BRIDGE

タグ SoFi

セクハラ解任でも1億ドル調達、SoFi創業者の新たな挑戦は「住宅ローン×ブロックチェーン」

SHARE:

ピックアップ:SoFi founder Mike Cagney’s already well-funded new startup is raising another $100 million ニュースサマリー:オンライン学生ローンサービスでユニコーンとなったフィンテック企業「SoFi」の創業者MIke Cagney氏が設立した新会社「Figure」が11月初旬、1億ドル規模の調達を行っていたこ…

Screenshot 2019-12-03 at 1.41.31 PM.png
Image Credit: Figure

ピックアップSoFi founder Mike Cagney’s already well-funded new startup is raising another $100 million

ニュースサマリー:オンライン学生ローンサービスでユニコーンとなったフィンテック企業「SoFi」の創業者MIke Cagney氏が設立した新会社「Figure」が11月初旬、1億ドル規模の調達を行っていたことが明らかになった。

Figureが提供するサービスは、ホーム・エクイティー・ローンや借り換え住宅ローンなどの住宅ローンおよび借り換え学生ローンである。Mike氏はセクシャルハラスメント疑惑によりSoFiを2017年に解任されており、離職後すぐの2018年Figureを設立している。Figureはサービス立ち上げ後から着々と成長し、既に累計約1億ドルの調達を実施している。

※ホーム・エクイティー・ローン=住宅価格から住宅ローン未払い額分を除いた資産を担保に発行されるローン

Screenshot 2019-12-03 at 1.40.15 PM.png
Image Credit : Provenance

話題のポイント:Figureがターゲットとするのは、増加傾向にある高齢者層であり、彼らが持つ住宅を担保にローンを組むことを促します。米国でも高齢化は進んでおり、今後巨大化する市場に狙いを定めているのだと考えることができます。

この点、学生をメイン・ターゲットにしていたSoFiと多少の違いがあることがわかります。しかし、Figureは借り換えの学生ローンを提供していますし、実はSoFiは住宅ローン分野にも進出しています。そのため、Cagney氏は古巣SoFiと競合のビジネスを行なっていると捉えることもできるでしょう。

ただ、大きな違いとして、FigureはProvenanceブロックチェーン技術をベースにサービス開発をしている点が挙げられます。実はFigureのプロダクトはほとんどの処理をProvenanceプラットホーム上で実行しており、手数料の削減、透明性の向上を実現しています。

公開されている同社の業績データは未だ見当たりませんが、上記の先進的な技術の導入が結果的にユーザー増加に寄与し、本調達に繋がっているのかもしれません。ブロックチェーンは未だ未成熟なテクノロジーとされていますが、今後の同社の成長によって、証券市場におけるその有用性が証明される可能性があります。

一時は、自身の失態により創業した会社を追われる形となってしまったCagney氏ですが、SoFiをユニコーン企業まで押し上げた才能は腐ることなく、新たな技術を用いることで、フィンテック領域における彼の挑戦は次のステップへと進んでいます。今後のFigureの躍進に注目が集まります。

----------[AD]----------

サンフランシスコ発個人間融資サービスのSoFi、5億ドルの大型資金調達を実施中

お金の貸し手と借り手をつなぐオンラインマーケットプレースを開発するSoFiが、今回追加で5億ドルの資金調達ラウンドを行っていることを本日発表した(編集部注:原文掲載2月24日)。プライベートエクイティファームのSilver Lake Partnersが本ラウンドを主導している。 サンフランシスコに拠点を置くフィンテック企業である同社は、2011年に創業した当初は学生向けの融資を提供するところからス…

Image Credit: SoFi Facebook page

お金の貸し手と借り手をつなぐオンラインマーケットプレースを開発するSoFiが、今回追加で5億ドルの資金調達ラウンドを行っていることを本日発表した(編集部注:原文掲載2月24日)。プライベートエクイティファームのSilver Lake Partnersが本ラウンドを主導している。

サンフランシスコに拠点を置くフィンテック企業である同社は、2011年に創業した当初は学生向けの融資を提供するところからスタートした。その後、個人間融資、住宅ローン、生命保険にまでサービスを拡大させている。

SoFiのコーファウンダー、CEOであるマイク・カグニー氏は「私たちは人々が金融サービスに期待するものを理解しているので、大きな成長をSoFiで遂げることができました。ユーザーは、スピード、透明性、自分の関心と一致していることを求めています」と述べる。

ここ1年で大きな成長を遂げたと、SoFiはいう。2015年に50億ドルだった融資額は80億ドルになり、会員も同期間で10万から22万5000名に成長したとのこと。現在の同社の評価額は43億ドルだ。

従来のVCではなく、大手プライベートエクイティファームのSilver Lake Partners が今回のラウンドを主導していることは注目に値する。SoFiは昨年のIPO候補だったものの、こうしたプライベートの現金が入れば、同社はしばらくの間、個人企業でいることが可能になるだろうと憶測されている。

私たちが2013年にカグニー氏に取材した際には、彼は上場の計画はあるが、急いではいないと話していた。SoFiの広報担当者いわく、今回の調達ラウンドが同社のIPOの計画に影響を与えることはないとのことだ。

SoftBankとGPI Capitalが今回のラウンドに参加しており、これまでのSoFiのエクイティによる調達額の合計は19億ドルに達している。今回の資金は、カナダやオーストラリアなど米国外への拡大と新製品の開発のために利用する予定だ。

現在、SoFiの従業員数は750名である。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------