THE BRIDGE

タグ SCOOP

通勤は同乗して効率化ーー交通渋滞を解消する「通勤カー・プール」のScoopが6000万ドル調達

SHARE:

  ピックアップ:Scoop Raises $60M For Corporate Carpooling As Gridlock Ruins America ニュースサマリー:8月14日、通勤カー・プールサービスを提供する「Scoop Technologies」がActive Capital Partersをリードに、計8つのファンドから6000万ドルを調達した。同社の累計調達額はこれで1…

 

Screenshot 2019-08-15 at 8.22.46 AM.png
Credit & Source : Scoop

ピックアップScoop Raises $60M For Corporate Carpooling As Gridlock Ruins America

ニュースサマリー:8月14日、通勤カー・プールサービスを提供する「Scoop Technologies」がActive Capital Partersをリードに、計8つのファンドから6000万ドルを調達した。同社の累計調達額はこれで1億ドルに達している。

同社のサービスは、ベイエリア(シリコンバレー)で近年深刻化する渋滞問題解消を狙い、UberpoolやLyft Lineのモデルを「通勤」に特化させたものになる。

運転手(通勤者)はアプリを使って同様の方角の目的地(あるいは同じ会社)の通勤者を発見し、複数人を自分の車に乗せることでフィーを得ることができる。アルゴリズムによって通勤効率を最大限にまで高めるマッチングが行われている。

統計によれば、2017年のシリコンバレーの通勤者の76%が「車一つに身一つ(single-occupancy vehicle)」の移動を行なっているとされている。そこでScoopはそのようなケースを減少させ、渋滞を緩和し、遅刻などの二次的な問題を防ぐことができる。

話題のポイント:もう一つ、Scoopの大きな特徴ととなるサービスがあります。それが、エンタープライズ向けの通勤カー・プールサービスです。直接シリコンバレーにオフィスを構える企業を顧客としており、社員の通勤を安心・快適なものにするサービスとして現在大きく注目されています。

一般的なカー・プールサービスとの違いは、社員である運転手と同僚である同乗者との間に金銭的なやりとりが存在しないことです。

以下画像下部にリストされているLinkedinやT-Mobilem、Rakutenなどの企業は、現在Scoopのエンタープライズ・サービスを利用しています。Scoopによれば、Fortune100のうち10%の企業が現在Scoopのエンタープライズ版を利用しているといいます。

Screenshot 2019-08-15 at 8.23.40 AM.png
Credit & Source : Scoop Enterprise

企業にとっての魅力は、渋滞から生じる社員の遅刻・ストレスなどを解消できることに加えて、先ほど挙げた「車一つに身一つ」問題やCO2削減などの社会的な問題の解決に貢献できることにあります。また社員にとっては、同僚や他の会社の通勤者と車の中で会話し、仲を深める機会を得られるという点も人気の理由となっています。

これまで600万回のカー・プールが行われ、CO2の削減にも効果を発揮しています。Rakutenでは昨年40%の社員が同サービスを利用しており、またLinkedinは「車一つに身一つ」で通勤する社員をデイリーで100人分減少させることに成功しているそうです。

----------[AD]----------

モバイルで本や雑誌が読める「SCOOP」が取り扱いタイトルを大幅に増加し、ウェブストアをローンチ

SHARE:

【原文】 インドネシア発のモバイル向けニューススタンドアプリSCOOPは今日、Gramedia Book Publishing Groupと独占契約を結んだことを発表した。これにより同出版社が保有する10,000冊以上におよぶインドネシアの本や小説がSCOOPのウェブストアで入手可能となる。SCOOPのウェブストアもちょうどローンチされたばかりだ。 SCOOPはこれまで取り扱ってきた9,000冊の…

【原文】

scoop-590

インドネシア発のモバイル向けニューススタンドアプリSCOOPは今日、Gramedia Book Publishing Groupと独占契約を結んだことを発表した。これにより同出版社が保有する10,000冊以上におよぶインドネシアの本や小説がSCOOPのウェブストアで入手可能となる。SCOOPのウェブストアもちょうどローンチされたばかりだ。

SCOOPはこれまで取り扱ってきた9,000冊の本、雑誌と新聞をさらに増やすことになる。Gramediaはインドネシアにおいて多くの書籍を出版しており、その数は年に5万冊以上で、そのうち10分1が初版本だ。

ユーザはすでにウェブストアで書籍を購入することができる。購入した書籍は最大5つのデバイスで共有できるが、そのためにはそれぞれのデバイスにSCOOPのモバイルアプリをインストールする必要がある。ウェブストアでの購入は最大91%割引となり、また定期購読を申し込んだら、そのタイトルの2年目の定期購読契約を無料とするサービスが実施されている。

すでにインドネシアの大手デジタル出版社であるSCOOPは、新たなウェブストアによってやがてインドネシアにおける事業を拡大し、さらには国外へと事業を拡大することになるだろう。ウェブで購入することはスマートフォンの狭いスクリーンよりも簡単だからだ。

「私たちの取り扱いライブラリが成長するにつれて、ユーザは私たちのパートナーコンテンツを発見するために、より多くのチャネルを必要とします。ウェブストアはユーザインターフェース、コンテンツ発見、そして素早い展開といった点でこうした柔軟性をもたらしてくれます。」

とSCOOPを運営するApps FoundryのCEO、Willson Cuaca氏は述べた。

現在、SCOOPの売上高の85%はiOSによるもので、残りはAndroidからのものだ。ユーザごとの月平均売上高はiOSがAndroidを60%上回っている。同サービスではこれまでのところダウンロード数が50万、インドネシアからの読者が全体の92%を占めている。現時点でSCOOPは月間アクティブユーザ数を公開していない。

インドネシアにおいて2013年はAndroidの年となり、ウェブストアに加えプラットフォームにおける収益が増加するだろうとWillson氏は予測している。同社は品揃えの増加と地域拡大の両面の強化に取り組んでいる。先日行われたタイの電子出版者Ookbeeとの提携は、大手出版社との団体交渉を有利に進めるための在庫拡大に狙いを定めたものである。

さらに同社は東南アジア以外の出版社との提携を模索中だ。SCOOPは現時点では何も公表していないが、動きがあればこの件の続報についてお知らせするつもりだ。

【via SGE.io】 @SGEio

----------[AD]----------

タイの電子出版プラットフォーム「Ookbee」、インドネシアの「SCOOP」とパートナーシップ提携

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Ookbeeは、インドネシアの電子出版プラットフォームであるSCOOPと戦略的なパートナーシップ提携を行い、総計600点の書籍・雑誌類を400万以上ものデバイスを通じて配信していくこととなった。 タイの電子書籍店大手Ookbeeは、先日シンガポールにて、インドネシアの同業者であるSCOOPと戦略的なパートナーシップ提携を行った。2012年にサービスを開始した…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Ookbeeは、インドネシアの電子出版プラットフォームであるSCOOPと戦略的なパートナーシップ提携を行い、総計600点の書籍・雑誌類を400万以上ものデバイスを通じて配信していくこととなった。

タイの電子書籍店大手Ookbeeは、先日シンガポールにて、インドネシアの同業者であるSCOOPと戦略的なパートナーシップ提携を行った。2012年にサービスを開始したこれら2つのプラットフォームは、このパートナーシップ提携を機に知識やノウハウを共有し、より大きな出版社との取引、そして各社の商品のクロスマーケティングを通じて共に発展していきたいとしている。

今回の提携により、OokbeeとSCOOPは両社合わせて600種類の地方雑誌と日刊紙を取り扱うことになる。現在、両プラットフォームともに400万台以上のデバイスに対応しており、毎年600万以上のデジタル出版物を配信している。

プレスリリースで、OokbeeのCEOであるNatavudh Pungcharoenpong氏は「この提携により、OokbeeとSCOOPは東南アジア地域で最大の新聞・雑誌および電子書籍販売のプラットフォームになります。多くの面でシナジー効果を生み出し、ユーザに最高のサービスを提供するという私たちのビジョンを達成できると信じています。」と述べた。

SCOOPを運営するApp Gounder Pte LtdのCEOであるWillson Cuaca氏も、「今月会った際、お互いに情報交換をし、同じ方向に進んでいるということを認識しました。東南アジアは断片的な国内市場で構成されているので、国境を越える提携を通じて力を合わせて事業拡大すれば、両社の成長をさらに加速化できるだろうと感じました。」と語った。

Ookbeeは最近800万ドルの評価額で、INTOUCHから200万米ドルを調達した。直近の報道では、両社ともに1日あたり5000人の新規ユーザを獲得するという良いスピードで成長しているようだ。

【via e27】 @E27sg

----------[AD]----------