BRIDGE

タグ Send Anywhere

ファイル転送サービス「Send Anywhere」を開発する韓国Estmob、楽天ベンチャーズから600万ドルを追加調達

SHARE:

ファイル転送サービス「Send Anywhere」を開発した韓国の Estmob(이스트몹)は、日本最大のEコマース会社である楽天のVC部門、楽天ベンチャーズから600万ドルを調達したと21日、明らかにした。Estmob は2014年5月にも、楽天ベンチャーズから100万ドルを調達している。 Estmob は、ファイル転送サービス Send Anywhere を提供している。Send Anywhe…

SendAnywhere_featuredimage

ファイル転送サービス「Send Anywhere」を開発した韓国の Estmob(이스트몹)は、日本最大のEコマース会社である楽天のVC部門、楽天ベンチャーズから600万ドルを調達したと21日、明らかにした。Estmob は2014年5月にも、楽天ベンチャーズから100万ドルを調達している

Estmob は、ファイル転送サービス Send Anywhere を提供している。Send Anywhere は、モバイルやPCをはじめとする複数のデバイス間で、会員登録やログイン手順を経ずに、使い捨ての数字6桁のキーで機器間を直接接続し、ファイル転送を可能にする。2015年12月現在の月間アクティブユーザは、全世界で150万人。最近では、マルチ転送、転送再開、履歴機能を強化した Send Anywhere 3.0を発表した。Anywhere 3.0 は現在、Android アプリで利用でき、iOS と デスクトップ版も順次アップグレードされる予定である。

楽天ベンチャーズは楽天が設立したVCで、約100億円規模のファンドを組成し、アジア太平洋、アメリカ、イスラエルのアーリーステージ・スタートアップを中心に投資している。特に技術ベースのスタートアップにフォーカスしており、これまでに Estmob のほか、Carousell、AdsNative、PocketMath などに投資した。

2014年5月に実施した100万ドルの投資に続き、再度、追加出資を進めた楽天ベンチャーズのパートナー Saemin Ahn(안세민)氏は、出資に至った背景を次のように説明した。

Send Anywhere は、手軽さと効率性という2つのコアバリューを執拗に追求した独自のファイル転送技術を保有している。これをもとに、ユーザが希望する目的(ファイル共有)を最大限かつ迅速に満足させることで、最初の投資以来、グローバル市場で5倍以上の成長をもたらした。

Estmob は今回の投資をベースに技術先導力をさらに強化するため、優秀なエンジニア人材の補強に集中する計画であり、世界市場での継続的な成長を続けていくために、サービスのパフォーマンス最適化とマーケティング活動を推進すると方針だ。

Estmob 代表のオ・ユンシク(오윤식)氏は、次のようにコメントしている。

Estmob の技術力と、Send Anywhere の安定した成長力を認められたことを喜んでいる。今後もコアバリューを守りつつ、より高いレベルのサービスを追求して、世界的なファイル転送サービスにできるよう最善を尽くしたい。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

韓国のファイル共有アプリSend Anywhere、楽天から100万米ドルを調達

SHARE:

See the original story on Tech in Asia. Send Anywhereというファイル共有アプリを運営する韓国のESTmob(1週間前に記事で取り上げた企業)は5月12日、Rakuten Venturesが主導するシードラウンドで100万米ドルの資金調達を完了したと発表した。 ESTmobの共同設立者であるSuhyuk Kang氏はTech in Asiaに対し、…

スクリーンショット 2014-05-31 11.33.05

See the original story on Tech in Asia.

Send Anywhereというファイル共有アプリを運営する韓国のESTmob(1週間前に記事で取り上げた企業)は5月12日、Rakuten Venturesが主導するシードラウンドで100万米ドルの資金調達を完了したと発表した。

ESTmobの共同設立者であるSuhyuk Kang氏はTech in Asiaに対し、調達した資金をユーザベースの拡大とアプリ機能の向上に活用すると話している。

Send Anywhereの機能は基本的でありふれたものだ。アプリをダウンロードして送信したいファイルを選択すると、6桁の番号(もしくはQRコード)を取得できる。取得したコードをファイル受信者に送り、受信者はそのコードを自機の同アプリに入力するという流れである。

日本最大のeコマース企業の投資部門であるRakuten Venturesは、なぜこのように便利ではあるが面白みのないアプリに資金を投じたのだろうか?同社のSaeMin Ahn氏は、Send Anywhereには目に見える以上のものがあるという。

「彼らは素晴らしいチームです。感情的、経済的な意味でユーティリティで何が大事なのか分かっています。私たちは当たり前のようにファイルを送信したりしていますが、プロセス全体をよく見ると、現在利用できるオプションには多くの課題があります。ログイン、メッセージアプリの互換性、ファイルサイズの制限などです」(SaeMin Ahn氏)。

Ahn氏はまた、現GoogleのAndrew McGlinchey氏とAndy Warner氏もエンジェル投資家と将来のアドバイザーとして今回のラウンドに参加したとも回答した。

Send Anywhereを使用している「月間アクティブデバイス」数が20万件以上に拡大した。Kang氏は、そのうちの65%が月間アクティブユーザベースであると推定している。同チームは今年末まで月間アクティブユーザ数の100万人突破を目指している。

via Tech in Asia【原文】