ライドシェア次の戦場はどこにーーUber2Q決算から紐解く次の一手は?

by Taishi Masubuchi Taishi Masubuchi on 2019.8.20

Capture.JPG

ピックアップUber Reports Second Quarter 2019 Results 

ニュースサマリー:Uberは9日、第2四半期の決算報告書を公開した。同資料によれば、Q2における同社純利益は14%(YoY比)増で約31億ドルとなる一方、純損益は52億ドルと前年度の8780万ドルから大きく増加する結果となった。それでも最終的な修正後純利益は28.7億ドルと12% (YoY比)の増加率となっている。ニューヨークタイムズによれば純損益の52億ドルの内39億ドルはIPO時における従業員への配当や関連資金としている。

Capture

話題のポイント:先日Pinterestの第2四半期決算報告書の内容をお伝えしましたが、今回はUberの2Qをチェックしてみたいと思います。

上記でも述べた通り損失の内39億ドルはIPO時における株式配当金(RSU:制限付きのストックオプション)、2億9800万ドルは「Driver Appreciation Award」というUberの運転手への報奨金として使われた一時的なものです。IPOに準じて生ずる内部の費用がマイナス全体の約80%を占めていることになるため、実質の損失額は約10億ドルいえるので前年度の8億7800万ドルと比較してもそこまで大きな差がありません。

Uberの決算報告書では、Uber ProやUber Rewardを通した利用者並びにドライバーへの還元姿勢、またUberEatsの海外市場における成長がハイライトとして言及されていました。ただ、ライドシェアリングという市場で見れば、この様な内容は目新しいものでなく、競合のLyftやGrabなども同じ内容を含んでいることが想像つきます。

Uberが先行していると感じたのは「Uber Air」、同社が進める「空飛ぶタクシー」プロジェクトです。ライドシェアが当たり前になった今、Uberは新たに「空」の移動市場に拡大をしようとしています。

<参考資料>

Capture.JPG

上資料はUberAirのホワイトペーパーに記載の、同プロジェクトにおける今後のタイムラインです。2025年を目途にオペレーションが開始されることが明記されており、初期デモンストレーションに1000万ドルから2000万ドル、公的な諸手続きや生産に1億5000万ドルから3億ドルのコストがかかると見込んでいます。

同プロジェクトの本格始動は2019年度、つまりまさに今、進行中ということなので、今後の決算資料にUberAirがどういった立ち位置で出てくるのか楽しみです。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------