BRIDGE

タグ CoolBitX

台湾のブロックチェーンセキュリティスタートアップCoolBitX、SBIやマネックスから1,680万米ドルを調達——年内に日本参入へ

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ※本記事は提携するTech in Asia「 Taiwanese blockchain startup CoolBitX nets $16.8m in SBI-led round」の…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


※本記事は提携するTech in Asia「 Taiwanese blockchain startup CoolBitX nets $16.8m in SBI-led round」の抄訳になります

台湾を拠点とするブロックチェーンセキュリティ企業 CoolBitX は、シリーズ B ラウンドで、既存投資家であった日本の SBI ホールディングスや、台湾の国家発展基金 NDF(National Development Fund)、韓国の仮想通貨取引所であるBitSonic、マネックスグループらから1,680万米ドルを調達した。

coolbitx-series-b-funding
Photo credit: CoolBitX

今回調達した資金は、仮想通貨事業プロバイダー向けのコンプライアンス遵守補助事業「Sygna」のアジア地域におけるサービス拡大と、主力製品であるハードウェアウォレット「CoolWallet S」の開発に投入される見込み。同ウォレットの特徴は、Bluetooth によってユーザのスマホと接続され、高い UX を実現している点である。

昨年国際的な金融規制機関である FATF(マネーロンダリングに関する金融活動作業部会)は、マネーロンダリング防止(AML: anti-money laundering)とテロ資金供与対策(CFT: combating the financing of terrorism)に関する新しい標準規定を制定し、仮想通貨取引所に対するユーザ情報の収集・報告を要請した。CoolBitX の Sygna は、アジアの仮想通貨サービスプロバイダーらが同基準に遵守するためのサポートを行うソフトウェアである。

同社は、2014年に Michael Ou 氏によって設立された。同氏は Synga に関して、今年中に日本法人の設立を宣言すると共に、以下のようなコメントをしている。

ブロックチェーンと暗号通貨業界は重要な時期にあり、 同業界のグローバル競争という観点では、過去1年間の規制の発展と投資規模からも、アジア市場におけるアダプションと革新性には大きく期待しています。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

台湾のCoolBitX、SBIホールディングスなどから1,300万米ドルを資金調達——ハードウェアウォレット「CoolWallet S」を開発

SHARE:

  台湾のクリプトハードウェアウォレットメーカーである CoolBitX は複数の投資家から1,300万米ドルの出資を受けた。投資家には、日本の SBI ホールディングス、Midana Capital(盟達資本)、OwlTing(奥丁丁)、Kyber Capital(源鉑資本)、Bitmain が名を連ねる。 これと併せて、CoolBitX とシンガポールに拠点を置く Litecoin …

 

CoolWallet_S
CoolWallet S
Image credit: CoolBitX

台湾のクリプトハードウェアウォレットメーカーである CoolBitX は複数の投資家から1,300万米ドルの出資を受けた。投資家には、日本の SBI ホールディングス、Midana Capital(盟達資本)、OwlTing(奥丁丁)、Kyber Capital(源鉑資本)、Bitmain が名を連ねる。

これと併せて、CoolBitX とシンガポールに拠点を置く Litecoin Foundation とのパートナーシップも発表されている。さらに CoolBitX は、アメリカでの事業拡大のために現地オフィスを開設することを計画している。

2014年に Michael Ou 氏が設立した CoolBitX は、デジタル関連ハードウェアの製造に注力しており、ユーザ向けにスマートコントラクトプラットフォームの開発も行っている。

CoolBitX が開発した CoolWallet S はクレジットカードサイズのクリプトウォレットであり、次のような機能を備えている。e インクの表示(残高、シード、貨幣額、住所を表示)、物理的な確認ボタン(ユーザはボタンのタップで仮想通貨による支払いの確認と認証が可能)、セキュリティの高いコールドストレージと Bluetooth 接続(ユーザはその場でコインの支払いと交換が可能)、2+1要素認証によるセキュリティ、ダメージ対応(防水、耐熱・耐寒、不正開封防止)、ワイヤレスアップデート(現在サポートされているのは Bitcoin、Litecoin、Ethereum、XRP、Bitcoin Cash、ERC20 トークンだが、ワイヤレスアップデート経由で毎月無料で新しい仮想通貨のサポートが追加される)。

<関連記事>

LiteCoin Foundation とのパートナーシップにより、同社のマネージングディレクターである Charlie Lee 氏は CoolBitX の公式なアドバイザーとなる。CoolBitX と Litecoin Foundation は両者の提携ブランドである CoolWallet S をローンチする予定。CoolWallet S は Litecoin Summit のイベントと Litecoin Foundation のウェブサイトでの限定販売となる。このパートナーシップによって CoolBitX は Litecoin Foundation が持つ豊富なユーザ層にアプローチできるようになる。さらに、Lee 氏の拡大戦略に対する先見の明と、仮想通貨を幅広く普及させるというミッションが加わることになる。これによって CoolWallet S はユーザが使いやすいデバイスになり、Litecoin が世界中で使われる支払いツールの主流になる後押しをすることになる。

設立者の Ou 氏は、次のように語った。

CoolBitX は CoolWallet S という最新のハードウェアウォレットによって、無用心でセキュリティの高くないソフトウェアウォレットを撲滅したいと考えています。

ブロックチェーンとより多くのユーザの架け橋として、CoolWallet S をアメリカでローンチします。

Litecoinの作成者で、Litecoin Foundation のマネージングディレクターでもある Charlie Lee氏は言う。

CoolWallet S は私がこれまで使ったハードウェアウォレットの中でも最高のものです。

CoolWallet S には他のハードウェアウォレットに欠けている重要な機能があります。それは使いやすさです。ハードウェアウォレットのセキュリティとモバイルウォレットの使いやすさが1つになっているのです。これは多くの人に使ってもらう上で欠かせません。

2018年第1四半期から第3四半期における CoolWallet S の商業的な成功によって、CoolBitX は製造コストを大幅に削減することができた。その結果、CoolWallet S は99米ドルで販売される予定。

【via e27】 @E27co

【原文】