THE BRIDGE

タグ 楽天ベンチャーズ

シンガポールのAIスタートアップViSenzeが、楽天ベンチャーズらのリードによるシリーズBラウンドで1,050万米ドルを調達

SHARE:

e コマースおよびデジタルビジネス向けビジュアルテクノロジーを開発する人工知能(AI)企業 ViSenze は、楽天ベンチャーズのリードによるシリーズ B ラウンドを1,050万米ドルの調達でクローズした。ともにラウンドをリードしたのはクロスボーダー投資会社の WI Harper Group と、アメリカやアジアでアーリーステージテクノロジースタートアップに投資する VC の Enspire Ca…

visenze-final

e コマースおよびデジタルビジネス向けビジュアルテクノロジーを開発する人工知能(AI)企業 ViSenze は、楽天ベンチャーズのリードによるシリーズ B ラウンドを1,050万米ドルの調達でクローズした。ともにラウンドをリードしたのはクロスボーダー投資会社の WI Harper Group と、アメリカやアジアでアーリーステージテクノロジースタートアップに投資する VC の Enspire Capital だ。

Singapore Press Holdings の投資部門 SPH Media Fund、Alibaba(阿里巴巴)の元 CTO である John Wu (吴炯)氏が設立したアジアの代替資産管理会社 FengHe Fund Management(風和投資管理)、Raffles Venture Partners、Phillip Private Equity と UOB Venture Management もこれに参加した。

資金は既存の画像認識テクノロジーへのさらなる投資、同社の国外事務所増員と拡大に使われる予定だ。機械学習とコンピュータビジョン研究開発チームを拡大するほか、アメリカおよびインド事務所の成長、イギリスと中国の新事務所設立に新たな資金が費やされる。

楽天ベンチャーズのマネージングパートナー Saemin Ahn(안세민)氏は次のように話している。

ViSenze は e コマース市場に AI テクノロジーを持ち込むことで多大なマーケットトラクションを獲得しました。持ち前のイノベーション DNA でショッピング体験をより簡単にするデジタルコンテンツプラットフォーム向けの新しいソリューションを開発しています。ビデオコマース向け新ソリューションにも大きな可能性を感じています。引き続き ViSenze に投資し、シリーズ B ラウンドをリードできたことを非常に嬉しく思っています。

ViSenze は e コマースビジネス、小売、コンテンツパブリッシング業界を対象にアドバンストビジュアル検索および画像認識ソリューションを開発している。機械学習とコンピュータビジョンを組み合わせたテクノロジーを基に、ViSenze は オンラインショッピングの消費者が e コマースプラットフォームで写真をアップロードするなどして閲覧・検索したり、ソーシャルメディアやビデオネットワークなどのコンテンツパブリッシャープラットフォームを利用したりする際、瞬時にビジュアル的に類似した商品を勧めてくれる。

同社のソリューションは大手 e コマース企業の楽天、ASOS、Myntra(Flipkart の子会社)や Lazada などがエンゲージメント率とコンバージョン率アップのために採用している。ブランドは ViSenze を使って画像をエンゲージメントに取り込み、パブリッシャーは ViSenze で自社のビジュアルメディアアセットをマネタイズする機会を生み出している。

ViSenze によると、過去12ヶ月間の収益成長率は300%を超えたという。

同スタートアップはサンフランシスコ、ニューデリーとシンガポールに事務所を構えている。シンガポール国立大学と中国の清華大学が共同で設立した著名な研究センター NExT のスピンオフだ。

ViSenze の共同設立者で CEO の Oliver Tan 氏はこう語る。

オンライン検索は私たちの生活の重要な一部となっていますが、ビジュアルショッパーの大多数が、キーワード検索は今のビジュアルウェブの世界では不十分だと言っています。私たちはオンラインユーザが情報を探す方法やオンラインで商品を購入する方法を簡素化することでこの問題を解決したいと思っています。

オンラインショッピングにおいては商品のビジュアル的特徴を詳細にとらえ、購入者が探しているものを販売している商品とマッチさせるようビジュアルショッピング AI を訓練しています。弊社研究開発チームによる継続的な検索品質の向上とイノベーションにより、弊社小売業クライアントのコンバージョン率は最高で70%増加しました。

同社は現在、ビジュアルコンテンツサイト用に発見主導型のショッピングソリューションを準備している。このソリューションでは、ショッピングに興味を持たせるビジュアルコンテンツサイトと求められている商品のギャップに焦点をあてている。

ViSenze は2014年に楽天ベンチャーズがリードし Walden International(WI)、UOB Venture Management(UOBVM)を新たな投資家として迎えたシリーズ A で350万米ドルを調達している

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

Rakuten Venturesが世界ファンドの運用額に1億ドルを追加、楽天の動きとは対照的にアジアで投資を強化 #tiasg2016

SHARE:

本稿は、4月12日〜13日にシンガポールで開催されている Tech in Asia Singapore 2016 の取材の一部である。 Tech in Asia Singapore 2016 1日目のセッションで、楽天の CVC である Rakuten Ventures の Managing Director である Saemin Ahn(안세민)氏が、Tech in Asia 創業者の Will…

tiasg2016-rakuten-ventures-1

本稿は、4月12日〜13日にシンガポールで開催されている Tech in Asia Singapore 2016 の取材の一部である。

Tech in Asia Singapore 2016 1日目のセッションで、楽天の CVC である Rakuten Ventures の Managing Director である Saemin Ahn(안세민)氏が、Tech in Asia 創業者の Willis Wee 氏と行ったファイヤーサイドチャットの席上、グローバル向けに新たに1億ドルのファンドを組成することを発表した。これは、2014年7月のグローバル向け1億ドルファンドの組成に続くもので、今年1月に発表した日本国内向けのファンドとあわせると、運用累計総額は約2億8,500万米ドルに上る。

同社はこれまでに、Carousell、Visenze、PocketMath、Send Anywhere、Algorithmia、Epic! 等のスタートアップに投資している。

<関連記事>

tiasg2016-rakuten-ventures-2
左から:Rakuten Ventures Managing Director Saemin Ahn氏、Tech in Asia 創業者 Willis Wee 氏

Rakuten Ventures はこれまでに、アメリカ、シンガポール、日本などに投資してきているが、インドやインドネシアといったホットな市場に投資することはないのか、という Wee 氏の質問に、Ahn 氏は次のように答えた。

その市場で何が強いのか、我々がどうやって、その市場に参入できるのかということを考えている。インドは確かに15億人と人口は多いと言われるが、スマートフォンを持っている年収で1万ドル以上の中間所得層は4,000万人から5,000万人程度。これは、韓国の人口よりも少ない人数だ。(中略)

投資を受ける準備ができていない市場というのもある。人々がモノをオンラインで買うようになるまで待たなければならない。何年待てばいいのかは私にもわからない。商業ベースのファンドにとっては、我慢して待つということはコストのかかる行為だが、我々は幸いなことに CVC なので、時が来るのを我慢して待てるというのはアドバンテージだ。(Ahn 氏)

また、Wee 氏は、楽天が東南アジアからの撤退を余儀なくされていることに触れ、このことが Rakuten Ventures の今後の動向に影響するかどうかについても尋ねた。

幸運なことに Rakuten Ventures は、楽天の本体からは完全に独立している。したがって何も変わらない。(Ahn 氏)

<関連記事>

tiasg2016-rakuten-ventures-3

興味深いことに、Rakuten Ventures は Carousell というモバイル C2C アプリに出資をしている。一方で、楽天は先ごろ、「ラクマ」というC2Cアプリをローンチした。ここで利益相反が起きず、しかも、特段、Rakuten Ventures から楽天に対して「(同じ C2C アプリである)Carousell を買収して、楽天の C2C アプリにしよう」という提言が出ないあたり、Rakuten Ventures が楽天からいかに独立して運営されているかの表れでもある。

今後の投資戦略について、特に注力する市場やセクターがあるというわけではなく、Ann 氏は端的に「投資したいと思った会社に投資していく。それだけ。」と語った。起業家は忠実に目標に向かって邁進することが大事で、今回の運用額増額を受けて、そのような起業家を今後も支援していきたいとのことだ。

----------[AD]----------

Rakuten Ventures、日本のスタートアップを対象とする100億円規模のファンドを設立

SHARE:

楽天グループのベンチャーキャピタルであるRakuten Venturesが、日本国内において運用資産額100億円のベンチャー・キャピタル・ファンド「Rakuten Ventures Japan Fund」の運用を開始した。 同ファンドは、マネージング・パートナーであるSaeMin Ahn(サエミン・アン)氏のもと、Hogil Doh(ホーギル・ドー)氏がインベストメント・マネージャーとして運用する…

Rakuten_logo.svg

楽天グループのベンチャーキャピタルであるRakuten Venturesが、日本国内において運用資産額100億円のベンチャー・キャピタル・ファンド「Rakuten Ventures Japan Fund」の運用を開始した

同ファンドは、マネージング・パートナーであるSaeMin Ahn(サエミン・アン)氏のもと、Hogil Doh(ホーギル・ドー)氏がインベストメント・マネージャーとして運用する。

Rakuten Venturesは、2013年からシンガポールを拠点に活動しているコーポレートベンチャーキャピタル。東南アジアを対象とする1千万ドル規模のファンドの運用からスタートしている。

2014年には、アジア太平洋地域、イスラエル、米国の企業を対象とした1億米ドル規模のグローバル・ファンドを組成。2015年11月には、金融テクノロジーを対象とした1億米ドルのフィンテックファンド「Rakuten FinTech Fund」も組成している。

今回設立した「Rakuten Ventures Japan Fund」は、アーリーステージやグロースステージにある、日本のスタートアップを中心に投資が行われる予定。投資対象となる企業には、楽天グループ内の既存の技術やプラットフォームの活用などによるサポートも提供される。

----------[AD]----------

ファイル転送サービス「Send Anywhere」を開発する韓国Estmob、楽天ベンチャーズから600万ドルを追加調達

SHARE:

ファイル転送サービス「Send Anywhere」を開発した韓国の Estmob(이스트몹)は、日本最大のEコマース会社である楽天のVC部門、楽天ベンチャーズから600万ドルを調達したと21日、明らかにした。Estmob は2014年5月にも、楽天ベンチャーズから100万ドルを調達している。 Estmob は、ファイル転送サービス Send Anywhere を提供している。Send Anywhe…

SendAnywhere_featuredimage

ファイル転送サービス「Send Anywhere」を開発した韓国の Estmob(이스트몹)は、日本最大のEコマース会社である楽天のVC部門、楽天ベンチャーズから600万ドルを調達したと21日、明らかにした。Estmob は2014年5月にも、楽天ベンチャーズから100万ドルを調達している

Estmob は、ファイル転送サービス Send Anywhere を提供している。Send Anywhere は、モバイルやPCをはじめとする複数のデバイス間で、会員登録やログイン手順を経ずに、使い捨ての数字6桁のキーで機器間を直接接続し、ファイル転送を可能にする。2015年12月現在の月間アクティブユーザは、全世界で150万人。最近では、マルチ転送、転送再開、履歴機能を強化した Send Anywhere 3.0を発表した。Anywhere 3.0 は現在、Android アプリで利用でき、iOS と デスクトップ版も順次アップグレードされる予定である。

楽天ベンチャーズは楽天が設立したVCで、約100億円規模のファンドを組成し、アジア太平洋、アメリカ、イスラエルのアーリーステージ・スタートアップを中心に投資している。特に技術ベースのスタートアップにフォーカスしており、これまでに Estmob のほか、Carousell、AdsNative、PocketMath などに投資した。

2014年5月に実施した100万ドルの投資に続き、再度、追加出資を進めた楽天ベンチャーズのパートナー Saemin Ahn(안세민)氏は、出資に至った背景を次のように説明した。

Send Anywhere は、手軽さと効率性という2つのコアバリューを執拗に追求した独自のファイル転送技術を保有している。これをもとに、ユーザが希望する目的(ファイル共有)を最大限かつ迅速に満足させることで、最初の投資以来、グローバル市場で5倍以上の成長をもたらした。

Estmob は今回の投資をベースに技術先導力をさらに強化するため、優秀なエンジニア人材の補強に集中する計画であり、世界市場での継続的な成長を続けていくために、サービスのパフォーマンス最適化とマーケティング活動を推進すると方針だ。

Estmob 代表のオ・ユンシク(오윤식)氏は、次のようにコメントしている。

Estmob の技術力と、Send Anywhere の安定した成長力を認められたことを喜んでいる。今後もコアバリューを守りつつ、より高いレベルのサービスを追求して、世界的なファイル転送サービスにできるよう最善を尽くしたい。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

楽天がUber対抗馬Lyftの5.3億ドルの投資ラウンドをリード、11%の株式を取得

SHARE:

日本のEコマース大手である楽天が、サンフランシスコを拠点とする乗り合いスタートアップ Lyft の5.3億ドルの投資ラウンドをリードした。TechCrunch が最初にこのニュースを伝え、まもなくして Lyft がそのことをブログ上で確認した。楽天は Tech in Asia に対し、Lyft の11%の株式を3億ドルで獲得したと語り、三木谷浩史氏の発表を提供してくれた。 これまで、我々は未来を見…

9603965456_3fb9952904_z
Image by Flickr. CC-licensed picture.

日本のEコマース大手である楽天が、サンフランシスコを拠点とする乗り合いスタートアップ Lyft の5.3億ドルの投資ラウンドをリードした。TechCrunch が最初にこのニュースを伝え、まもなくして Lyft がそのことをブログ上で確認した。楽天は Tech in Asia に対し、Lyft の11%の株式を3億ドルで獲得したと語り、三木谷浩史氏の発表を提供してくれた。

これまで、我々は未来を見てきました。そして、これこそそうだと思います。人と人とのつながりを強くすることで、シェアリング・エコノミーはサービス産業を根本から変化させ、社会に利益をもたらします。Lyft のような、人々や社会に潜在する可能性を解き放つビジネスが、未来への鍵を握っていると確信しています。

楽天は、Lyft の「国内と海外展開」のために投資したとも語っている。

<関連記事>

今回の調達は Lyft が東アジアのインターネット巨人から獲得した最初の投資ではない。約1年前には、Lyft は中国の主要Eコマース企業 Alibaba が参加する2.5億ドルの調達ラウンドを実施している。

有名なアジア企業から出資を受けているにもかかわらず、Lyft はアメリカ国内でしか利用できない。一般人も自分の車に乗客を乗せてお金がもらえるという同社のビジネスモデルは、多くの都市において法律上のグレーゾーンとされるからだ。この言及が世界展開を難しくしている。一方 Uber は、〝街のショーファーカー(高級車)〟としてのレイヤーで先に市場に食い込み、後に一般車利用の登録を始める方法を取っている。市場のプレゼンスを得る上で、この戦略は時間を稼ぐ方法として有効に働いている。

交通ネットワークに対する投資が増え続ける中で、乗り合い業界は西洋でも東洋でも飽和しつつある。退場するスタートアップもあり、ライバルが彼らを買収していく。したがって、一から乗客のネットワークを築こうとする新参者は、非常に難しい局面にも遭遇する。

しかし、仮に Lyft が短期間のうちにアメリカ国外への進出することが明らかになるとすれば、アジアのインターネット企業が投資する理由が他にも存在することになる。乗り合いサービスを提供するスタートアップは、地図や交通パターンという〝お宝データ〟を集められる。時が来れば、Lyft のシェアリング・エコノミーのビジネスモデルをどうやってアジアに導入しようかと、彼らは伺っているのかもしれない。

中国の主要な交通ネットワークは、最近合併した Kuaidi Dache(快的打車)と Didi Dache (嘀嘀打車)で、両者とも一般人ではなくタクシーがサービスを展開している。インドの Ola、東南アジアの GrabTaxi は主にタクシー呼出を提供しており、日本は LINE TAXI のおかげでオンデマンド・タクシーのブームが到来しそうだ。しかし、P2P の乗り合いサービスは、今のところ、市場の支配者はいない(UberX はアジアの多くの都市で利用可能だが)。

この2年間にわたって、楽天はチャットアプリの Viber、ビデオ・ストリーミングの Viki、Eコマースアプリの Slice、クーポンサービスの Ebates、電子書籍リーダーの Kobo など、世界的な買収劇を繰り広げてきた。同社はヨーロッパにも複数のEコマース企業を保有しており、楽天ベンチャーズを通じてアーリーステージ企業に投資している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------

楽天CVCでアーリーステージ投資に特化したRakuten Ventures、運用資産額1億ドルのグローバル・ファンドを組成

SHARE:

Image by priceminister on Flickr <ピックアップ>楽天株式会社:  Rakuten Ventures、運用資産額1億米ドルのグローバル・ファンドを組成 Rakuten Venturesは6月30日、運用資産額1億ドルのグローバルファンドの組成を発表しました。同ファンドはイスラエルやアジア、米国のスタートアップなどへのアーリーステージへの投資事業を行うとし…

8867775008_26d22460db_z
Image by priceminister on Flickr

<ピックアップ>楽天株式会社:  Rakuten Ventures、運用資産額1億米ドルのグローバル・ファンドを組成

Rakuten Venturesは6月30日、運用資産額1億ドルのグローバルファンドの組成を発表しました。同ファンドはイスラエルやアジア、米国のスタートアップなどへのアーリーステージへの投資事業を行うとしています。

注目すべきは、アジアやイスラエルといったベンチャーの盛り上がりを見せている地域への投資です。4月に開催された新経済サミットでは、イスラエルのVertex Venture CapitalのDavid Heller氏が登壇し、近年のイスラエルの盛り上がりやIPO実績、世界のR&Dが集まる地域としての実績をプレゼンしたことも記憶にあたらしいです。

楽天のグローバル展開、そしてアジアやイスラエルにおけるベンチャーの動きにも、今後注目が浴びてきそうです。

----------[AD]----------