THE BRIDGE

タグ Waterloo

ウォータールー~カナダの小都市が世界的なスタートアップハブになりえた理由(3/3)

SHARE:

本レポートはCompass(元 Startup Genome)の最新レポートであり、エコシステム・ライフサイクルモデルを最初に紹介し、世界中のスタートアップとエコシステムのリーダーが活用できる 教訓を提供している。2015年グローバルレポートのために編纂された膨大なデータを用いてエコシステムを深く解析した本レポートは、中小のエコシステム がトップクラスのそれらと対等に戦うための指針を提供している。…

本レポートはCompass(元 Startup Genome)の最新レポートであり、エコシステム・ライフサイクルモデルを最初に紹介し、世界中のスタートアップとエコシステムのリーダーが活用できる 教訓を提供している。2015年グローバルレポートのために編纂された膨大なデータを用いてエコシステムを深く解析した本レポートは、中小のエコシステム がトップクラスのそれらと対等に戦うための指針を提供している。

前回からの続き>

620px-Uptown_Waterloo_Ontario
中心部の King Street を南側へ臨む。(Image Credit: Wikipedia

資金調達

カナダ、および一般的に他のパフォーマンスの低いエコシステムが大きなイグジットを生み出せない第二の要因は、地元のファンディングの差である。

最も重要なこととして、プライベート投資家からシードファンディングを調達できているのは、きわめて少数のスタートアップに過ぎない。図7では、シリコンバレーを100%としたときの、各エコシステムがシードファンディングを調達できている割合である。アメリカの上位のエコシステムはシリコンバレーに近い数値である。しかしウォータールー、トロント、そしてバンクーバーははるかに低い。全体的に見てどのラウンドでも、資金調達できているスタートアップは、シリコンバレーと比較すると、最高でも1/3となっている。

各ラウンドでの解約(契約解除)率は、カナダのトップのエコシステムのほうがシリコンバレーより高いこともあり、シードファンディングの差が、シリーズAおよびシリーズBのファンディングを調達できるカナダのスタートアップが極めて少ないことに結びついている。1/5から1/9という数値の低さである。

ニューヨーク、ロサンゼルスおよびボストンの平均と比較すると、カナダやウォータールーのスタートアップで、各ラウンドで資金調達できているのは、1/3から1/5となっている。オースチンのパフォーマンスはニューヨーク、ロサンゼルスおよびボストンの平均に近く、それが意味するのは、シードファンディングが行われる率が低いのは、小さいエコシステムの宿命というわけではないということだ。

medium_6_2
図7 資金調達できるスタートアップの割合(シリコンバレー比)

グラフ左から、シードラウンド、シリーズAラウンド、シリーズBラウンド。
グラフのバーは、左から順にトロント、バンクーバ、ウォータールー、オースティン、ニューヨーク市・ロサンゼルス・ボストンの平均。

これらの調査結果は、専門家の発言(およびデータ)であるところの、

  • A)ウォータールー発のアイデアは他のエコシステムより質が高い、
  • B)ウォータールーの技術人材の質は北米一である、

……とはまったく異なっている。ウォータールーは優れたビジネスアイデアと優秀な技術人材を生み出しながら、シードやシリーズAファンディングを受けられるスタートアップは少ないのである。

これらすべてが、重要なファンディングの差に行き当たる。それをさらに補強する調査結果として、ファンディング額の中間値および平均値を分析したものを図8および図9に示す。ウォータールーやカナダのスタートアッがシードおよびシリーズAラウンドで調達できている額は、アメリカのスタートアップより小さい。シードラウンドにおいて、ウォータールーはアメリカトップ4のエコシステムと比較して、平均で25%、中間値で76%も低い額しか調達できていない。

ここからわかるのは、シードラウンドでの国内でのファンディングにおける深刻なギャップである。シリーズAラウンドでの差分はそれほど重要ではなく、ウォータールーで見ると平均で33%低く、中間値は同じになっている。しかし、回帰分析からわかることは、ウォータールーでのスタートアップは、シリーズAラウンドで国内投資家だけに頼る場合、ひとつでも海外投資家を含めている場合と比較して250万米ドル少ない額しか調達できていないということである。これがシリーズAにおける国内ファンディングの差である。

しかしここで注意しておきたいのは、カナダのエコシステムにおけるソフトウェアエンジニアの給料が低く、アメリカの半分以下ということである。これはシリーズAの調達額の低さを補うことが可能で、シードラウンドでの額の差も、いくらかは生めることができる。これはアメリカ以外のエコシステムでしばしば当てはまることである。

medium_7_2
図8 シードラウンド 資金調達額(米ドル)

 

medium_8_2
図9 シリーズAラウンド 資金調達額(米ドル)

ウォータールーのような中小規模のエコシステムにとっての鍵は、海外顧客とグローバル市場のニーズを見据えた顧客獲得活動であり、それは成長のためのチームを、選択した海外市場で立ち上げることで可能になる。アメリカ市場をターゲットにするのであれば、経験豊かなアメリカ人セールス、マーケティング人員を活用し、彼らの知り合いリスト、持っている交流関係や、身に着けている仕事のプロセス、カルチャーを持ち込んでもらうのだ。これらの行動は、スタートアップ企業自らが行えるものである。

その他のアクションは、エコシステムリーダー、政策立案者その他のステークホルダーの同意や、調整済みの活動が必要になる。彼らが一体になり、国際的なコミュニティを活用し、スタートアップの成長にフォーカスした、アメリカベースの経験豊かなハブやプログラムにファンディングして、スタートアップが「世界を目指す」のをサポートするのである。

他のエコシステムで成功した政策に倣い、政策立案者はシードおよびシリーズAファンディングにおける差分の解決をサポートできるはずである。たとえばマッチングファンド(一定割合での資金援助)や、特定のラウンドに特化した税額控除プログラム、また、リミテッドパートナーシップとして、エコシステム内にオフィスを構えようとしている国内ファンドおよび海外ファンドに投資をするようなことが考えられる。

univesity-of-waterloo
ウォータールー大学(Image credit: University of Waterloo)

別の面からの解決策として、近傍の都市と融合し、より大きく世界的に競争力のあるスタートアップ・エコシステムを形成することである。たとえばサンフランシスコとサンノゼ、ロンドンとケンブリッジがあげられ、いずれも似たような地理的距離があるが、電車やバスといった共通の公共交通機関を用いて、そのハンデを緩和するのに成功している。

同様に重要なこととして、ステークホルダーは2都市に対する活動を完全に統合しなければならず、さらにその後は、コミュニケーションも同様である。これにより、世界のスタートアップコミュニティは、2都市を真に統合されたエコシステムと認識することになる。例えば、トロントとウォータールーが統合されたエコシステムとなれば、国内外の起業家や投資家にはより魅力的に映り、規模やファンディングのハンデを解決する助けとなるだろう。

ウォータールーについて具体的に言えば、エコシステムとスタートアップの成長を加速させるために、ステークホルダーが注力すべきことは以下である。

  1. アメリカ市場およびグローバル展開にあわせてゆき、問題を解決する
  2. ファンディングのギャップを、特にシード段階において、そしてシリーズAにおいても縮めていく
  3. トロントとウォータールーを統合し、より大きく、世界的にも魅力あるスタートアップ・エコシステムにする

ウォータールーのトップクラスの技術人材および、革新的技術やスタートアップを生み出す飛びぬけた生産性を加えていけば、これらの問題を解決することで、高額のイグジットやユニコーンが生まれる可能性があり、結果として世界中の起業家、資金、その他のリソースをひきつけ、エコシステムをより速く、ノンオーガニックの成長率で伸ばすことが可能になる。より重要なことに、その結果として、同地域を、経済成長と雇用創出のより強力な動力源とすることができるのである。

【via Compass】 @startupcompass

【原文】

----------[AD]----------

ウォータールー~カナダの小都市が世界的なスタートアップハブになりえた理由(2/3)

SHARE:

本レポートはCompass(元 Startup Genome)の最新レポートであり、エコシステム・ライフサイクルモデルを最初に紹介し、世界中のスタートアップとエコシステムのリーダーが活用できる 教訓を提供している。2015年グローバルレポートのために編纂された膨大なデータを用いてエコシステムを深く解析した本レポートは、中小のエコシステム がトップクラスのそれらと対等に戦うための指針を提供している。…

本レポートはCompass(元 Startup Genome)の最新レポートであり、エコシステム・ライフサイクルモデルを最初に紹介し、世界中のスタートアップとエコシステムのリーダーが活用できる 教訓を提供している。2015年グローバルレポートのために編纂された膨大なデータを用いてエコシステムを深く解析した本レポートは、中小のエコシステム がトップクラスのそれらと対等に戦うための指針を提供している。

前回からの続き>

620px-Uptown_Waterloo_Ontario
中心部の King Street を南側へ臨む。(Image Credit: Wikipedia

スタートアップパフォーマンス

ウォータールーおよびその他のカナダのエコシステムは、エコシステムの問題と、結果として得られる指針を検証するための良い事例である。

図2と3において、評価額の成長率でみたカナダのスタートアップのパフォーマンスが、トップクラスのエコシステムと比較して、はるかに~63%も低いことを明らかにしている。この評価額成長率の低さが、大きなイグジットやユニコーンの少なさ、または存在しないことの一因となっている。この問題は、パフォーマンスの低いエコシステムにおしなべて共通のものである。例えばオースチンは2015年のグローバルランキングで14位であるが、スタートアップ評価額成長率ではシリコンバレーより62%低くなっている。

medium_8_web_rev
図2 ファンディング評価額の推移(シリーズA以降)
medium_9_web_rev
図3 イグジット評価額の推移(シリーズA以降)

ウォータールーやその他のカナダのエコシステムで多額のイグジットやユニコーンが現れないことの原因となっている2つの重要な要素があり、それはパフォーマンスの上がらないエコシステムに共通の問題でもある。

グローバルマーケットへのリーチ

univesity-of-waterloo
ウォータールー大学(Image credit: University of Waterloo)

第一に、売り上げの成長率がより低いために、スタートアップ評価額の成長率は低くなる。その根本原因はグローバルマーケットへのリーチの差であり、(Steve Blank 氏が定義するところの)顧客開拓と増加に付随してくるものである。

スタートアップの最終目標は、急速に成長して市場で支配的ポジションを追及することであるというのは、多くが認めるところであり、投資家は特にそれを強調する。市場を独占していない場合、または製品やサービスが強いネットワーク外部性を有し、したがって「独り勝ち」となりやすい性質である場合はなおさらである。この目標を達成するためには、スタートアップは世界中から注目されるきっかけを作らねばならず、実際には、アメリカ市場を最重要視することでそれを達成できることが最も多い。Reid Hoffman氏が(Wiredに)記しているように、シリコンバレーでの成功の秘訣は、スタートアップでなく、スケールアップなのである。

アメリカ市場は100マイル以下の距離にあるのだから、ウォータールーのスタートアップはそのチャンスを最大限活用し、アメリカ市場に集中し、地理的に離れているその他のエコシステムより早く参入することを予想する人もいるだろう。しかし、ウォータールーのスタートアップの顧客は、平均すると海外顧客が半分しかいない。それに対して、アメリカ以外のエコシステムでありながらより高いパフォーマンスを発揮しているテルアビブは、74%である。テルアビブのスタートアップは、当初からグローバルを目指すのである。

図4はこの問題をより明確にあらわしており、グローバル展開に注力するスタートアップ(半数以上の顧客が海外顧客であることが定義である)の割合は、テルアビブがウォータールーを14%上回っており、カナダのトップ3エコシステム(モントリオール、トロント、バンクーバー)よりも10%高い数値である。

medium_3_2
図4 グローバル展開に注力するスタートアップ


グローバル展開への注力度合いは、スタートアップの売上の成長に大きな影響を及ぼす。図5は、グローバルに注力する全世界のB2Bスタートアップが、他より2.1倍の速さで成長していることを示している。

medium_Screen_Shot_2015-10-28_at_12.10.00_AM
図5 B2Bスタートアップ(アメリカ、カナダを除く)の、海外顧客割合で分類したときの売上成長

図6は、海外顧客比率と売上の関係が、カナダのスタートアップでも同様であることを示している。具体的に言えば、北米で最も経済的に反映している都市のひとつであるトロントを優先していると、スタートアップのパフォーマンスは低くなるということだ。

medium_Screen_Shot_2015-10-28_at_12.10.17_AM
図6 カナダのB2Bスタートアップの、海外顧客割合で分類したときの売上成長

しかし、興味深いことに、グローバル展開に注力する(アメリカとカナダを除く)世界中のスタートアップが、非グローバル展開のそれらより110%速く成長しているのに対して、カナダではその差が60%でしかない。言い換えれば、カナダのスタートアップは、地元よりグローバル顧客に注力することを選んだ見返りで得られる収穫が、他国のスタートアップより少ないわけだ。

なぜこのようなことが起きるのか?

世界中のスタートアップおよび専門家へのインタビューからわかったことは、カナダのスタートアップがアメリカ市場に攻め入るときに、他と異なる、効率の低い方法をとっているということである。アメリカと同じ言語で、アメリカの大都市に近いこともあり、また、かかるコストの低さも影響して、カナダのスタートアップはたいてい、カナダからアメリカ市場に参入しようとする。彼らはセールス、マーケティング、ビジネスの基盤をカナダの本社におき、アメリカ人やアメリカ在住のカナダ人を雇うことはあっても、チームはカナダ人のエグゼクティブによりマネージされている。

カナダのスタートアップは、テルアビブや他のパフォーマンスが高いエコシステムから、セールス、マーケティングチームを直接アメリカに設け、経験豊富なアメリカ人エグゼクティブとアメリカ人従業員を中心に据え、ビジネスカルチャーやプロセス知識、顧客やパートナーとの価値ある関係性を持ち込んでもらうやり方を学ぶべきだろう。アメリカでのビジネスのコストは高くなるが、得られる純利益は結果として、カナダのスタートアップが成しえなかった、より大きく迅速なイグジットを可能にし、エコシステムの成長を加速することができる。

(続編はこちら

【via Compass】 @startupcompass

【原文】

----------[AD]----------

ウォータールー~カナダの小都市が世界的なスタートアップハブになりえた理由(1/3)

SHARE:

本レポートはCompass(元 Startup Genome)の最新レポートであり、エコシステム・ライフサイクルモデルを最初に紹介し、世界中のスタートアップとエコシステムのリーダーが活用できる教訓を提供している。2015年グローバルレポートのために編纂された膨大なデータを用いてエコシステムを深く解析した本レポートは、中小のエコシステムがトップクラスのそれらと対等に戦うための指針を提供している。 C…

本レポートはCompass(元 Startup Genome)の最新レポートであり、エコシステム・ライフサイクルモデルを最初に紹介し、世界中のスタートアップとエコシステムのリーダーが活用できる教訓を提供している。2015年グローバルレポートのために編纂された膨大なデータを用いてエコシステムを深く解析した本レポートは、中小のエコシステムがトップクラスのそれらと対等に戦うための指針を提供している。

Compass.coサイトで貴社の成長性の指標を即座に知ることが可能である。こちらのリンクを参照されたい。

レポート全文はこちらのリンクからダウンロード可能である。

620px-Uptown_Waterloo_Ontario
中心部の King Street を南側へ臨む。(Image Credit: Wikipedia

スタートアップ革命は世界的に起きている現象である。スタートアップが世界中で雇用創出と経済成長を加速させる主役となっているのに対して、大企業は資産に対する利益の低下を補うために、雇用を減らし続けている。

しかし、多くの都市はスタートアップ・エコシステムの成功の仲間入りをすることに難儀しており、世界から起業家や投資家を呼び込む競争で多くの困難を強いられている。彼らはシリコンバレーのような、トップクラスのスタートアップ・エコシステムの成功談の多さに惹かれて集まるものである。

幸いなことに、いくつかの中規模の都市は、「殻を打ち破る」ことができ、先頭に踊り出ている。人口200~300万規模であるテルアビブのスタートアップ・エコシステムは、世界5位にランクインしており、オースチンおよびバンクーバーも、トップ20の一員である。どれも目覚しい功績といえる。

<関連記事>

現実世界のダビデとゴリアテといえるのがカナダのウォータールー地域であり、人口50万人に過ぎないのに、2015年のグローバルスタートアップ・エコシステムランキングで25位にランキングされている。ウォータールーのスタートアップ密度はシリコンバレーに次ぐ2位であり、3位以下を優に50%上回っている。このような小規模の都市が、リオ、アトランタ、ローマといった10~30倍の規模の都市と争えるのだろうか? 革新的な技術およびスタートアップを生み出せる生産性や効率はどこから来るのだろうか?

ここでウォータールーから得られる教訓は、スタートアップ・エコシステムと経済の成長を目指す世界中のステークホルダー、つまり投資家、ビジネスリーダーから、政策立案者、経済学者の誰にも意義のあるものである。

ウォータールーのトップクラスのタレント、コミュニティの深い理解、比肩しがたいステークホルダー間の協業やコーディネーションが、成功の要因となっている。ウォータールーが、以下に説明するような、スタートアップが「グローバルを目指し」成長していくため、そしてファンディングの差を埋めるための(パフォーマンスが低いエコシステムに共通の)課題を解決することができるなら、世界に通用するサクセスストーリーとなるだろう。

技術人材

univesity-of-waterloo
ウォータールー大学(Image credit: University of Waterloo)

ウォータールー地域は、トップクラスの才能の技術者を輩出することで世界中で評価されてきた。世界一だという人も多い。それにより、都市の規模に不釣合いなほどに多数の革新的な技術やスタートアップが生まれ、世界でも最大規模の企業、名前を挙げるならGoogleなどの研究開発センターが設立されていった。このような実績のもとになっているのは、同地域が高レベルの教育、特にウォータールー大学などを設立してきたことである。

シリコンバレーの有名なスタートアップアクセラレーター、Y Combinator の共同創業者である Paul Graham 氏は、2013年に次のように述べている。

ウォータールーでは何かが起きています。応募してくる学生の中で、他のどの大学よりも、ウォータールー大学の学生は優秀なのです。

同大学の協業プログラムはそのひとつの要因であり、学生は最長2年間の就業経験をつんだ後に卒業していく。強い起業家精神を持つ同大学の卒業生は、シリコンバレーで雇用される数が、スタンフォード大学に次ぐ2位である。

同地区のエコシステムの高いパフォーマンスはまた、エコシステムのコーディネーターとしてのイノベーションセンター、コミュニテック(Communitech)によるところも大きい。これはアクセラレータープログラムや、スタートアップその他の組織がインキュベーターを見つけるためのスペースを提供したり、非公式、公式のメンタープログラムの提供も行っている。

エコシステムのパフォーマンス

Waterloo-City-Hall-620x387
ウォータールー市役所(Image Credit: Wikipedia

ウォータールー地域は、誇るべき多くの偉業を成し遂げてきたが、パフォーマンス指標は、エコシステム価値、アウトプット(スタートアップの数)の両者において世界トップ20から転落している。また、成長指標2.4というのも、世界平均の2.35よりわずかに高いだけである(世界最速で成長するエコシステム、ベルリンを10としたスケール)。

これらの数値が重要なのはなぜか? グローバル・スタートアップ・エコシステムランキングのための調査でわかったことは、スタートアップ・エコシステムについていえば、大きいことは良いことだ、ということである。より多くのスタートアップ、リソース、そして経験が、スタートアップ・パフォーマンスを高め、イグジットをより大きくしている。結果として投資家、起業家、そしてタレントがエコシステムにひきつけられてゆき、成長を加速するという、成功の好循環を引き起こすのである。

当然、中小規模のエコシステムのリーダーや政策立案者は「エコシステムが好循環を生み出す最初のきっかけはどうすればできるでしょう? 我々はどうしたら成長を加速できるでしょう?」と聞いてくる。

その答は、エコシステムの各段階においてすべて異なっており、Compass の 3年にわたる調査により、エコシステム・ライフサイクルモデルを構築し、課題と解決策を説明することが可能になった。

エコシステム・ライフサイクル

medium_Lifecycle_Stages_for_HQ_BLOG_450x
図1: エコシステム・ライフサイクル

スタートアップ・エコシステムは当初、アクティベーションの段階において、「追いつくための成長」により形成されていく。オーガニック(自社内の)リソースの生産性は、世界最良のエコシステムのステークホルダーとの交流により、ノウハウを持つタレントをひきつけることで成長していく。この段階においては、地元のステークホルダーは、世界的な成功例から加速度的に学んでいく。テクノロジー・スタートアップで具体的に言えば、シリコンバレーのスタイルのベンチャー投資や、Steve Blank 氏のカスタマー開拓手法である。

エコシステムが、最良の成功例を通してオーガニックリソースを最大限活用するようになると、マイケル・ポーターの言うところの生産性のフロンティアに到達したことになる。世界でもここまで到達できるスタートアップ・エコシステムは多くない。それができたエコシステムは、その州、地域、国の他のエコシステムより多くの、高額のイグジットを生み出すようになる。

このようなイグジットは、エコシステムがインテグレーションの段階に移行するきっかけとなる。ここからは、エコシステムの成長はノンオーガニックの成長率まで加速し、外部リソース(起業家、タレント、投資家)がその地域中、国中から流入し始める。もし国際的にも魅力的なイグジットを生み出したり、ユニコーンが生まれれば、流入は世界中からとなる。スタートアップリソースにとっての、訪れるべき名所となるのである。

時とともに、エコシステムはそのオーガニックリソースだけで可能なサイズより大きく成長していく。エコシステムはマチュリティ(成熟)段階に入り、その成長率は、分母が大きくなり続けるために、低下していくことが避けられない。

このモデルは、エコシステムのリーダーや政策担当者が、モデル各段階においてその成長をさらに伸ばすための行動のためのガイドとなる。アクティベーション段階のエコシステムに対しては、近日発行されるCompassの香港スタートアップ・エコシステムレポートにおいて、エコシステムの発展と成長のための指針を提供する予定である。

エコシステム・ライフサイクルモデルによれば、ウォータールーの成長&魅力指標は、同地域がマチュリティ段階に入ったことを示唆している。より具体的に言えば、成長率と「域内&国内」魅力の分野において、マチュリティの領域の上端部分に位置している。

インテグレーション、マチュリティの両段階では、域内&国内の魅力の分野におけるエコシステムの主要な目標は、非常に大きい、国際的にも魅力的なイグジットを生み出し、スタートアップリソースにとって国際的な名所となるきっかけを作ることでなければならない。この目的を達成するために解決すべき重要な点は、スタートアップパフォーマンスである。

(続編はこちら

【via Compass】 @startupcompass

【原文】

----------[AD]----------