THE BRIDGE

タグ Waaaaay!

「距離」と「方向」だけで最寄りの駅や観光スポットを案内する海外旅行者のためのガイドアプリ「Pilot」

SHARE:

週末などの余暇時間を使って活動するチーム方痴民(ちーむほうちみん)は、そのサービス内容からネーミングまでとことんユニーク。2014年1月末にサービスを開始した方向音痴を救うアプリ「Waaaaay!(うぇーい!)」は、これまでに60万ダウンロードを突破(2015年8月頭時点)。そんなチーム方痴民が新たにリリースしたのが、海外旅行者向けのガイドアプリ「Pilot」です。 旅行先などでオフラインでも動作…

海外旅行者のための案内アプリ
海外旅行者のためのガイドアプリ「Pilot」

週末などの余暇時間を使って活動するチーム方痴民(ちーむほうちみん)は、そのサービス内容からネーミングまでとことんユニーク。2014年1月末にサービスを開始した方向音痴を救うアプリ「Waaaaay!(うぇーい!)」は、これまでに60万ダウンロードを突破(2015年8月頭時点)。そんなチーム方痴民が新たにリリースしたのが、海外旅行者向けのガイドアプリ「Pilot」です。

旅行先などでオフラインでも動作

Pilot-recommendations  Pilot-nearby-station

海外でSIM契約や国際ローミングなどを契約しなくても、目的地の発見から近隣施設の案内までをオフラインでも行ってくれるPilot。この「オフラインでも動作する」ことが、Google MapsやNAVITIMEといった既存アプリとの大きな違いです。また旅行者にとって、死活問題だとも言えるスマホのバッテリー消費。バッテリー消耗が激しいネットワーク通信やGPSのバックグラウンド起動をしないことで、バッテリー消費を格段に抑えています。

Pilotの主な特徴は3つ。まず、大量のコンテンツがあること。対応している都市にある6,000を超えるレストラン、観光地、ショッピングモールなどから目的地を検索することができます。特に観光客に人気な場所については、写真や文章による紹介、価格帯、営業時間などの詳細も記載しています。

2つ目は、都市内にある全ての駅情報をローカルデータベースに持つことで、現在地から目的地までの乗り換え情報を検索できること。3つ目は、Waaaaay!と同様に、地図を読むことなく「方向」と「距離」だけで目的地にたどり着くことができること。目的地を設定すると、画面に「方向」と現在地からの「残り距離」が表示されます。ユーザーは、その方向に向かって進み、残り距離をゼロにするだけで目的地にたどり着くことができます。

行き先が定まらない旅行者にも役立つ

Pilotのワイヤーフレーム
Pilotのワイヤーフレーム

Pilotは、これまでに6,500件以上集まったというWaaaaay!のユーザーの声から誕生しました。Waaaaay!には、過去に検索した目的地を保存する履歴機能があったため、ネットワークが繫がらない場所でも使えます。にも関わらず、「登山時や海外旅行先でも使えるようにしてほしい」といった要望が多く集まりました。

「遮断物さえなければ、GPS衛生の信号を受信して世界中どこでもGPSが使えます。ところが、GPSには携帯回線での通信を必要とすると誤解をしている人が多かったんです。僕たちにとって常識だったことが、世間一般では常識ではなかった。オフラインで使えることを謳っているナビアプリは既にありましたが、どれもまだ浸透しておらず、我々もこの領域で勝負できるんじゃないかと思いました」(綾木良太)

今年1月、チームメンバーがインド旅行に行く際に、ニューデリーのローカル情報を集めてプロトタイプを作成。画面上部のテキストボックスから目的地名を入力すると、目的地までの方向と距離を教えてくれる。ローカルから検索すること以外は、ほぼWaaaaay!と同じ内容でした。ところが、実際に使ってみるとそれでは機能しないことが判明。

Waaaaay!では、「六本木ヒルズ」や「渋谷駅」などユーザーに決まった目的地があるのに対して、海外旅行者の場合、事前にしっかり調べておかない限り、そもそも何を検索すれば良いのかわからない。こうして未知の土地で実験することで得た気づきをもとに、海外旅行者向けにコンテンツを重み付けして人気の目的地を前に出し、交通機関の路線案内に対応するという2つの軸を定めました。

まずは土地勘がある東京バージョンから

新アプリの方向性が決定したのは、2014年夏頃。その後、Android Wearの実装や、Waaaaay!自体の改修等を経て、開発に着手したのは2014年12月頃のこと。前述のインドバージョンの他にも、知人を頼りにシンガポール、香港、バルセロナバージョンも開発して、問題点の洗い出しや改善を行いました。

試行錯誤の後、より精度の高いユーザー体験を提供するために、まずはチームが土地勘を持つ東京バージョンに注力することに。人気の目的地は手動で収集し、路線案内に必要な日本の全駅データと路線情報は、「駅データ.jp」から購入しました。それでも一部不足している情報については、手動でデータを整理。緯度経度データと路線データを組み合わせて、路線案内機能を開発しました。また、スピーディなユーザー体験を実現するために、検索アルゴリズムとUI面での高速化も。

今後は、東京バージョンへのフィードバックをもとに、別都市バージョンの開発も予定。京都、ロンドン、台北、ニューヨーク、パリといった都市が候補に上がっています。東京バージョンは無料ですが、今後リリースするアプリは有料での販売も検討中。また、英語圏ユーザーに向けた東京バージョンのプロモーションにも取り組んでいくと言います。

デザインと開発ならお手の物なチーム方痴民ですが、今回、彼らの弱点が地図を読むことだけではないことが判明。本来「Pilot」であるべきアプリ名を「Pirot」とミススペルしてリリースしてしまったのだとか。今でもアプリ内はまだ一部pirotのままだそうですが、しばしのご愛嬌ということで…。海外バージョンが登場したら、ぜひ使ってみたいと思います。Pilotのダウンロードはこちらからどうぞ。

しばしのご愛嬌…?
ミススペルも、しばしのご愛嬌…?
----------[AD]----------

方向音痴解決アプリ『Waaaaay!』が日本初のUber APIと連携、『ぎぶあっぷ機能(Uber呼出し)』搭載

SHARE:

   リリースから半年間で40万ダウンロードを記録した“方向音痴”を救うアプリ「Waaaaay!(うぇーい)」。「距離」と「方向」だけを示すシンプルなナビゲーションアプリで、AppStoreで平均4.7の高評価を獲得しています。 そんなWaaaaay!が、日本初となるUber API(8月20日公開)との連携を発表しました。8月28日時点で、Uber APIとの連携は日本国内では初。その機能のネー…

waaaaay_with_uber_button_thebridge  waaaaay_open_uber_app_thebridge

リリースから半年間で40万ダウンロードを記録した“方向音痴”を救うアプリ「Waaaaay!(うぇーい)」。「距離」と「方向」だけを示すシンプルなナビゲーションアプリで、AppStoreで平均4.7の高評価を獲得しています。

そんなWaaaaay!が、日本初となるUber API(8月20日公開)との連携を発表しました。8月28日時点で、Uber APIとの連携は日本国内では初。その機能のネーミングはと言うと、「ぎぶあっぷ機能」。現時点ではAndroidのみですが、早々にiPhone版もアップデートする予定です。

ぎぶあっぷ機能とは、「もう自力では無理、Uber迎えにきて!」とUberを呼び出すことができるもの。現在地と目的地を設定した状態で、Uberアプリをワンタップで呼び出すことができます。あとは、その場所でUberのお迎えをただ待つだけ。(2014年8月29日時点ではUber 東京のみ対象)

Waaaaay!のナビ画面にUberボタンが登場するのは、近くに呼び出せるUberがいることと、目的地までの距離が500m以上20km以下であること。Waaaaay!は使っているけれど、Uberアプリはダウンロードしていないという人でも、2,000円分のプロモーションコードと一緒に登録画面が立ち上がるようになっています。

エンジニアの堀内公平さんは、今回の連携に至った背景についてこう話します。

Waaaaay!のマネタイズを考えた時に、クリック率1%の広告でアテンションの切り売りはしたくないと思っていました。でも、自分たちのような方向音痴が喜んでクリックしたくなる広告ならいいんじゃないか!という話になって。

その時にデザイナーの小原さんの「方向音痴はすぐにタクシーに乗る」という話がヒントになって、Uberとの連携を思いつきました。まだその時点ではAPIは未公開でしたが、先日リリースされたというニュースを耳にして、米国の開発チームに問い合わせしてすぐに実装しました。

ひらめきとスピードが光る週末アプリ制作チーム「方痴民(ほうちみん)」、今回もまたそのネーミングセンスの良さを感じさせてくれました。Waaaaay!のアプリからUberがどれだけ呼び出されるのか。そして、方向音痴さんとUberの相性やいかに。

Uber APIはまだ日本ではアフィリエイト対応していないのでマネタイズの解決にはならないんですが、方向音痴とUberは絶対に相性がいいと思っています。方向音痴は道案内も苦手ですが、ぎぶあっぷ機能は一言も喋ることなく目的地に連れていってくれる。まずはどれだけ使われるか見ていきたいと思っています。

----------[AD]----------

泣いちゃうくらいの方向音痴を救う「Waaaaay!(うぇーい)」を作る、週末アプリ制作チーム「方痴民(ほうちみん)」に会ってきた

SHARE:

チーム方痴民:堀内さん(左)、小原さん(中央)、綾木さん(右) 家を出るときにアップルのApp Storeからダウンロードしたのは、Google Mapsだけじゃない。新しくアップデートされたWaaaaay!(うぇーい)も落とした。 と、このオープニングで村上春樹(海辺のカフカ)を連想してくださった方がいたとすれば、迷わず握手したい。今回新たにアップデートされたWaaaaay!のアップデート文が、…

Waaaaay!-teamチーム方痴民:堀内さん(左)、小原さん(中央)、綾木さん(右)

家を出るときにアップルのApp Storeからダウンロードしたのは、Google Mapsだけじゃない。新しくアップデートされたWaaaaay!(うぇーい)も落とした。

と、このオープニングで村上春樹(海辺のカフカ)を連想してくださった方がいたとすれば、迷わず握手したい。今回新たにアップデートされたWaaaaay!アップデート文が、村上春樹風のエッセイになっているのでちょっと便乗してみた。

泣いちゃうくらいの方向音痴をちょっと救う

Waaaaay!は、チーム方痴民(ちーむほうちみん)が手掛ける、「泣いちゃうくらいの方向音痴をちょっと救う」アプリ。今年の1月29日に公開されてから、ダウンロード数はiOSとAndroid合計で40,000件超。

本当の方向音痴さんは、そもそも地図が読めない。地図を取っ払って、向かうべき「方向」と「距離」だけコンパスで指し示してくれる画期的なアプリ。2人で使う待ち合わせモードでは、相手までの方向と距離を表示して、中間地点で会えるようにナビゲートしてくれる。また、アプリ内でチャットもできる。

今回、リリースされたバージョン1.3.0では、主に2つの機能を追加。目的地周辺の地図をチラ見できる機能と、目的地の入力時の自動補完機能。目的地周辺に行くと初めて、その場所の地図が確認できる。目的地が道路の右側なのか左側なのか、いま横断歩道を渡るべきか否やなどが確認できるようになった。

週末アプリ制作チームの出会いはハッカソン

チーム方痴民を一緒に立ち上げたエンジニアの綾木良太さんと、デザイナーの小原鈴花さんは、NASA主催の「International Space App Challenge (ISAC)」というハッカソンで出会った。2人とも自他ともに認める(?)方向音痴。既存の地図アプリでは方向音痴のニーズが満たされない!ということで、Waaaaay!にたどり着いたそう。

そこに、「もっと使いやすくできる!」と加わったのが、エンジニアの堀内公平さん。堀内さんもまた様々なハッカソンに参加していて、昨年開催された「ハッカローソン」では、ローソンの商品でつくれるレシピを紹介する「クックローソン」でローソン賞を受賞。1年分のからあげクンを獲得した。

3人がちゃんと顔を合わせたのは、今回の取材が3度目。普段はそれぞれ別の仕事をしているため、コミュニケーションはFacebookメッセージのやり取りを中心にリモートで行う。「作りたいものが作れる」のが趣味アプリの良いところ。自分が作りたい機能をプロトタイプに落とし込み、あとはみんなのGoサインを待ってコミットするという最短のアップデートサイクルを実現してる。

ユーモアのセンスがいいね!

Waaaaay!-sanmaチーム方痴民に会いたいと思った理由は、一言で言うと彼らのユーモア。素敵なデザインはもちろんのこと、斜め上を行きながらも的を得てるコンセプト、そしてネーミングセンスもいい。チーム名の「方痴民」も、雑談している中で盛り上がって思いついたそう。

もともと「いくよくるよ」と名付けられていたWaaaaay!。メディアなどで取り上げられて思いがけずバズり、商標が問題になったため、クラウドワークスで集まった500件ほどの中から採用して改名した。

また、運用を続けていくにあたって赤字はいかんな…ということで開発したのが、「サンマアップグレード」機能。アプリ内のコンパスを、魚のサンマに置き換えるという一匹100円の有料アドオン。デザインもシュールで、可愛い。200匹売れないと赤字になってしまうアドオンは、リリース約1ヶ月後に見事に赤字を脱却した。収支報告は、チーム方痴民のブログ記事でどうぞ。

アプリのアップデート文から生まれるコミュニティ感

Waaaaay!のサイトにもハッキリ書かれている「ビジネスではなく、あくまで趣味」の週末アプリ制作。データなども全てオープンにするし、ダメなところはむしろ積極的に出して、ユーザーに一緒にアプリを育ててもらうスタンス。

ちょっとしたコミュニティ感を生んでいるのが、サイトのテキスト文と、3人が交代制で書くApp Storeのアップデート文。例えば、今回のアップデート文はデザイナーの小原さん担当で、村上春樹風。ユニークでフレンドリーなトーンに影響されて、ユーザーもまた自分の方向音痴エピソードをレビュー投稿してくれるなど楽しい空間が生まれてる。

Waaaaay!は、方向音痴さんが自分でダウンロードする以外にも、「あ、方向音痴なアイツに良さそう」と周囲の人間がレコメンドしてくれることで広まっているそう。方向音痴といえば…という人が、誰の周りにもきっといるはず。ぜひレコメンドしてみてあげて。

方向音痴な方痴民が、これからWaaaaay!でどこに連れていってくれるのか。気長に待ちましょう。

----------[AD]----------