多数の企業が同じ顧客を奪い合う中では、おそらく大きな合併も起こるのではないかと思われる。すでに Uber はラストマイルの目標を加速させるために e スクーターのスタートアップを探しているという報告もある。もし来年のパーソナルモビリティ業界で合併や買収が多発しても、驚くべきことではないだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Uberに強い競合が生まれるのにAirbnbが独り勝ちの理由

SHARE:

ピックアップ:Why Airbnb will be worth more than Uber via Recode 最近、老化が激しいのか朝が早く、しこしこ記事を仕込んでいたらトレンドニュースのチェック王、國光宏尚さんがこんなことをFacebookにポストしていました。 Airbnbの前四半期売上は10億ドルを超え、二年続きでEBITDAベース黒字。競合らしい競合も見当たらない。Uberは世界中で…

pexels-photo-725255
Photo by Nina Uhlíková on Pexels.com

ピックアップ:Why Airbnb will be worth more than Uber via Recode

最近、老化が激しいのか朝が早く、しこしこ記事を仕込んでいたらトレンドニュースのチェック王、國光宏尚さんがこんなことをFacebookにポストしていました。

Airbnbの前四半期売上は10億ドルを超え、二年続きでEBITDAベース黒字。競合らしい競合も見当たらない。Uberは世界中でライバルが出まくったのと大きな違い。何でだろう?興味深いな

国光 宏尚さんの投稿 2018年11月17日土曜日

 

2018年第3四半期の売上が10億ドルを超えた、ということでさすがY Combinatorの申し子、IPOが楽しみになる内容です。

で、そういやと思い出したのがこのRecodeのポッドキャスト。UberとAirbnbでは時価総額評価では倍以上の差があるのですが、実際の事業評価はAirbnbの方が上だ、というものです。

Uberモデルは5000万ドルあればローカルデマンドで作れるけどAirbnbは別のエリアからやってくるニーズ(越境)をマッチングさせる難しさがある、とまあ大体そんな感じの指摘です。さらにこの國光さんのポストにコメントしてたけんすう(古川健介さん)の内容が丁寧。

特に獲得を考えた時「配車で便利に六本木から渋谷いきたい人」と「中国から東京に1週間滞在したい旅行者」ではなかなか後者に手を出しづらいのは確かです。UberにはDidiやGrabが次々生まれるのにAirbnbには類するもの(もちろんローカルはあります)が生まれにくい理由なのかなと。

ちなみにTikTokが世界トップになった理由は未だに理解できてません。

----------[AD]----------

米中間選挙:Uber、Lyft、Lime、Zipcarは、どうやって有権者を投票日に投票所まで連れていったのか?

SHARE:

11月6日、数百万人のアメリカ人が、アメリカ全土の投票所で、国、州、市の候補者に投票する。しかし、予算削減の結果や利用可能な歳入の縮小、投票所職員の採用難により、投票所が閉鎖され、他の人より長い距離を移動しなければならない人がいる。 Election Assistance Commission によると、2008年から2012年の間に1万2,000か所が閉鎖されたのに続き、2012年から2016年…

Uber-Clean-Air-Plan-2018_2-©Uber_CPG-Photography
Photography by CPG Photography Ltd

11月6日、数百万人のアメリカ人が、アメリカ全土の投票所で、国、州、市の候補者に投票する。しかし、予算削減の結果や利用可能な歳入の縮小、投票所職員の採用難により、投票所が閉鎖され、他の人より長い距離を移動しなければならない人がいる。

Election Assistance Commission によると、2008年から2012年の間に1万2,000か所が閉鎖されたのに続き、2012年から2016年までに3,000近くの投票所が統合もしくは閉鎖された。ワイオミングやインディアナなどの州は20%以上削減したと報告しており、他16州でも投票所は全体的に減少している。

無料の交通手段でこのギャップを埋めると約束している都市もあるが、その他の場所では、Uber、Lyft、Line、Via、Lime などのライドシェア企業が、投票所へ向かう有権者のためにプロモーション料金の範囲を広げる予定だ。

いいニュースだ。なぜなら、投票所の閉鎖はただ不便なだけではない。投票率に重大な影響を及ぼすからだ。Center for Information and Research on Civic Learning and Engagement の研究によると、2016年の選挙では、有権者が投票所にたどり着けないという理由で1,500万人の人が投票しなかったと推定している。また、Pew Research Center による国勢調査データの分析では、交通手段の不足が、登録有権者が投票しない理由のトップ10に入っていることが明らかになった。

有権者が乗り越えなければいけない障害ができるたび、苦しくなります。特に、もっとも貧しく、ほとんどが危険にさらされた、弱い市民に影響する時は。

ワシントン州の Lawyers’ Committee for Civil Rights Under Law の Voting Rights Project の法律顧問、John Powers 氏は今週(11月第2週)声明でこのように述べている。

Uber

01_Screen-Shot-uber

Uber は、11月6日に投票所まで乗車する場合10米ドル割引する、と先月末語った。この割引は1日限定で、Uber のアメリカ全土で「もっとも安価な」オプション(Express Pool、Uber Pool、Uber X のいずれか)の片道料金に適用される。ただし、ユタ州とミシガン州(選挙日の交通手段の割引に制限があるため)、アメリカ領とプエルトリコの住人は対象外だ。

Uber アプリの専用の Poll Button では、近隣の投票所を表示し、特別なプロモーションコードで乗車予約をするようユーザを促す。このプロモーションコードは、投票日に利用可能となる。

これは、同社が2016年に行った「投票へ行こう」という取り組みの拡大版だ。この取り組みでは、Google と提携して投票日のリマインダーを送付したり、Uber アプリを通じて投票所への道順を送付した。

Uber の CEO である Dara Khosrowshahi 氏はブログにこう書いている

2018年の選挙がすぐそこまで来ている中、アメリカ中の団体や企業が民主的なプロセスを支援するため、より一層努力しています。Uber では、私たちも役割を果たしたいと思っています。有権者登録を支援したり、投票日に投票所にたどり着けるよう支援することで。

また、Uber は、#VoteTogether と連携し、一部のコミュニティで最大7米ドル相当の乗車サービスを無料で提供する。また、Democracy Works とも連携し、10米ドルの割引キャンペーンを周知する。(#VoteTogether は、1万5,000以上のプロモーションコードを配布している。)さらに、Uber の125か所の Greenlight Hub や、Uber アプリで提供されるリソース(When We All Vote 提供)を通じて有権者登録を行うようドライバーに推奨している。

さらに、選挙運動や団体は Uber Event サービスを利用し、投票所への乗車に利用できるプロモーションコードを購入・配布できるという。

Lyft

02_Lyft

Lyft は、8月の発表によると、Vote.org、Nonprofit Vote、TurboVote などと提携し、投票日にアメリカ全土で乗車サービスを50%オフで提供する。これは、20市場で価格を45%切り下げた2016年のプロモーションコードよりも少し気前のいいものとなっている。今年のコードは提携先の BuzzFeed から利用可能だ。

また、交通における「重大な障害」に直面している「十分なサービスを受けていない」コミュニティに、非営利無党派団体を通じて乗車サービスを無料で提供するという。対象団体は、Voto Latino、地元の Urban League 加盟団体、National Federation of the Blind、Faith in Action、League of Women Voters、Student Vets of America などだ。

有権者の認知度を高めるため、Lyft では When We All Vote や National Voter Registration Day と協力し、プッシュ通知で登録期限をリマインドしたり、Lyft Hub でドライバーに投票者情報を提供したり、提携団体を通じてオンラインで投票者情報を提供したりしている。

11月6日に Lyft で乗車サービスを提供したドライバーの中から選ばれた人に、特別なギフトが贈られる。

Getaround

03_getaround
Getaround では、GETAROUND2VOTE のプロモーションコードで投票日の予約をすると、10米ドルの割引が得られる。対象都市は、サンフランシスコ、オークランド、バークレー、ロサンゼルス、ポートランド、シカゴ、ワシントン DC、ニュージャージー、フィラデルフィア、シアトル、ボストン、ニューヨーク、マイアミ、サンディエゴ。割引は11月7日まで有効だ。

広報担当者は以下のように語る。

交通手段の不足が歴史的に多くの方にとって投票への障壁となっていたことは承知しています。弊社の目標は、車を持たない方が、簡単で信頼性のある方法で投票所にたどり着けるようにすることです。適切な交通手段を持っていないお友達も何人か連れて、ご乗車いただければと思っています。その方たちの声も届くように。

Via

04_sadf
Via は、投票日キャンペーンでは、より局所的な取り組みを行っている。カリフォルニア州ウェストサクラメント(利用可能な公共交通手段が不足している郊外の地域)と、提携するもう1都市で、割引料金を提供する。住民は、WSVOTES のプロモーションコードを使用すると、午前7時から午後10時の間、どの投票所へも1米ドルで Via に乗車できる。

Lime

05_LimeBike-closeup
e スクーターとバイクのシェアリングサービスを提供する Lime は今週(11月第2週)、投票所への無料乗車サービスを提供すると発表した。11月6日に Lime アプリで LIME2VOTE18のコードを入力すると、100都市以上で、Lime のバイク、e バイク、e スクーターの全車両を最大30分利用できるようになる。
Lime の共同設立者 Brad Bao 氏は次のように語る。

Lime について初めて読んだという方も、最初から弊社コミュニティの一員だという方も、弊社は、ライダー様に革新的なサービスを提供し、よりよい未来の一員となるべく新しい機会を提供し続けることを誇りに思います。投票日の投票所への交通手段は、多くのアメリカ人にとって課題になることが多いです。弊社では、私たちの役割を果たして支援しています。

Lime は、Vote.org や I Am a Voter と協力し、登録期限、不在者投票申込期限、期日前投票所の場所、投票日の投票場所などのリマインダーや個人に合わせた情報を提供する。全ライダーに向けて、11月6日に追加の投票情報とともにリマインダーを e メールで送付するという。

Skip

06_skip
ドックレスの e スクーターを提供するスタートアップ Skip では、同社の Instagram または Twitter アカウントをフォローし、投票して、「I VOTED」のステッカーと Skip のスクーターを枠内に入れた自撮り写真を(「@SkipScooters」と「#SkiptothePolls」のタグ付きで)投稿した人に、ポイントを付与する。5米ドルの乗車ポイントがユーザ1人につき1回付与され、12月6日までの乗車で有効だ。

Skip は Medium でこのように述べている。

弊社では、私たちがサービスを提供するコミュニティを支援できることを誇りに思います。私たちが望んでいる都市やインフラ、世界を構築するには、私たち一人ひとりがその役割を果たすことが必要だと認識しています。皆さんの声を届けるために時間を使っていただけますように!

Motivate

07_FEAT_Motivate_NewBike_Photo-Courtesy-Motivate
バイクシェアオペレーターの Motive では、投票日に9つの都市圏で無料乗車サービスを提供する。対象都市は、ベイエリア、ボストン、シカゴ、コロンバス、ジャージーシティ、ニューヨーク、ポートランド、ミネアポリス、ワシントン DC だ。

シカゴを拠点とする同社のサブブランド Divvy では、VOTE18のコードで、15米ドルの Explorer Pass を無料でユーザに提供する。このパスでは、24時間以内に3時間の乗車が何回でも利用できる。ポートランドでは、Motivate の Biketown が、30分間の無料乗車を BIKE2VOTE のコードで投票者に拡大する。

また、アプリに BIKETOVOTE のコードを入力すると、1日パスが利用可能になる。対象アプリは、Motivate の Citi Bike(ニューヨーク、ジャージーシティ)、Bluebikes(ボストン)、Capital Bikeshare(ワシントン DC)、Nice Ride Minnesota(ミネアポリス)、Ford GoBike(ベイエリア)、CoGo(オハイオ州コロンバス)だ。

Motivate の広報担当者 Julie Wood 氏は次のように語る。

この投票日を、これまでで一番、投票所へペダルを漕ぐのが簡単な日にしたいと思っています。信頼性があって安価な交通手段が不足していることを理由に投票しないアメリカ人が多すぎます。有権者の皆さんが11月6日の計画を立てる中、都市在住で弊社のバイクシェアネットワークを利用されている数百万人の方に、無料乗車サービスを利用し、投票所への行き帰りにバイクシェアを使うことを奨めています。

Zipcar

08_Zipcar_Logo.svg_
Zipcar は2016年の選挙期間中も割引を行ったが、今回もそれは変わらない。投票日の夜(11月6日午後6時から午後10時)に Zipcar を利用する顧客は、次に乗車する際に20米ドルの割引が受けられる。

同社はブログにこう書いている

Zipcar では、シンプルで信頼性の高い都市生活を可能にすることを使命としています。この使命は、私たちが市民として投票する責任とも合致しています。弊社では公民としての意識を持った Zipster のコミュニティに対し、ご自身が投票所に迅速に向かうだけではなく、他の方々にも投票するよう呼びかけることを奨励しています。一緒なら、真の変化をもたらすことができるからです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

TikTok擁するBytedanceが30億ドル調達報道、評価額は750億ドルで世界一に

SHARE:

ピックアップ:Bytedance Is Said to Secure Funding at Record $75 Billion Value via bloomberg ニュースサマリ:TikTokを運営する中国Bytedanceが30億ドルの資金調達ラウンドを完了した。Bloombergなどが関係者筋の情報として報じた。ソフトバンクグループなどが参加しておりその評価額は750億ドル(プレ評価)に…

photography of person on green mountain
Photo by mirsad mujanovic on Pexels.com

ピックアップ:Bytedance Is Said to Secure Funding at Record $75 Billion Value via bloomberg

ニュースサマリ:TikTokを運営する中国Bytedanceが30億ドルの資金調達ラウンドを完了した。Bloombergなどが関係者筋の情報として報じた。ソフトバンクグループなどが参加しておりその評価額は750億ドル(プレ評価)に達している。これは未公開企業としては最大の評価額となる。

話題のポイント:記憶に新しいリップシンクソーシャル「Musica.ly」買収(2017年11月)から1年たらずエイベックスグループとの提携で本格的に日本での影響力を拡大しつつある「TikTok」に大型調達の話題です。この手のソーシャルはInstagram以降、SnapChatあたりで止まってる印象もあって、ここ数年のTikTokや台湾のM17 Entertainment「17 Live」などのアジア勢躍進は目を見張るものがあります。

評価額もうなぎのぼりで、CB Insigtsのユニコーンリストで比較するとUberが720億ドルですからあっさりそれを超えてしまいました。(但し、Uberには来年に1200億ドル評価でのIPO予測も)まさに彗星の如く、という感じですね。

----------[AD]----------