インドの配車サービス大手Ola、Temasekやソフトバンクなどから3億米ドル超調達か——実現すれば、時価総額17億米ドル超【Entrackr報道】

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Ola Electric が3億米ドルを超える新たな資金調達を行うべく、既存投資家の参加に加え新たな投資家と後期段階の話し合いを行っている」と、この件に詳しい3人の人物の話を引用して、Entrackr が報じた

Ola が建設を計画中の世界最大のスクーター工場(イメージ図)
Image credit: Ola

詳細:

  • シンガポールの政府系投資会社 Temasek が1億2,000万〜1億5,000万米ドルを出資し、ソフトバンクや Tiger Global などの既存投資家が残りの資金を負担する。
  • Ola Electric の時価総額は、この資金調達ラウンドの後、17億米ドルを超えると見られる。

背景:

  • Ola Electric は現在、240億ルピー(約360億円)を投資し、インド東部のタミル・ナードゥ州(Tamil Nadu)に世界最大のスクーター工場を設立する計画を立てている。
  • Ola Electricは2019年3月、Tiger Global や Matrix India などから40億ルピー(約60億円)を調達した。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】