BRIDGE

タグ VRize

VR広告のVRizeが3DCGアドネットワーク公開、ゲーム系中心に効果も

SHARE:

VR(バーチャルリアリティ・仮想現実)空間での広告ネットワーク事業を手掛けるVRizeは6月14日、3DCGを広告素材としてスマホ・PCに向けて配信できるアドネットワーク「3D AD」を公開した。素材にはタップやスクロール、ジャイロ(傾き)操作などの設定が可能になっている。 ネットワークに参加しているメディアの詳細は非公開。同社に確認したところ、ゲーム系メディアを中心に約10サイトほどが参加してお…

VRize.jpg
VR(バーチャルリアリティ・仮想現実)空間での広告ネットワーク事業を手掛けるVRizeは6月14日、3DCGを広告素材としてスマホ・PCに向けて配信できるアドネットワーク「3D AD」を公開した。素材にはタップやスクロール、ジャイロ(傾き)操作などの設定が可能になっている。

ネットワークに参加しているメディアの詳細は非公開。同社に確認したところ、ゲーム系メディアを中心に約10サイトほどが参加しており、配信在庫は10億インプレッションほどを確保しているという説明だった。また料金体系はCPM、CPIで単価については条件によって異なるそうだ。

3D ADの例(リンク先でプレビューも可能)

3D素材がより立体的に見えるよう、広告枠を独自に最適化しており、2018年春からゲーム開発企業を広告主に数十件のテスト配信を続けてきた。従来の静止画・動画広告に比較して3倍ほどのクリック効果が出る事例もあったという。3DCG技術はゲーム、アニメ以外にもVirtual YouTuberなどの活用も話題になるなど、一般的な認知が拡大しており、今後、同社ではブランドなどに対しても広告販売を進める予定。

----------[AD]----------

VR空間広告の「VRize」がB Dash VとSpeeeから資金調達、VR動画アプリ支援サービスを開始へ

SHARE:

VR(バーチャルリアリティ・仮想現実)空間での広告ネットワーク事業を手掛けるVRizeは10月17日、B DASH VENTURESおよびSpeeeを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は数千万円後半で詳細な金額や払込日などの詳細は非公開としている。また同社はこれに合わせて動画アプリ制作を支援する新サービス「VRize Video」を発表している。 VRize Videoは…

imgp1858

VR(バーチャルリアリティ・仮想現実)空間での広告ネットワーク事業を手掛けるVRizeは10月17日、B DASH VENTURESおよびSpeeeを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は数千万円後半で詳細な金額や払込日などの詳細は非公開としている。また同社はこれに合わせて動画アプリ制作を支援する新サービス「VRize Video」を発表している。

VRize Videoは企業や制作会社などでVR空間での動画を含めたVRプラットフォーム対応のアプリケーションを開発するためのCMS(コンテンツマネジメントシステム)で、360°動画や2D動画の再生ができるVRアプリを配信でき、将来的なライブストリーミングやアプリ内の解析などの機能追加を予定している。同社はこのCMSを使って企業のVR動画アプリの開発も請け負う。

vrize001

配信されるアプリはOculus、PlayStationVR、HTC VIVE、GearVR、Daydreamなど主要なプラットフォームに年内順次対応する予定(同社代表取締役の正田英之氏)だそうだ。なお、同社の展開する広告ネットワークについてはこちらの記事を参照されたい。

VR空間のマネタイズを支援する広告ネットワーク「VRize」、早くもβ版を公開

VR空間で楽しめるコンテンツは大きく分けて動画かゲームの二つで、その内、正田氏らが得意とする動画コンテンツの方面での制作支援をすることにしたのだという。まだ市場自体もこれからということもあってアプリ開発はスクラッチからの開発が多く、今後の市場拡大を睨んでの展開ということだった。

「CMSは各企業にカスタマイズして提供する形になりますが、一部機能を除いてすぐに提供可能です。ニーズとしては360度動画を制作してる会社や従来の動画メディア系の企業で、前者は既に動画を持っていてそれを配信するアプリを作りたいという話、後者はVR事業の立ち上げに動き始めてる会社で例えばテレビ局やVOD系のメディアがターゲットになります。

(CMSを幅広く開放して)導入数を増やすのではなく、数は少なくても導入企業をしっかりとサポートしてVR事業の立ち上げを支援していきたいです」(正田氏)。

----------[AD]----------

VR空間のマネタイズを支援する広告ネットワーク「VRize」、早くもβ版を公開

SHARE:

VR空間での広告事業を展開するVRizeは8月4日、VR内動画広告ネットワーク「VRize Ad」のクローズドβを開始すると発表した。同社が提供する「VRize Ad」が提供するフォーマットは360°動画広告と体感150インチ以上の大画面動画広告、3DCG動画広告の3つ。秋の正式リリースを予定しており、今日からクローズドβに参加する企業を募集するとしている。 クローズドβに参加したい企業は同社の提…

VR空間での広告事業を展開するVRizeは8月4日、VR内動画広告ネットワーク「VRize Ad」のクローズドβを開始すると発表した。同社が提供する「VRize Ad」が提供するフォーマットは360°動画広告と体感150インチ以上の大画面動画広告、3DCG動画広告の3つ。秋の正式リリースを予定しており、今日からクローズドβに参加する企業を募集するとしている。

クローズドβに参加したい企業は同社の提供するSDKをゲーム等のアプリに組み込むことで広告配信が実施される。価格の設定はCPMベースで、初期は広告主側もまだ少ないことから純広告のような扱いになるかもしれない、ということだった。

さて、なかなかアグレッシブなスタートアップが登場してきた。

VR広告はVRコンテンツ、ゲームなどのマネタイズを支援するためのソリューション。いわゆるウェブ世界でのアドネットワークをVR世界に持ち込んだ考え方で、海外ではImmersvなどの事例が出つつある。国内ではコロプラが360°動画コンテンツ事業として「360Channel」などを立ち上げているが、純粋な国内のVR広告ネットワークとしては初ではないだろうか。

同社代表取締役の正田英之氏の説明では、体感150インチ以上の大画面広告についてはImmersvのクリエイティブ、3DCG動画広告についてはJauntのバドワイザー広告がそれに近いということだった。

Immersvは元アプリマネタイズのTapjoy創業者が立ち上げたVR向けのアドネットワークで、特にヘッドマウントディスプレイを装着した没入空間で映画やゲームなどの広告を視聴させるスタイルを提案している。

Jauntのバドワイザー広告はよりVR空間に最適化されたクリエイティブで、その場にいるような体験性が特徴と言われている。共にヘッドマウントディスプレイで視聴するとその良さがわかるはずだ。

VRや360°コンテンツの市場はこれから数年かけて立ち上がると予想されており、現在、Oculus RiftやHTC VIVE、ソニーのPlayStation VRなどの高機能ヘッドマウントディスプレイが出揃ったこともあって2016年は「VR元年」と表現する人も多い。

vr-landscape-july

一方で、このVR・ARランドスケープにもある通り、市場の立ち上がり期は専用ハードやオーサリングツールなど、業界を下支えするツール類がビジネスとして先行する。コンテンツやそのマネタイズ方面の広告ネットワークは感覚的にもう少し先と考えるのが一般的だ。

タイミング的に早いのではという質問について正田氏は、その点を理解した上で早期に参入し先行者としてこの分野を牽引することを選んだと答えてくれていた。

ちなみに正田氏は丁度2年前にInstagramからすぐに出品できるフリマアプリ「10sec」を立ち上げ、渡米して米国でのチャレンジを続けていた人物。ただ、米国での挑戦はそう簡単ではなく、次の資金調達を断念して帰国、同社を解散して今回の新しいチャレンジに臨んでいた。

改めて支援者を募り、今回は若手ベンチャーキャピタリストの木暮圭佑氏が運営するTLMやEast Ventures、複数の個人投資家から資金を得て再スタートしたということだった。

----------[AD]----------