BRIDGE

タグ Py

開発者向け求人プラットフォーム「Hired」、Y Com出身「Py」を買収し人材査定サービスを導入

SHARE:

企業と技術系人材をつなげる求人マーケットプレイス「Hired」は、採用候補者の査定とスクリーニングに関して顧客企業への支援を開始すると発表した。 新しいサービスの原動力となるのは、サンフランシスコを拠点とするアクセラレータ Y Combinator を卒業した Py である。Hiredが Py を買収した金額は明かされていない。 おさらいしておくと、Hired は数多の求人プラットフォームと異なり…

Hired Assessments

企業と技術系人材をつなげる求人マーケットプレイス「Hired」は、採用候補者の査定とスクリーニングに関して顧客企業への支援を開始すると発表した。

新しいサービスの原動力となるのは、サンフランシスコを拠点とするアクセラレータ Y Combinator を卒業した Py である。Hiredが Py を買収した金額は明かされていない。

おさらいしておくと、Hired は数多の求人プラットフォームと異なり、求職者が企業に応募するのではなく、採用を希望する企業の側がオファーを出す。求職者は希望するポジションをいくつでも提示することができ、自身のスキルと経験をプロフィールに記してアピールする。企業がそれを気に入ればオファーをかけるというわけだ。労働者の立場から見てこのプラットフォームは、求職者が採用オファーを天秤にかけられる点で優れている。2012年に発足した Hired はこれまで、昨年夏にシリーズ D ラウンドの一部として得た3,000万米ドルを含めて1億3,000万米ドルを調達してきた。

Py が Y Combinator から巣立ったのは2017年である。スタートアップ当初はコーディングの基礎が学べるモバイルアプリを運営していたが、その後は企業がエンジニアのスキルを査定するための評価ツールに軸足を移した。現実的な課題解決のシミュレーションツールをいくつもリリースしているほか、LivePad と呼ばれるプロダクトは採用対象者を面接する企業に対してライブコーディング環境を提供する。

Py は生まれて間もないが、これまでに獲得したユーザは50万人に上り、Wag、Opendoor、Niantic のようなクライアント企業が技術系人材のスクリーニングを行うのをサポートしてきたという。

今回の買収で、設立者 Derek Lo 氏をはじめとする Py チーム全体が Hired 傘下に入り、主力プロダクトだったPy for WorkはHired Assessments と呼ばれるようになった。

Hired Assessments:候補者レポート

バイアスの問題

Hired Assessments には、コーディングクイズ、課題解決、ライブコーディング環境など、Py が提供してきた機能の多くが取り入れられることになる。興味深いことに Hired は、このプロダクトによって標準化テストの比重が大きくなれば、採用プロセスにバイアスが生じなくなると宣伝している。大手テクノロジー企業の多くがバイアスとマイノリティ登用の問題で厳しい監視にさらされている現状において、これは Hired の顧客企業(Dropbox、Booking.com、Nordstrom など)に対して大きなセールスポイントになりうる。

また Hired は、企業がテストをカスタマイズして特定のスキルを優先的に評価できるようにするという。

Hired の戦略的開発部門 VP である Andre Charoo 氏は次のように語る。

Py の設立者 Derek Lo 氏とは、誰もが容易に求人・求職を行えるようにするというビジョンを共有できました。

これはつまり、企業に対しては必要な人材を迅速確実に獲得できるよう支援し、求職者には理想の仕事にたどり着く手段を提供するということです。Py の技術査定ノウハウと Hired が確立した一級人材へのルートを組み合わせれば、今日の採用基準を一変させることもできるでしょう。

査定が必ずしも面接プロセスの一部ではないということは強調しておいていいだろう。面接プロセスに取り入れることも可能だが、むしろそれ以前に行うスクリーニングとして設計されているのだ。求職者は査定を必ず受けなければいけないわけではないが、自発的に査定を済ませておけば「面接プロセスを短縮できる」と Hired の CEO、Mehul Patel 氏は言う。

ゆくゆくは、Hired Assessments によって採用候補者が時間を節約でき、かつてないほど効率的に理想の仕事と出会えるようになって、面接プロセスははるかに円滑なものになるでしょう。

Py は Hired が公に買収した企業として4社目にあたる。Hired は2017年にアメリカ、フランス、オーストラリアから3社を相次いで手中に収めた

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】