THE BRIDGE

タグ fabcross

多様化する3Dプリンタとこれからの可能性 #fabcross

SHARE:

新しいものづくりに挑戦しているエンジニア、またこれから挑戦しようというエンジニアたちを応援することを目的としたウェブサイト「fabcross」。昨年10月にスタートしたこのサイトが、今回トークイベント「fabcross Meeting vol.01 〜ブームで終わらせない『次世代ものづくり』のあり方」を開催した。 第3部のセッションでは「3Dプリンタの可能性と多様性」をテーマに、3Dデータを活用す…


テスト
右から片岡氏、相馬氏、加藤氏

新しいものづくりに挑戦しているエンジニア、またこれから挑戦しようというエンジニアたちを応援することを目的としたウェブサイト「fabcross」。昨年10月にスタートしたこのサイトが、今回トークイベント「fabcross Meeting vol.01 〜ブームで終わらせない『次世代ものづくり』のあり方」を開催した。

第3部のセッションでは「3Dプリンタの可能性と多様性」をテーマに、3Dデータを活用する会理事長の相馬達也氏、RepPap Community Japan代表の加藤大直氏、ビークル執行役員の片岡豪太氏が登壇した。

プリンティング可能な素材が多様に



「RepRap」は3Dプリンターのオープンソースコミュニティ。MakerbotやCUBEなど原型もここから誕生した。加藤大直氏は、このオープンソースコミュニティの日本拠点「RepPap Community Japan」の代表を務めている。

3Dプリンターでプリンティングが可能な素材は多様化しており、木材フィラメント、半透明のプラスチック、導電性のプラスチックで電子回路もプリントでき、最近では柔軟性のあるスニーカーもプリンティングできるようになってきている。

オープンソースで様々な3Dプリンターが誕生してきており、プリンティング可能な素材やスペックなども多様になってきている。3Dデータを出力したいユーザは、自らの目的に合わせて適切な3Dプリンターを選びやすくなってきている。

3Dデータの種類は多岐に渡る

3dgan

一般社団法人3Dデータを活用する会・3D-GAN理事長の相馬達也氏は、3Dプリンターはデータが肝だ、と語った。

3Dデータは、製造・建築・土木・宝飾・アクセサリーの分野においては、CAD/CAMという呼び名で。アニメーション・映像・立体視映像・画像・ゲーム製作・地図情報・医療の分野においては、CGという呼び名で一般化しており、すでにこれらの産業分野で不可欠なものとなっている。

同じ3Dデータを使いながら、3DCADと3DCGの距離は遠いものとなっている。あらゆる産業が従来の構造から変革を迫られる中、3Dデータを共通項とすることで、3Dデータ業界を生み出そうというのが3Dデータを活用する会が考えていることだ。

相馬氏は3Dプリンターに注目が集まる一方、3Dデータをモデリングできる人は圧倒的に少ないことについて言及した。また、3Dプリンターに関心を持っている人は、音楽ではなくオーディオに関心を持っているような人であるとコメント。より広い人に3Dデータに関心を持ってもらう必要があるとした。

モノづくりの流れの中に3Dプリンターを組み込む

crew3d

ビークルは「3Dプリンタを持っている人や会社」を簡単に探し出し、出力依頼などのコンタクトを取るためのデータベースである「Crew3D」を運営するほか、3Dプリンターの代理店として活動している。先日、開催されたMONOフェスでは、代理店として取り扱っている「AFINIA(アフィニア)」などのパーソナル3Dプリンターを出展していた。

片岡氏は技術の15年周期についてコメント。30年前にパーソナルコンピュータが、15年前にはインターネットが大きな変化をもたらした。2012年〜2013年においては、3Dプリンターなどによる「ラビットプロトタイピング」が変化をもたらしたとしている。

ただ、3Dプリンターを点だけで捉えるのではなく、サービスやモノづくりの過程の一つだと捉え、前後の流れを意識していく必要があると語った。入力するデータをいかに作成し、それをどう入力して、いかに出力していくか。そういった流れを意識していくことが重要になる。

3Dプリンターがブームで終わらないためには

3Dプリンターの認知は広がり、多くの注目が集まるようになった。これを単なるブームにしないためには、3Dプリンターだからすごいわけではなく、このすごい3Dプリンターを使って何ができるようになるのかを考える人が増えていくことが重要だろう。

3Dデータを活用している産業は多岐に渡り、出力可能なプリンターも多様になってきている。このツールをいかに生活に近いシーンで活用していくのか。その視点がこれから先は重要になってくるだろう。

----------[AD]----------

スケルトニクスにクラタスなどロボティクス開発と次世代ものづくりのクリエイティビティ #fabcross

SHARE:

新しいものづくりに挑戦しているエンジニア、またこれから挑戦しようというエンジニアたちを応援することを目的としたウェブサイト「fabcross」。昨年10月にスタートしたこのサイトが、今回トークイベント「fabcross Meeting vol.01 〜ブームで終わらせない『次世代ものづくり』のあり方」を開催した。 2番目のセッションに登場したのはスケルトニクスの白久レイエス樹氏と、V-Sidoの吉…


_MG_9226

新しいものづくりに挑戦しているエンジニア、またこれから挑戦しようというエンジニアたちを応援することを目的としたウェブサイト「fabcross」。昨年10月にスタートしたこのサイトが、今回トークイベント「fabcross Meeting vol.01 〜ブームで終わらせない『次世代ものづくり』のあり方」を開催した。

2番目のセッションに登場したのはスケルトニクスの白久レイエス樹氏と、V-Sidoの吉崎航氏だ。二人の若手研究者たちが「次世代ものづくりのクリエイティビティ」というテーマでトークを行った。

外骨格「スケルトニクス」

_MG_9229

白久レイエス樹氏は、現在、東京大学大学院で修士2年、専門は海中ロボットだ。沖縄高専出身で、高専時代からスケルトニクスの開発を行ってきたという。スケルトニクスは映画「マトリックス レボリューション」、「エイリアン2」、「アップルシード」等の作品に登場した強化外骨格を彷彿とさせる。



ロボットコンテストに出場していた白久氏。ロボットコンテストへの出場を引退して、次は何をしようか、と考えたところ、巨大なロボットの開発に着手した。

最初は半年間という限定プロジェクト。あまり時間がないこともあり、無動力で動くもの、人間が中に入って動かすタイプのロボットを開発することとなった。強化外骨格を彷彿とさせる外観だが、まだ人間を強化することはできず、乗っていると5分ほどで搭乗者は疲労してしまうという。

人型ロボットの操縦を可能にする「V-Sido」

_MG_9230

吉崎氏はヒューマノイドロボットのソフトウェアを開発している。ロボットがいて当たり前の社会において、足りていないものを補完できるような仕事をしたい、と考えているという。知能と機械を仲介するシステムの開発をしている。



V-Sidoは3つのコンセプトを持っている。予め作った動きのみではない「リアルタイムな操縦」、人間の動きをコピーするだけではない「シミュレータと同期することで動作を安定化」、人間の疲労を最低にする「操作補助による操縦の効率化」だ。

吉崎氏はこういったソフトウェアの開発をする理由になったのはアニメが好きだから、とコメント。パトレイバーなどロボットの操縦を行うアニメが好きだったという。吉崎氏は単にロボットを開発したいのではなく、ロボットが当たり前に存在する社会を作りたいと考えているため、V-Sidoを導入するロボットは販売されるものに限定しているという。

ちなみに、吉崎氏が携わっている巨大ロボ「クラタス」は、4月に上映予定の映画「実写版パトレイバー」に登場予定だという

映像を公開することによるフィードバック

二人に共通しているのは、スケルトニクスもV-Sidoもインターネット上に映像をアップロードし、それが人々の注目を集めている。iPhoneなどスマートフォンで映像を撮影し、自分で編集してYouTubeやニコニコ動画などを通じて公開することで、新たな道が開けたともいえる。

彼らはプロトタイプの様子を発信して反応を見ながらさらにプロダクトをブラッシュアップした結果、ニコニコ超学会やMake;などにつながった。今後、モノづくりを行っていく人々は、プロトタイプを公開していきながら、その開発プロセスをオープンにしていくことを視野に入れたほうがいいのではないだろうか。

これからのモノづくりにおいて

二人とも、一人で全部の作業をやりたがる人間だったそうだが、色々なモノづくりをするためにはチームでの作業をすることや分業することが重要だとコメントした。モノづくりをしていく上で気をつけていることは、リスクに配慮することはもちろん、開発における情報共有のやり方をしっかりと考え、実践することだと語った。

アメリカはビジネスありきでプロダクトを作っている例が多いという。モノづくりをする上でビジネスの点を考えることは重要である一方、ただ自分が作りたいだけ、という気持ちもを大切にすることも重要なことだと白久氏は語っていた。

チームマネジメント、リスクマネジメント、情報共有、ビジネスモデル、このあたりのことはハードであっても、ウェブサービスであっても共通するポイントだと考えられる。モノづくりにかぎらず、視野を広げ、他の業界での事例からヒントを得られることもあるかもしれない。

----------[AD]----------

RAPIROの石渡氏が語るクラウドファンディングを活用したプロダクトの作り方 #fabcross

SHARE:

新しいものづくりに挑戦しているエンジニア、またこれから挑戦しようというエンジニアたちを応援することを目的としたウェブサイト「fabcross」。昨年10月にスタートしたこのサイトが、今回トークイベント「fabcross Meeting vol.01 〜ブームで終わらせない『次世代ものづくり』のあり方」を開催した。 最初のセッションは「CES 2014からみるものづくりのこれからと機楽の挑戦」という…


_MG_9224

新しいものづくりに挑戦しているエンジニア、またこれから挑戦しようというエンジニアたちを応援することを目的としたウェブサイト「fabcross」。昨年10月にスタートしたこのサイトが、今回トークイベント「fabcross Meeting vol.01 〜ブームで終わらせない『次世代ものづくり』のあり方」を開催した。

最初のセッションは「CES 2014からみるものづくりのこれからと機楽の挑戦」というテーマで、ロボット工学キット「RAPIRO」を手がけた機楽のCEO 石渡昌太氏がトークを実施した。

RAPIROといえば、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達に成功したことでご存知の読者もいるだろう。RAPIROのほかには、どきどきすると揺れるしっぽのプロダクト「Tailly」や、脳波で動く猫耳「necomimi」などを手がけている。

クラウドファンディングに合わせたプロダクト



RAPIROをKickstarterに掲載した際、最初からロボットありきで考えていたわけではない、と石渡氏は語る。Taillyなどはアメリカの10代の女子に人気だったそうだが、彼女らはクレジットカードを所持していないため、クラウドファンディングで支援することはできない。

そこで石渡氏はクレジットカードを持っている年齢層に刺さりそうなプロジェクトとしてロボットを選び、RAPIROを出すことにした。Kickstarterに掲載する前には、3D造形をJMCに、射出成形をMIYOSHIに、基板製造をSWITCHSCIENCEに依頼することが決めていたという。RAPIROは、製造における役割分担をしっかり決めてからプロダクトを立ち上げた。

_MG_9225

プロジェクトページの英文は自ら英語で書いた後、ネイティブの人間に査読をしてもらった。プロジェクト掲載後、取材のメールや質問のメールなどにはすべて自らが返答していったという。

無事、Kickstarterでのプロジェクトが成功した後、RAPIROは国内でもクラウドファンディングで資金調達を実施している。国内での資金調達には「MAKUAKE」を利用した。MAKUAKEではプロダクトのプレセールスと、海外でのプロモーション費用を集めることを目的としていたそうだ。最終的に560万円ほどの資金を集めることに成功している。

CES 2014にも出展

RAPIROは本誌でもなんどか紹介したアメリカの展示会「CES 2014」にも出展している。CESに出展した理由は、CEREVOの岩佐氏から薦められたからだという。出展を決め、JETRO経由で申し込みを行った。絶対に出展したほうがいい、とは言わないが、出展したことにあり、引き合いは多かったと石渡氏はコメントしている。

現在、RAPIROは売り始めたタイミング。在庫を適切に管理するために、製造とプロモーションのバランスを考える必要が出てきているという。また、現在はロボット好きな人などが購入しているが、ジャケ買いやあまり詳しくない人が購入するくらいRAPIROが広まったときに、不良品の扱いなどをどうしていくのかなど、新たな課題に対して取り組み始めている。

最後に石渡氏はクラウドファンディングを活用したモノづくりについて、

「クラウドファンディングはやり方次第でお金を集めることは可能だと思います。お金を集めた後、どうやってそれを作るのか。それを準備した上でクラウドファンディングを始めることが重要なのではないでしょうか。」

とコメントした。

----------[AD]----------