BRIDGE

タグ Second Measure

Bloombergが「消費者行動データ分析」のSecond Measure買収、投資判断材料の強化へ

SHARE:

Bloombergは本日(訳註:本文掲載日は12月24日)、ビッグデータを活用した消費者行動や企業業績に関するインサイトを得るためのデータ分析プラットフォームSecond Measureを買収したと発表した。 2015年に設立されたSecond Measureは、クレジットカード決済を含む「何十億もの匿名化されたトランザクション」のデータを使用して、リアルタイムでデイリーの測定追跡を可能とするセル…

Second Measure創業者のMichael Babineau氏とLillian Chou氏/Image Credit: Second Measure

Bloombergは本日(訳註:本文掲載日は12月24日)、ビッグデータを活用した消費者行動や企業業績に関するインサイトを得るためのデータ分析プラットフォームSecond Measureを買収したと発表した。

2015年に設立されたSecond Measureは、クレジットカード決済を含む「何十億もの匿名化されたトランザクション」のデータを使用して、リアルタイムでデイリーの測定追跡を可能とするセルフサービス型の分析プラットフォームを開発した。その機械学習アルゴリズムは、購入記録をスキャンして、例えば地域や時間帯ごとに比較できるインサイトを生成し、予測分析に利用することができる。Second Measureは、Instacart、Postmates、Domino’s、Spotify、Goldman Sachsなど有名どころのクライアントを長年にわたって獲得している。

行動追跡ツールにより、企業は消費者が買い物をする類似店や、ライバル企業から離れた後にどのブランドを選ぶかなどのデータポイントを深掘りして確認することができる。例えばコーヒーチェーンがSecond Measureを活用して、新しい店舗をオープンした後にそのローカルエリアでコーヒーを飲む人々の市場分析ができる、といった具合だ。

Second Measure:PhilzのCoffee市場解析

Bloombergはニュースメディアの他にも金融データとそれらの分析サービスで最もよく知られており、ブルームバーグ・ターミナルを通じて何千もの企業がアクセスしている。投資家はSecond Measureの主なターゲットであり、彼らが投資したいと思う特定のビジネスやセクターについてのインサイトを提供してくれる。Bloombergは、投資会社が「よりデータに基づいた投資戦略」を追求していることを理解しており、この「オルタナティブなデータ」こそが、Bloombergがセカンド・メジャーに惹かれた理由と思われる。中核となるのは、投資家が直面している膨大なデータの意味の理解をサポートをする、ということだ。

Bloombergの今回の買収条件条件は明らかにされていない。Second Measureは以前に2019年初頭のシリーズAラウンドにて約2,500万ドルを調達しており、それがほとんどなので今回の買収額はそこまで凄まじいものにはならなさそうだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

UberとLyft、どっちが使われてる?ーークレカ履歴からサービス利用状況を分析するSecond Measure、GSなどから資金調達

SHARE:

ピックアップ:Goldman Sachs and Citi Make $20 Million Venture Bet That Private Equity Wants Consumers’ Credit Card Info  ニュースサマリー:クレジットカード利用履歴解析プラットフォーム「Second Measure」は12日、ゴールドマン・サックス証券およびCiti Venturesから2千万…

Capture

ピックアップGoldman Sachs and Citi Make $20 Million Venture Bet That Private Equity Wants Consumers’ Credit Card Info 

ニュースサマリー:クレジットカード利用履歴解析プラットフォーム「Second Measure」は12日、ゴールドマン・サックス証券およびCiti Venturesから2千万ドルを調達したことを公表している。Fourtuneなどが報じている。

Second Measureは消費者のクレジットカード履歴から特定企業の利用動向をビッグデータ解析し、VCやファンドへデータ提供している。消費者の購買記録から上場・未上場に関わらずあらゆる角度から企業パフォーマンスや消費者が「実際のどの場所で何を購入しているか」をほぼリアルタイムに導くことが可能だ。

2015年創業の同社は現在、Neuberger Bermanなどの資産マネージメント企業やNew Enterprise AssociatesなどのVCを中心に約150を超える顧客にサービス提供している。

話題のポイント:Second Measureが週に1度公開しているブログでは、ある特定分野に関する市場レポートを公開しています。これが大変面白く、今回は1月21日にパブリッシュされた「Rideshare:With IPOs looming, Uber leads market share, but Lyft has gained ground」を一緒にみてみたいと思います。

UberとLyftは2019年中にもIPOするといわれている中、Second Measureは現時点では未公開企業の両者を消費者のビッグデータから多角的に分析しています。以下のグラフは、2016年から2018年12月までにおけるUberまたLyft両者の成長率です。

rideshare-Nov-chart1
Credit:Second Measure

このデータから分かる通り、市場全体のシェア率はUberが68.8%を占める一方で、Lyftが28.9%なため、前者が圧倒的に勝利を納めています。しかし、成長率を比較するとLyftの方が優れている、ということも読み取れます。次のグラフは、2018年におけるライドシェア全体の利用率、またUber・Lyft両者の各州における割合を示しています。

rideshare-Nov-chart2
Credit:Second Measure

この図からは、Lyftが比較的西海岸にて好まれていることが読み取れるほか、特にワシントン州シアトルでは全州の中でも最大比率45%を占めているようです。

また顧客の利用回数が多くなる地域、特に中部から東海岸に行けば行くほど、Uberがそのシェアを拡大していることもわかります。Second Measureによれば、2018年のUberは月平均5.8回利用され、Lyftは月平均4.9回の差異があるとしていました。

このように、未公開企業であっても消費者のクレジットカード利用データから導き出せるバリューデータは数多くあるのだと気付かされます。ちなみに、上記のデータなどは無償にて公開されているものなので、実際のプラットフォーム上にはさらに詳細なデータがあることが想像できます。

City Venturesにてマネージングディレクターを務めるLuis Valdich氏は、Fortuneの取材に対し以下のようにSecond Measureの可能性に触れていました。

“The opportunity to leverage the data in a new and creative way is not only exciting not only in the investing space, but also across the economy….Within the corporate world, companies can track how the competition is doing in real time.” (新たなテクノロジーを用いてデータにレバレッジをかけ、クリエイティブにそれを利用する。これは、投資分野だけでなく、経済そのものが面白くなると考えています。例えば、ある業界の企業は、これからリアルタイムで競合他社と自社を視覚的に比較できるようになるのです)。

VCやアセットマネジメント企業が顧客の中心だというSecond Measureですが、今後、新たなユーザー層に向けたサービス展開があるのかどうか、そういった点にも注目したいです。