BRIDGE

タグ Tmall Genie (天猫精灵)

Alibaba(阿里巴巴)、AI搭載スマートミラーを初公開——音声コマンドで「キレイになりたい」の夢を叶える

SHARE:

中国の大手テック企業 Alibaba(阿里巴巴)は4日、上海で開催された毎年恒例の美容サミットで、音声起動スマートミラー「Tmall Genie Queen(天猫精灵 Queen)」を初公開した。この応答型ミラーで、中国で増加するテクノロジーに詳しい女性消費者の間で高まる美容需要に応えようとしている。 スマートスピーカーベースと8インチのスマートミラーで構成され、Alibaba の音声アシスタント…

Image credit: Alibaba(阿里巴巴)

中国の大手テック企業 Alibaba(阿里巴巴)は4日、上海で開催された毎年恒例の美容サミットで、音声起動スマートミラー「Tmall Genie Queen(天猫精灵 Queen)」を初公開した。この応答型ミラーで、中国で増加するテクノロジーに詳しい女性消費者の間で高まる美容需要に応えようとしている。

スマートスピーカーベースと8インチのスマートミラーで構成され、Alibaba の音声アシスタント「AliGenie」 が内蔵されている。なお、AliGenie は大ヒット中の AI スピーカー「Tmall Genie(天猫精灵)」にも搭載されている。同デバイスの出荷台数は2017年7月の発売以来、約1,000万台にもなる。

Tmall Genie Queen の場合、ユーザは音声コマンドで様々な照明設定をすることで、明るいコーヒーショップでも薄暗いバーでも顔がくっきりと見えるようになるという。

現在まだ公開テストの段階で、出荷日や販売価格に関する詳細はイベントで明かされなかった。

コンセプトの観点から言うと、スマートミラーは決して新しいものではなく、CareOSH&M など多くの企業が音声起動型スマートミラーを製造してきている。しかし、そのほとんどが数百米ドルで販売されている全身または上半身用のミラーである。そのような製品は、中国市場ではまだ足がかりを得ていない。

Tmall Genie と同様、Tmall Genie Queen の音声認識で Alibaba のショッピングサイト「Tmall(天猫)」でショッピングをすることができる。

その他、天気予報、美容に関するヒントなど幅広い情報をユーザに提供し、エアコンなどの機器を音声でコントロールすることも可能となる。

Alibaba によると、声紋認識技術を用いることで許可されたユーザ以外、商品を発注できないようにするという。

Tmall Genie Queen を開発する Alibaba AI Labs(阿里巴巴人工知能実験室)のトップ Chen Lijuan(陳麗娟)氏は以下のように述べている。

電子製品を購入する女性の割合は、男性と基本的に変わりません。その一方、女性の家電製品の購買率は60%を超えています。

また Chen 氏は、スキンチェッカーを含む美容関連スマートデバイスの売り上げが2018年で倍増したと語った。

同イベントで、Tmall は「Alibaba Business Operating System(阿里巴巴商業操作系統)」を再び発表し、今回は美容ブランドへのサポートに専念していくとした。 同システムは1月にローンチされ、ブランドの販売、物流、サプライチェーン管理といった様々な分野のデジタル化を支援する「ワンストップソリューション」として位置づけられている

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)のAIラボが開発したスマートスピーカー「Tmall Genie(天猫精灵)X1」、約8千円で販売を開始し2日間で1.2万台を売上

SHARE:

Alibaba(阿里巴巴)の初の一般消費者向け AI スピーカー「Tmall Genie X1(天猫精灵 X1)」が8月8日に発表された。この日 Alibaba は「88メンバーの日(88会員節)」(そして、WeChat Cashless Day=微信無現金日活動)として、同社の熱心な顧客1万名を上海のコンサートホールに招待した。Tmall Genie X1 の画像が大型スクリーンに映し出され、司…

Alibaba(阿里巴巴)が上海で開催した「88メンバーの日(88会員節)」で披露される「Tmall Genie X1(天猫精灵 X1)」
Image credit: TechNode

Alibaba(阿里巴巴)の初の一般消費者向け AI スピーカー「Tmall Genie X1(天猫精灵 X1)」が8月8日に発表された。この日 Alibaba は「88メンバーの日(88会員節)」(そして、WeChat Cashless Day=微信無現金日活動)として、同社の熱心な顧客1万名を上海のコンサートホールに招待した。Tmall Genie X1 の画像が大型スクリーンに映し出され、司会者はAI搭載スピーカーに話しかける。

ステージに登場した Tmall Genie X1 は、フレンドリーな声色で司会者に話しかける。

ワークアウトのパーソナルトレーナーになれるし、懇親会ではアシスタントになれますよ。できることは沢山あります。

Alibaba の Artificial Intelligence Labs(人工知能ラボ)は先月、最初のベータ版をリリースした。続いて8月8日には、同社は正式に AI を発売している。Genie X1 の価格は499人民元(約8,200円)で、Tmall(天猫)で販売中だ。2日間で1万2,000台以上を売り上げ、星4.8のレビュー評価を獲得している。

Tmall Genie のリリースで、Alibaba はユーザに同社の直販プラットフォームを利用させようとしている。音声認識を使い、Taobao(淘宝)や Tmall などから直接購入してもらいたい考えだ。ユーザが商品を購入すると、Tmall Genie はおすすめの関連商品を提案してくれる。

Tmall Genie X1 は Alibaba AI Labs が初めて手がける音声駆動のスマートデバイスである。

AI に力を入れる Alibaba

2016年に設立された Alibaba AI Labs は、Alibaba の消費者向け AI 商品の開発をリードしている。中国の音声アシスタント市場については、成長の余地が大きいと見ており、非常に楽観視した構えだ。

Alibaba AI Labs のリーダーである Lijuan Chen(陳麗娟)氏は、TechNode(動点科技)にこう語っている。

携帯の利用が拡大する中、インターネットへの次のカギとなるのは音声でしょう。会話認識とディープラーニングの開発に力を入れることで、Tmall Genieの未来を引き続き切り開いていきたいと思っています。

Genie X1 の頭脳は AliGenie と呼ばれる。Alibaba によると、中国語に対応したものとしては、人間とコンピュータを結びつけるシステムの第1世代となる。

AliGenie はクラウドで稼働し、標準中国語によるコマンドを認識する。機能としては、スマートホームデバイスの制御、音声によるショッピング、請求書の支払い、フードデリバリー、音楽のストリーミングなどに対応している。

Tmall Genie X1(天猫精灵 X1)
Image Credit: Alibaba

現在のところ、AliGenie は Alibaba の音声アシスタントには初めから搭載されているが、携帯の充電も可能で、携帯をなくした際に見つけることもできる。フードデリバリーでは、「前回と同じ持ち帰りの注文をして」といったコマンドが使えるほか、頼みたいメニューを直接Genie X1に指示することもできる。Alibaba によると、飛行機、映画チケット、ホテルなどを予約できる新機能を現在開発中だ。

Alibaba AI Labs では、将来的にサードパーティのサービスとの連携を考えており、IoT やコンテンツサービスなどへの対応を視野に入れている。AliGenie に接続した複数のスマートデバイスを AliGenie 経由で制御できるような家庭用環境を実現すべく、ホームデバイスの製造各社やブランドとの提携の可能性もあるとのことだ。

TechNode は、Alibaba AI Labs のリーダーである Lijuan Chen 氏に対して、競合に対する Genie の優位性を質問した。市場には Tencent(騰訊)の AI アシスタントである Dingdang(叮当)があるほか、Baidu(百度)も Alexa に似たサービスの Raven Tech を買収している。Lijuan 氏はこれらの競合製品には触れなかったが、代わりに自社製品の強みを語った。

私たちは Tmall Genie で最新のディープラーニング技術を導入しており、これにより私たちの直販プラットフォーム全体の中から、ユーザの好みに適するようパーソナライズされたおすすめ商品を提案できます。AliGenie はオープンプラットフォームですので、幅広いハードウェアとソフトウェアサービスに接続でき、消費者ニーズの拡大にも常に最適に応えられるようチューニングすることができるのです。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Alibaba(阿里巴巴)、音声アシスタント「Tmall Genie X1(天猫精灵 X1)」をローンチ

SHARE:

中国 e コマースの大手 Alibaba(阿里巴巴)は本日(原文掲載日:7月5日)、スマートスピーカー 「Tmall Genie X1(天猫精灵 X1)」をローンチし、Amazon、Apple、Google、JD(京東)などの大手競合がひしめくデジタル音声アシスタント市場に進出した。 このバーチャルアシスタントスピーカーはカスタム Smart Audio チップで動作し、高さ126ミリ、デバイス上…

中国 e コマースの大手 Alibaba(阿里巴巴)は本日(原文掲載日:7月5日)、スマートスピーカー 「Tmall Genie X1(天猫精灵 X1)」をローンチし、Amazon、Apple、Google、JD(京東)などの大手競合がひしめくデジタル音声アシスタント市場に進出した。

このバーチャルアシスタントスピーカーはカスタム Smart Audio チップで動作し、高さ126ミリ、デバイス上部に6ビームのマイクアレー、下部にサブウーファーをサポートしている。ネットワーク接続にかかる時間はわずか10秒未満で、市場に出回っているスマートホームデバイスでかかる30秒よりはるかに速い。

同社中国チームによって開発され、AliGenie に対応するこの音声アシスタントサービス Tmall Genie X1 を使えば、ユーザは口頭でコマンドが可能となる。音声プリントテクノロジーにより正確かつ安全なコマンドが確保されるので、ユーザは Alibaba のショッピングサイトで買い物ができるだけでなく、デバイスを通して決済も可能となる。

X1は、Tmall Box(天猫魔盒)、エアコン、空気清浄機など同社のスマートホームプラットフォーム上で他のスマートホーム機器との接続もサポートされている。

驚くまでもないが、X1 はアメリカのテック大手企業らが提供する類似製品と比べて価格面で優位な位置につけている。料金は499人民元(73米ドル)で、Apple の Home Pod(349米ドル)、Google Home(129米ドル)、Amazon Echo(230米ドル)と比べてお手頃だ。JDの DingDong(叮咚)はモデルによって異なり、499〜698人民元。

この製品は、本日始まった限定的な一般向けテストで公開された。正式な販売開始は8月8日の予定。

サポートしている言語は中国語のみであるため、当面は中国の顧客を相手にしており、アメリカ企業にとってはホームマーケットにおいて実際の脅威にはなっていない。しかしこの製品は、アメリカ企業による中国市場での成長をやがて摘み取ってしまうのは確実だろう。

Alibaba は国内の競合からも深刻な競争圧力を受けている。Tencent(騰訊)は今年初め、AIアシスタントの Dingdang(叮当) をローンチした。AI ではそのほか、Baidu(百度)は Alexa のようなサービスの Raven Tech(渡鴉科技)を買収してこのセクターで事業を展開している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------