バーチャルキャラクターと人間が共演、LATEGRAに小学館などが出資

SHARE:

Screen Shot 2020-07-22 at 22.44.20

ライブエンターテイメントをxRや最新デジタル技術で拡張する「LATEGRA」は7月17日、小学館、Bilibili、トーハンの3社を引受先とする第三者割当増資を公表している。調達した資金や出資の詳細は開示していない。

LATEGRAはCGデザインとARを組み合わせた独自のライブソリューション「LATEGRA engine.」を提供する。リアルなライブ会場のステージにバーチャルキャラクターが登場し、生身の人間が行うライブコンサートと同様に歌やダンスを披露することで、ステージ上でバーチャルキャラクターと人間が共演することができる。

調達した資金でLATEGRA engine.を活用した事業を国内外に展開する。また、新規事業となるバーチャル空間上のライブエンターテイメントサービスの開発も進めるとしている。

via PR TIMES