BRIDGE

タグ Worldpay

VantivとWorldpay、120億米ドル規模の統合で合意——グローバルなeコマースペイメントの巨大企業が誕生

SHARE:

ペイメント処理の大手企業 Vantiv と Worldpay はついに、数十億米ドル規模の経営統合で合意したことを発表した。これによりデジタルペイメント業界で巨大な事業者が誕生する。 先月初めて明らかになったこの取引は、両社が詳細を詰めていたこともあり延期されていた。しかしこれで、Worldpay の株主は1株あたり0.55ポンドのキャッシュ、0.05ポンドの配当のほか、Vantiv 新株を0.0…

ペイメント処理の大手企業 VantivWorldpay はついに、数十億米ドル規模の経営統合で合意したことを発表した。これによりデジタルペイメント業界で巨大な事業者が誕生する。

先月初めて明らかになったこの取引は、両社が詳細を詰めていたこともあり延期されていた。しかしこれで、Worldpay の株主は1株あたり0.55ポンドのキャッシュ、0.05ポンドの配当のほか、Vantiv 新株を0.07株受け取る。イギリスを拠点とする Worldpay の時価総額は93億ポンド(120億米ドル)、新しく誕生する企業は名称が Worldpay のままで、 時価総額222億ポンド(288億米ドル)規模となる。

アメリカ・オハイオ州で1971年に設立された Vantiv は、小売店舗を相手にクレジットカード決済の処理をしており、アメリカで年間250億件の取引と、売上は1兆ドルほど。ロンドンを拠点とするライバル企業の Worldpay と統合することで Vantiv は欧州にも大がかりな足場を築くことができるほか、「オムニコマースを推進するグローバルなペイメントプロバイダとなり、従来型の小売店舗、統合されたペイメント、グローバルな e コマースに及ぶ幅広い製品と機能を得ることができる」と両社が発表した声明で述べられている。

Vantiv の CEO 兼社長の Charles Drucker 氏は続けてこう述べている。

これは、両社にとって戦略的に意味のある力強い経営統合です。両社の高度に補完性のある事業を組み合わせますので、単独では決して提供できないサービス水準を一致協力して達成することができます。私たちのビジネスには、グローバルな e コマース能力、人材の強み、実行面での集中力があり、名声を高める数々の機会に恵まれることでしょう。

2018年初頭には株主と規制当局による承認が得られるという前提でいけば、新会社の株式の43%は既存の Worldpay 株主、57%は Vantiv の株主が保有することになる。

また、新会社は2人の CEO によって共同で運営されるほか、グローバルおよびコーポレートの本社は米シンシナティに、「国際部門」の本社はロンドンに置かれる予定。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Worldpay、仮想現実世界で決済ができるシステムを披露

SHARE:

映画館やテーマパーク、テレビ放送、ネット検索など私たちの生活のあらゆる場面に VR(仮想現実)が浸透している。人々が仮想世界にいながらにして買い物の支払いを簡単に行う方法を編み出す企業が出てくるのも、もはや時間の問題だろう。そして、まさにそれこそが Worldpay が現在開発中のものなのだ。 巨大決済サービス企業 Worldpay は、VR 環境の中で買い物客が銀行カードを使って支払いを行う方法…

2017-05-23-09-04-08
(上)WorldPay VR Payments

映画館テーマパークテレビ放送、ネット検索など私たちの生活のあらゆる場面に VR(仮想現実)が浸透している。人々が仮想世界にいながらにして買い物の支払いを簡単に行う方法を編み出す企業が出てくるのも、もはや時間の問題だろう。そして、まさにそれこそが Worldpay が現在開発中のものなのだ。

巨大決済サービス企業 Worldpay は、VR 環境の中で買い物客が銀行カードを使って支払いを行う方法を示す POC(概念実証)を披露した。

VR アプリケーション内で現実の支払い体験を再現するために、プロトタイプのセットアップには Android Pay などのモバイル決済サービスに利用されているものと同じような仮想再現技術である HCE(ホストカードエミュレーション)が採用されている。

Worldpay のプロトタイプは決済カードの認証標準規格である EMV を利用しているため、他の非接触決済メカニズムとほぼ同じように機能する。30英ポンド(39米ドル)未満の買い物の場合、買い物客は仮想カードで仮想カード読取機をタップするだけでよく、30英ポンド以上の買い物の場合は、Worldpay が開発した AirPIN という新たな技術を利用して、仮想キーパッドから暗証番号を入力する。

2017-05-23-09-06-55
(上)WorldPay: AirPIN

決済企業が仮想決済の開発を行ったのは今回が初めてのことではない。昨年、MasterCard は VR メガネなどのウェアラブル端末を開発する Wearality と提携し、PGA ツアー・ゴルフイベントで VR での e コマース決済を披露した

MasterCard はプロゴルファーのグレーム・マクドウェル氏に Priceless Golf VR イベントに協力してもらい、観客がマクドウェル氏の着ているシャツや靴などの商品をゴーグルで識別して、その場で購入できるようにした。

c-1
(上) MasterCard VR Payments

初期の技術として

VR はまだ初期の技術であり、今後プラットフォームとしてメインストリームになるかどうかについては多くの疑問が残るところだが、Facebook などはこの分野に膨大なリソースを投入している。

Facebook は先月、Facebook Spaces というソーシャルバーチャルリアリティ用プラットフォームのベータ版を発表し、ゲームだけにはとどまらない自身の VR に対する野望を示した。

サンノゼで行われた Facebook の F8開発者カンファレンスで、同社の Rachel Franklin 氏はこう説明した。

もちろん VR はソーシャルプラットフォームですので、私たちはユーザを中心にその構築を行っています。このプラットフォームはあなた自身を拡張させるもので、その技術はあなたの個性を輝かせるものです。

Facebook によると、同社は現在、人員の5%以上を AR と VR に注ぎ込んでいるという。

VR が広く普及することになれば、あらゆる企業がその新たな世界からマネタイズする方法を模索していくだろう。

WorldPay で技術革新担当ディレクターを務める Nick Telford-Reed 氏はこう語っている。

技術が進歩するにつれて、消費者のニーズも変化します。決済企業のリーダーとして、私たちには次世代の決済がどこで発生するのかを見極めていく責任があります。仮想世界の消費者にシームレスで安全な決済オプションを提供するためにこのプロトタイプを構築しました。仮想現実および拡張現実に挑戦する小売企業が得る利益は、莫大なものになる可能性があります。

Worldpay のプロトタイプ版 VR 決済システムのデモ動画はこちらから。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】