BRIDGE

タグ Sansar

Linden LabのソーシャルVRプラットフォーム「Sansar」、ユーザが自作したアバターの服を売買できるマーケットプレイスをローンチ

SHARE:

Linden Lab のソーシャル VR プラットフォーム「Sansar」は、ユーザが作ったアバターの服を売買できるファッション市場をローンチした。 今回の動きは、Linden Lab がかつて生み出したセカンドライフのワールドと同じように、ユーザにとって新たな起業家的、独創的な機会となるものだ。Sansar はさらに、Marvelous Designer との統合もローンチした。これは Clo …

Linden Lab のソーシャル VR プラットフォーム「Sansar」は、ユーザが作ったアバターの服を売買できるファッション市場をローンチした。

今回の動きは、Linden Lab がかつて生み出したセカンドライフのワールドと同じように、ユーザにとって新たな起業家的、独創的な機会となるものだ。Sansar はさらに、Marvelous Designer との統合もローンチした。これは Clo Virtual Fashion によるファッションデザインソフトウェアで、実際にも多くの有名ブランドや独立系ファッションデザイナーが利用しているものだ。

Marvelous Designer で作り出されたファッションは Sansar へのダイレクトなエクスポートが可能で、そこでユーザはアバターにフィット感やスタイルをカスタマイズさせつつリアルな洋服のシミュレーションに活用することができる。これにより VR での洋服選びがより本物らしくなるため、利用体験全般での没入感が向上できる。

セカンドライフでは、5億米ドルというユーザ間エコノミーの多くの部分をファッションが占めており、デザイナーがバーチャルなファッションビジネスで多額の資金を稼いでいる。Linden Lab では、ソーシャルな Sansar の VR ワールドで同じようなことを実現したいとしており、7月にはベータ版をローンチした

sansar-2.jpg
まるで本物のような Sansar のバーチャルクロージング
Image Credit: Linden Lab

Sansar のユーザはアバターのカスタマイズが可能で、プラットフォーム上にいる VR ユーザおよびパソコンユーザとのソーシャルなやり取りでそれぞれの個性や性格を反映させることができる。

Linden Lab の CEO である Ebbe Altberg 氏はこう述べている。

セカンドライフを運営してきた経験から、ユーザが作り出すアバターのファッションはとても重要で価値のあることがわかりました。これをさらにエキサイティングな次の段階に引き上げたいと思います。

Marvelous Designer との統合によって、Sansar 内で着るものを変更することができるだけでなく、着こなし方を変えるためにフィット感やスタイルをカスタマイズできるようになります。袖をロールアップしたり、襟元を崩したり、スカーフをアレンジしたりとお好みの調整が可能になります。

期間限定で、Sansar ユーザには Marvelous Designer が無料で60日間利用できるサービスが提供される。

Clo Virtual Fashion の CEO である Jaden Oh 氏は声明の中で次のように述べた。

イノベーティブなファッション企業、世界をリードする映画・ゲームスタジオ、クリエイティブな趣味愛好家がすでに世界中で Marvelous Designer を使って信じられないほど優れたバーチャルの洋服デザインを制作しています。Sansar との統合は初めての試みですが、ユーザはこの新しい市場で制作した服を簡単に販売できるようになります。

Linden Labは1999年に設立。2003年にセカンドライフをローンチした。Sansar は HTC Vive、Oculus Rift、Windows OS で利用できる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】