THE BRIDGE

タグ Walden International

中国のAIクラウドスタートアップ「CloudMinds(達闥)」が、ソフトバンクやFoxconn(鴻海/富士康)らから3,000万ドルを調達

SHARE:

中国の AI(人工知能)クラウドコンピューティング業界にとって、今年は多忙な年だ。 5月の第3週、業界ではまたもや重要な資金調達ラウンドが行われた。AI クラウドコンピューティングスタートアップの CloudMinds(達闥)は、東京を拠点とする通信会社で早くから Alibaba(阿里巴巴)に投資している Softbank International のリードにより、3,000万米ドルのシードラウ…

cloudminds_featuredimage
Image credit: CloudMinds

中国の AI(人工知能)クラウドコンピューティング業界にとって、今年は多忙な年だ。

5月の第3週、業界ではまたもや重要な資金調達ラウンドが行われた。AI クラウドコンピューティングスタートアップの CloudMinds(達闥)は、東京を拠点とする通信会社で早くから Alibaba(阿里巴巴)に投資している Softbank International のリードにより、3,000万米ドルのシードラウンドを実施したことを発表した。

このラウンドに他に参加したのは、台湾の電機メーカー Foxconn と半導体分野などのアーリーステージ会社に投資する Walden International だ。

Caixin(財新)のインタビュー(中国語)で CloudMinds の CEO である Bill Huang(黄曉慶)氏はこう語った。

アーリーステージのスタートアップが投資者を選択する際、金額だけで考えてはいけません。リソースも考慮しなければならないのです。ソフトバンク、Foxconn(鴻海/富士康)、 Walden International はすべて戦略的パートナーです。

5月17日に発表された同社プレスリリースによると、CloudMinds の投資家はすべて「オペレーションリソース、製造、半導体ダウンストリームリソースとして提携」するという。

これらの提携は、CloudMinds が「モバイルイントラネットクラウドサービス(MCS)」と呼ぶ「情報セキュリティの新しいスタンダード」でクラウドコンピューティングのグローバルフレームワークを構築するという、志の高い計画達成の鍵となっている。このサービスでは、企業に XaaS(X as Service)のための安全なクラウドコンピューティングプラットフォームに加え、画像認識、音声認識、ビッグデータ分析などを提供する狙いだ。

CloudMinds の MCS は、コネクティッドデバイスとロボットに特化した「Skynet」と呼ばれるネットワーク上に構築される。同社のプレスリリースによると、Skynet はインターネットとは分離しており、より安全で高速なサービスのためにブロックチェーンテクノロジーを使用しているという。また、2年以内に南極大陸を除くすべての大陸に Skynet を拡大する計画だ。

Caixin のインタビュー(中国語リンク)で Huang 氏は次のように語った。

(弊社テクノロジーを)使えば、ユーザは・・・・ステルスモードの飛行機のような隠れたバーチャル空間にアクセスできます。

ハッカーに見つかることはありませんので、攻撃を受けることはありません。これが次世代モバイルテクノロジーの核となるのです。ファイナンス、ヘルスケア、政府や大企業にとって不可欠なものとなるでしょう。

CloudMinds の他、中国の AI クラウドコンピューティング業界には Alibaba のクラウドコンピューティング部門である Alibaba Cloud(阿里雲)といった大手企業も参入している。Alibaba Cloud は今年、アジア全土でソフトバンク、SAP、Accenture のほか、NVIDIA のような画像処理装置(GPU)企業と提携した。その他、今月 Lenovo がロボティクス、AI、クラウドコンピューティングスタートアップ向けに5億米ドルのファンドをローンチしたことを発表するなど、テック大手もクラウドコンピューティングや AI スタートアップへの投資アプローチを開始している。

2015年に設立された CloudMinds は、今回のシードラウンド完了後に次の投資ラウンドを計画している。今後の資金は開発、生産と MCS の初期フェーズにおけるマーケティングに費やされる予定だ。同社はまた、目の不自由な人向けにコンピュータビジョン、機械学習、言語処理を使ってユーザに周囲の状況を伝える META と言う名のロボティクス商品の開発にも取り組んでいる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールのレストラン営業効率化スタートアップTabSquareがシリーズAラウンドで260万米ドルを調達

SHARE:

シンガポールを拠点とする TabSquare は本日(4月14日)、260万米ドルのシリーズ A ラウンドを終了したと発表した。このラウンドを主導したのは Walden International で、他に Infocomm Investments、 Philip Private Equity、Raging Bull(シンガポールを拠点とする投資企業で、 レストランThai Expressの設立者…

tabsquare_featuredimage

シンガポールを拠点とする TabSquare は本日(4月14日)、260万米ドルのシリーズ A ラウンドを終了したと発表した。このラウンドを主導したのは Walden International で、他に Infocomm Investments、 Philip Private Equity、Raging Bull(シンガポールを拠点とする投資企業で、 レストランThai Expressの設立者Ivan Lee氏により運営開始)も参加した。

TabSquare を利用すると、レストランはタブレット端末を使ったメニュー提供ができる。顧客は同端末を利用して注文、割引などの特典交換、支払ができる。一方、レストランは、クラウドをベースとするデータウェアハウスやアナリティクスエンジンを含むコンテンツ管理システムを経由して、リアルタイムのメニュー更新が可能となる。このアプリは、レストランが顧客行動や消費パターンをさらに理解できるようデータを送信してくれる。またこの製品は、同社が「東南アジアで最先端を行く POS システム」と呼ぶ機能と統合できる。

同社の顧客には、60を超える食品・飲料ブランド企業と150以上の店舗があるという。その中には、Far East Hospitality、Food Theory Group、Japan Foods Holding などがある。

Tabsquare は今回のラウンドで調達した資金を、シンガポール市場でのポジション強化、テクノロジープラットフォームの開発、地方市場への拡張に活用する予定だ。

Walden International のバイスプレジデントである Kris Leong 氏は声明で次のように述べている。

TabSquare は、食品・飲料業界における厳しい労働市場の痛点、つまりコスト増加と低利益性に対処することができます。私たちは同社が資本効率的な方法でビジネスをスケールできる能力に感銘を受けました。同社チームと共に仕事をして、その成長をサポートできるのを楽しみにしています。

土台からエンドツーエンドのプラットフォームを構築するという TabSquare のアプローチ、レストラン運営をデータドリブンにしようとする同社のビジョン、そして強力なビジネスモデルこそ、彼らの存在をユニークに、そしてこの業界でリーダーとなるのに最適なポジションに立たせています。(Ivan 氏)

Ivan 氏の Raging Bull はかつて、シンガポールを拠点とする美容サービスマーケットプレイスの Vanitee に投資した実績がある

TabSquare は2013年1月、48万米ドルの資金を調達した

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------