THE BRIDGE

タグ WAmazing

訪日旅行客向け無料SIMの「WAmazing」、シリーズBラウンドで9.3億円を調達——東急電鉄がリード、JR西日本やJR東日本のCVCが参加

SHARE:

訪日外国人向けに無料SIMを配布し観光サービスを提供する WAmazing は28日、シリーズ B ラウンドで9.3億円を調達したことを明らかにした。リードインベスターは東京急行電鉄(東証:9005)が務め、JR 西日本イノベーションズ、JR 東日本スタートアップ、山口キャピタル、ポーラ・オルビスホールディングス(東証:4927)、日本ユニシスの CVC であるキャナルベンチャーズ、個人投資家らが…

先週、台湾・高雄で開催された International Travel Fair(旅行公会国際旅展)で、東急グループの下田東急ホテルのブースに共同で出展した WAmazing。
Image credit: WAmazing

訪日外国人向けに無料SIMを配布し観光サービスを提供する WAmazing は28日、シリーズ B ラウンドで9.3億円を調達したことを明らかにした。リードインベスターは東京急行電鉄(東証:9005)が務め、JR 西日本イノベーションズ、JR 東日本スタートアップ、山口キャピタル、ポーラ・オルビスホールディングス(東証:4927)、日本ユニシスの CVC であるキャナルベンチャーズ、個人投資家らが参加した。同社にとっては2017年9月の10億円の調達(シリーズ A ラウンドと推定、一部金融機関からの融資枠が含まれる)に続くものだ。

WAmazing は、訪日外国人に無料 SIM カードを配布し、モバイルアプリを通じて観光情報を提供するサービスだ。外国人観光客は WAmazing のウェブサイト上で旅に出発する前に自分の個人情報を登録、日本国内20ヶ所の国際空港(海外観光客流入経路の約9割をカバー)に設置された SIM カードを提供するマシンで、日本到着後に無料 SIM カードを受け取ることができる。WAmazing は観光アクティビティを提供する事業者に送客することで、その売上の10〜15%を手数料として受け取る。

サービス開始から2年余りを経過し、アプリは台湾や香港を中心に24万回インストールされ、中国や東南アジアにもユーザを拡大している。B Dash Camp 2017 Spring in Fukuoka で優勝、東急電鉄のアクセラレータが第3期プログラムのデモデイでも優勝に相当する東急賞を獲得、「Morning Pitch」2019年初版で優勝、「JR EAST STARTUP PROGRAM」第1期デモデイで優秀賞(アクセラレーションコース)獲得など表彰多数。

前回シリーズ A ラウンドでは出資者に VC が多く含まれたが、今回のシリーズ B ラウンドでは鉄道系の事業会社などが名前を連ねる。これらの事業会社はインバウンド・地方創生事業を強化しており、WAmazing とマーケティング戦略が一致したことから共同で事業を進めることを念頭に置いているという。

via @Press

----------[AD]----------

訪日旅行客向け無料SIM「WAmazing」が10億円調達ーー開始約半年で1.2万人利用、セントレアにも受取ロボ設置

SHARE:

訪日外国人向けに無料SIMを配布し観光サービスを提供する WAmazing は9月7日、ANRI、BEENEXTをリードとする第三者割当増資および融資による資金調達を公表した。今回の資金調達ラウンドに参加したのはSBIインベストメント、みずほキャピタル、Sony Innovation Fund、BEENOS、オプトベンチャーズ、静岡キャピタルの6社。個人投資家としては青柳直樹氏と有安伸宏氏も参加し…

21441652_1523571800998735_1446764199_o
セントレアで実際にWAmazingのSIMを受け取る訪日観光客(写真提供:WAmazing)

訪日外国人向けに無料SIMを配布し観光サービスを提供する WAmazing は9月7日、ANRI、BEENEXTをリードとする第三者割当増資および融資による資金調達を公表した。今回の資金調達ラウンドに参加したのはSBIインベストメント、みずほキャピタル、Sony Innovation Fund、BEENOS、オプトベンチャーズ、静岡キャピタルの6社。個人投資家としては青柳直樹氏と有安伸宏氏も参加している。

調達した資金は日本政策金融公庫とみずほ銀行、静岡銀行からの融資も含めて総額約10億円で、それぞれの株式割当や投融資の比率、払込日などの詳細は非公開。同社では調達した資金で現在提供する「WAmazing」のサービス開発およびそれに伴う人材強化を進める。

WAmazing はスマートフォンを中心とするモバイル通信 SIM と観光案内アプリ、予約案内などがセットになったサービス。開始当初iOSのみだったアプリは8月にAndroid版も提供開始、無料のSIMカードを受け取れる受取ロボットも成田空港第1・第2・第3ターミナルの到着ロビーに加え、中部国際空港(セントレア)にも追加設置された。サービスに関する詳細は前回記事を参照されたいが、アップデートとして予約可能な宿泊施設数が1万件に拡大している。

利用者は約半年で1.2万人、早期10万人を目指す

今年1月にネット関連事業に精通したベテランたちにより創業され話題となったインバウンド事業の「本命」が順当に次のラウンドに駒を進めた。

同社代表取締役の加藤史子さんに開始半年の状況について聞いたところ、アプリインストール数は8月末時点で3.5万件、無料SIMの配布数は1.2万枚となったことを教えてくれた。事前登録や受取が空港のみという仕組み上、SIMカードの配布数はそのまま利用者数と考えていいだろう。なお、前述の通りこれは「iOSのみ」の数値だ。加藤さんは今後の数値見込みについてこう話す。

「WAmazingがターゲットとする香港台湾のユーザーは8割程度がAndroidユーザーです。また約2000名のWAmazingユーザーにアンケートをとったところ約7割のユーザーが1年に1回以上、訪日しています。来訪間隔が想像以上に短い(高頻度で日本に来る)ことで、リピーターもユーザー数増加に寄与すると考えています。 目標では2018年3末までに10万以上のユーザー獲得を目指します」(加藤さん)。

WAmazingは単なる無料SIM配布ではなく、国内情報に不得手な外国人観光客に向けて「ワンストップ」の観光サービスをモバイルインターネットを通じて提供するのがウリになっていた。

一方でタクシー移動やホテル予約、レジャーアクティビティの利用などをシステム的に連携させることはなかなか難しい。サービス開始当初は仕様を探る目的でメールが多用されるやや、人的なミスの発生しそうな取り組みとなっていた。この辺りの効率化はどのような状況なのだろうか?

wamazing.001

「 本当はUberのようにアプリ上で料金確定や行き先指定もできるというのが一番なのですが、日本の法規制などクリアすべき課題がある状況です。一方で宿泊施設の予約機能については8月から日本全国約1万件の宿泊施設がアプリ内で予約・決済完結できるようになりました」(加藤さん)。

なお、無料SIMの提供元となるソラコムは先日、KDDIへの電撃的な傘下入りを決めたが、現時点で提供される料金等の変動はないということだった。同社にとっては仕入れコストに直結するため、この辺りの数字についても注目したい。

SIMを受取れるロボットの拡大については、まだ具体的な名称は開示できないとしつつも、年内には訪日外国人旅行者の利用空港シェア率で8割に達する見込みということだった。

----------[AD]----------

成田空港で無料 SIM を受取、そのままタクシーを呼んで観光を楽しめる訪日外国人向けアプリ WAmazing、ネット業界のベテランたちが創業

SHARE:

国内のインバウンド系スタートアップに本命出現と言っていいだろう。 訪日外国人向けに無料 SIM を配布し観光サービスを提供する WAmazing は1月26日、アプリの提供開始を発表した。WAmazing はスマートフォンを中心とするモバイル通信 SIM と観光案内アプリ、予約案内などがセットになったサービス。 今後、2020年に4000万人を見込んでいる訪日外国人をターゲットにしたもので、サービ…

国内のインバウンド系スタートアップに本命出現と言っていいだろう。

訪日外国人向けに無料 SIM を配布し観光サービスを提供する WAmazing は1月26日、アプリの提供開始を発表した。WAmazing はスマートフォンを中心とするモバイル通信 SIM と観光案内アプリ、予約案内などがセットになったサービス。

今後、2020年に4000万人を見込んでいる訪日外国人をターゲットにしたもので、サービスを利用したい訪日外国人客はまず自国でアプリをダウンロードし、個人情報や滞在期間、クレジットカードなどの決済情報を入力して QR コードを取得しておく。

訪日した際、成田空港第1・第2・第3ターミナルビルの国際旅客到着口付近に4台設置される「デジタルサイネージ付き無料 SIM カード受取機」で QR コードを読み取り、SIM カードを受け取れば利用ができるようになる。この際に提供される SIM カードを手持ちのスマホにセットすれば、5日間で500MB までモバイル通信を無料で利用することができる。初期費用なども必要ない。

WAmazing アプリを立ち上げれば、追加のモバイル通信を購入できるほか、各種観光情報を閲覧してその場で予約や購入をすることができる。また、同サービスはタクシー配車にも対応しており、アプリから場所を指定することで東京都内を走る1万2000台のタクシーをその場から配車可能。販売する観光アクティビティと組み合わせ、訪日外国人客が朝にホテルから購入したレジャーの現地まで配車したタクシーで向かう、などという使い方が想定されている。

ということでなかなか盛り沢山のお披露目だ。注目したいポイントを整理すると次のようなことになるだろうか。

  • SIM カード受取機が成田空港に設置されている
  • 訪日客の決済情報を先に押さえる設計
  • 独自のタクシー配車サービスと観光コンシェルジュ的サービス展開

訪日外国人に向けた観光や買い物などのインバウンド需要は、オリンピックイヤーの2020年までに4000万人という政府目標の数字が掲げられており、その消費額は2015年の倍になる8兆円と試算されている。

一方で課題も明確で、国内で整備が遅れている Wifi 環境などの無償通信インフラ、言語問題に起因する移動などがよく聞こえてくる問題だ。以前にもこういった課題を解決しようということで同様のサービスを提供する Bridge というスタートアップをご紹介した。しかし WAmazing はさらに広範囲をカバーしている印象だった。

同社はじゃらんnet やホットペッパーグルメなどの立ち上げや、地域観光の活性化プロジェクト「マジ☆部」などを展開してきた加藤史子さんを中心に、はてな、クックパッドで活躍した舘野祐一氏らが集まって2016年7月に創業。リクルート時代に運営してきた「マジ☆部」などの運営を手がける一方で、今回発表となったインバウンド事業を開始した「大人系」スタートアップだ。

例えば今回、WAmazing が提供する観光情報についてどこから提供を受けているのかとたずねたところ特に別サービスと連携しているわけではなく、自前で用意しているということだった。この辺りも土地勘がなければなかなかすぐには準備が難しい。

また、タクシー配車についても既存サービスとの連携と思いきや、一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会の持つシステムと API 連携して独自に開発。前述の通り都内1万2000社の配車に成功している。少し細かいが、WAmazing アプリから配車するとネットワークされているタクシーやハイヤーの車載器に WAmazing からの注文が表示され、海外客が利用する場合のオペレーションが組まれているという。

こういった細部に立ち上げ段階から手を入れているあたり、相当サービスレベルを高いところに持ってきている印象がある。もちろんまだサービスインする前ということで例えば管理画面がまだ開発途上だったりと、これからの部分も多いのだが。

観光や訪日外国人対応には関係する業界やシステムが複雑に絡み合うため、相当の交渉力を要する場面が出てきそうなだけに彼女たちの布陣は安心感が持てるのだろう。実際、成田空港に設置された受取機は空港側との協力事業ということで無償で置かせてもらっているそうだ。なお、SIM カードは Bridge のものと同様でインフラはソラコム(ドコモ回線)を利用する。

加藤さんの話では、初期のターゲティングとして台湾や香港に居住する訪日旅行者を中心にマーケティングを展開し、2020年の段階で8人に1人、つまり500万人が利用するプラットフォームにするのが現段階の目標という。

まだ自己資本100%で運営しているという WAmazing。これからの成長戦略や、開発陣についてもクックパッドで CTO を務めた舘野氏らが参加していることからその方針などについても興味が湧く。

実際にサービスが稼働してある程度数字が揃った段階でまたその辺りについても聞きたいと思う。

----------[AD]----------