タイのOokbee、競争激化を理由にトランスコスモスと合弁で展開してきたeコマース事業「Ookbee Mall」をシャットダウンへ

SHARE:
OOkbee
Ookbee Mall

Ookbee Mall Thailand は今年3月、傘下の e コマース事業 ookbeemall.com に幕を降ろす。競争激化がその理由だと設立者の Natavudh Pungcharoenpong 氏は e27に語った。

2015年11月にローンチされた Ookbee Mall は、 日本の BPO 企業トランスコスモス(東証:9715)とタイの e ブックストア Ookbee との合弁事業だ。

私たちはこの Ookbee Mall を投資家のトランスコスモスと提携して別会社として2年前に始めました。 デジタル事業を活用した低コストでの顧客獲得を実体性のあるビジネスに転用できるか探っていましたが、上手くいきませんでした。

彼によると、タイで e コマース事業を展開するには大掛かりなオペレーションと投資が必要だという。世界的な大手企業は補助金付きの販促をかけて顧客を獲得しているが、Ookbee にはそのようなことをする余裕がない。

これ以上の損失には耐えられません。資本はデジタル製品など他の分野に投じた方が良いという結論になりました。

Ookbee の e コマース事業は悪くなく、成長もしているという。

しかし、成長のスピードは想定には及びませんでした。小規模スタートアップとして、他の分野に資本を投じた方が良いという判断になりました。

ところが、e コマース事業の終了は、Ookbee のデジタル事業 (e ブックストア)には影響を及ぼさないという。

バンコクにいる多くの人はパニックとなり、 加入デジタルサービスをキャンセルすると電話してきました。e コマース事業を当社のコア事業と勘違いされたようです。コア事業は e ブックであり、こちらの方は無傷です。

Ookbee Mall は、日本から直接仕入れた雑誌や書籍、美容、化粧品などの製品をワンストップで購入できる e コマースのポータルとして設立された。同社は日本の文化や製品の流行に伴ってタイで急成長していた e コマースに大きな賭けをしていたのだ。

タイでは昨年、競争激化を理由に多くの e コマース企業が経営破たんしている。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】