THE BRIDGE

タグ TEMX

ブロックチェーン時代の「価値主義」とはーーモバイルゲーム「DIG STAR」×マーケットプレイス「TEMX」のエコシステムを聞く

本稿は11月18日から20日に東京ミッドタウン日比谷で開催されたブロックチェーンカンファレンス 「NodeTokyo 2018」編集部による寄稿(前半からの続き、インタビュワー:増渕大志/構成・執筆:平野武士) エコシステムを支える「価値主義」とコンセンサスアルゴリズム 少し話を変えてメタップスの考える価値主義について尋ねたい。ブロックチェーンやスマートコントラクトの登場によって人々はデジタルデー…

本稿は11月18日から20日に東京ミッドタウン日比谷で開催されたブロックチェーンカンファレンス 「NodeTokyo 2018」編集部による寄稿(前半からの続き、インタビュワー:増渕大志/構成・執筆:平野武士)

エコシステムを支える「価値主義」とコンセンサスアルゴリズム

少し話を変えてメタップスの考える価値主義について尋ねたい。ブロックチェーンやスマートコントラクトの登場によって人々はデジタルデータを資産にすることが可能となった。創業者の佐藤航陽氏も2014年頃からポスト資本主義として度々この考え方を発信している

青木:価値主義とは、お金などの資本ではなく、その他の価値を最大化することを重視する考え方です。当然、企業や個人が経済活動をするためには、一定の資本は必要になりますが、価値をいつでも資本に変換できれば、価値がこれまでの資本代わりになります。

既に、フェイスブックやGoogleのようにデータやユーザー数を収益に転換しながら経済活動を行っている企業はありますし、SNSなどでフォロワー数を収入に転換している個人も多く存在します。既に、価値主義へのシフトは起こっています。

一方で多くのデータやユーザー数を保有している企業や個人でないと経済活動に必要十分な資本に転換できない

青木:そうですね。さらに言えば人脈や実績、評判を活かして良い条件で就職したり、起業時の資金調達をするケースも、価値を資本に転換する例ではありますが一部の人に限られます。

価値を資本に転換する仕組みはまだまだ限定的であり、特に個人に関しては、価値の恩恵を享受できるのは一部の特別な人といった印象があります。価値を資本に変換する仕組みが増え、多くの人が享受できるようになれば、価値を重視する人は増え、価値主義が加速すると考えています。

ブロックチェーンがそのソリューションとなり得る

青木:ビットコインやイーサリアムなどのパブリック・ブロックチェーンでは、誰でもブロックチェーンの運用に参加でき、ブロックの作成・検証というかたちで運用に貢献した人には、報酬が与えられる仕組みになっています。そのため、パブリック・ブロックチェーンの運用への貢献は、社会的な貢献と捉えることもできます。

マイニングは余ってるコンピューターリソースを「お金」に変換する仕組みとして期待していた

青木:しかしビットコインやイーサリアムで採用しているようなPoW(プルーフオブワーク)では、一部のマイナーが集中的にブロックの作成・検証を行っており、マイナーが集権化しています。大量の資本を投入してコンピューターリソースを確保できるマイナーが、報酬の大半を享受できてしまうので、結局は資本が資本を生み出すものになっています。

コンセンサスアルゴリズムについては様々な設計が検討されている

青木:例えばEOSで採用しているDPoSは、資本主義と価値主義のハイブリッドな仕組みのようにみえます。EOSでは、ブロックを作成・検証するBP(ブロック・プロデューサー)の数が21ノードと決まっており、投票制で選出されます。投票はEOSトークンで行われ、自身にも投票できるので、EOSトークンを大量に保有している組織や個人は、投票において有利になります。

ただし、投票においては、EOSコミュニティーへの貢献度や信頼性、運用するノードの可用性・構成なども考慮されます。ある程度EOSトークンの保有量が分散していることを前提とすると、BPに選出されるためには他者からの票もかなり必要になるので、自己資本(EOSトークンの保有量)だけでなくEOSコミュニティヘの提供価値も重要になると考えられます。

資本主義から価値主義への移行期とも言える。ただこういった下層レイヤーで全ての企業や個人がリソースを価値に変換できるとも思えない

青木:そうですね、そもそもこの仕組みも期待通り機能するかは今はまだ検証段階なので、今後どうなるかはわからないところです。

今後はコンセンサス・プロトコルより上のレイヤー、つまりブロックチェーンの上に築きあげられるシステムやサービスの中から、価値主義を加速させるような仕組みが色々と出てくる可能性はあると考えています。

メタップスはすぐにビジネスになりそうな下層レイヤーではなく、ユーザー体験が感じられる上位のレイヤーを率先して手がける理由にもつながる

青木:ブロックチェーンは非中央集権という思想のもとに生み出された技術であるため、ブロックチェーンを活用して何かを作ろうとする人には、非中央集権という思想に共感した人が多く存在します。そのため、ブロックチェーンを活用するプロジェクトの多くは分散的に運用されるシステム/サービスの実現を目指しています。

多くのプロジェクトでは、分散化されたシステム/サービスの運用を実現させるために、システム/サービスに貢献した人に報酬を与える仕組みを盛り込んでいます。この仕組みが狙い通りに機能すれば、システムやサービスへの貢献といったかたちで、価値を資本に変換できる仕組みが成り立つでしょう。

トークンエコノミーは本来あるべき「貢献」と「報酬」というバランスよりも、取引所でのトレードばかりが注目されてしまった。何か注目している事例は

青木:Enigmaというプロジェクトではプライバシーが保護された状態で、個人が企業や組織などにデータ提供できる仕組みを開発しています。ユースケースとしては、マーケティング会社がニーズ調査をするために、Eコマースでの購買履歴やSNSの利用履歴を個人から提供してもらうようなケースです。

データを提供した個人にはENGトークンによる報酬が与えられる

青木:前述しましたが、これまでは大量にデータを保有する企業でないとデータを資本に変えることは難しかったわけです。しかしEnigmaによって個人がデータを資本に転換する仕組みが実現する可能性があります。

あとEnigmaでは、データ提供者に報酬を配布する処理にスマートコントラクトを使っています。データが使われたタイミングで、報酬の配布処理がスマートコントラクトによって自動執行され、データ提供という行為がすぐに資本化されるようになっています。

個人の価値を資産に転換するのに自律的なシステムでなければワークしない

青木:スマートコントラクトは、価値から資本への転換スピードを高めています。効率的に価値を資本に転換する装置として、スマートコントラクトは価値主義において大きな役割を担う可能性があります。

インタビューも終盤になったので、最後に技術面について。現在はイーサリアムベースの開発になっているがこれらはどのような意思決定で進めていくのか

青木:色々な要素を考慮して、最も普及する可能性がありそうな技術を選定するようにしています。現状は、開発環境や開発者数、利用者状況などを考慮して、イーサリアムを使っています。ただ、現時点では処理性能やgas代、秘密鍵の管理方法などの課題が多く残っています。

代替するものとして注目しているプラットフォームはあるのか

青木:これらの課題を劇的に改善するようなブロックチェーンが登場した場合、一気にシェアが変わる可能性があるということも念頭に、必要に応じて、然るべきタイミングで使用するブロックチェーンをシフトできるように動向をウォッチしていますね。

Cosmosのように異なるブロックチェーンを相互接続する仕組み(クロスチェーン)が発展する可能性もあると考えています。クロスチェーンが発展すると異なるブロックチェーン間の連携が可能になり、用途に合わせてブロックチェーンを使い分けできるようになります。一つのブロックチェーンに絞って使うのではなく、複数のブロックチェーンを組み合わせて使うケースも出てくるんじゃないでしょうか。

そうなると普及率だけでなく、用途との相性がブロックチェーンの選定基準になります。場合によっては、パブリック・ブロックチェーンと合わせて、コンソーシアム型やプライベート型のブロックチェーンも併用するケースも出てくると見込んでいます。

長時間ありがとうございました

----------[AD]----------

メタップスのブロックチェーン事業は「体験重視」ーーモバイルゲーム「DIG STAR」×マーケットプレイス「TEMX」のエコシステムを聞く

本稿は11月18日から20日に東京ミッドタウン日比谷で開催されたブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo 2018」編集部による寄稿 ニュースサマリ:メタップスは10月に開示した8月期の通期決算で、同社のブロックチェーンに関する中期の取り組みを公開している。「メタップス・クリプト・エコシステム(PDF)」と題された3枚のスライドから見えてくるのは、一般消費者に近い「手触り感のある」事業だ…

metaps_001
Metaps/Metaps Crypto Gateway 事業開発責任者 青木 宏文氏

本稿は1118日から20日に東京ミッドタウン日比谷で開催されたブロックチェーンカンファレンスNodeTokyo 2018編集部による寄稿

ニュースサマリ:メタップスは10月に開示した8月期の通期決算で、同社のブロックチェーンに関する中期の取り組みを公開している。「メタップス・クリプト・エコシステム(PDF)」と題された3枚のスライドから見えてくるのは、一般消費者に近い「手触り感のある」事業だ。一連の流れとして同社はブロックチェーン事業をまとめたサイトも公開している。

NodeTokyo編集部では同社がリリースしたDIG STARとそのマーケットプレイスとなるTEMXを中心に、エコシステムの全貌を探るべくキーマンにインタビューを実施した。(インタビュワー:増渕大志/構成・執筆:平野武士)

メタップス・クリプト・エコシステムを紐解く「デジタルアセット」

中期計画では、ブロックチェーン関連事業を今後の注力事業とされている。まず簡単に全体像を整理したい

青木:現在、ブロックチェーンの大きな課題として、処理性能が大きく注目されていますが、マスアダプションに向けて、ユーザビリティの悪さやブロックチェーンの良さを活かしたユーザー体験の不足も課題としてあります。メタップスではここをデジタルアイテムを中心とする新しい体験の創造と、それらを売買するための各種インターフェース提供によって大きく解決しようと考えています。

なるほど。コンサルティングなどのB2Bはさておき、一般消費者に幅広く認知されそうなキャラクターアイテムの事業について詳しく聞きたい

青木:中心となる「DIG STAR」はキャラクターの生成や所有権の記録、ユーザー間での交換といった部分でパブリック・ブロックチェーン(イーサリアム)を使い、ERC721というトークン規格でキャラクターをトークン化するプラットフォームです。

一方でそれ以外の要素は、自社で管理・運営するアプリケーションで処理しているので、ゲーム自体は中央集権的なものになります。DAppsという定義で多くの方が連想されるものとは異なり、あくまで、デジタルアセット化されたキャラクターのみが非中央集権的なシステムで管理されたモデルです。

従来のモバイルゲームっぽい入り方をしている

青木:現状のイーサリアムの処理性能やgas代を考慮すると、ゲームをプレイする度にトランザクションが発生する設計では、ユーザー体験を著しく損ねるためプレイヤーに受け入れてもらうことは難しいと考えています。DIG STARではブロックチェーンの良さを活かすために最低限必要な部分としてキャラクターの記録だけに活用し、基本的にゲームのプレイ中にトランザクションが発生しない設計にしています。

一方でキャラクターやアイテム自体の所有権は担保して取引可能にする

青木:キャラクターをパブリック・ブロックチェーンに記録すれば、キャラクターの情報や所有権がパブリックなシステムで管理されるので「ゲームから独立した存在として」ユーザーの所有物になります。

metaps_002

キャラクターを他のゲームでも自分の資産として使えるようになる

青木:ブロックチェーンの良さを残しつつ、できるだけ従来のアプリケーションと同じユーザビリティで遊べるカタチでの提供を優先するアプローチですね。早い段階でブロックチェーンに馴染みのないユーザーからのフィードバックを得つつ、ブロックチェーンゲームならではのゲーム性や世界観を探っていくことを狙っています。

さらにこの世界観を広げてくれるのがキャラクターをアセットとして売買する仕組みだ。創造した自分のキャラクターを取引するというアイデアでCryptokittiesは話題になった

青木:その役割を担うのがTEMX(テムエックス)です。ITEMの”TEM”とEXCHANGEの”EX”を組み合わせたもので、将来的にはゲーム以外のデジタルアセットへの対応も見据えていますが、まずは先行して普及が予想されるゲーム領域から展開していきます。

DIG STARとわざわざ分離してマーケットプレイスとして独立運営を選んだ理由は

青木:TEMXは単なるマーケットプレイスではなく、ゲームディベロッパー向けの機能やソリューション、デジタルアセットの所有者向けのユーザー体験をプラスαで提供していくことを見据えています。ブロックチェーンゲーム全体のエコシステムの一部として機能するものとして捉えてるんです。

temx.png

具体的には?

青木:例えば所有者によってキャラクターの強さが変わったら、キャラクターの売買を通じて、面白い体験が生まれるかもしれません。交換の楽しさを演出できれば、ブロックチェーンゲームにプラスαの面白さを提供する仕組みになりえます。

メタップスはサービスインフラのイメージがあるので、キャラクターなどのアプリケーションレイヤーを手がけるのは少し意外だった。取引所などとはまた異なる「筋肉」を必要とする箇所を自社で手がけた理由は

青木:プラスαの要素を見つけていくには、ゲームディベロッパーが必要なサポートやトークン設計、ブロックチェーンゲームならではのゲーム性、世界観を深く理解して、必要なものを見極める必要があります。そのためにはやはり自社で運営してみる、ということが重要になるんです。

あと、メタップスでは韓国で暗号通貨取引所を運営するなど、使い分けている。DIG STARやTEMXの扱いはどうなる

青木:そうですね。暗号通貨に関わる事業に関して日本よりも韓国の方が比較的規制の縛りが少ないので、事業を先行して進めやすい環境にあります。韓国の方でアグレッシブに事業を進め、日本では規制の動向を様子見しながら機を見極め、事業を展開するといった住み分けをしているんです。

そんな中でもDIG STARやTEMXに関しては、日本側でも事業展開できる見通しが立ってきているので、日本と韓国の共同で事業展開を進めています。

ちなみにメタップスではグループとしてブロックチェーン事業に取り組んでます。規制がクリアできる事業はグローバル展開を視野に入れ、グループ内での組織やロケーションの垣根なく事業を展開しています。(後半につづく)

----------[AD]----------