THE BRIDGE

タグ Ola

韓国の起亜自動車と現代自動車、インドの配車サービス大手Olaに3億米ドルを出資——提案から半年を経て、インドの公取委が承認

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インド競争委員会(CCI)は、韓国の自動車メーカーである現代自動車と起亜自動車が ANI Techologies の株式を3億ドルで取得する提案を承認した。ANI Techologi…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インド競争委員会(CCI)は、韓国の自動車メーカーである現代自動車と起亜自動車が ANI Techologies の株式を3億ドルで取得する提案を承認した。ANI Techologies は、配車プラットフォームの OlaOla Electric Mobility(OEM)の親会社だ。

Photo credit: Ola

今回の合意のもと、3社は共同でインドに特化した電気自動車やインフラを構築すべく車両やモビリティソリューションを開発し、Ola のパートナードライバー用に設計された自動車を製造する。

インド競争委員会は今回の承認に先立ち、3月の段階では当初この取引を却下していた。その理由については、現代と起亜の提案がインドの配車サービス業界の競争にどのような影響を与えるか、CCI が説明を求めたのに対し、ANI Technologies がその要求を満たさなかったからとされた。

Ola は2022年までに、モビリティエコシステムで200万人分の職業機械を創出することを目指している。今回の新しいパートナーシップによって、Ola のドライバーに対し、自動車メンテナンスや修理のほか、リースや分割払といったさまざまな金融サービスを提供されるようになるだろう。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

シンガポール政府系Temasek、インドの配車サービス大手Olaに2億2,500万米ドルを出資【Inc42報道】

SHARE:

シンガポールの政府出資ファンド Temasek Holdings がインドの配車サービス企業 Ola に2億2,500万米ドルを出資した、Inc42 が報じている。 この取引で、Temasek は「多めの一桁パーセント」の株式を取得したとされ、Ola の初期投資家から取得した株式が含まれる。Temasek は、さらに新株式を取得すべく、Temasek と交渉中だ。Inc42 は、Tamasek の…

Ola
Image credit: Ola

シンガポールの政府出資ファンド Temasek Holdings がインドの配車サービス企業 Ola に2億2,500万米ドルを出資した、Inc42 が報じている

この取引で、Temasek は「多めの一桁パーセント」の株式を取得したとされ、Ola の初期投資家から取得した株式が含まれる。Temasek は、さらに新株式を取得すべく、Temasek と交渉中だ。Inc42 は、Tamasek の参加により、Ola の投資陣が多様化することになるだろう、と伝えている。

先月には、Temasek が Ola の前または初期従業員から3,000万米ドル相当の株式を取得したと、LiveMint が報じていた

今年3月には、Temasek などの投資家が Ola に対し5億〜10億米ドルを出資する方向で交渉中であると、The Economic Times が報じていた。この出資を通じて、Ola のバリュエーションは60〜70億米ドルに達し、2011年の創業以来、初の大きな株主の異動となる。

昨日、Ola はイギリスでサービスを開始する計画を発表した。同社はこれまでに30億米ドル以上を調達している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

インドの配車アプリ大手「Ola」が自社リキシャ(三輪タクシー)に無料Wi-Fiを提供、一方Uberはインド市場に苦戦

SHARE:

インドの道路をオートリキシャ(三輪タクシー)で走るのはどことなくロマンチックだ。歌ったり、踊ったり、悪党を倒したり、あるいは美しい娘を救ったりする勇敢なオートリキシャドライバーを演じる主人公が登場する映画は無数にあるが、そのせいだけではないだろう。どこでも目にするインドの三輪トゥクトゥクは、混沌としたインドの道路を二輪車の身軽さを持って走り抜ける。急いでいる人にとって一番人気の交通手段であるのはそ…

rajnikanth-autorichshaw-ola-auto
タミル映画界のスター Rajnikanth のヒット作『Baasha』(スチール写真より)
Photo credit: YouTube

インドの道路をオートリキシャ(三輪タクシー)で走るのはどことなくロマンチックだ。歌ったり、踊ったり、悪党を倒したり、あるいは美しい娘を救ったりする勇敢なオートリキシャドライバーを演じる主人公が登場する映画は無数にあるが、そのせいだけではないだろう。どこでも目にするインドの三輪トゥクトゥクは、混沌としたインドの道路を二輪車の身軽さを持って走り抜ける。急いでいる人にとって一番人気の交通手段であるのはそのためだ。ただし、髪の毛がメチャクチャに乱れても構わなければ、だが。

国内の配車サービス企業は、インドではオートと呼ばれているオートリキシャの魅力にもちろん気がついている。オートリキシャが乗客を運ぶ回数は、インド全体で1日に2億2,900万件を超えると報告されている。

2014年9月に Ola が Ola Auto をローンチしているが、同アプリには国内73都市にまたがり約12万台のオートリキシャがいるのもうなずける。本日(10月30日)Ola は、これら12万台のオートに無料 Wi-Fi を提供すると発表した。

Ola のオート部門でシニアディレクターおよび部門責任者を務める Siddharth Agrawal 氏は、プレス声明で次のように語っている。

路上で過ごす時間の質を向上させるだけでなく、何百万人もいる国中のユーザがインターネットに簡単にアクセスできる環境を後押ししたいと考えています。

Ola の職員が Tech in Asia に語ったところによると、2週間前に同プロジェクトを試験的に始動したが、今後数週間以内に導入プロセスを完了させたいという。Ola Auto は Ola アプリのユーザに人気があるとしているが、同サービスを利用するアクティブユーザ数は明らかにされなかった。

Ola-Auto-1
インドの配車サービス大手 Ola アプリは約12万台のオートリキシャを擁するという
Photo credit: Ola

インドの市内を移動するのに平均して40分程度かかることを考えると、顧客がかなりの時間を過ごす場所は、家やオフィスに次いで車内が3番目だと Ola は見ています。私たちはその時間をより生産的なものにしたいのです。

この考え方こそが、「オート・コネクト」という今回の無料 Wi-Fi プロジェクトの背景にある。

Ola を相手に、配車サービスの大手グローバル企業 Uber はインドで苦戦を強いられている。Ola によると、インド全域の110都市でタクシー、オートリキシャ、自転車を合わせると80万台を擁しているという。最近の報告書によると、オートが Ola の収益に占める割合は約15%だ。

一方 Uber は、2015年4月にオートリキシャサービス、uberAUTO をデリーで展開している。しかし7か月後にはサービスを一旦停止しており、2016年4月に再び導入している。ところが今年、Uber はまたもやいくつかの都市で同サービスを撤退させている

Uber と Ola は今年、損失の軽減をはかりドライバーに対するインセンティブを削減しており、その結果タクシーの供給維持にそろって苦戦している。リサーチ会社の RedSeer が、2017年第2四半期のタクシー配車サービス用アプリのネットプロモータースコア(NPS)が低下していると報告しており、これはつまり、顧客がアプリを他の人におすすめしたいと以前ほど思わなくなっていることを意味する。

cab-haling-nps
ラッシュアワー時の車両不足のため、インドの配車サービス企業は予約数が落ち込んでいる(Redseer より)
Photo credit: Redseer

そうした中、Ola Auto が勢いを増していることの意味は大きい。RedSeer によると、配車アプリ経由で予約されたオートリキシャ乗車数は、2017年第3四半期には昨年同時期と比較して3倍以上に増えたという。配車サービス市場に占めるオートリキシャの割合は、昨年3%だったのに対し、現在は10%を占めるまでになった。

RedSeer_Total-Auto-rides
Photo credit: Redseer

また、Ola は最近メーカー各社と緊密に連携し、電気自動車も推進している。

さらに10月、Tencent がリードする11億米ドル規模の資金調達ラウンドを発表した。今回のラウンドには Ola の既存投資家であるソフトバンクと、米国を拠点とする投資家数社が参加している。同社はこの資金調達ラウンドの一環で10億米ドルを追加で獲得することを目指している。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

Tencent(騰訊)のリードでOlaが11億米ドルを調達、配車サービスに人工知能やマシンラーニングの機能を追加へ

SHARE:

市場の憶測を打ち消すかのように、インド生まれのタクシーアグリゲータ Ola は、中国のインターネット大手 Tencent(騰訊)がリードする新規ラウンドで11億米ドルを調達した。既存投資家のソフトバンクのほか、匿名の米国系金融投資家数社も参加した。 Ola は目下、今回のラウンドの一環として10億米ドルの追加調達に向けて別の投資家と交渉を進めているという。これが完了すると、調達総額は20億米ドル以…

Ola

市場の憶測を打ち消すかのように、インド生まれのタクシーアグリゲータ Ola は、中国のインターネット大手 Tencent(騰訊)がリードする新規ラウンドで11億米ドルを調達した。既存投資家のソフトバンクのほか、匿名の米国系金融投資家数社も参加した。

Ola は目下、今回のラウンドの一環として10億米ドルの追加調達に向けて別の投資家と交渉を進めているという。これが完了すると、調達総額は20億米ドル以上になる(会社声明)。

今回の資金調達ラウンドで Ola は自動車の供給、テクノロジー、最新鋭のイノベーションへの戦略的な投資を行い、この国のユニークな輸送ニーズに対応していく。また、人工知能やマシンラーニング機能に対しても相当の投資が行われる予定。

同社共同設立者兼 CEO の Bhavish Aggarwal 氏は次のように述べている。

輸送とモビリティの業界は、世界レベルで大きく変化しています。当社の目標は、進化しつつある国を支援し加速させるような、世界的に競争力のある未来志向の輸送システムをインドで構築することです。当社の新たなパートナーは、インドで共に未来の輸送を作り上げるという情熱を共有していますので、こうした企業の世界的な視点やエコシステムから学び、彼らから支援を受けるのが楽しみです。

インド工科大学ボンベイ校を卒業した Aggarwal 氏と Ankit Bhati 氏により2011年1月に設立された同社は、オンラインでタクシーやオートリキシャー(三輪タクシー)を予約できるプラットフォームだ。Ola アプリを使うユーザは110都市で80万台以上の車両から予約ができる。アプリは現在、Windows、Android、iOS のプラットフォームで利用可能。

<関連記事>

Ola は2年前、シリーズ F ラウンドでイギリス拠点の投資企業 Baillie Gifford のリードにより5億米ドルを調達した。その際、既存投資家の Falcon Edge Capital、Tiger Global、ソフトバンクグループ、DST Global のほか、中国のモバイル輸送大手 Didi Kuaidi(滴滴快的)もこのラウンドに参加した。

2015年12月、大手グローバル企業である Uber に対抗するため、オンデマンドタクシー配車大手の Didi Kuaidi、Ola、Lyft、GrabTaxi がパートナーシップを結んだ。この提携を通じてこれら4社は、世界を旅するユーザがどの国に行っても、同一のアプリを使って現地のオンデマンド配車サービスにアクセスできるようにした。これにより各社は東南アジア、インド、中国、米国の主要地域をカバーすることを目指しており、このサービスを2016年第1四半期から開始している。

Ola は、世界で二番目に市場が急成長しているインドにおいて Uber との厳しい争いに直面している。Uber は2012年にインドに進出して以来、この地で積極的な事業展開を図ってきた。Ola は国籍や価格設定を巡って Uber と幾度となく対立しているが、両社は規制の壁を巡り政府とも争ってきた。7月には、Uber がムンバイを拠点とする Ola を論争に巻き込むことで、Uber の運転手が関与した婦女暴行事件の「おぞましさを矮小化」しようとしている、と Ola が主張した

両社とも他社に対する優位性を主張しているものの、多くのユーザは、サービスと車両の高い品質を理由に Uber の方を好むようになっている。

Uber はさらに、ドライバーへのインセンティブや顧客へのプロモーションキャンペーンを提供することで、サービス水準を上げている。

Uber は最近、アプリのボタン一押しでバイクの乗車サービスを利用できる uberMOTO を導入した。乗車サービスと同じように、バイクに乗りたい人は運転手と車種の詳細情報を受け取ることができるほか、GPS 追跡、双方向フィードバック、家族や友人と移動情報を共有する機能など、乗車前、乗車中、乗車後に標準的な安全に関する機能を利用できる。さらに最近には、登録ユーザが提携レストランに料理を注文すると家まで料理を宅配してもらえる UberEATS もインドでローンチしている

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

インドの配車サービスOla、ソフトバンクやTencent(騰訊)などから20億米ドルを調達【Bloomberg報道】

SHARE:

インドで生まれたタクシーアグリゲータの Ola は、ソフトバンクの投資部門 SIMI や Tencent(騰訊)を含む投資家グループから、新規調達で20億米ドルを獲得したと、Bloomberg が本件に詳しい消息筋の話を引用する形で伝えた。 報道では、Ratan Tata 氏(タタグループ会長)とカリフォルニア大学の投資部門が共同運用する VC ファンドの RNT Associates や、アメリ…

インドで生まれたタクシーアグリゲータの Ola は、ソフトバンクの投資部門 SIMI や Tencent(騰訊)を含む投資家グループから、新規調達で20億米ドルを獲得したと、Bloomberg が本件に詳しい消息筋の話を引用する形で伝えた

報道では、Ratan Tata 氏(タタグループ会長)とカリフォルニア大学の投資部門が共同運用する VC ファンドの RNT Associates や、アメリカの機関投資家数社が今回のラウンドに出資したと伝えている。関係者の一人の話によれば、この投資ラウンドはまだクローズしていないため、調達規模は変化する可能性がある。

今回の資金調達は、Ola がインドに特化し続け、クルマとドライバーの供給だけでなく、Uber に対抗する戦略的なテクノロジーを構築する上で手助けとなるだろう、と報道では伝えている。

今回の調達は、Ola にとってニューヨークのヘッジファンド Tekne Capital Management から今年8月に3,600万ドルを調達したのに続くものだ。

<関連記事>

2011年1月、インド工科大学ボンベイ校の卒業生である Bhavish Aggarwal 氏と ANkit Bhati 氏が設立した Ola は、タクシーやオートリクシャー(三輪タクシー)のオンライン予約プラットフォームだ。Ola のアプリを使って、ユーザは10万台以上の中からクルマを予約することができる。Ola のアプリは現在、Windows、Android、iOS の各プラットフォームで利用可能だ。

2年前、Ola はイギリスの投資会社 Baillie Gifford のリードにより、シリーズ F ラウンドで5億米ドルを調達した。中国の交通モバイルアプリ大手 Didi Kuaidi(滴滴快的)に加え、既存投資家である Falcon Edge Capital、Tiger Global、ソフトバンクグループ、DST Global が出資に参加している。

2015年12月、世界的大手である Uber と互角の戦いを行おうと、Didi Kuaidi(中国)、Ola(インド)、Lyft(アメリカ)、GrabTaxi(東南アジア) が力を合わせた。この提携を通じ、これら大手配車アプリ4社は、国際旅行者がどの国に行っても同じアプリを使って、地元の配車サービスを使えるようにしている。参加各社は東南アジア、インド、中国、アメリカの主要地域をカバーすることを目指しており、このサービスを2016年第1四半期から開始している。

Ola は Uber との厳しい戦いに挑んでおり、Uber が2012年にインドの街に登場して以来、世界で2番目に速いスピードで成長するインドで、積極的なサービス拡大を図っている。Ola は、会社の国籍や価格を巡って Uber と数度にわたり戦いを演じており、規制を巡っては政府とも争ったことがある。今年7月には、Uber が Ola を論争に巻き込むことで、Uber の運転手が関与した「恐ろしいレイプ事件を矮小化」しようとしていると、Ola は主張した

両社はともに相手より優れていると主張しているが、ほとんどのユーザは、そのサービスや人員のクオリティから Uber を選び始めているようだ。Uber は、ドライバーにインセンティブを与え、顧客にプロモーションキャンペーンを提供することでサービス水準を上げている。

Uber は最近、乗客ユーザが Uber アプリ上でボタンを押すだけで二輪車バイクを呼び出せる UberMOTO を紹介した。このサービスでは、乗客は通常の Uber のサービスと同じく、ドライバーとバイクの詳細情報を受け取ることができ、乗車中や乗車後は GPS による捕捉、双方向のフィードバックコミュニケーション、家族や友人に移動順路の詳細を共有する機能を提供する。Uber は最近、フードデリバリサービスの UberEATS をインドでもローンチしており、登録ユーザは提携レストランに食べ物を注文し、それらを家で受け取ることができる。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

インドの配車サービスOla、最大のライバルUberとの競争に向け3,600万米ドルを調達

SHARE:

インド発の配車企業 Ola は、ニューヨークを拠点とするヘッジファンド Tekne Capital Management から3,600万米ドルを調達した、とインドの企業登記情報を引用しつつ VCCircle が報じている。 この案件が大規模な資金調達ラウンドの一環なのかどうかは不明だ。以前には、ソフトウェア大手の Microsoft が Ola に5,000〜1億米ドルを投資する交渉をしていると…

Ola

インド発の配車企業 Ola は、ニューヨークを拠点とするヘッジファンド Tekne Capital Management から3,600万米ドルを調達した、とインドの企業登記情報を引用しつつ VCCircle が報じている

この案件が大規模な資金調達ラウンドの一環なのかどうかは不明だ。以前には、ソフトウェア大手の Microsoft が Ola に5,000〜1億米ドルを投資する交渉をしているという報道もあった。昨年10月の報道によると、既存投資家ソフトバンクも、ムンバイを本拠とするこの企業に最大3億米ドルの投資を目論んでいた。

Ola は、今回の資金調達によって、近しいライバルの Uber と競争していくだけの十分な資金を手に入れたことになる。Uber は2013年のインド進出以来、相当の市場シェアを獲得している。

2011年1月、インド工科大学ボンベイ校出身の Bhavish Aggarwal 氏と Ankit Bhati 氏により設立された同社は、オンラインで自動車や人力車を予約できるプラットフォームだ。Ola のアプリを使えば、100都市に住むユーザは10万台もの車から配車の予約が可能だ。アプリは現在、Windows、Android、iOS のプラットフォームに対応している。

Ola は2年前、イギリスを拠点とする投資企業 Baillie Gifford がリードするシリーズ F ラウンドで5億米ドルを調達した。既存投資家の Falcon Edge Capital、 Tiger Global、ソフトバンクグループ、DST Global のほか、中国のモバイル輸送大手 Didi Kuaidi(滴滴快的、現在の滴滴出行)もこのラウンドに参画した。

2015年12月、オンデマンドタクシーの大手4社(Didi Kuaidi、Ola、Lyft、GrabTaxi)が団結し、グローバル企業  Uber  と激しい競争をすることになった。この提携のもと、旅行客は、自分の国で使用しているのと同じアプリで現地のオンデマンド配車サービスにアクセスできるようになった。4社はこうした取り組みを通して、2016年第1四半期より東南アジア、インド、中国、アメリカの主要地域をカバーすることを目指している。

Uber は世界で2番目に急成長しているインドに2012年に上陸して以降積極的な展開をみせているが、Ola は Uber との苦い闘いを強いられてきた。Ola は、Uber と国籍や料金設定を巡る争いをしてきており、規制の障壁については両社ともに政府と論争を交わしてきた。Ola は先月上旬、Uber が Ola をこの論争に巻き込むことで Uber の運転手が関わった忌まわしい婦女暴行事件を「矮小化」させようとしていると主張した

両社ともに、他社に対する自社の優位性を主張しているが、多くのユーザはサービスと車の品質面で Uber を好むようになっている。

Uber は最近、同社アプリを通じてボタン1つでバイクタクシーを呼べるようにする「uberMOTO」というサービスを導入した。 バイクタクシーに乗りたい人には、他の Uber のサービスと同じように、運転手とバイクに関する詳細情報のほか、乗車前後の GPS 追跡、双方向のフィードバック、移動経路を家族や友人とシェアする機能といった標準的な安全機能が提供される。また、登録ユーザが系列レストランに食事を注文すれば自宅まで届けてくれる「UberEATS」という出前サービスもインドで開始している

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

Microsoft、インドの配車サービスOlaへの1億米ドル出資に向けて協議中

SHARE:

匿名のソースからの情報として Live Mint が報じたところによると、巨大ソフトウェア企業 Microsoft が、インドの配車サービス企業 Ola に対する5,000万米ドル~1億米ドルの投資について交渉を進めているようだ。交渉はまだ初期段階とのこと。また、今回の投資が実現すれば、Ola は Amazon のクラウドプラットフォーム AWS から MicrosoftのAzure に乗り換える…

Ola CEO Bhavish Aggarwal 氏

匿名のソースからの情報として Live Mint が報じたところによると、巨大ソフトウェア企業 Microsoft が、インドの配車サービス企業 Ola に対する5,000万米ドル~1億米ドルの投資について交渉を進めているようだ。交渉はまだ初期段階とのこと。また、今回の投資が実現すれば、Ola は Amazon のクラウドプラットフォーム AWS から MicrosoftのAzure に乗り換えることになると見られる。

このパートナーシップによって、Ola 側は、ライバル企業 Uber に対する競争力をさらに強化するために必要不可欠な資金を手に入れることができ、Microsoft 側は、資金よりも CEO である Satya Nadella 氏の戦略を追求することに価値を見出している。その戦略とは、より大きなテック企業とのパートナーシップ構築を進めることで、Azure の導入率を高めようというもの。

過去には、通信インターネット巨大企業ソフトバンクが Ola に対して最大で3億米ドルの投資を検討しているとの報道もあった。これは、Ola の総額5億米ドル調達計画の一環だったのだが、実現したのかどうかは今のところ明らかになっていない。

ここ数ヶ月のところ、Microsoft は急成長を遂げるインドのスタートアップ市場に注目している。最近では、Tencent Holdings や eBay とともに Flipkart の14億米ドルの資金調達ラウンドにも参加しており、その数週間前にはクラウドサービスについて Flipkart と提携を結んでいる。

インド工科大学ボンベイ校の卒業生である Bhavish Aggarwal 氏と Ankit Bhati 氏によって2011年1月に設立された Ola は、タクシーおよび三輪タクシーのオンライン予約プラットフォーム。 Ola アプリを利用すれば、100都市で10万台以上の車両の中から予約することができる。 Ola アプリは現在、Windows 版、Android 版、iOS 版がリリースされている。

Olaは2年前にも、英投資会社 Baillie Gifford がリードするシリーズ F ラウンドで5億米ドルを調達している。同ラウンドには、中国の配車サービス大手 Didi Kuaidi(出出快的)に加え、Falcon Edge Capital や Tiger Global 、ソフトバンクグループ、DST Global が既存投資家として参加した。

2015年12月には、巨大グローバル企業 Uber に対抗すべく、Didi Kuaidi と Ola、Lyft、GrabTaxi の大手オンデマンド配車サービス企業らが手を組んだ。この協力関係のもと、大手配車サービス企業4社は、海外旅行者が旅行先においても普段自分の国で使っているアプリからオンデマンド配車サービスを利用できるようにした。これによって、2016年第1四半期から東南アジア、インド、中国、米国の主要都市でサービスを展開することを目標とした。

Ola は Uber との厳しい戦いを強いられている。2012年にインドの街に登場してから、Uber は世界2位の成長を見せる同国の市場において絶えず積極的な拡大を行ってきた。Ola は、国籍や価格設定に関して Uber と何度かモメている。また、両社は規制について政府と争ったこともある。Ola は先月初め、Uber が Ola を論争に巻き込むことで、Uber の運転手が関与した「恐ろしいレイプ事件を矮小化」しようとしていると訴えた

両社ともが自らの方が優れていると主張しているが、ユーザのほとんどがサービスの質と車両の面でUberの方を選ぶようになり始めている。

Uber は最近、Uber アプリからボタンワンタッチでバイクタクシーを呼ぶことができる uberMOTO を導入した。乗客は、他の車両の場合と同様に、運転手とバイクの詳細な情報を見ることができ、 GPS トラッキングや双方向フィードバック、家族や友人に乗車経路を知らせる機能といった、乗車前、乗車中、乗車後の標準安全機能を利用することができる。また、食品配送サービス UberEATS をインドでローンチした。UberEATS を利用する登録ユーザは提携レストランの食品を注文して、それを自宅に届けてもらうことができる。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------

インドのタクシー配車スタートアップOla、Falcon Edgeとタタ・グループ会長のファンドから1億400万米ドルを調達

SHARE:

インド最大級のタクシー配車アプリ企業 Ola が、ベテラン起業家からシリアル投資家に転身した Ratan Tata 氏が運営する VC ファンド RNT Capital Advisers と Falcon Edge Capital から1億400万米ドル強の新規投資を受けた。 インドの企業登録局に Ola が提出した書類によれば、米ヘッジファンドの Falcon Edge は6,260万米ドルを、…

Ola_CEO_Bhavish_Aggarwal

インド最大級のタクシー配車アプリ企業 Ola が、ベテラン起業家からシリアル投資家に転身した Ratan Tata 氏が運営する VC ファンド RNT Capital Advisers と Falcon Edge Capital から1億400万米ドル強の新規投資を受けた。

インドの企業登録局に Ola が提出した書類によれば、米ヘッジファンドの Falcon Edge は6,260万米ドルを、残りは Tata と University of California Investments のジョイントベンチャーである UC-RNT Fund が投資した。

2011年1月に IIT Bombay(インド工科大学ボンベイ校)の卒業生である Bhavish Aggarwal 氏と Ankit Bhati 氏によって設立された Ola は、タクシーおよび三輪タクシーのオンデマンド予約プラットフォーム。ユーザは102都市にわたる45万台以上のタクシーを予約することができる。

過去数ヶ月にわたり資金調達に苦戦してきた Ola は、2013年にインドに進出して以来急速に人気を集めている Uber との壮絶な戦いを繰り広げている。Uber は優れたサービスと新機能で市場シェアを大幅に拡大してきた。

昨年10月、Ola は既存投資家のソフトバンクから3億米ドルの投資を受ける交渉を行っていると報道されたが、どうやら実現しなかったようだ。ソフトバンクは苦戦中の Snapdeal を早く手放したいという非常に大きなプレッシャーにすでに悩まされており、格安で Flipkart に売却する交渉を行っている。

Ola が最後に大規模な投資を受けたのは、英国に拠点を置く投資企業の Baillie Gifford がシリーズ F ラウンドで5億米ドルを投じた2015年11月のことである。既存の投資家である Falcon Edge Capital、Tiger Global、ソフトバンクグループ、DST Global に加えて、中国のモバイル交通大手の Didi Kuaidi(嘀嘀快的)もこれに参加していた。

1ヶ月後、グローバル大手の Uber に対抗するべく Didi Kuaidi と Ola、Lyft、GrabTaxi は提携を結んだ。この提携により、これらタクシー配車大手4社は、海外からの旅行者でも自国で利用しているアプリを使って他国でオンデマンド乗車ができるようにした。このことを通して、2016年第1四半期から東南アジア、インド、中国、米国の主要地域へのサービス展開を目指している。

【via e27】 @e27co

【原文】

----------[AD]----------

インドの配車アプリ「Ola」がソフトバンクから追加で3.3億ドルを調達するも、バリュエーションは2年前から30%超下げて35億ドルに

SHARE:

インドの配車アプリで、Uber の競合でもある Ola は再び、ソフトバンクからの支援を勝ち取り、3.3億ドルを調達した。本件の詳細に精通した人物が Tech in Asia に語った。 しかし、新たな資金調達には犠牲を伴ったようだ。今日(原文掲載日:2月27日)、Business Standard が伝えたところでは、Ola のバリュエーションは30%以上も下げて35億ドルとなった。Ola のバ…

Image credit: Ola

インドの配車アプリで、Uber の競合でもある Ola は再び、ソフトバンクからの支援を勝ち取り、3.3億ドルを調達した。本件の詳細に精通した人物が Tech in Asia に語った。

しかし、新たな資金調達には犠牲を伴ったようだ。今日(原文掲載日:2月27日)、Business Standard が伝えたところでは、Ola のバリュエーションは30%以上も下げて35億ドルとなった。Ola のバリュエーション低下は、インドの投資家が自信を失っていることを意味しえいる。

今回の調達やバリュエーションについて、Ola は Tech in Asia からのメールでの問い合わせに回答していない。

2015年11月の調達直後、Ola のバリュエーションは約50億ドルだった。一方、Uber のバリュエーションは現在、約600億ドルである。

Ola がバリュエーションを下げたことで、ソフトバンクは昨年、Ola に対して評価損を計上した。しかし、このことが今回の新規出資を遠ざける理由にはならなかったようだ。

政府を巻き込み、Uber の挑発に非難を続ける

Ola は過去6ヶ月にわたり市場で資金を調達しているが、当初のバリュエーションでの調達は失敗に終わっている。投資家たちは、Ola や Amazon 的なサービスをインドで展開する Snapdeal のような会社への投資を警戒している。Uber や Amazon に比べ、実損が多く市場シェアが低下しているからだ。Ola も Snapdeal も、ソフトバンクの出資先としてよく知られている。

そんな中でも依然として Uber に戦いを挑み続けている Ola にとって、今回調達した資金は救いとなるだろう。ソフトバンクは Ola 株式の22.5%を保有しており、2番目の株主である Tiger Global は約20%を保有している。

昨年12月、Ola の CEO Bhavish Aggarwal 氏は、Uber との戦いをを政府にまで持ち込んだ。Flipkart とともに、彼は、海外プレーヤーの豊富な資金で作られた不公平な競争条件だとして非難した。やり玉に挙げたのは Uber だ。

Ola は、アメリカからのライバルとの激しい競争に立ち向かうべく、数十億ルピーもの資金を〝燃やし〟続けている。Ola はこれまでに約12億ドルを資金調達している。

最近では、Ola から上層部の退任もいくつか見受けられている。直近では、CFO の Rajiv Bansal 氏が今月初めに同社を去っている。

ソフトバンクはこれまでにインドで20億ドル近くを投資しており、その大部分の13億ドルが Ola と Snapdeal に対するものだ。ソフトバンクはホテル予約プラットフォームの Oyo、食料品配達アプリの Grofers、不動産クラシファイド の Housing に出資している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

ソフトバンク、インドのOlaとSnapdealに対する出資で、両社のバリュエーションを切り下げ

SHARE:

日本の投資家であるソフトバンクは、インドにおける最大スタートアップ投資の2つである Ola と Snapdeal の評価額を切り下げた。ソフトバンクはこれまでに、2社の株式に対して約5.5億ドルの拠出を確約している。 今回の修正の結果、インドの国内市場における両社のバリュエーションも下落するだろう。 今回の修正は円高の影響もあるが、Ola や Snapdeal が最も恐れていたパニックボタンが押さ…

skydiving-fall-crash
Photo credit: Pixabay

日本の投資家であるソフトバンクは、インドにおける最大スタートアップ投資の2つである Ola と Snapdeal の評価額を切り下げた。ソフトバンクはこれまでに、2社の株式に対して約5.5億ドルの拠出を確約している

今回の修正の結果、インドの国内市場における両社のバリュエーションも下落するだろう。

今回の修正は円高の影響もあるが、Ola や Snapdeal が最も恐れていたパニックボタンが押された形だ。Ola や Snapdeal は、それぞれの競合にあたる Uber や Flipkart からの圧力に直面する中で今回の修正がなされたことになる。Tech in Asia から Ola とソフトバンクに送られた質問のメールには回答が得られていない。Snapdeal は回答を拒否し、「我々の投資家の会計実務について、コメントすることはできない」とした。

Ola と Snapdeal の両社は2015年の4月から9月にかけて重要な資金調達を行なっていたが、今年は資金調達が困難な時期にあり、さらなる資金を集めることはできていない。

ソフトバンクはこれまでに20億ドル近い資金をインドに投資しており、その投資額の大部分にあたる13億ドルを Ola と Snapdeal に出資している。ソフトバンクはホテル予約プラットフォームの Oyo、食料品デリバリアプリの Grofers、不動産クラシファイドの Housing に出資している。

ソフトバンクは2014年10月、Ola の2.1億ドルの投資、Snapdeal の6.27億ドルの出資のリードインベスターを務めている。両社に対しては、フォローオン(後追い)の投資も実行している。

ソフトバンクは、9月期の6ヶ月連結決算で5.57億ドルの赤字を報告しており、その多くは、インドでの投資に起因するものだ。この赤字のうち、2.84億ドルの損失は年を経ての円高によるものだ。昨年、ソフトバンクは10.8億ドルの黒字を報告していた。

日本円はアメリカドルに対し、今年4月までに10.2%上昇した。

Snapdeal の評価額が今年2月に65億ドルとされた一方、Ola は2015年9月に実施した前回の調達ラウンド後、その企業価値は50億ドルとされている。

インドで最も評価額の高いインターネット企業 Flipkart は、数回に及ぶ評価額修正を経て、バリュエーションは150億ドルから90〜100億ドルに下落した。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------