THE BRIDGE

タグ Shopkick

シンガポールの小売業向け画像解析技術企業Trax、アメリカの買い物リワードアプリ「Shopkick」運営を買収

SHARE:

シンガポールのユニコーン企業 Trax は、カリフォルニアを本拠とする買い物リワードアプリの Shopkick を買収し、自社のポートフォリオに新たな小売企業を加えた。Bloomberg が報じたが、買収金額は明らかにされていない。 Shopkick は今後も、独立した企業として運営される。 Shopkick のユーザはネット上にある商品の閲覧、動画の視聴、店舗の訪問、棚にあるバーコードのスキャン…

Trax / Shopkick

シンガポールのユニコーン企業 Trax は、カリフォルニアを本拠とする買い物リワードアプリの Shopkick を買収し、自社のポートフォリオに新たな小売企業を加えた。Bloomberg が報じたが、買収金額は明らかにされていない。

Shopkick は今後も、独立した企業として運営される。

Shopkick のユーザはネット上にある商品の閲覧、動画の視聴、店舗の訪問、棚にあるバーコードのスキャンをすることで、買い物したりリワードやギフトカードを獲得したりできる。

同社は2014年、現在の親会社である SK Telecom に2億米ドルで買収された。

同社がとるアプローチとして、EBay、GE、Lego、Unilever といった企業に対し、顧客行動やロイヤルティに関するデータやインサイトを提供している。同社はこれを「店舗の棚と買い物客のデータをつなぐ手法」と呼んでいる。

Trax の CEO Joel Bar-El 氏は次のように話している。

消費財ブランドや小売店に新たなインサイトをもたらします。

Trax は出資前、北京を本拠とするコンピュータビジョンスタートアップ LenzTech(朗鏡)などを買収する資金にすることを目指して、評価額11億米ドルで1億米ドルの資金調達を完了していた。

他にも、ヨーロッパにいる競合他社の買収に向けた交渉をしている模様だ。

同社は今後18~24ヶ月以内に新規株式公開の予定があることを明らかにした。現地株式取引所からの要請を受け、二重上場の可能性についてシンガポール証券取引所と話し合いを進めている。

Bar-El 氏がパートナーの Dror Feldheim 氏と共同で2010年に設立したシンガポールの Trax は50カ国以上でサービスを展開しており、その株主にはプライベートエクイティ企業 Warburg Pincus のほか、中国系プライベートエクイティ企業 Boyu Capital(博裕資本)、シンガポールの政府系ファンド GIC  などがいる。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------