THE BRIDGE

タグ ミニマルテクノロジーズ

ウェブサイト多言語化の「WOVN.io」が標準機能を実質無料化、エンタープライズ対応を充実させた「WOVN.io PRIME」をリリース

SHARE:

ミニマル・テクノロジーズは18日、同社が提供するウェブサイト多言語化ツール「WOVN.io」の新たなサービスメニューを発表した。これによると、これまで有料で提供してきた WOVN.io の標準機能を実質無料化し、一方、顧客ごとに個別のカスタマイズが可能なエンタープライズ向けメニューとして「WOVN.io PRIME」をリリースする。 ミニマル・テクノロジーズ COO の上森久之氏によれば、WOVN…

ミニマル・テクノロジーズは18日、同社が提供するウェブサイト多言語化ツール「WOVN.io」の新たなサービスメニューを発表した。これによると、これまで有料で提供してきた WOVN.io の標準機能を実質無料化し、一方、顧客ごとに個別のカスタマイズが可能なエンタープライズ向けメニューとして「WOVN.io PRIME」をリリースする。

ミニマル・テクノロジーズ COO の上森久之氏によれば、WOVN.io を使っているユーザの半分程度は大企業で、彼らからは「手間をかけて、エンタープライズ向けに提供してほしい」という声が多く、機能面での個別対応や、導入にあたっての人的サポートを求められることも多かったという。

SaaS 本来の立ち位置からすれば、スケーラビリティを追求する上でもマニュアルを充実させ、導入手順を簡素化することでサービスの普及を図りたいところだが、「顧客から求められる対応に、WOVN.io のこれまでの営業戦略が合っていなかった(上森氏)」と捉え、ミニマル・テクノロジーズでは、今回メニュー改変に踏み切ることとなった。

WOVN.io PRIME では、大企業でウェブサイトの多言語化を担当するプロジェクトマネージャーや、外部から支援するシステムインテグレーターらにも使いやすい機能を追加した。本番用に加え、開発用、検証用のドメインでの運用が可能のほか、オーナー・マネージャー・翻訳者といったアカウント毎の3段階アクセス制御も導入される。また、翻訳データの CSV による一括ダウンロードのほか、Facebook や Twitter のタイムラインにあるような、ユーザによる投稿内容の自動翻訳機能(n言語→n言語対応)も、必要箇所にタグを埋め込むだけで対応が可能だ。

要望があれば、翻訳会社のコーディネイトも行なっています。高速道路会社とか、交通系企業とかにも使ってもらっており、エンタープライズ向けでは稼働率99.9%を保証するようにします。社会的に影響力の大きなサイトに導入してもらい、フィードバックをもらって今後の製品開発に生かしていきたい。(上森氏)

新メニューを設置したことで、ミニマル・テクノロジーズは、システムインテグレータを通じた大企業向けのパートナーセールスなども展開しやすくなる。同社はまた今年6月に北海道銀行先週は琉球銀行と業務提携を行なっているが、インバウンド需要が高まる地方企業に対してはバルク販売など料金体系にも柔軟性を持たせやすくなるだろう。

子会社を多く持つ大企業に対してもバルク販売やグループディスカウントなどを適用し、同じ企業グループの傘下で、「あるグループ会社のウェブサイトには外国語版はあるが、あるグループ会社のウェブサイトには外国語版が無い」といった多言語対応の不均衡の是正にも貢献したいしている。

----------[AD]----------

1行のスクリプトでWebサイトを多言語展開できる「WOVN.io」が1.3億円を資金調達

SHARE:

7月21日にリクルートコミュニケーションズとの業務提携を発表した「WOVN.io」(ウォーブン・ドット・アイオー)。たった1行のコードでWebサイトを多言語化できるとして、4,500を超えるWebサイトに導入されています。 そんなWOVNを運営するミニマル・テクノロジーズが、1.3億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。引受先は、オプトベンチャーズとニッセイ・キャピタルです。 前回の取材…

たった一行のスクリプトでウェブサイトを多言語化できる「WOVN.io」
たった一行のスクリプトでウェブサイトを多言語化できる「WOVN.io」

7月21日にリクルートコミュニケーションズとの業務提携を発表した「WOVN.io」(ウォーブン・ドット・アイオー)。たった1行のコードでWebサイトを多言語化できるとして、4,500を超えるWebサイトに導入されています。

そんなWOVNを運営するミニマル・テクノロジーズが、1.3億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。引受先は、オプトベンチャーズとニッセイ・キャピタルです。

前回の取材でも、既に売上げの9割を占めるエンタープライズ向けに展開していくことを明らかにしていました。今回調達した資金で、国外向けマーケティングツールとしての立ち居地を強化していくとのこと。7月末にβ版をリリースしたSEO対応のライブラリ「WOVN++」(ウォーブン・プラスプラス)もその一環です。

2020年の東京オリンピック効果もあり、最近では、英語でも閲覧できるウェブサイトに遭遇することが多くなったような気がします。WOVNがこの流れをいっそう加速させ、日本のより多くのコンテンツが世界に発信される後押しをしてくれることに期待です。

----------[AD]----------

ウェブサイト多言語化の「WOVN」がリクルートコミュニケーションズと業務提携、完全 SEO 対応のライブラリをリリース

SHARE:

たった一行のスクリプトでウェブサイトを多言語化できる「WOVN.io(ウーヴェン・ドット・アイオー)」。今年2月には有料版の提供を開始し、また6月にシンガポールで開催されたEchelonには日本から唯一参戦しました。WOVNの導入ウェブサイト数は、4,500超。ユーザーは、アメリカ、日本、ブラジル、スペインなど世界各国に分布しています。 そんなWOVNが、本日大きく2つのことを発表しました。リクル…

たった一行のスクリプトでウェブサイトを多言語化できる「WOVN.io」
たった一行のスクリプトでウェブサイトを多言語化できる「WOVN.io」

たった一行のスクリプトでウェブサイトを多言語化できる「WOVN.io(ウーヴェン・ドット・アイオー)」。今年2月には有料版の提供を開始し、また6月にシンガポールで開催されたEchelonには日本から唯一参戦しました。WOVNの導入ウェブサイト数は、4,500超。ユーザーは、アメリカ、日本、ブラジル、スペインなど世界各国に分布しています。

そんなWOVNが、本日大きく2つのことを発表しました。リクルートコミュニケーションズとの業務提携と、完全 SEO 対応のライブラリ「WOVN++(ウォーブン・プラスプラス)」のβリリースです。

今回の業務提携により、リクルートグループが展開するさまざまなメディアの多言語化プラットフォームとしてWOVNが導入されます。英語、中国語、韓国語への対応を皮切りに、リクルートが自社で持つ辞書などと連携しながら精度の高い翻訳を提供していくとのこと。この四半期で、複数媒体への展開を目指します。

これまでに取り上げたWOVNの取材記事では、SEO対策が気になるというユーザーの声が聞かれました。新たに提供を開始したWOVN++は、SEOに完全対応したRubyとPHPのライブラリ。従来は、検索結果に多言語版が表示されない仕組みでしたが、Javascriptで対象言語に書き換えるのではなく、その言語のHTMLを吐き出すことで世界中の検索エンジンの検索結果への表示が可能になりました。

日本から海外に情報発信や物販を行う場合に見落としがちなのがSEO対策だと、運営会社ミニマル・テクノロジーズのCEOである林鷹治さんは話します。

「中国も韓国も、日本のようにGoogleはシェアを持っておらず、中国ではBaidu(百度)、韓国はNaverが強いです。それぞれにSEO対策が異なります。WOVN++は、こうした現地の様々な検索エンジンに自動で対応し、他国からの流入を促進します。特に東アジアの検索エンジンには、かなり特化していく予定です」(林)

β版のWOVN++のライブラリは、全プランで使うことができます。また今後は、各種検索エンジン向けに、独自に検索結果上位表示のサポートを行う機能の追加も。

現在、WOVNの売上げの9割を占めるのがエンタープライズプランです。現在は、円決済にしか対応していない有料版ですが、ドル決済を受け入れるためにカリフォルニアに支社を登記。今後は、国内外のユーザーに向けてこのエンタープライズの改善・強化に注力していく予定です。

----------[AD]----------