楽天CVCでアーリーステージ投資に特化したRakuten Ventures、運用資産額1億ドルのグローバル・ファンドを組成

SHARE:

8867775008_26d22460db_z
Image by priceminister on Flickr

<ピックアップ>楽天株式会社:  Rakuten Ventures、運用資産額1億米ドルのグローバル・ファンドを組成

Rakuten Venturesは6月30日、運用資産額1億ドルのグローバルファンドの組成を発表しました。同ファンドはイスラエルやアジア、米国のスタートアップなどへのアーリーステージへの投資事業を行うとしています。

注目すべきは、アジアやイスラエルといったベンチャーの盛り上がりを見せている地域への投資です。4月に開催された新経済サミットでは、イスラエルのVertex Venture CapitalのDavid Heller氏が登壇し、近年のイスラエルの盛り上がりやIPO実績、世界のR&Dが集まる地域としての実績をプレゼンしたことも記憶にあたらしいです。

楽天のグローバル展開、そしてアジアやイスラエルにおけるベンチャーの動きにも、今後注目が浴びてきそうです。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録