THE BRIDGE

タグ Boxil

2019年の国内SaaS市場は、バーティカルSaaSやSaaS特化VCの出現でさらに活性化——スマートキャンプが業界レポート最新版を公開

SHARE:

SaaS比較「BOXIL(ボクシル)」やインサイドセールス支援「BALES(ベイルズ)」運営のスマートキャンプは11日、日本内外の SaaS やクラウドサービスの実態や業界トレンドをまとめた「SaaS 業界レポート 2019」を公開した。 これは昨年6月、同社が「SaaS 業界レポート 2016-2017」、「SaaS 業界レポート 2018」として公開した資料の第3弾となるものだ。このレポートは…

Horizon SaaS カオスマップ 2019年版(クリックして拡大)
Image credit: Boxil

SaaS比較「BOXIL(ボクシル)」やインサイドセールス支援「BALES(ベイルズ)」運営のスマートキャンプは11日、日本内外の SaaS やクラウドサービスの実態や業界トレンドをまとめた「SaaS 業界レポート 2019」を公開した。

これは昨年6月、同社が「SaaS 業界レポート 2016-2017」、「SaaS 業界レポート 2018」として公開した資料の第3弾となるものだ。このレポートは、スマートキャンプ取締役 COO の阿部慎平氏、同社デザイナーの森重湧太氏により制作された。

このレポートによれば、SaaS 市場規模は年平均で日本国内約12%、海外約16%で成長を続けているという。また、業務領域(バーティカル)別では、コラボレーション、財務会計、人事給与、営業などで SaaS 化が急速に進んでいることがわかる。

国内 SaaS スタートアップの大型資金調達も続いており、今年に入ってからはアプリ開発のヤプリ(30億円調達、累計40億円調達)、労務管理の SmartHR(61.5億円調達、累計82億円調達)、マーケティングオートメーションのフロムスクラッチ(100億円調達、累計145億円調達)などの躍進が目立つ。また、ALL STAR SAAS FUND、DNX Ventures、Salesforce Ventures、STRIVE といった SaaS に特化した資金注入を明らかにしたファンドの創設も相次いでいる。

<関連記事>

日本のユニコーンに SaaS スタートアップはまだ存在しないが、アメリカには SaaS ユニコーンが55社存在するという。また、アメリカでは2018年、SaaS スタートアップ17社が IPO し、合計で約510億ドルを市場から資金調達した。有名企業には、DropBox、Zuora、DocuSign、SmartSheet、Domo、SurveyMonkey などが上げられる。また、今年に入って、Zoom と Slack が IPO を果たし、上場初日の終値ベースの時価総額はそれぞれ、約159億ドルと約200億ドルに達した。

スマートキャンプでは明日12日、同社初となる SaaS に特化したカンファレンス「SCTX 2019」を開催予定。今回されたレポートはこのイベントで参加者に無料配布されるほか、イベントに参加できない人には10万円で有償頒布の予定。レポートの読み解き方については、ここで参照できる。

----------[AD]----------

クラウドサービス比較サイト運営のスマートキャンプ、人事向けサービス特化の比較サイト「BOXIL HR(ボクシル・エイチアール)をローンチ

SHARE:

クラウドサービスの比較サイト「BOXIL SaaS(ボクシル・サース)」などを運営するスマートキャンプは9日、人事向けサービス比較サイト「BOXIL HR(ボクシル・エイチアール)」を開設した。 採用、育成、エンゲージメント向上などを支援する HR サービスの需要・種類が増加し、また、AI をはじめとしたテクノロジー活用や働き方改革など、人事領域における急速な変化が起きている。取得する情報量膨大に…

BOXIL HR

クラウドサービスの比較サイト「BOXIL SaaS(ボクシル・サース)」などを運営するスマートキャンプは9日、人事向けサービス比較サイト「BOXIL HR(ボクシル・エイチアール)」を開設した。

採用、育成、エンゲージメント向上などを支援する HR サービスの需要・種類が増加し、また、AI をはじめとしたテクノロジー活用や働き方改革など、人事領域における急速な変化が起きている。取得する情報量膨大になる中で、BOXIL HR は、人事担当者が自社に必要な HR サービスの検索・比較するのを支援する。

2015年4月、資料の登録・公開プラットフォームとして公開、その後、法人向けのクラウドサービス/SaaS の比較マッチングサイトにピボットした BOXIL は順調に成長している。サービスバーティカル毎の横展開を意図して BOXIL SaaS として名を改め、今回 BOXIL HR が誕生した。BOXIL SaaS には2019年3月末現在、月間1,200万ページビュー超、約10万人のユーザがサインアップしている。

スマートキャンプによれば、BOXIL SaaS でも勤怠管理システム、労務管理システム、採用管理システムなどの HR 領域における SaaS の情報提供を行ってきたため、既存ユーザの中にも多くの人事担当者が含まれるという。BOXIL SaaS から BOXIL HR へのユーザ流入も期待できるだろう。スマートキャンプでは、SaaS だけでなく、B2B 領域における比較やビジネスマッチングまで実現するプラットフォームとしてサービス改善を図るとしている。

スマートキャンプは昨年、2014年の Incubate Camp 7th および2015年の Incubate Camp 8th から輩出。2015年4月に実施したシードラウンドで約2,000万円、2015年11月に実施したシリーズ A ラウンド1.5億円、2017年5月に実施したシリーズ B ラウンドで3億円を調達している。BOXIL シリーズ以外に、インサイドセールス支援の「ベイルズ」、オウンドメディア支援の「Boxil CMS」、ビジネスメディアの「Beyond」などを提供している。

----------[AD]----------

SaaS市場は国内15%・海外20%の平均年成長率で堅調に推移——スマートキャンプが業界レポート最新版を公開

SHARE:

クラウドサービスの比較サイト「BOXIL(ボクシル)」などを運営するスマートキャンプは21日、日本内外の SaaS やクラウドサービスの実態や業界トレンドをまとめた「SaaS 業界レポート 2018」を公開した。これは昨年6月、同社が「SaaS 業界レポート 2016-2017」として公開した資料の第2弾となるものだ。資料の全編は、上記リンクからダウンロードできる。 このレポートは、スマートキャン…

Horizon SaaS カオスマップ 2018年版(クリックして拡大)
Image credit: Boxil

クラウドサービスの比較サイト「BOXIL(ボクシル)」などを運営するスマートキャンプは21日、日本内外の SaaS やクラウドサービスの実態や業界トレンドをまとめた「SaaS 業界レポート 2018」を公開した。これは昨年6月、同社が「SaaS 業界レポート 2016-2017」として公開した資料の第2弾となるものだ。資料の全編は、上記リンクからダウンロードできる。

このレポートは、スマートキャンプ取締役 COO の阿部慎平氏、同社オウンドメディア編集長の時田信太朗氏、同社デザイナーの森重湧太氏の3氏により制作。SaaS の業界動向に精通した VC として知られる Draper Nexus の倉林陽氏、BEENEXT の前田ヒロ氏、Salesforce Ventures の浅田慎二氏のほか、SaaS を運営する当事者であるスタートアップからは、トレタの中村仁氏、カケハシの中尾豊氏、オクトの稲田武夫氏、さらに SaaS 以外のバーティカル横断の視点からセールスフォースの御代茂樹氏、ヤプリの庵原保文氏、Synamon の武樋恒氏が協力している。

富士キメラ総研の「ソフトウェアビジネス新市場2017年版」、総務省「平成29年度情報通信白書」を基にスマートキャンプが分析したところによれば、SaaS 市場の日本国内における平均年成長率は約15%、海外における平均年成長率は約20%で、2020年には世界全体で約890億ドル規模にまで成長すると予想。このうち、5〜10%の市場を日本企業が占めることになる公算だ。

このレポートでは、スタートアップにとって気になる資金調達の状況についても網羅されている。Sansan やフロムスクラッチ、SmartHR、PLAID など数十億円規模の大型資金調達に始まり、医療、飲食、保険などバーティカル SaaS 分野のスタートアップの資金調達も堅調に推移していることがわかる。また、2017年〜2018年は、Slack、Trello、Zoom といったアメリカ発 SaaS 企業が日本法人を開設する(または日本向けサービスを立ち上げる)好機となった。政府が主導する働き方改革の動きも、追い風となっているようだ。

----------[AD]----------

「ボクシル」運営のスマートキャンプ、シリーズBラウンドでITVなどから3億円を調達——グリーベンチャーズ出身の峰島侑也氏がチームにジョイン

SHARE:

クラウドサービスのマーケティング機能を提供するオンラインサービス「ボクシル」を運営するスマートキャンプは29日、シリーズ B ラウンドで、伊藤忠テクノロジーズベンチャーズ、三菱 UFJ キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタルから3億円を調達したことを明らかにした。これは同社が2015年11月に実施した1.5億円の調達(シリーズ A ラウンド)、2015年4月に実施したソラシード・スタートアップ…

スマートキャンプ代表取締役の古橋智史氏(右)と、スマートキャンプにジョインした元グリーベンチャーズ・アナリストの峰島侑也氏(左)

クラウドサービスのマーケティング機能を提供するオンラインサービス「ボクシル」を運営するスマートキャンプは29日、シリーズ B ラウンドで、伊藤忠テクノロジーズベンチャーズ、三菱 UFJ キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタルから3億円を調達したことを明らかにした。これは同社が2015年11月に実施した1.5億円の調達(シリーズ A ラウンド)、2015年4月に実施したソラシード・スタートアップスからの2,000万円の調達(シードラウンド)に続くものだ。今回の調達を受けて、スマートキャンプの2015年4月からの累積調達金額は約5億円。

今回調達した資金により、スマートキャンプは「ボクシル」の開発とそれに向けた採用強化を行い、サービス掲出企業と見込顧客のマッチング技術の向上を推進。さらに、新規事業として、リードマネジメント(見込顧客管理)が行えるプラットフォーム「BALES(ベイルズ)」を立ち上げるとしている。

スマートキャンプは、代表取締役を務める古橋智史氏が、みずほ銀行、Speee、ネットマイルを経て、2014年6月に設立した。当初は、Incubate Camp 7th でも披露されたプレゼンテーション資料のクラウドソーシングサービス「SKET」を展開していたが、2015年11月にピボット。営業機会を持たないクラウドサービスの顧客とのビジネスマッチングのポータルとして、クラウドサービスの機能比較サイト「Boxil(ボクシル)」を誕生させ、Incubate Camp 8th で紹介した。

その後、「Boxil(ボクシル)」は「ボクシル」へとカタカナ表記に名を改め、マーケティングパートナープラットフォームとして、クラウドサービスだけにとどまらない広範なサービスを扱えるマーケティングツールに進化したようだ。ボクシルをここまで成長させてきた思いと将来展望を、古橋氏は次のように語ってくれた。

これまで少人数がで会社をやってきたが、クラウドサービスや SaaS があったからこそ、スマートキャンプのバックオフィス業務を自分一人でまわしてくることができた。そういう点からも、クラウドサービスや SaaS の普及に力になれるよう、ボクシルを展開していきたい。(中略)

現在の社員数は16人。それ以外にも専門性を持った人たちが、必要に応じてスポットで手伝ってくれているので、少人数でやってこれている。今後は、サービスの柱を大きく2つ作りたい。(ボクシルに加えて)メディアともう一つ SaaS で何か。

ここで古橋氏の言う手伝ってくれていた専門性を持った人たちの一人が峰島侑也氏なのだろう。峰島氏は昨年グリーベンチャーズにジョインした新進気鋭のアナリストで、グリーベンチャーズが2号ファンドの組成を開始したときにも名前が挙がっている。峰島氏がグリーベンチャーズに入社後初めて担当した投資先がスマートキャンプで、昨年末からはアナリストという枠組みを超えて、スマートキャンプに完全出向で関わり始めたのだそうだ。

つまるところ、今回の調達ラウンドをまとめた背景には峰島氏の功績が大きい。スマートキャンプの次期 CFO 候補と言っても過言ではないだろう。かくして、峰島氏は古巣を離れ、数ヶ月にわたって肩を並べて働き、共に靴底を減らして資金調達に奔走したチームの一員として正式にジョインすることになった。

峰島氏を送り出す側のグリーベンチャーズのパートナー堤達生氏は、峰島氏がグリーベンチャーズを離れ、スマートキャンプに加わることについて、次のようなコメントを寄せている。

我々のファンドは、従来より〝本物のハンズオン支援〟を標榜しているのですが、今回のように、転籍にまでいたったというようなケースは、初めてではあります。しかしながら、これも一つのハンズオンの一形態であり、結果としてスマートキャンプ社の企業価値が向上するのであれば、起業家にとっても、我々投資家にとってもハッピーなストーリーになるわけなので、峰島さんには、全身全霊を賭けて、コミットして頂きたいと思っています。

また、峰島さんにとっても、ベンチャーキャピタリストとしてだけでなく、成長企業の経営に携われるのは、キャリア的にも非常に面白いと思いますので、是非、モデルケースになるように頑張って頂きたいなと思っております。つまり、〝期待しかない〟ということですね。(笑)

今回の調達や峰島氏のチーム加入とあわせ、スマートキャンプでは「BALES(ベイルズ)」という新サービスをローンチする。ボクシルは、サービスプロバイダと潜在ユーザをマッチングするサービスであるのに対し、BALES はその前段階であるリードマネジメント(見込顧客の興味度にあわせたアプローチ管理)をテーマとしている。オンラインサービスだけでなく、電話でのヒアリング、サービスプロバイダへの対面商談の提案など、より多面的なマーケティング活動を支援する。インサイドセールスや地方での訪問セールスのアウトソーシングにも対応できるようになるようだ。

BALES の詳細については、具体的なユーザ体験も交え後日改めて紹介したい。

----------[AD]----------

クラウドサービス機能比較サイトとなった「Boxil」、サイトリニューアルで5段階評価や口コミ機能を追加

SHARE:

スマートキャンプが運営する法人向けクラウドサービスの機能比較サイト「Boxil(ボクシル)」は4日、サイトリニューアルを実施し、口コミ機能、比較項目、導入者や利用者の声をもとにした5段階による点数評価機能を追加した。 スマートキャンプでは、Boxil 上に掲載している日本内外の533(2016年3月現在)のクラウドサービスを18のサービスカテゴリに分け、ユーザは特定のニーズに対して、類似する複数の…

boxil-new-screen_featuredimage

スマートキャンプが運営する法人向けクラウドサービスの機能比較サイト「Boxil(ボクシル)」は4日、サイトリニューアルを実施し、口コミ機能、比較項目、導入者や利用者の声をもとにした5段階による点数評価機能を追加した。

スマートキャンプでは、Boxil 上に掲載している日本内外の533(2016年3月現在)のクラウドサービスを18のサービスカテゴリに分け、ユーザは特定のニーズに対して、類似する複数のクラウドサービスを機能単位で比較しやすくなった。既存ユーザの声も公開されているため、企業内で新たなクラウドサービスの導入を検討する担当者は、サービス選択にあたっての参考にすることができる。

Boxil がユーザに行ったアンケートでは、クラウドサービスの選定にあたって、口コミや評判が参考になると答えたユーザは、アンケート回答者全体の68%(大変参考になる41%、参考になる27% の合計値)に上っており、操作性や機能面から評価を得られたサービスが新たなユーザの獲得につながることがわかる。

boxil-service-review-comparison
勤怠管理サービス「ジョブカン」と「jinger」の口コミ・評判を比較

Boxil では、Boxil 上へのクラウドサービスの掲載は無料で行い、サプライヤー向けにサービスを潜在ユーザに紹介する勉強会などを開催し、クラウドサービス未導入企業の担当者とのタッチポイントを提供することでマネタイズするのがビジネスモデルだ。商流的にはサプライヤーからの売上に依存するため、口コミの中立性をどのくらい担保できるかは課題だが、Boxil がベンチマークする G2CrowdGetApps でもユーザが盛んにサービス利用の感想を投稿していることからもわかる通り、仮にユーザからネガティブな評価を受けることがあっても、サプライヤーにとっては、サービスの露出機会が増し、ユーザから得られた意見をサービス改善の材料にできることのメリットの方が大きいと考えることができる。

スマートキャンプの創業者で代表を務める古橋智史氏の話では、クラウドサービスの傾向として、最近ではコミュニケーション・ツールの Slack と連携できるかどうかが B 向けサービスの要となってきており、今後は外部ツールとの連携可否がクラウドサービスが選定される上で大きな要素になりそうだ。日本では、マーケティングツールに特化した機能比較サイトとして Marketer’s STORE(マケスト)が存在するが、カバーしているクラウドサービスの分野・量・ビジネスモデルの観点から、Boxil とは直接的な競合にならないと考えてよいだろう。

boxil-smartphone
スマートフォンでも閲覧できるようになった Boxil

今回のサイトリニューアルとあわせ、Boxil では PC だけでなく、スマートフォンからの閲覧にも対応した。個人ユーザに比べ、とかく法人ユーザでは新しいクラウドサービスの導入には保守的だが、日本に少ないと言われるビジネス向けクラウドサービスのスタートアップの活躍にも、Boxil の存在が一役買ってくれることを期待したい。

<関連記事>

----------[AD]----------

Boxilのスマートキャンプが、グリーベンチャーズ、ベンチャーユナイテッド、アーキタイプから1.5億円を調達——クラウドサービスの機能比較サイトにピボット

SHARE:

企業の提案資料資料公開とB2Bマッチングのプラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を展開するスマートキャンプは4日、グリーベンチャーズ、ベンチャーユナイテッド、アーキタイプベンチャーズから1.5億円を調達したと発表した。今回の調達とあわせ、スマートキャンプは Boxil をクラウドサービスの機能比較サイトへとピボットを図ることを明らかにしており、新しい UI を公開した。 Boxil の正式ロー…

boxil_screenshot

企業の提案資料資料公開とB2Bマッチングのプラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を展開するスマートキャンプは4日、グリーベンチャーズ、ベンチャーユナイテッド、アーキタイプベンチャーズから1.5億円を調達したと発表した。今回の調達とあわせ、スマートキャンプは Boxil をクラウドサービスの機能比較サイトへとピボットを図ることを明らかにしており、新しい UI を公開した。

Boxil の正式ローンチは今年4月。Incubate Camp 8th への参加などの機会を通じてサービスのブラッシュアップを続け、これまでに200社以上の法人登録があり、1,000件以上の提案資料が公開されている。スマートキャンプ代表の古橋智史氏によれば、この半年間のユーザの動きを分析したところ、Boxil はクラウドサービスの提供企業がサービスを紹介するのに親和性があることを発見したのだという。Boxil では今後、クラウドサービスの機能、ユースケース、料金などを詳細に掲載し、潜在ユーザが類似サービスの中で比較検討する際の参考にしてもらう。

今回のピボットについて、古橋氏は THE BRIDGE に次のように語った。

satoshi-furuhashi_portrait
スマートキャンプ 古橋智史氏

Boxil の目線を、商品を売りたいと思っている人の視点から、商品を買いたいと思っている人の視点に変えることにしました。BI ツールはパッケージソフトから始まり、それがよりコンパクトなパッケージソフトになって機能別に細分化されました。そして、クラウドサービスへと移行してきて価格も安くなりましたが、逆に種類が増えたので、ユーザはどれを選べばいいのかわからなくなった。

一方、総務省のデータによれば、クラウドサービスを導入していない企業はその理由として、情報漏洩の不安、メリットがわからない、ネットワークの安定性への不安を上げているものの、昨年対比では導入企業の数は成長を見せている。つまり、導入を躊躇している企業でさえ、いずれクラウドサービスを導入することになるわけです。ここを伸ばしていきたい。

n5401050
出典:総務省「平成25年通信利用動向調査」

オンプレミスのソリューションやパッケージソフトと異なり、クラウドサービスでは、サプライヤーの営業マンやセールスエンジニアが客先に商品説明に来てくれることは稀だ。一方、クラウドサービスを導入していない企業では、「まずは担当者から説明を聞いてみないとわからない」「ウェブに紹介されている情報だけでは不明瞭」などの不満がある。スマートキャンプでは Boxil とあわせ、複数のクラウドサービス・サプライヤーが自社サービスを紹介する勉強会なども開催し、クラウドサービス未導入企業の担当者とのタッチポイントを増やす計画だ。

boxil-scheme

将来的には、AppDirect のような、複数のクラウドサービスを単一アカウントで渡り歩けるアカウント・インテグレーションの機能、請求書が無いと経費の処理ができない企業のために、クラウドサービスのサプライヤーに代わって請求代行したり、複数のクラウドサービスの料金請求をまとめたりする構想もある。

アメリカの G2Crowd は、クラウドサービスの機能比較で有用な情報を提供しており、ユーザがクラウドサービス導入にあたって参考にすることが多い。クラウドサービスのサプライヤーにとっては G2Crowd での評価が、サービスを成長させる上での登竜門になりつつある。Eコマースビジネスの隆盛に価格比較サイトの存在が大きく関わっているように、クラウドサービスのさらなる浸透において、この種の機能比較サイトは重要な役割を担うことになるだろう。

今回調達した資金を使って、スマートキャンプは大幅に人材面を強化する計画だ。新規開拓および既存顧客のフォロー営業担当者フロントおよびバックエンドエンジニアを募集しているということなので、この分野に興味のある読者は連絡してみてほしい。

----------[AD]----------

プレゼン/提案資料作成クラウドソーシングのスマートキャンプが、資料公開プラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を正式ローンチ

SHARE:

プレゼン/提案資料作成のクラウドソーシング・プラットフォーム SKET(スケット)で知られるスマートキャンプは30日、資料の登録・公開プラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を正式ローンチした。言うまでもなく、SKET は〝助っ人〟に、そして、Boxil は〝僕を知る〟に名前が由来している。つまり、Boxil は〝僕〟〝自分〟を知ってもらうためのサービスだ。 <関連記事> コンサルファームのノウ…

boxil_featuredimage

プレゼン/提案資料作成のクラウドソーシング・プラットフォーム SKET(スケット)で知られるスマートキャンプは30日、資料の登録・公開プラットフォーム「Boxil(ボクシル)」を正式ローンチした。言うまでもなく、SKET は〝助っ人〟に、そして、Boxil は〝僕を知る〟に名前が由来している。つまり、Boxil は〝僕〟〝自分〟を知ってもらうためのサービスだ。

<関連記事>

ビジネス上の提案資料は一般的に PowerPoint や Keynote などで作成され、営業目的でPDF 化されたものが自社サイトや SlideShare などに配置されることが多い。それで事が足りると言えば足りてしまうのだが、敢えて Boxil を開発しようとした理由は何だろうか。

satoshi-furuhashiこれまで SKET を提供してきたのですが、そこで課題となったのは、クライアントが資料作成にいくらまでならコストをかけていいか、ということです。クライアントにとって、提案資料が営業活動に役に立ったのか、売上にどの程度貢献したのか、ということを定量化して情報を還元したいと思いました。

資料を見にきたユーザが何ページまで読んで離脱したのか、何ページまで読んで問い合わせをしてきたのかをわかるようにしたい。

資料の複数のバージョンを掲載して、例えば、価格表を載せた資料と載せていない資料で、A/B テストをすることができます。(スマートキャンプ代表の古橋智史氏)

古橋氏によれば、提案資料を閲覧しにくるユーザの多くはソーシャルメディアからリーチしており、そのユーザは 1) 単純に資料に興味のあるユーザ、2) 新しい商材を探している代理店(広告代理店)、3) 一般のエンドユーザの3つに大別できるのだそうだ。

筆者のようにマーケットリサーチをする過程で、このような資料を参考にさせてもらうケースは 1) のユーザに分類されるだろう。このとき、いわゆるペイウォールのようなしくみで、ユーザ情報を登録しないと資料を閲覧させてもらえない場合、入力した個人情報に基づいて、その資料を公開している企業から営業電話の猛攻に遭うことを恐れるのは、筆者に限った話ではないだろう。しかも、ペイウォールがあることにより、OGP(Open Graph Protocol)やランディングページがうまく機能しなければ、ソーシャルメディア上で資料の存在を拡散することもうまくできない。

Boxil では3ページ目くらいまで無制限に見られ(最終的な仕様は、インタビューの段階では調整中だった)、その後 Boxil のユーザ登録が求められる。また、完全に無制限公開されている資料については、Boxil のユーザ登録さえ求められない。資料公開元は、資料に関心を示したユーザにチャットでコミュニケーションができるため、これが電話に代わる営業チャンネルとして機能する。今後は、資料公開元にランディングページの自動作成機能、アクセス解析ができるダッシュボードなども提供する計画だ。

動画に続く、次のコンテンツのトレンドがインフォグラフィックだと思っています。(古橋氏)

同社の今後の動向が楽しみだ。

スマートキャンプは昨年、昨年開催された Incubate Camp 7th から輩出。昨年末には、ソラシード・スタートアップスから約2,000万円をシード資金を調達している。

_MG_1869
3月11日、朝日新聞メディアラボ渋谷分室で開催された「Sprout」でピッチする古橋氏。(撮影:モリジュンヤ)
----------[AD]----------