BRIDGE

タグ Sket

プレゼン/提案資料作成クラウドソーシングのスマートキャンプが、資料公開プラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を正式ローンチ

SHARE:

プレゼン/提案資料作成のクラウドソーシング・プラットフォーム SKET(スケット)で知られるスマートキャンプは30日、資料の登録・公開プラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を正式ローンチした。言うまでもなく、SKET は〝助っ人〟に、そして、Boxil は〝僕を知る〟に名前が由来している。つまり、Boxil は〝僕〟〝自分〟を知ってもらうためのサービスだ。 <関連記事> コンサルファームのノウ…

boxil_featuredimage

プレゼン/提案資料作成のクラウドソーシング・プラットフォーム SKET(スケット)で知られるスマートキャンプは30日、資料の登録・公開プラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を正式ローンチした。言うまでもなく、SKET は〝助っ人〟に、そして、Boxil は〝僕を知る〟に名前が由来している。つまり、Boxil は〝僕〟〝自分〟を知ってもらうためのサービスだ。

<関連記事>

ビジネス上の提案資料は一般的に PowerPoint や Keynote などで作成され、営業目的でPDF 化されたものが自社サイトや SlideShare などに配置されることが多い。それで事が足りると言えば足りてしまうのだが、敢えて Boxil を開発しようとした理由は何だろうか。

satoshi-furuhashiこれまで SKET を提供してきたのですが、そこで課題となったのは、クライアントが資料作成にいくらまでならコストをかけていいか、ということです。クライアントにとって、提案資料が営業活動に役に立ったのか、売上にどの程度貢献したのか、ということを定量化して情報を還元したいと思いました。

資料を見にきたユーザが何ページまで読んで離脱したのか、何ページまで読んで問い合わせをしてきたのかをわかるようにしたい。

資料の複数のバージョンを掲載して、例えば、価格表を載せた資料と載せていない資料で、A/B テストをすることができます。(スマートキャンプ代表の古橋智史氏)

古橋氏によれば、提案資料を閲覧しにくるユーザの多くはソーシャルメディアからリーチしており、そのユーザは 1) 単純に資料に興味のあるユーザ、2) 新しい商材を探している代理店(広告代理店)、3) 一般のエンドユーザの3つに大別できるのだそうだ。

筆者のようにマーケットリサーチをする過程で、このような資料を参考にさせてもらうケースは 1) のユーザに分類されるだろう。このとき、いわゆるペイウォールのようなしくみで、ユーザ情報を登録しないと資料を閲覧させてもらえない場合、入力した個人情報に基づいて、その資料を公開している企業から営業電話の猛攻に遭うことを恐れるのは、筆者に限った話ではないだろう。しかも、ペイウォールがあることにより、OGP(Open Graph Protocol)やランディングページがうまく機能しなければ、ソーシャルメディア上で資料の存在を拡散することもうまくできない。

Boxil では3ページ目くらいまで無制限に見られ(最終的な仕様は、インタビューの段階では調整中だった)、その後 Boxil のユーザ登録が求められる。また、完全に無制限公開されている資料については、Boxil のユーザ登録さえ求められない。資料公開元は、資料に関心を示したユーザにチャットでコミュニケーションができるため、これが電話に代わる営業チャンネルとして機能する。今後は、資料公開元にランディングページの自動作成機能、アクセス解析ができるダッシュボードなども提供する計画だ。

動画に続く、次のコンテンツのトレンドがインフォグラフィックだと思っています。(古橋氏)

同社の今後の動向が楽しみだ。

スマートキャンプは昨年、昨年開催された Incubate Camp 7th から輩出。昨年末には、ソラシード・スタートアップスから約2,000万円をシード資金を調達している。

_MG_1869
3月11日、朝日新聞メディアラボ渋谷分室で開催された「Sprout」でピッチする古橋氏。(撮影:モリジュンヤ)

コンサルファームのノウハウをスタートアップや中小企業にも~プレゼン資料作成のクラウドソーシング・プラットフォーム「SKET(スケット)」が絶賛躍進中

SHARE:

音楽の世界に作曲者と編曲者と歌手がいるように、あらゆる業界においては、0から1を作り出すのに求められるスキル、それを人々が受け入れやすいように美しくまとめるスキル、さらに、そのまとまった情報をうまく見せるスキルは分けて考えるべきかもしれない。ビジネスの世界で言えば、プランや戦略を組み立てる人、そこから資料を作成する人、さらにプレゼンテーションをする人、ということになるだろう。 通常、日本のビジネス…

presentation-using-slides
via Flickr by NASA Goddard Space Flight Center. Licensed with CC BY 2.0.

音楽の世界に作曲者と編曲者と歌手がいるように、あらゆる業界においては、0から1を作り出すのに求められるスキル、それを人々が受け入れやすいように美しくまとめるスキル、さらに、そのまとまった情報をうまく見せるスキルは分けて考えるべきかもしれない。ビジネスの世界で言えば、プランや戦略を組み立てる人、そこから資料を作成する人、さらにプレゼンテーションをする人、ということになるだろう。

通常、日本のビジネスパーソンは前掲した3つのスキルのすべてを網羅することを目指すのだろうが、コンサルファームに代表される知識集約型の産業では、それぞれの役割によって担当者が分かれていることも少なくない。ワークフローが標準化できれば、その方が業務効率が高くなるからだ。

コンサルファームのコンサルタントたちが、社内でプレゼン資料の制作を担当者に依頼している機能を、そのまま外出ししてクラウドソーシング依頼ができるプラットフォームが昨年公開された。スマートキャンプの SKET(スケット) がそれだ。

sket_screenshot

資料作成を依頼したいユーザは、写真撮影やスキャンした元情報のスケッチ・テキスト・Skype などを使ってクラウドワーカーに業務を依頼、作成された資料は PowerPoint のファイル形式で納品される。ローンチから約8ヶ月が経過した2月の段階で、サービスを利用している中小企業の数は約70社。もともとはページ単価1,000~5,000円でサービス提供していたが、ページボリュウムを基にした価格設定は市場ニーズに合わなかったとのことで、現在は受発注両者の協議によって、1回のオーダーで5~10万円程度の価格帯に落ち着いているようだ。

satoshi-furuhashi
古橋智史氏

以前、ベンチャー企業で働いていたときに、昼間はお客さんに提案する営業活動、夜は夜1~2時まで提案資料を作るという毎日の繰り返しだった。日本のホワイトカラーの労働生産性は、先進国の中でこの20年間くらい、ずっと最下位。資料を作る時間を営業に充てた方が業績は伸びるはずなんです。(スマートキャンプ代表の古橋智史氏)

古橋氏は、コンサルファームなどで資料作成業務に従事していた女性達が離職後、自宅で主婦をしながら仕事をしたいというニーズがあることに着目。彼女たちのほか、平日は仕事をしながら腕に自信のあるサラリーマンが週末に資料作成を請け負ったり、フリーランサーが生活の糧に業務をこなしたりと、クラウドワーカーのバリエーションもさまざまだ。

bizpow_screenshot

B2B サービスの間口を広げるという点でも、スマートキャンプは努力を怠っていない。企業経営者や起業家向けのビジネス情報サイト「bizocean(ビズオーシャン)」では、運営元のミロク情報サービスと共にウェブマガジン「Bizpow」を展開するほか、大企業とスタートアップの事業マッチングを提供する Creww が仲立ちする形で、ファイル転送サービス「宅ふぁいる便」と提携、ユーザが顧客に資料を送付するタイミングで、資料のブラッシュアップのニーズを喚起している。

ちなみに、アメリカの同業を見てみると、Visually が2011年の創業から4年で、500 Startups や AngelList で知られる Naval Ravikant などVC各社から総額1,570万ドルを資金調達、Y Combinator は 昨年 SketchDeck を輩出するなど、事業分野の将来性については大いに期待していいだろう。

先日の渋谷系スタートアップ・ピッチイベント「Sprout」でも公表されたように、現在、スマートキャンプは Sket に続くサービスとして「Boxil(ボクシル)」という新サービスの公開を準備しており、こちらは近日公開される予定なので追って詳細をお伝えしたい。