BRIDGE

タグ Readdle

Appleのベストアプリ2015にも選ばれた優秀なEメールクライアント「Spark」にiPad版が登場

SHARE:

各種生産性向上アプリを開発するReaddleが、Eメールクライアント「Spark」のiPad版(iPadとiPad Pro対応)をリリースしました。また今回のリリースで、日本語にも対応しました。2015年6月に登場したモバイルアプリは、2日間で10万ダウンロードを記録。また、Appleによって「Best of the App Store 2015」にも選ばれています。 ひたすら溜まっていく一方で手…

Spark

各種生産性向上アプリを開発するReaddleが、Eメールクライアント「Spark」のiPad版(iPadとiPad Pro対応)をリリースしました。また今回のリリースで、日本語にも対応しました。2015年6月に登場したモバイルアプリは、2日間で10万ダウンロードを記録。また、Appleによって「Best of the App Store 2015」にも選ばれています。

ひたすら溜まっていく一方で手に負えないなど、多くの人にとって頭痛の種となっている「Eメール」。それを本来あるべき姿につくりかえ、人に再びEメールを好きになってもらう。そんなミッションのもと、SparkにはこれまでのEメール処理につきまとう面倒や手間を取り除いてくれる機能がいくつも搭載されています。

例えば、Sparkのメールのビューアはとことんシンプル。ボタンやアイコンが多数並ぶ従来のレイアウトではなく、忙しい中、できるだけ早く受診トレイを空にできるように「メールの読みやすさ」を最重視してデザインされています。iPhoneでもApple Watchでも、またiPadでも、無駄なボタンを排除することでシンプルに止めています。

メールに優先順位をつけて設定したタイミングでスヌーズ通知
メールに優先順位をつけて設定したタイミングでスヌーズ通知

効率的にメール処理をする際に欠かせないのが、優先順位付け。届いたメールから順にではなく、緊急性を踏まえて返信をしていく必要があります。Sparkでは、今日中に終わらない用事は、スワイプ操作で明日以降に後回しに。内容に応じて、「今日また後で」「今週末」「来月」などスヌーズのタイミングを設定することができるため、自分で決めた優先順位を反映した受診ボックスを叶えてくれます。

これまでに受け取った大量のメールの中から、特定のメールを引っ張り出してくるのは時にしなんの技。Sparkのスマート検索は、「人間らしさ」を念頭に開発されたもの。人間がコンピューターの探し方に合わせてメールを検索するのではなく、「先週◯◯から届いた添付ファイル」といった具合に人間にとって自然なフレーズで必要なメールを探すことができます。

また、Watch OS 2をサポートすることでApple Watchとも連携。Sparkでメール処理していくことで、メールの重要性を自動学習し、重要なEメールを受け取った時に限ってApple Watchに通知してくれます。

現在、SparkはそのMacバージョンも鋭意開発中です。2月26日にサービス終了を迎える「Mailbox」の代替えを探している人たちにとっても、良い選択肢になってくれるのではないでしょうか。

 

----------[AD]----------

700万人が使うスキャンアプリ「Scanner Pro」にフォトライブラリーの書類を自動スキャンする新機能

SHARE:

2009年にリリースされ、今では700万人によって利用されているスキャナーアプリ「Scanner Pro」。カレンダーアプリなど、さまざまな生産性アプリを手掛けるウクライナ拠点の「Readdle」が開発しています。 今回、Scanner Proに大幅アップデートが加わりました。7ヶ月間をかけて、50万点の書類をテストすることで誕生した「Scan Radar」(スキャン・レイダー)の機能です。これは…

Scanner-Pro-Radar
フォトライブラリーからスキャンすべき書類を自動検出してくれるScan Radar機能

2009年にリリースされ、今では700万人によって利用されているスキャナーアプリ「Scanner Pro」。カレンダーアプリなど、さまざまな生産性アプリを手掛けるウクライナ拠点の「Readdle」が開発しています。

今回、Scanner Proに大幅アップデートが加わりました。7ヶ月間をかけて、50万点の書類をテストすることで誕生した「Scan Radar」(スキャン・レイダー)の機能です。これは、iPhoneのフォトライブラリーにある書類を自動的に見つけ出し、スキャンしてアプリに取り込んでくれるというもの。

Scanner Pro 6 from Readdle Inc. on Vimeo

ユーザーによるScanner Proの使われ方を分析してみると、アプリの立ち上げは月に2〜3回に留まっていることが判明しました。アプリをさらに改善し、ユーザーのエンゲージメントを高めるにはどうすればいか。これに考えた結果たどり着いたのが、今回リリースしたScan Radar機能です。

「ロック画面からカメラを立ち上げて写真を何枚か撮る。すると、Scanner Pro 6が自動的にそれを見つけ出してスキャンしてくれます。将来的には、「フォトライブラリーにスキャンできそうな写真を見つけました、スキャンしますか?」といったリマインダーの追加も考えています」(Zhadanovさん)

Scanner Proが、経理清算の「Expensify」なんかと連携してくれると、とりえあず撮っておいたレシートを勝手にスキャンしてExpensifyに取り込んでくれて便利かもしれない。こういった方向性も検討中だと言います。

まだスキャンすべき書類の自動探知の精度は100%には及ばないものの、徐々に精度が上がっているとのこと。本日アップデートを迎えた「Scanner Pro 6」は、日本語にも対応しています。

----------[AD]----------

生産性向上ならお任せあれーーReaddleのiOS対応メールクライアント「Spark」が2日で10万DLを突破

SHARE:

長い歴史を持つEメール。1970年代後半から初期のパーソナルコンピューターの普及を受けて、そのテクノロジーは様々に進化してきました。この便利なコミュニケーション手段を日々使う私たちですが、処理に時間がかかる、未読の数が永遠に減らないなどマイナスな印象がつきまとうようになっています。 そんなEメールのことをもう一度好きになってもらおう。そんな思いで開発されたのが、iOS対応のEメールクライアント「S…

Spark-by-Readdle
iOS対応のメールクライアント「Spark」

長い歴史を持つEメール。1970年代後半から初期のパーソナルコンピューターの普及を受けて、そのテクノロジーは様々に進化してきました。この便利なコミュニケーション手段を日々使う私たちですが、処理に時間がかかる、未読の数が永遠に減らないなどマイナスな印象がつきまとうようになっています。

そんなEメールのことをもう一度好きになってもらおう。そんな思いで開発されたのが、iOS対応のEメールクライアント「Spark」です。5月29日にリリースされてから、2日間で10万ダウンロードを突破。各種メディアから高く評価されていることで順調にダウンロード数を伸ばしています。

メールを「文章」で検索、開封通知も

Spark-app-screenshot-1 iOS対応のEメールクライアント「Spark」

何から何まで「スマート」であることを目指して設計されたSpark。人から送られて来たメールと機械的に送られてきたものを自動で振り分けてくれる受信箱。未開封の新着メールは他のメールと切り離して上部に表示されます。

また、メールを「文章」で検索できる機能も。従来のように相手のメールアドレスをヒントにさかのぼって大量のメールを開閉するなんてナンセンス。例えば、”attachments from Denys”(Denysからの添付ファイル)、“all emails from last month”(先月の全Eメール)などと入力すれば、対象のメールを拾い出してくれます。他にも、大事なメールだけ通知がくるように設定したり、署名を左右のスワイプだけで選べたり、またApple Watchにも対応しているとのこと。

一般的なEメールには珍しく、かなり便利な機能が、メールの開封通知です。大事な営業メールを相手が開封したかどうかをすぐに知れるため、フォローアップの電話を掛けるタイミングなどをより適切に判断することができます。Sparkはまた、Dropbox、Box、Evernote、Pocket、Instapaper、Slackといった主要なクラウドサービスと連携。Eメールと各種サービス間の行き来を最小限に押さえて、作業効率を高めてくれます。

毎日使ってもらえるサービスを作りたかった

以前にも取材したことがあるウクライナ拠点のReaddle。「Scanner Pro」や「Printer Pro」などの生産性向上アプリ群を提供するスタートアップで、全アプリの累計ダウンロード数は4,000万件を超えています。

競合が多いEメールクライアントという分野ですが、賑わう市場はウェルカムだと話す同社マーケティングディレクターのDenys Zhadanovさん。より良いプロダクトを作れば、そして上手くマーケティングを展開することができれば勝算はある、と話します。

「“生産性”を扱うより大きなプレーヤーになるためには、人々が日々の生活の中で毎日使うようなものを作る必要があると思ったんだ。僕たちの既存の生産性アプリを異なって、Sparkはもっと頻繁に、それこそ毎時間使われる可能性がある。ただアプリを開発するのではなく、クロスプラットフォームのサービスを作りたいと考えた」

詳細については、サービス紹介動画をご覧ください。Sparkのダウンロードは、iTunesからどうぞ。

Spark – fast and smart email for your iPhone from Readdle Inc. on Vimeo.

----------[AD]----------

あらゆるプリンタにiOSデバイスから出力できる「Printer Pro」が日本語対応、期間限定で無料公開

SHARE:

ウクライナを拠点に、iPhoneとiPad向けのユーティリティアプリを開発する「Readdle」が先ごろ、iOS デバイスからプリント出力できるアプリ「Printer Pro」の日本語対応版を公開した。Apple は iTunes AppStore 上でPriter Pro を「今週のApp」として紹介、Readdle はこれを記念して3月5日まで(米国太平洋標準時基準、日本では6日の未明2時まで…

printerpro_featuredimage

ウクライナを拠点に、iPhoneとiPad向けのユーティリティアプリを開発する「Readdle」が先ごろ、iOS デバイスからプリント出力できるアプリ「Printer Pro」の日本語対応版を公開した。Apple は iTunes AppStore 上でPriter Pro を「今週のApp」として紹介、Readdle はこれを記念して3月5日まで(米国太平洋標準時基準、日本では6日の未明2時まで)の期間限定で、Printer Pro の無料ダウンロードを開始した(通常は $6.99)。

<関連記事>

iOS デバイスから Wi-Fi で接続されたプリンタに出力するには、iOS ネイティブの AirPrint の機能を使えば可能だが、残念ながら、対応可能なプリンタは機種に限りがある。Printer Pro はヘルパーアプリケーションを通じて、未対応機種を含むあらゆる Wi-Fi 接続プリンタをサポートし、ドライバでは吸収できない微妙な位置補正なども手動で調整できるように工夫が凝らされている。

Printer Pro を使えば、iOS デバイス上のあらゆるアプリからプリンタへの印刷出力が可能だ。開発元の Readdle によれば、これまでに世界中で200万件以上ダウンロードされている。

----------[AD]----------

ウクライナ拠点、世界1,400万ダウンロードを誇る生産性向上アプリのスタートアップ「Readdle」にインタビュー

SHARE:

ウクライナを拠点に、iPhoneとiPad向けのユーティリティアプリを開発する「Readdle」。2007年の創業以来、生産性や実用性をテーマに7つの主要アプリを展開。「Scanner Pro」や「Calendars 5」など、グローバルの総ダウンロード数は1,400万を上回る。来日中のマーケティングディレクター、Denys Zhadanovに会って話を聞いた。 Readdleの始まりは、まだiP…

Readdle

ウクライナを拠点に、iPhoneとiPad向けのユーティリティアプリを開発する「Readdle」。2007年の創業以来、生産性や実用性をテーマに7つの主要アプリを展開。「Scanner Pro」や「Calendars 5」など、グローバルの総ダウンロード数は1,400万を上回る。来日中のマーケティングディレクター、Denys Zhadanovに会って話を聞いた。

Readdleの始まりは、まだiPhoneにアプリが搭載される前にさかのぼる。初のプロダクトは、Safari専用のリーダーだった。プロダクトがAppleにも気に入られたこともあり、iOSアプリとして開発することに。その後いくつものアプリをリリースするが、最初のヒットは「Scanner Pro 2009」だった。レシートから書類まで、スマホを使って紙をスキャンするという発想は当時まだ新しく、グローバルのビジネスアプリNo.1の座を1年半にわたって維持し続けたと言う。

半数を占める有料ダウンロード

総ダウンロード数1,400万のうち、半数はライト版や限定プロモーションで無料ダウンロードしたユーザーだが、残り半数は有料版ユーザーだ。Readdleのアプリは、約7ドルから10ドルの価格帯で決して安くはない。しかし、人は時間やお金を節約してくれるアプリにはお金を払う、とDenysは話す。同社のアプリの中でも一番人気は、iPad向けPDF管理ツール「PDF Expert」だ。10ドルの値札のついた同アプリが一番の売れ筋で、日本でも50万ダウンロードを記録している。また、高まる需要に応えるため、今年4月には法人向けのPDF Expert Enterpriseもリリースした。

最近日本語版がリリースされたのが、カレンダーアプリ「Calendars 5」。ユニークなインタフェースで、スケジュール管理とタスク機能を併せ持つ。また、RemindersやGoogle Calendarもサポート。メールを打つように文章として予定を入力すると、自然言語処理でイベントの時間や場所、相手を自動入力してくれる。この機能はまだ日本語未対応だが、対応に向けて動いているという。

小さすぎる自国のアプリ市場、外を目指すしかない

Readdleの共同ファウンダーは、Denysの兄や、その友人数名から成る。ウクライナを拠点としているものの、ユーザーのほとんどを米国ヨーロッパが占める。

「そもそもウクライナのアプリ市場は小さいんだ。スマートフォンは普及しているけれど、iPhoneはまだまだ高額で手が出ない人も多い。ましてや、Readdleの立ち上げ当初、アプリにお金を払う感覚は皆無だった。」

また、スマートフォンを購入したユーザーは自らアプリをダウンロードすることはせず、10ドル程の追加料金を支払って購入店舗におすすめアプリを一括インストールしてもらうのが一般的。これは、ほんの数年前までローカライズされたApp Storeが存在せず、ウクライナのクレジットカードにも対応していなかったことに起因すると言う。そんな背景から、Readdleは国外、特に米国やヨーロッパ諸国をターゲットに据えるしかなかった。

積極的にプロモーションなどをすることはしなかったが、その洗練されたプロダクトはハイプロファイルなインフルエンサーの目に留まり、利用者は自然と増えていった。例えばReaddleDocsは、AllThingsDの生みの親でもあるWalt Mossberg氏などを初期からのファンに持つ。その後、当時はまだコンセプトが目新しかったScannerProのリリースによって多数のメディアに取り上げられていった。

一つのアプリを使うと、他のアプリも試してくれる

全てを内製で作るReaddleのチームメンバーは45人。13人のエンジニアに加えて、マーケター、デザイナー、テスターなどがいる。また、有料のユーティリティアプリを提供しているため、カスタマーサポート部隊も抱えている。日々届くユーザーからのメールには全て目を通し、返信する。丁寧なサポート体制を含むユーザー体験が、人々をReaddleプロダクトのファンにしている。

「Readdleのプロダクトをどれか試すと、他のプロダクトも使ってくれるユーザーが多い。実際、アップデートなど最新情報を配信するメルマガの購読者数は100万人以上いて、一つのプロモーションチャネルとしても機能しているよ。」

Readdle-team

Readdleが次に控える大きな発表は、PDF管理ツールの「PDF Expert」のアップデート。ここ数週間で、iOS 7に対応した新アプリとして誕生する予定だ。PDFを読むことはもちろん、署名したり、注釈をつけるといったさまざまな機能を搭載している。最新バージョンではインタフェースも改良され、他の類似アプリにはない独自機能も追加される。内容はリリースされてからのお楽しみだ。

「僕たちは、人々の生活や仕事の効率や生産性を上げるプロダクトを有料で提供している。対価に対して十分に満足してもらえるよう、最良の製品をリリースすることを最優先しているんだ。それでもバグが見つかれば、即座に対応する。これを徹底することで、国外で少しずつReaddleのブランドが出来上がっていったんだと思う。今後は、日本にももっとユーザーを増やしていきたい。」

これまで静かに、でも確実に自社プロダクトの根強いファンを獲得してきたReaddle。日本での展開が楽しみだ。PDF Expertの最新版のリリースについては、またお伝えする。

----------[AD]----------