BRIDGE

タグ Via

NY発の相乗りライドシェア「Via」、シリーズEで2億米ドルを調達——社員移動にサービス利用の森ビルも出資、評価額は23億米ドルに

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 Via Transportation は、バンやバスを使ったオンデマンドのライドシェアシェアリングを提供している。同社はシリーズ E ラウンドで2.3億米ドルを調達した。バリュエーシ…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Via Transportation は、バンやバスを使ったオンデマンドのライドシェアシェアリングを提供している。同社はシリーズ E ラウンドで2.3億米ドルを調達した。バリュエーションは23億米ドル。

新型コロナウイルスの流行が世界的に経済環境を動揺させる中、今回の資金調達は発表された。ソーシャルディスタンスやテレワークが原因で、ライドシェアアプリやホテルのアグリゲーターなどのビジネスが深刻な打撃を受けている。また、スタートアップは特に、投資家から新しい資金や約束された資金を調達することが困難になっている。

Source: Via Transportation

これまでのところ、物流や輸送サービスは、このトレンドに流されていない。Tech in Asia の分析によれば、2月の資金調達総額は前年比26%減の46億米ドルとなった。物流・輸送では13件で11億米ドルの資金調達があり、業種別ではトップとなった。

2月下旬、東南アジアの配車サービス大手の Grab は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)や TIS などの投資家から8億5,000万米ドル以上の資金調達を行ったと発表した。インドネシアの競合である Go-jek も3月中旬に12億米ドルの資金調達ラウンドをクローズした。

今回の最新ラウンドは、イタリアのアニェッリ家(フィアットの創業家)の持株会社である Exor がリードインベスターを務めた。新規投資家には、 Shell、Macquarie Capital、森ビルなどが名を連ねている。既存の投資家である Pitango、83North、Hearst Ventures、Ervington Investments、Planven Ventures、Broadscale Group、RiverPark Ventures もこのラウンドに参加した、と Via は述べている。

特にこのような困難な時代にあって、ダイナミックでデータドリブンの公共モビリティシステムという Via のビジョンに対する Exor のコミットメントを非常に評価している。(Via 共同設立者 Oren Shoval 氏と Daniel Ramot 氏)

2012年にイスラエル人起業家によって設立されたアメリカ拠点の Via は、同じ方向に向かう複数の乗客や荷物を集約できるサービスを提供。このアプリは20カ国70都市以上で利用可能で、これまでに世界中で7,000万人以上に乗車サービスを提供してきたと同社は述べている。

Source: Via Transportation

Via は、世界中の規制当局や公共交通機関と協力し、既存インフラをより効率的にすることを目指しているという。

シンガポールでは陸上交通庁(LTA)と提携し、オンデマンドの公共バスサービスを提供している。日本では、伊藤忠商事、森ビルと戦略的パートナーシップを結び、森ビルの従業員向けにバン通勤サービスを提供している。また、インドネシアでは、Teknologi Rancang Olah Nusantara(TRON)と提携し、ブカシで公共交通機関とバンシェアリングサービスを提供している。TRON のモバイルアプリでは、ユーザは15人乗りのシェアバンをリクエストすることができる。

<関連記事>

Via は、アジアの地元企業との提携により、独自のニーズに対応している。アフリカ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、インドの農村部では、公共交通機関の選択肢がないため、ほとんどのユーザはタクシーとバスの中間のような個人経営のシェアバンを利用している。Via を使うことで、こういったのサービスの安全性や価格設定の問題に対処できる可能性が高い。

業界大手の Uber は「UberXL」で多人数用のライドシェアサービスを提供しているが、Uber のプラットフォーム上のほとんどのユーザは、アプリを Uber の配車サービスと認識している。アメリカに拠点を置く Uber とインドの競合 Ola Cabs は最近、新型コロナウイルスの影響で、世界で最も人口密度の高い国の1つであるインドでのライドシェアサービスを停止した。これより前、Grab はシンガポールとフィリピンで「GrabShare」を停止している。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

相乗り前提のライドシェア「Via」が伊藤忠・森ビルと戦略的パートナシップで日本市場に本格参入

SHARE:

ピックアップ:Via Announces Strategic Partnership with ITOCHU Corporation and Mori Building Company ニュースサマリー:ライドシェアサービスを展開するVia Transportationは15日、伊藤忠商事および森ビルと戦略的パートナシップを結んだと発表した。同社はニューヨークに本社を置く、米国発のスタートアップ企…

Capture.PNG

ピックアップVia Announces Strategic Partnership with ITOCHU Corporation and Mori Building Company

ニュースサマリー:ライドシェアサービスを展開するVia Transportationは15日、伊藤忠商事および森ビルと戦略的パートナシップを結んだと発表した。同社はニューヨークに本社を置く、米国発のスタートアップ企業。一般的なライドシェアサービスとは違い、Viaは初期段階から「誰か」と相乗りすることが前提のサービス。独自のアルゴリズムで最適化されたうえでマッチングされるため、効果的にかつ低価格で利用することができる。

話題のポイント:UberやLyftによるライドシェアサービスの戦いが繰り広げている中で、Viaはまた新しい観点で市場を拡大させているスタートアップです。

同社は昨年8月ごろより、森ビル社員向けに実証実験を開始していました。メルセデスベンツとの連携で提供された「HillsVia」は、森ビル社員が無償で利用でき、「オンデマンド型シャトルサービス」として運営展開していたものです。

180801_1.jpg
森ビルリリースより

ライドシェアという形ではなく、市内を無償で移動することができる「オンデマンド型シャトルバス」とすることで日本の法律に沿って、実践的な取り組みをしているという形ですね。「相乗り」前提のライドシェア、言い換えればUberやLyftがメインで獲得していない市場の隙間を狙っているといえるVia、面白そうです。

米中間選挙:Uber、Lyft、Lime、Zipcarは、どうやって有権者を投票日に投票所まで連れていったのか?

SHARE:

11月6日、数百万人のアメリカ人が、アメリカ全土の投票所で、国、州、市の候補者に投票する。しかし、予算削減の結果や利用可能な歳入の縮小、投票所職員の採用難により、投票所が閉鎖され、他の人より長い距離を移動しなければならない人がいる。 Election Assistance Commission によると、2008年から2012年の間に1万2,000か所が閉鎖されたのに続き、2012年から2016年…

Uber-Clean-Air-Plan-2018_2-©Uber_CPG-Photography
Photography by CPG Photography Ltd

11月6日、数百万人のアメリカ人が、アメリカ全土の投票所で、国、州、市の候補者に投票する。しかし、予算削減の結果や利用可能な歳入の縮小、投票所職員の採用難により、投票所が閉鎖され、他の人より長い距離を移動しなければならない人がいる。

Election Assistance Commission によると、2008年から2012年の間に1万2,000か所が閉鎖されたのに続き、2012年から2016年までに3,000近くの投票所が統合もしくは閉鎖された。ワイオミングやインディアナなどの州は20%以上削減したと報告しており、他16州でも投票所は全体的に減少している。

無料の交通手段でこのギャップを埋めると約束している都市もあるが、その他の場所では、Uber、Lyft、Line、Via、Lime などのライドシェア企業が、投票所へ向かう有権者のためにプロモーション料金の範囲を広げる予定だ。

いいニュースだ。なぜなら、投票所の閉鎖はただ不便なだけではない。投票率に重大な影響を及ぼすからだ。Center for Information and Research on Civic Learning and Engagement の研究によると、2016年の選挙では、有権者が投票所にたどり着けないという理由で1,500万人の人が投票しなかったと推定している。また、Pew Research Center による国勢調査データの分析では、交通手段の不足が、登録有権者が投票しない理由のトップ10に入っていることが明らかになった。

有権者が乗り越えなければいけない障害ができるたび、苦しくなります。特に、もっとも貧しく、ほとんどが危険にさらされた、弱い市民に影響する時は。

ワシントン州の Lawyers’ Committee for Civil Rights Under Law の Voting Rights Project の法律顧問、John Powers 氏は今週(11月第2週)声明でこのように述べている。

Uber

01_Screen-Shot-uber

Uber は、11月6日に投票所まで乗車する場合10米ドル割引する、と先月末語った。この割引は1日限定で、Uber のアメリカ全土で「もっとも安価な」オプション(Express Pool、Uber Pool、Uber X のいずれか)の片道料金に適用される。ただし、ユタ州とミシガン州(選挙日の交通手段の割引に制限があるため)、アメリカ領とプエルトリコの住人は対象外だ。

Uber アプリの専用の Poll Button では、近隣の投票所を表示し、特別なプロモーションコードで乗車予約をするようユーザを促す。このプロモーションコードは、投票日に利用可能となる。

これは、同社が2016年に行った「投票へ行こう」という取り組みの拡大版だ。この取り組みでは、Google と提携して投票日のリマインダーを送付したり、Uber アプリを通じて投票所への道順を送付した。

Uber の CEO である Dara Khosrowshahi 氏はブログにこう書いている

2018年の選挙がすぐそこまで来ている中、アメリカ中の団体や企業が民主的なプロセスを支援するため、より一層努力しています。Uber では、私たちも役割を果たしたいと思っています。有権者登録を支援したり、投票日に投票所にたどり着けるよう支援することで。

また、Uber は、#VoteTogether と連携し、一部のコミュニティで最大7米ドル相当の乗車サービスを無料で提供する。また、Democracy Works とも連携し、10米ドルの割引キャンペーンを周知する。(#VoteTogether は、1万5,000以上のプロモーションコードを配布している。)さらに、Uber の125か所の Greenlight Hub や、Uber アプリで提供されるリソース(When We All Vote 提供)を通じて有権者登録を行うようドライバーに推奨している。

さらに、選挙運動や団体は Uber Event サービスを利用し、投票所への乗車に利用できるプロモーションコードを購入・配布できるという。

Lyft

02_Lyft

Lyft は、8月の発表によると、Vote.org、Nonprofit Vote、TurboVote などと提携し、投票日にアメリカ全土で乗車サービスを50%オフで提供する。これは、20市場で価格を45%切り下げた2016年のプロモーションコードよりも少し気前のいいものとなっている。今年のコードは提携先の BuzzFeed から利用可能だ。

また、交通における「重大な障害」に直面している「十分なサービスを受けていない」コミュニティに、非営利無党派団体を通じて乗車サービスを無料で提供するという。対象団体は、Voto Latino、地元の Urban League 加盟団体、National Federation of the Blind、Faith in Action、League of Women Voters、Student Vets of America などだ。

有権者の認知度を高めるため、Lyft では When We All Vote や National Voter Registration Day と協力し、プッシュ通知で登録期限をリマインドしたり、Lyft Hub でドライバーに投票者情報を提供したり、提携団体を通じてオンラインで投票者情報を提供したりしている。

11月6日に Lyft で乗車サービスを提供したドライバーの中から選ばれた人に、特別なギフトが贈られる。

Getaround

03_getaround
Getaround では、GETAROUND2VOTE のプロモーションコードで投票日の予約をすると、10米ドルの割引が得られる。対象都市は、サンフランシスコ、オークランド、バークレー、ロサンゼルス、ポートランド、シカゴ、ワシントン DC、ニュージャージー、フィラデルフィア、シアトル、ボストン、ニューヨーク、マイアミ、サンディエゴ。割引は11月7日まで有効だ。

広報担当者は以下のように語る。

交通手段の不足が歴史的に多くの方にとって投票への障壁となっていたことは承知しています。弊社の目標は、車を持たない方が、簡単で信頼性のある方法で投票所にたどり着けるようにすることです。適切な交通手段を持っていないお友達も何人か連れて、ご乗車いただければと思っています。その方たちの声も届くように。

Via

04_sadf
Via は、投票日キャンペーンでは、より局所的な取り組みを行っている。カリフォルニア州ウェストサクラメント(利用可能な公共交通手段が不足している郊外の地域)と、提携するもう1都市で、割引料金を提供する。住民は、WSVOTES のプロモーションコードを使用すると、午前7時から午後10時の間、どの投票所へも1米ドルで Via に乗車できる。

Lime

05_LimeBike-closeup
e スクーターとバイクのシェアリングサービスを提供する Lime は今週(11月第2週)、投票所への無料乗車サービスを提供すると発表した。11月6日に Lime アプリで LIME2VOTE18のコードを入力すると、100都市以上で、Lime のバイク、e バイク、e スクーターの全車両を最大30分利用できるようになる。
Lime の共同設立者 Brad Bao 氏は次のように語る。

Lime について初めて読んだという方も、最初から弊社コミュニティの一員だという方も、弊社は、ライダー様に革新的なサービスを提供し、よりよい未来の一員となるべく新しい機会を提供し続けることを誇りに思います。投票日の投票所への交通手段は、多くのアメリカ人にとって課題になることが多いです。弊社では、私たちの役割を果たして支援しています。

Lime は、Vote.org や I Am a Voter と協力し、登録期限、不在者投票申込期限、期日前投票所の場所、投票日の投票場所などのリマインダーや個人に合わせた情報を提供する。全ライダーに向けて、11月6日に追加の投票情報とともにリマインダーを e メールで送付するという。

Skip

06_skip
ドックレスの e スクーターを提供するスタートアップ Skip では、同社の Instagram または Twitter アカウントをフォローし、投票して、「I VOTED」のステッカーと Skip のスクーターを枠内に入れた自撮り写真を(「@SkipScooters」と「#SkiptothePolls」のタグ付きで)投稿した人に、ポイントを付与する。5米ドルの乗車ポイントがユーザ1人につき1回付与され、12月6日までの乗車で有効だ。

Skip は Medium でこのように述べている。

弊社では、私たちがサービスを提供するコミュニティを支援できることを誇りに思います。私たちが望んでいる都市やインフラ、世界を構築するには、私たち一人ひとりがその役割を果たすことが必要だと認識しています。皆さんの声を届けるために時間を使っていただけますように!

Motivate

07_FEAT_Motivate_NewBike_Photo-Courtesy-Motivate
バイクシェアオペレーターの Motive では、投票日に9つの都市圏で無料乗車サービスを提供する。対象都市は、ベイエリア、ボストン、シカゴ、コロンバス、ジャージーシティ、ニューヨーク、ポートランド、ミネアポリス、ワシントン DC だ。

シカゴを拠点とする同社のサブブランド Divvy では、VOTE18のコードで、15米ドルの Explorer Pass を無料でユーザに提供する。このパスでは、24時間以内に3時間の乗車が何回でも利用できる。ポートランドでは、Motivate の Biketown が、30分間の無料乗車を BIKE2VOTE のコードで投票者に拡大する。

また、アプリに BIKETOVOTE のコードを入力すると、1日パスが利用可能になる。対象アプリは、Motivate の Citi Bike(ニューヨーク、ジャージーシティ)、Bluebikes(ボストン)、Capital Bikeshare(ワシントン DC)、Nice Ride Minnesota(ミネアポリス)、Ford GoBike(ベイエリア)、CoGo(オハイオ州コロンバス)だ。

Motivate の広報担当者 Julie Wood 氏は次のように語る。

この投票日を、これまでで一番、投票所へペダルを漕ぐのが簡単な日にしたいと思っています。信頼性があって安価な交通手段が不足していることを理由に投票しないアメリカ人が多すぎます。有権者の皆さんが11月6日の計画を立てる中、都市在住で弊社のバイクシェアネットワークを利用されている数百万人の方に、無料乗車サービスを利用し、投票所への行き帰りにバイクシェアを使うことを奨めています。

Zipcar

08_Zipcar_Logo.svg_
Zipcar は2016年の選挙期間中も割引を行ったが、今回もそれは変わらない。投票日の夜(11月6日午後6時から午後10時)に Zipcar を利用する顧客は、次に乗車する際に20米ドルの割引が受けられる。

同社はブログにこう書いている

Zipcar では、シンプルで信頼性の高い都市生活を可能にすることを使命としています。この使命は、私たちが市民として投票する責任とも合致しています。弊社では公民としての意識を持った Zipster のコミュニティに対し、ご自身が投票所に迅速に向かうだけではなく、他の方々にも投票するよう呼びかけることを奨励しています。一緒なら、真の変化をもたらすことができるからです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】