THE BRIDGE

タグ Zomato

インドのUberEats撤退か、フードデリバリー事業をライバルZomatoに売却へ【報道】

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インド発グルメ情報サービス「Zomato」は、同国で運営されるUberのフードデリバリー事業「Uber Eats」を5億ドルで買収するつもりらしい。 The Economic Tim…

89159512_m

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インド発グルメ情報サービス「Zomato」は、同国で運営されるUberのフードデリバリー事業「Uber Eats」を5億ドルで買収するつもりらしい。

The Economic Times』が報じたもので、ディール自体は最終段階に入っていないとしつつも、株式交換を通したものであるとされている。とある情報筋によれば「ZomatoとUberは既にタームシート締結の段階に入っており、実現性は比較的高い」とも述べている。

また、Uberは現在実施されているZomatoの約6億ドルの調達ラウンドに参加するとも言われている。同ラウンドではAlibaba(阿里巴巴)傘下のAnt Financial(蚂蚁金服)がリード投資家を務める予定だ。

Zomatoにとって、今回報道されているディールは南インドにおける競合企業「Swiggy」との市場争いにおいて有利に働くとされる。

Uber Eatsは2017年より、インド市場の運営をムンバイから開始して以来、事業を急速に展開。その後、インドにてフードデリバリーを既に展開していたCafe Coffee Dayとパートナシップを結び同国内246拠点にサービス提供地域を広げた。

Uber Eatsが事業をインド全州に拡大し始めた頃、Swiggyへ事業売却する動きを見せていると報じられた。しかし、事業合併は財務・課税面を考慮し回避されたと言われている。

今年7月にUberは、Uber Eatsの売却をAmazon Indiaと交渉していたとも報じられた。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

インド最大のフードデリバリー「Zomato」の評価額は30億ドル(約3,200億円)になるかもしれない

SHARE:

ピックアップ:Zomato’s valuation could cross $3 billion in new financing ニュースサマリー:『Economic Times』によれば、インド国内で最大級のフードテック企業「Zomato」が近日中に約6億ドル規模(約650億円)の資金調達を実施する予定だという。リード投資家として、過去二回投資歴のある、中国Eコマース・アリババの関…

Screenshot 2019-10-07 at 11.43.36 PM
Image Credit : Ant Financial

ピックアップZomato’s valuation could cross $3 billion in new financing

ニュースサマリー:『Economic Times』によれば、インド国内で最大級のフードテック企業「Zomato」が近日中に約6億ドル規模(約650億円)の資金調達を実施する予定だという。リード投資家として、過去二回投資歴のある、中国Eコマース・アリババの関連企業「Ant Financial(アリペイ運営企業:以下アント)」が参加する見込みだ。

調達額約6億ドルのうち、アントが約2億ドルほどを出資する予定だという。アントは昨年2月の出資で既に14%ほどのシェアを保有しており、その後昨年11月の再出資で23%までシェアを伸ばし、筆頭株主となっている。今回の投資で、そのシェアは29%にまで上る見込みだ。

Zomatoはグルガオン発、フード関連サービスを複数提供するテック企業。アプリを通したレストラン情報の提供や、Ubereatsのようなフードデリバリー・サービスをメインで提供している。インド国内では競合Swiggyと並んで代表的なフード・デリバリーサービスの一つである。

Economic Times誌のインタビューに対し、Zomatoは以下のようにコメントしている。

私たちは、外食・フードデリバリーサービスを拡大・持続可能なものにするために、新しいラウンドで資金調達をおこなっています。

Screenshot 2019-10-07 at 11.33.56 PM
Image Credit : Zomato

話題のポイント: 本ラウンドに関する注目ポイントは主に3つです。

1つは本ラウンドによって、Zomatoの評価額30億ドル規模に到達する点。2019年前半の収益が昨年から3倍の2億ドルに到達していることから分かる通り、凄まじい速度で成長しています。今やインド・テック市場の代表格となるユニコーン・スタートアップになっています。

2つ目に、競合Swiggyとの激しいマーケット競争。以下に比較画像がありますが、今回の調達により、評価額はSwiggyに並ぶ規模になったことが分かります。さらに6億ドルの調達で、調達総額は13億ドルに達するため、この点もSwiggyに並ぶ勢いです。

Master.jpg
Image Credit : Economic Times

しかしSwiggyも現在、5億ドル規模の調達ラウンドに向けて動いているとの報道もあり、その場合同社の評価額は40億ドル規模に到達する見込み。激しいマーケットシェア獲得競争は今後も継続すると予想されます。

Swiggyの投資家の中にはアリペイの競合サービスであるウィーチャット・ペイの提供企業Tencentの名も挙がっています。インド市場を舞台にしたアリババvsテンセントの代理戦争のような見方もでき、一層興味深い戦いに思えます。

Screenshot 2019-10-07 at 11.46.32 PM.png
Image Credit : One97

そして3つ目に、アントがZomatoに出資する理由に関してです。公開情報のなかに明確で分かりやすい記述は見当たりませんでしたが、背景として考えられるのが、アントの戦略的投資先であるインド国内最大の決済アプリ「PayTm」とZomatoの連携を強化することです。

過去にアントはPayTmに対し多分に技術提供を行なっている歴史があり、また株式の25%を保有しています(※正確には親会社One97の株式)。Paytmは、アントによる東南アジア・インド地域への金融技術輸出・投資戦略の中でも、最も目覚ましい成功事例だとされており、かつ長期的なアリババグループのインド進出における強力なパートナーになり得ます。

つまりアントは、PayTmが盤石にインド市場のマーケットリーダーとして独走させるため、Zomatoとの連携を強化させる可能性があるということです。たとえば考えられる連携強化の手段として、ZomatoアプリでのPayTm利便性向上策が考えられます。

Zomatoでは現在、フードデリバリーでオーダーをする際にPayTm決済を利用することができますが、Zomato内のPaytmウォレットの預金残高がなくなる度に、PayTmからZomatoのウォレットへと一回一回チャージする必要があります。これは少し手間のかかる作業ですので、このウォレットの分離を解消し、より手間なくPaytm決済を行える仕組みを開発するという方法が考えられます。

他にもZomatoアプリ内で掲示・紹介しているレストランでの店頭決済でPaytmを優先して利用してもらうような機能を提供などが考えられます。技術面・マーケティング面で、両社の関係を強化することが狙いではないかと感じます。

約4.5億人のユーザーを持つPaytmとの連携強化は、Zomatoにとってもよりサービスの利便性を高め、新規ユーザーを獲得するためのまたとないチャンスであるはずです。また、アントの方針から考えるに、Zomatoへの投資がキャピタル・ゲインだけを目的としている可能性は非常に少ないでしょう。今後のZomato及びPayTm、アントの3社の動きに注目です。

----------[AD]----------

Zomatoがハッカーの要求に応じる——流出データの削除の見返りにバグ報奨金制度をまもなく開始

SHARE:

レストラン検索サービス Zomato で、数百万人のユーザに影響する重大なセキュリティインシデントが発生した。同サービスは事件の発生後24時間以内に、実行犯であるハッカーと連絡を取った上で、交渉が合意に至ったと発表した。流出したデータを(違法データの温床となっている)ダークウェブ上から削除する見返りとして、いくつかの条件を受け入れる。 これまでの経緯を要約すると、毎月1億2,000万人が利用すると…

Zomato1
Above: Zomato
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

レストラン検索サービス Zomato で、数百万人のユーザに影響する重大なセキュリティインシデントが発生した。同サービスは事件の発生後24時間以内に、実行犯であるハッカーと連絡を取った上で、交渉が合意に至ったと発表した。流出したデータを(違法データの温床となっている)ダークウェブ上から削除する見返りとして、いくつかの条件を受け入れる。

これまでの経緯を要約すると、毎月1億2,000万人が利用するとされる Zomato は、約1,700万件の e メールアドレスと、ハッシュ化されたパスワード(パスワード自体ではなくそれを特定の手順で変換したもの)が流出したと昨日(5月18日)公表した。そのうち60%は Facebook や Google などサードパーティの OAuth サービス(代理認証サービス)を使っていたため、この流出の影響を受けることはない。しかし残る約700万人のユーザが危険にさらされており、特に他のサービスでも同じメールとパスワードの組み合わせを使用している場合には深刻である。

Zomato は、パスワードは容易に解読されないとしてユーザを安心させようとしていたが、そうとも思えない事例が出てきた。セキュリティ専門家の中には比較的早くパスワードの解読に成功したとする者たちが現れ、また、Zomato の暗号化技術はその他の者からも笑いの的となっていた。

今回のハッキングで犯行声明を発表しているグループは Motherboard の取材に応じ、Zomato のインフラ上で発見した脆弱性を1年前に同社に報告したものの、何の反応もなかったと語った。そのため強硬姿勢に転じ、ダークウェブ上でデータを売りに出すことにしたという。結果として Zomato はハッカーグループとの「会話のチャネルを開く」ことになったが、犯行グループの対応は「非常に協力的だった」としている。

Zomato の技術責任者である Gunja Patidar 氏はこのように説明している

彼らの目的はセキュリティ上の脆弱性を私たちに伝えることでした。問題を解決するため、彼らは正しい倫理観を持ったハッカーコミュニティと協力しています。彼らの主な要求は、セキュリティ研究者を対象とした健全なバグ報奨金プログラムを設けることでした。

Zomato は要求を受け入れ、将来的にそうしたプログラムをスタートすることを約束した。同社は(バグ報奨金プログラムのプラットフォームである)HackerOne に1年以上前から参加している。しかし、脆弱性を報告した倫理的なハッカーに対し、これまで金銭的インセンティブを提供することはなかった。今後は前進に向けた動きがあると見られる。

Patidar 氏は次のように述べる。

近日、HackerOne でバグ報奨金プログラムをスタートします。交換条件として、盗まれたデータのコピーを全て破棄し、ダークウェブ上のマーケットからも取り下げるということでハッカーと合意に至りました。ダークウェブ上のデータ販売に使われていたリンクはすでに無効化されています。

リンクは削除されたが、データが破棄されるという保証は当然どこにもない。しかし、ハッカーとされる人物が提案した取引条件は、これが善意のハッカーによる仕業であると信じるに足るものだ。Zomato がオンラインセキュリティを向上する動機になれば、効果としても望ましい。

この事件をきっかけとして私たちは、セキュリティに関するあらゆる問題に責任をもってタイムリーに対処し、さらに強化していくことを約束します。ユーザの皆様に Zomato をより安全に利用していただくために、善意のハッカーコミュニティとさらに緊密に協力していく予定です。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

フードテック・スタートアップ受難の時代

SHARE:

全世界的にフードテック・スタートアップが投資家の関心を集めている。市場調査会社の CB Insights は、アメリカのフードテック・スタートアップへの投資規模が10億ドルに達し、毎年2倍ずつ成長してきたとの調査結果を明らかにした。 フードテックとは、Food と Technology からなる造語で、食品関連産​​業に情報通信技術を融合した事業をいう。 下の図によれば、2015年の第2四半期まで…

foodtech-startup-crunch

全世界的にフードテック・スタートアップが投資家の関心を集めている。市場調査会社の CB Insights は、アメリカのフードテック・スタートアップへの投資規模が10億ドルに達し、毎年2倍ずつ成長してきたとの調査結果を明らかにした。

フードテックとは、Food と Technology からなる造語で、食品関連産​​業に情報通信技術を融合した事業をいう。

下の図によれば、2015年の第2四半期までに総額7.5億ドルがフードテック・スタートアップに投資されたことになる。投資家のフードテック・スタートアップへの関心が持続して成長しているということを意味する。

しかし、彼らの華麗な投資成績と対象的に、かなり多くのフードテック・スタートアップが、シリーズAラウンドの資金調達に多くの困難を経験していると述べた。これは、他の分野のスタートアップに比べて参入障壁が低いため数多くの競合が存在し、それらのスタートアップ同士での価格や競争が増えたためだ。

usvc-backed-foodtech-investment-activity

恩を仇で返した「Zomato」

一例として、グルメ関連のデータを提供する Zomato は2008年の設立当初、質の高いグルメデータを収集するために大規模な従業員雇用を行った。レストランを直接訪問し、メニューの情報や写真を収集した。これは、クラウドソーシングで情報を収集した Yelp に対抗しようとした差別化戦略だった。

しかし、すぐに Groupon や OpenTable といった大規模事業者がこの動きに追随し、Zomato はビジネスモデルをB向けサービス——レストランの情報管理、配信、オンライン注文などに集中するようになった。グルメデータのオンライン化、B向けサービスを強化する Zomato は、今後の投資などのためバーンレートを抑えるべくリストラを進めており、コンテンツを管理していた300人(全体の10%)の人材を突然解雇した。

これに対し、最も多くの解雇者を出した、アメリカの地域ユーザーから反対を受け、

Zomato は恩を仇で返した。Urbanspoon(Zomato がアメリカで買収したグルメサービス)の時代が懐かしい。

Zomato がアメリカで解雇した人員は、すべて初期に尽力した従業員だった。今後は、Zomato を使わない。

……といった否定的なコメントが殺到した。

大規模な人員削減を行う時に、その従業員との十分なコミュニケーションがいかに重要であるを示す事例だ。

<関連記事>

あまりにも速い地域事業拡大が裏目に出た「Good Eggs」

それでも大規模の投資を受けた Zomato に比べ、Good Eggs の状況はさらに深刻である。オーガニック食品配信スタートアップの Good Eggs は、今年8月にサンフランシスコを除くアメリカ全土のサービスを中断すると明らかにした。これにより、サンフランシスコ本社の従業員を含む140人が解雇された。収益が悪化し、100人余りでチームを再編成した Good Eggs は、サンフランシスコベイエリアでのサービスは、持続していく予定だと明らかにした。

140人を解雇した理由について、共同創業者兼 CEO である Rob Spiro 氏は、ロサンゼルス、ニューヨーク、ニューオーリンズなどにサービスを展開し、あまりにも急速に成長ししようとしたことを最大の過ちに挙げた。彼は、これらの地域に新たな食品流通チャネルを作成することをあまりにも簡単に考え、直面する問題を予測していなかったと告白した。

これは、サービスの成長を前提にに多数の地域で同時に事業拡大を進めていることよりも、地域の市場について徹底した調査を行い、ゆっくりとサービスエリアを広げていくことが重要であることをもう一度悟らせてくれる事例だ。

インド市場のフードテック競争激化が生んだ〝人質事態〟

フードテックとO2Oサービスの成長の可能性は、人口密度が高いアジア市場でより高く評価される。しかし最近、インドの食品注文ソフトウェアのスタートアップ TinyOwl は、112人の営業担当者を解雇した。インドのムンバイに拠点を置く TinyOwl は、設立2年目のスタートアップである。

既存投資家から767万ドルを資金調達した直後に、従業員の解雇を発表し関心を集めた。TinyOwl は、112人の従業員を解雇する2ヶ月前にも100人の従業員を解雇しており、彼らの賃金が未払いであることがわかった。また、今回解雇された112人の従業員には、事後に小切手が提供されたため、従業員は激しく抗議した。

共同創業者である Gaurav Choudhary 氏は、オフィスの閉鎖手続きを踏むために、インドのプネ地域のオフィスに訪問した時、彼がムンバイに戻らないように人質に取られた。身の安全に脅威を覚えた Choudhary 氏は地元警察に届け出、出動した警察とともに警察署に移動し、警察署で2日間とどまったと現地メディアは伝えた。

インドのフードテック・スタートアップ間の競争はますます激化しており、TinyOwl の事例だけでなく、インドのバンガロールに本社を置くフードテック・スタートアップ Dazo は追加の資金調達に失敗し、すべての事業をたたんだ。

今後フードテック・スタートアップ間の競争は、世界的に大型事業者の海外進出が増えるため、さらに激化する見込みである。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

インド発のレストラン検索サービス「Zomato」が6000万ドルを資金調達

SHARE:

Zomato raises USD 60 million worth of firepower from Temasek and Vy Capital インド発のレストラン検索サービス「Zomato」が6000万ドルを資金調達しました。 今回のラウンドは、新規の投資家であるTemasek Holdingsと、既存投資家のVy Capitalがリードしました。今回の資金調達で、Zomatoは累計2億…

Zomato

<ピックアップ>Zomato raises USD 60 million worth of firepower from Temasek and Vy Capital

インド発のレストラン検索サービス「Zomato」が6000万ドルを資金調達しました。

今回のラウンドは、新規の投資家であるTemasek Holdingsと、既存投資家のVy Capitalがリードしました。今回の資金調達で、Zomatoは累計2億2500万ドルを資金調達しています。

「Zomato」はインドで生まれ、欧米や北米へと展開しているレストラン検索サービス。近年では、オンライン予約や決済サービスの提供も開始しています。

関連記事

via YourStory

----------[AD]----------

インド発レストラン検索の「Zomato」、顧客管理のMapleSOSを買収し、オンライン予約や決済サービスの提供を開始

SHARE:

<ピックアップ>Zomato Buys MaplePOS to Offer Restaurant Reservations レストラン検索サービス「Zomato」が、データファームのMaplePOSを買収しました。MapleSOSは、顧客のカスタマー情報のデータベースや、オンラインでテーブル予約ができたり、モバイルで決済ができる仕組みを自社で開発し、提供していました。 MapleSOS…

Zomato

<ピックアップ>Zomato Buys MaplePOS to Offer Restaurant Reservations

レストラン検索サービス「Zomato」が、データファームのMaplePOSを買収しました。MapleSOSは、顧客のカスタマー情報のデータベースや、オンラインでテーブル予約ができたり、モバイルで決済ができる仕組みを自社で開発し、提供していました。

MapleSOSは、いまはZomato Baseとよばれており、MapleSOSのデータベース技術をもとにZomato内のレストラン情報のデータベースを構築。さらに、レストラン内のメニュー管理や顧客情報管理、売上管理などのCRM、データ解析、電子レシートや電子決済機能を搭載し、提携しているレストランにサービスを提供している。

Zomatoは、世界100万軒以上ものレストラン情報を取り扱っており、北米、カナダ、アイルランド、英国、オーストラリアなど幅広く展開しています。先日には、5000万ドルもの資金調達を行うなど、ここ数年で急成長を続けている企業です。

via The Next Web

----------[AD]----------

インド発のレストラン検索サービス「Zomato」がUrbanspoonを買収、北米とオーストラリア市場へ

SHARE:

Zomato Acquires Urbanspoon, Enters US and Australia Markets レストラン検索サービス「Zomato」がUrbanspoonを買収したと報じられています。Urbanspoonは、食の批評家やフードブロガーなどのレストランやバーに関するレビューをアグリゲートするサービス。同サービスは北米、カナダ、アイルダンド、英国、オーストラリア、ニュージーラ…

Zomato

<ピックアップ>Zomato Acquires Urbanspoon, Enters US and Australia Markets

レストラン検索サービス「Zomato」がUrbanspoonを買収したと報じられています。Urbanspoonは、食の批評家やフードブロガーなどのレストランやバーに関するレビューをアグリゲートするサービス。同サービスは北米、カナダ、アイルダンド、英国、オーストラリア、ニュージーランドといったエリアをカバーしていました。

Zomatoは、インドから始まり、英国、ブラジルなどのエリアをカバーしています。今回、Urbanspoonを買収したことによって、これまでカバーできていなかったエリアへと進出することになります。

今回の買収で、Zomatoは、30万軒のレストラン情報が追加され、世界で100万軒以上のレストラン情報を取り扱うことになります。

via The Next Web

----------[AD]----------

インドの人気オンラインフード&レストランガイドZomatoがロンドンへ進出

SHARE:

【原文】 インドの人気オンラインフード&レストランガイドZomatoが、英国ロンドンをサービスに加えることを発表した。その結果、同サービスはインド、アラブ首長国連邦、スリランカ、イギリスの18都市の人気レストランを網羅する。 発表によると、ロンドン地域には14,000軒以上のレストランが掲載されており、1日に約500件のコンテンツを加えているという。私は初め、Zomatoがロンドン地区をサービスに…

【原文】

zomato-london-680x251

インドの人気オンラインフード&レストランガイドZomatoが、英国ロンドンをサービスに加えることを発表した。その結果、同サービスはインド、アラブ首長国連邦、スリランカ、イギリスの18都市の人気レストランを網羅する。

発表によると、ロンドン地域には14,000軒以上のレストランが掲載されており、1日に約500件のコンテンツを加えているという。私は初め、Zomatoがロンドン地区をサービスに加えると決めたのは、イギリスに移民しているインド人が多いからだと思った。

だが、Zomatoのスタッフいわく、インド人の移民がロンドンに多いことは、力強いスタートを切るには確かにメリットとなるが、それは最も大きな動機の1つではないようだ。同社のブログよると、ロンドンをサービスに加えようという最初の動機はちょっと風変わりなようだ。Zomato CEOのDeepinder Goyal氏は次のように書いている。

「2012年11月20日の夕方、オフィスでお茶を飲みながら、私たちはクリスマス時期のロンドンの美しさについて話をしていました。当然ながら、話題はロンドンのレストランへと変わり、世界最高のレストランで食事をしながら、クリスマスをロンドンで過ごせたらどんなに楽しいだろうと話をしていました。そんな気さくな話をしている時に、誰が冗談で、『このクリスマス、Zomatoがロンドンにやってくる。』と言ったんです。それで、皆、しーんと静まり返り、鳥肌が立ったのです。」

zomato-london-2-315x179

この新しいZomatoのロンドンセクションを試してみたい人は、zomato.com/londonにアクセスを。今は招待制のみのアクセスしかできないが、リクエストをすれば、Zomatoのスタッフがリクエストを承認してくれると思う。

同社は今年中にさらなるサービス拡大を目指している。ヨーロッパ、中東、東南アジアの地域を網羅しようと考えてるようだが、あるスタッフによると、まだどの都市にするかを決めなければならいとのこと。

現在、月間900万人以上の人がZomatoを利用している。だから、ニューデリー拠点のZomatoが、既存のユーザベースを超えて、どのくらい早く、そしてどの程度、同サービスを成長させることができるのか今後が楽しみだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------