エンタメテック「THECOO」がソニー・ミュージックなどから7.1億円調達

SHARE:

Screen Shot 2020-07-22 at 22.54.37

エンターテインメント関連のテクノロジーを手掛ける「THECOO」は7月20日、ソニー・ミュージックエンタテインメント、i-nest capital、YJキャピタル、ドラキア・オラシイタ、ダ・ヴィンチ・プロジェクトの合計5社から出資を受けたことを公表している。

今年6月に実施した増資(3億8000万円)に続くもので、これと合わせて調達した金額は7億1000万円となった。YJキャピタルは6月に続いて今回も参加している。

THECOOは、会員制ファンコミュニティアプリ「Fanicon」をはじめ、インフルエンサーマーケティングをサービスとして提供している。Faniconには、アーティストや俳優、アニメコンテンツやテレビ番組企画など1700のコミュニティが立ち上がっている。また、感染拡大防止の影響を受けたライブエンタテインメントの新たな収入源の創出を目的としたチケット制ライブ配信サービス「Fanistream」を今年3月から開始している。

調達した資金で採用と人材強化、海外展開を見据えたサービス認知向上の為のマーケティング投資を進める。また、本格的なライブ配信が可能なスタジオ建設なども予定している。

via PR TIMES