BRIDGE

タグ Ookbee

タイのアイドルグループBNK48、Ookbeeと組んでライブストリーミングアプリを開発

SHARE:

21日、BNK48 の写真撮影の機会に、BNK48 のマネージャー Nattaphol Bovornvattana 氏(คุณณัฐพล บวรวัฒนะ、通称:チョンブリ= จ๊อบซัง)氏は、Ookbee によるライブおよびライブストリーミングアプリの開発を発表した。アプリでは、BNK48 所属アーティストのライブ、ショッピングモール EmQuartier(エムクオーティエ)にある定期公演会…

bnk48-ookbee

21日、BNK48 の写真撮影の機会に、BNK48 のマネージャー Nattaphol Bovornvattana 氏(คุณณัฐพล บวรวัฒนะ、通称:チョンブリ= จ๊อบซัง)氏は、Ookbee によるライブおよびライブストリーミングアプリの開発を発表した。アプリでは、BNK48 所属アーティストのライブ、ショッピングモール EmQuartier(エムクオーティエ)にある定期公演会場 Digital Live Studio でのライブ、専用劇場である BNK48 The Campus でのライブに加え、選挙の模様が閲覧できる。

アプリのローンチ日に関する詳細は明らかになっていないが、この発表は Ookbee の CEO で創業者である Natavudh Pungcharoenpong(แถลงร่วมกับคุณณัฐวุฒิ พึงเจริญพงศ์、通称:ムー=หมู )氏と共に行われたので、ほぼ正式デビューといって過言ではないだろう。アイドルグループBNK48は、Ookbee と組んでライブストリーミングアプリを開発した。Android 向けには Play Store からダウンロード可能、iOS 向けは App Store 上でまもなく公開予定。

言うまでもなく、Ookbee は E ブックリーダーのデベロッパとして知られているが、また同時に、チャットストーリーアプリの「Joylada」、読書アプリの「Thawalai」、C Channel、Storylog、Fictionlog など、エンターテイメント関連プラットフォームのプロダクトも数多く出している。

これより前、BNK48 は Tencent のライブストリーミングプラットフォーム(タイでは Sanook と JOOX が運営)する VOOV で、アーティストライブを提供していた。タイでは2016年2月下旬にリリースし、人気を集めた。ライブストリーミング市場では、BIGO LIVE、V LIVE、TUTU LIVE、Vibie、Twitch など、複数のアプリが存在する。

BNK48 のアプリのローンチにより、彼らが VOOV でもコンテンツを提供し続けるのかが気になる。BNK48 のライブコンテンツが VOOV で提供されなくなったとき、VOOV の利用は下がることになるのか、すなわち、長期的に見れば、Ookbee に軍配が上がることになるのだろうか?

<関連記事>

【原文】

【via Techsauce】 @techsauceco

タイのOokbee、競争激化を理由にトランスコスモスと合弁で展開してきたeコマース事業「Ookbee Mall」をシャットダウンへ

SHARE:

Ookbee Mall Thailand は今年3月、傘下の e コマース事業 ookbeemall.com に幕を降ろす。競争激化がその理由だと設立者の Natavudh Pungcharoenpong 氏は e27に語った。 2015年11月にローンチされた Ookbee Mall は、 日本の BPO 企業トランスコスモス(東証:9715)とタイの e ブックストア Ookbee との合弁事…

OOkbee
Ookbee Mall

Ookbee Mall Thailand は今年3月、傘下の e コマース事業 ookbeemall.com に幕を降ろす。競争激化がその理由だと設立者の Natavudh Pungcharoenpong 氏は e27に語った。

2015年11月にローンチされた Ookbee Mall は、 日本の BPO 企業トランスコスモス(東証:9715)とタイの e ブックストア Ookbee との合弁事業だ。

私たちはこの Ookbee Mall を投資家のトランスコスモスと提携して別会社として2年前に始めました。 デジタル事業を活用した低コストでの顧客獲得を実体性のあるビジネスに転用できるか探っていましたが、上手くいきませんでした。

彼によると、タイで e コマース事業を展開するには大掛かりなオペレーションと投資が必要だという。世界的な大手企業は補助金付きの販促をかけて顧客を獲得しているが、Ookbee にはそのようなことをする余裕がない。

これ以上の損失には耐えられません。資本はデジタル製品など他の分野に投じた方が良いという結論になりました。

Ookbee の e コマース事業は悪くなく、成長もしているという。

しかし、成長のスピードは想定には及びませんでした。小規模スタートアップとして、他の分野に資本を投じた方が良いという判断になりました。

ところが、e コマース事業の終了は、Ookbee のデジタル事業 (e ブックストア)には影響を及ぼさないという。

バンコクにいる多くの人はパニックとなり、 加入デジタルサービスをキャンセルすると電話してきました。e コマース事業を当社のコア事業と勘違いされたようです。コア事業は e ブックであり、こちらの方は無傷です。

Ookbee Mall は、日本から直接仕入れた雑誌や書籍、美容、化粧品などの製品をワンストップで購入できる e コマースのポータルとして設立された。同社は日本の文化や製品の流行に伴ってタイで急成長していた e コマースに大きな賭けをしていたのだ。

タイでは昨年、競争激化を理由に多くの e コマース企業が経営破たんしている。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

中国Tencent(騰訊)とタイOokbee、タイのデジタルコンテンツ市場開拓に向け新会社Ookbee Uを共同設立

SHARE:

タイ拠点のデジタルコンテンツプラットフォーム Ookbee は中国のインターネット巨人 Tencent(騰訊)と提携し、新たなユーザジェネレイティッドコンテンツ会社 Ookbee を設立した。 Tencent は初期投資を注入しているが、その金額については開示していない。しかし、本件に詳しい人々によれば、投資額は数千万ドルに上ると見られる。 Ookbee U はユーザジェネリティッドのコミック、音…

ookbee-tencent_logos

タイ拠点のデジタルコンテンツプラットフォーム Ookbee は中国のインターネット巨人 Tencent(騰訊)と提携し、新たなユーザジェネレイティッドコンテンツ会社 Ookbee を設立した。

Tencent は初期投資を注入しているが、その金額については開示していない。しかし、本件に詳しい人々によれば、投資額は数千万ドルに上ると見られる。

Ookbee U はユーザジェネリティッドのコミック、音楽、ブログ、フィクション、小説などコンテンツのエコシステム形成に特化することになる。今後3年間で、100万件のコンテンツを生成することを計画している。

正式プレスリリースで、Tencent はタイにおけるプレゼンス向上にコミットするとも述べている。

Tencent の国際ビジネスグループのヴァイスプレジデント Poshu Yeung(楊宝樹)氏は、次のように語っている。

今回の共同事業は我々のタイへのコミットメントを強化し、デジタルコンテンツプラットフォームを育てるタイ戦略を支持するものだ。これまでに Tencent Thailand が買収した、過去18年にわたってタイでナンバーワンのポータルサイトである「Sanook.com」や、タイでナンバーワンのモバイル音楽ストリーミングアプリ「JOOX」とともに、Ookbee U に投資したことにより、タイのダイナミックでローカルなクリエイティブメディア市場で、将来を約束された可能性を取り込めるよう、Tencent のポジションを強化できると確信している。

<関連記事>

2011年に設立された Ookbee は当初 e-book プラットフォームとしてスタートしたが、その後、ユーザジェネレイティッドのコミック、小説、音楽、短編動画、アイデア共有などの分野に取扱コンテンツを拡大してきた。現在800万人を超えるユーザがいて、タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア、ベトナムでサービスを提供している。

Ookbee の CEO Moo Natavudh 氏は、公式プレスリリースの中で次のようにコメントしている。

Tencent が国内外の市場で業界専門知識や莫大なリソースを持っていることや、Ookbee がタイのデジタルメディア市場に深く根差していることを考えれば、両者による共同事業は、タイと東南アジアの両市場で商機を掴むのに、大変よい位置づけとなるだろう。

【via e27】 @E27co

【原文】

C CHANNELがバンコク市内でタイ進出記念イベントを開催、現地メディアやクリッパーらが一同に集結

SHARE:

本稿は、7月23日〜24日にバンコクで開催中の「TECHSAUCE SUMMIT 2016」の取材の一部。 C Channel は23日、タイ・バンコク市内で、同社の女性向け総合ファッションメディア「C CHANNEL」のタイでの正式ローンチイベントを開催した。同社は2月に開催された THE BRIDGE FES 2016 の際にもタイ進出の意向を明らかにしていたが(日本語記事/タイ語記事)、タイ…

c-channel-bangkok-launch-event-3
左から:C Channel CEO 森川亮氏、Ookbee CEO Natavudh Pungcharoenpong 氏

本稿は、7月23日〜24日にバンコクで開催中の「TECHSAUCE SUMMIT 2016」の取材の一部。

C Channel は23日、タイ・バンコク市内で、同社の女性向け総合ファッションメディア「C CHANNEL」のタイでの正式ローンチイベントを開催した。同社は2月に開催された THE BRIDGE FES 2016 の際にもタイ進出の意向を明らかにしていたが(日本語記事タイ語記事)、タイの電子出版兼 UGC(User-generated content)プラットフォーム「Ookbee」と共に、タイでのマーケティング活動を本格化させることになる。

イベントには、C Channel の創業者で CEO の森川亮氏、Ookbee の共同創業者で CEO の Natavudh Pungcharoenpong 氏のほか、タイで映像クリップを投稿するクリッパーの皆さんが登壇。C CHANNEL アプリや、C CHANNEL CAMERA アプリの紹介をした。

c-channel-bangkok-launch-event-2
タイのクリッパーの皆さん

ローンチイベントに先立ち、TECHSAUCE SUMMIT 2016 の基調講演に登壇した森川氏は、グローバル展開を目指す起業家へメッセージとして、地元の良いパートナーシップを見つけること、(単に創業者のメッセージを通訳するのではなく)本社のある拠点と進出先の両方の市場や文化を理解できる社員を雇うこと、良いローカリゼーションを行うことが重要だと語った。

c-channel-bangkok-launch-event-1
TECHSAUCE SUMMIT 2016 で基調講演する森川氏

C CHANNEL はこれまでに、中国の動画サイト大手「Todou(土豆)」と組んで中国市場に進出、台湾のビューティーメディア「Niusnews(妞新聞)」、O2Oメディア「MAKER」と提携して台湾への進出を発表するなど、アジア展開を積極的に展開している。森川氏が語ったように、現地の最良のパートナーを見つけ、現地の女性インフルエンサーにサービスを使ってもらい、クリッパーを着実に増やしていくという戦略は一貫している。今後の他の国々への展開動向も気になるところだ。

C Channelが海外進出「C CHANNELタイ」をオープンへ、月間動画再生数は3700万回に成長 #tbfes

SHARE:

総合ファッション動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは2月19日、ASEANで電子書籍事業を展開するOokbee Company Limitedと提携し、C CHANNELタイをオープンすると発表した。また、同社は月間の動画再生回数が3700万回に到達したことも公表している。 昨年4月10日に公開されたC CHANNELはスマートフォン対応の縦型動画スタイルや「クリッパー…

左から:スマートニュース メディアコミュニケーションディレクターの松浦 茂樹氏、『C CHANNEL』編集長の山崎 ひとみ氏、C Channe取締役の三枝 孝臣氏
左から:スマートニュース メディアコミュニケーションディレクターの松浦 茂樹氏、『C CHANNEL』編集長の山崎 ひとみ氏、C Channe取締役の三枝 孝臣氏

総合ファッション動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは2月19日、ASEANで電子書籍事業を展開するOokbee Company Limitedと提携し、C CHANNELタイをオープンすると発表した。また、同社は月間の動画再生回数が3700万回に到達したことも公表している。

昨年4月10日に公開されたC CHANNELはスマートフォン対応の縦型動画スタイルや「クリッパー」と呼ばれるユーザー主導型のコンテンツ制作手法もさることながら、前LINE代表取締役の森川亮氏の新プロジェクトということもあって大いに注目を集めた。

オープンから約10カ月の時を経て、発表の通り月間の動画再生回数は3700万回と順調に数字を伸ばしている様子だ。最近ではGalaxyがCCHANNELのオフィシャルサポーターになるなど、広告展開の面でも動きを見せている。

<参考記事>

【追記あり】LINE前代表の森川亮氏の新たな道は「動画」ーーC Channelが主要ネット企業より5億円を調達 #bdash

スクリーンショット 2016-02-19 7.10.09
OOKBEE

そして今日、本誌主催のイベント「THE BRIDGE Fes」の壇上で、新たな展開としてタイの電子書籍事業を手掛けるOokbeeとの提携を発表した。

Ookbeeは東南アジア版「Amazon」で、電子書籍界隈では認知された存在だ。2011年創業の同サービスは現在650万人の会員を保有し、電子書籍だけでなくゲームやアプリなど幅広いコンテンツを取り扱っている。

中央:Ookbee CEOのMoo氏
中央:Ookbee CEOのMoo氏

壇上には、Ookbee CEOのMoo氏が登場。「Ookbeeは、半分以上がティーンのユーザ。日本のメイクやヘアについても積極的に採り入れている。LINEのユーザ数が日本についで多いことからも親和性が高いことがわかる。今回のパートナーシップによって、共にASEANで成長していければ」と語った。

C CHANNELは今後、Ookbeeを通じてタイの「クリッパー」たちと契約し、タイ語オリジナルのコンテンツを配信すると同時に、動画ショッピングの分野にも展開を広げるという。

【#StartupAsia Tokyo 2014予告】タイのOokbeeが、東南アジアの電子書籍市場で勝ち進める理由

SHARE:

THE BRIDGE のメディア・パートナーである Tech in Asia では、2014年9月3日〜4日、東京で初開催となるスタートアップ・カンファレンス「Startup Asia Tokyo 2014」を開催する。 この予告シリーズでは、開催日当日に向け、登壇者やイベント内アトラクションの紹介を中心に、イベントの全容をお伝えする。これまでシンガポールおよびジャカルタで、通算5回にわたって開催…

startupasia_tkyTHE BRIDGE のメディア・パートナーである Tech in Asia では、2014年9月3日〜4日、東京で初開催となるスタートアップ・カンファレンス「Startup Asia Tokyo 2014」を開催する。

この予告シリーズでは、開催日当日に向け、登壇者やイベント内アトラクションの紹介を中心に、イベントの全容をお伝えする。これまでシンガポールおよびジャカルタで、通算5回にわたって開催された Startup Asia については、ここから関連記事を閲覧できる。


taamkru-investors

アメリカにいる人達は、電子書籍を購入するのに Amazon や Google Play でそのニーズは満足するだろう。しかし東南アジアでは、タイの Ookbee が電子書籍業界のプレーヤーとして頭角を表している。Ookbee は東南アジアで最も人気のある電子書籍ベンダーとされ、ソーシャル・ゲームEマガジンなどのアプリも取り扱っている。Ookbee はVCが支援するスタートアップだが、同時に投資家でもある。

Ookbee は、これまでに Taamkru や JobTalents といった、タイの2つのアーリーステージ・スタートアップに投資している。両社はそれぞれ、ビジネスと共に社会的責任を併せ持つスタートアップだ。

<関連記事>

Ookbee は、どうやって東南アジアの大企業より素早く行動できたのだろう? 多忙なスタートアップの創業者が、アジアでベンチャーキャピタリストという二足目のワラジを履くことは可能なのだろうか? Ookbee の共同創業者 Moo Natavudh 氏が、Startup Asia Tokyo 2014 でこのような疑問に答えてくれるだろう。お見逃し無く。

Startup Asia Tokyo 2014 の入場チケットはここから購入可能。
THE BRIDGE 読者向けの割引コード「readthebridge」の入力で入場料が25%割引になります。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

タイの電子出版プラットフォーム「Ookbee」、インドネシアの「SCOOP」とパートナーシップ提携

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 Ookbeeは、インドネシアの電子出版プラットフォームであるSCOOPと戦略的なパートナーシップ提携を行い、総計600点の書籍・雑誌類を400万以上ものデバイスを通じて配信していくこととなった。 タイの電子書籍店大手Ookbeeは、先日シンガポールにて、インドネシアの同業者であるSCOOPと戦略的なパートナーシップ提携を行った。2012年にサービスを開始した…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

Ookbeeは、インドネシアの電子出版プラットフォームであるSCOOPと戦略的なパートナーシップ提携を行い、総計600点の書籍・雑誌類を400万以上ものデバイスを通じて配信していくこととなった。

タイの電子書籍店大手Ookbeeは、先日シンガポールにて、インドネシアの同業者であるSCOOPと戦略的なパートナーシップ提携を行った。2012年にサービスを開始したこれら2つのプラットフォームは、このパートナーシップ提携を機に知識やノウハウを共有し、より大きな出版社との取引、そして各社の商品のクロスマーケティングを通じて共に発展していきたいとしている。

今回の提携により、OokbeeとSCOOPは両社合わせて600種類の地方雑誌と日刊紙を取り扱うことになる。現在、両プラットフォームともに400万台以上のデバイスに対応しており、毎年600万以上のデジタル出版物を配信している。

プレスリリースで、OokbeeのCEOであるNatavudh Pungcharoenpong氏は「この提携により、OokbeeとSCOOPは東南アジア地域で最大の新聞・雑誌および電子書籍販売のプラットフォームになります。多くの面でシナジー効果を生み出し、ユーザに最高のサービスを提供するという私たちのビジョンを達成できると信じています。」と述べた。

SCOOPを運営するApp Gounder Pte LtdのCEOであるWillson Cuaca氏も、「今月会った際、お互いに情報交換をし、同じ方向に進んでいるということを認識しました。東南アジアは断片的な国内市場で構成されているので、国境を越える提携を通じて力を合わせて事業拡大すれば、両社の成長をさらに加速化できるだろうと感じました。」と語った。

Ookbeeは最近800万ドルの評価額で、INTOUCHから200万米ドルを調達した。直近の報道では、両社ともに1日あたり5000人の新規ユーザを獲得するという良いスピードで成長しているようだ。

【via e27】 @E27sg