インドのフードデリバリユニコーンZomatoがIPO、直前にTiger Globalらから5億6,230万米ドルを調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドのフードデリバリ企業 Zomato は、14日の IPO に先立ち、アンカー投資家から5億6,230万米ドルを調達した。Zomato の株式を取得した投資家は、New World Fund、Tiger Global、シンガポール政府、Mirae Asset、Baillie Gifford、Fidelity などだ。

Image credit: Zomato

同社の提出書類によると、これらのアンカー投資家は、1株あたり76ルピー(約110円)の価格で Zomato の株式を引き受けている。Zomato は、一般公募の価格帯を1株あたり72ルピー〜76ルピー(約106〜110円)に設定している。Zomato は IPO 後評価額6,436億ルピー(約9,500億円)で、上場により最大937億ルピー(約1,380億円)の調達を目指している。上場後の資金調達額は約20億米ドルを見込んでいる。

先週開催されたバーチャルカンファレンスでは、同社は、事業が新型コロナウイルス感染拡大の影響からまだ回復していないことを明らかにした。3月31日に終了した会計年度の第3四半期および第4四半期において、Zomato は取扱高が、それぞれ4億600万米ドルおよび4億5,100万米ドルだったことを報告した。また、最終四半期に過去最高の取扱高を記録したことも指摘した。

Zomato は、インドのユニコーンとしては初の上場を目指している。一方、Flipkart、Paytm、Nykaa、PharmEasy などの有名どころを含め、インド国内のスタートアップ企業が今後数ヶ月のうちに上場の準備を進めている。

<これまでの軌跡>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】