BRIDGE

タグ Fluxflex

日本のスタートアップFluxflexが、インストールが簡単なカード決済ソリューションを正式ローンチ

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 日本人シリアル・アントレプレナー久保渓氏が率いる Fluxflex は、サンフランシスコの有名なコワーキング・スペース PariSoma に本拠を置く、バックエンド・ソリューションに特化したスタートアップだ。同社は先週、日本のEコマース企業向けに、インストールが簡単でフリーミアムのカード決済ソリューション WebPa…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

fluxflex_logo

日本人シリアル・アントレプレナー久保渓氏が率いる Fluxflex は、サンフランシスコの有名なコワーキング・スペース PariSoma に本拠を置く、バックエンド・ソリューションに特化したスタートアップだ。同社は先週、日本のEコマース企業向けに、インストールが簡単でフリーミアムのカード決済ソリューション WebPay を正式にローンチした。去る4月に実質的にはローンチしていたが、主にテスト目的で限られた人数の開発者しか利用できなかった。

従来の類似サービスに比べ、WebPay はシステム開発者にとってインストールが簡単で、API はアメリカの主要決済処理会社 Stripe と互換性がある。国際カード取引ルールの下では、国境を超えた取引は許可されないため、特定の国のカード取引はその国の会社で処理される必要がある。したがって、WebPay は日本市場のウェブ決済のニーズを満たすことを目指している。

開発者にこのインタフェースを提供するため、Fluxflex は日本で最も古く最大の決済処理会社 GMO Payment Gateway と提携した。正式ローンチにあたり、同社は CyberAgent VenturesArchitype、GMO Payment Gateway から出資を受けた。出資金額は明らかにされていない。

ユースケースに関しては、会計SaaS の Freee や日本酒定期配送サービスの Sakelife が、決済ニーズを満たすため Fluxflex のソリューションを利用している。

cardpayment
Image credit: Stock foto

----------[AD]----------

FluxFlex: GitHub と連携できるクラウドホスティング、1ヶ月1ドルから

SHARE:

【原文】 東京、サンノゼ、サンフランシスコ(そういえば、最近 pariSoma というサンフランシスコのシェアオフィスに引っ越したらしい)を拠点に活動する、メンテナンスが簡単なクラウドホスティングサービスの開発に特化した技術スタートアップ FluxFlexは、本日サービスの正式版をリリースした。このサービスは Amazon EC2をバックエンド環境として使用しており、価格の競争力、オープンソース・…

【原文】

東京、サンノゼ、サンフランシスコ(そういえば、最近 pariSoma というサンフランシスコのシェアオフィスに引っ越したらしい)を拠点に活動する、メンテナンスが簡単なクラウドホスティングサービスの開発に特化した技術スタートアップ FluxFlexは、本日サービスの正式版をリリースした。このサービスは Amazon EC2をバックエンド環境として使用しており、価格の競争力、オープンソース・パッケージが簡単にインストールできること、また、他の開発者との共同開発を容易にするウェブベースの版管理サービス「GitHub」とのシームレスな連携など、他のホスティングサービスに比べていくつかの利点がある。

GitHub上で管理されているWebアプリをFluxFlexの環境にインポートすると、新しい版が公開されたとき、その修正が FluxFlex 側の環境にも自動的に反映される。このサービスは、開発者がアプリのコーディングに本当に集中して、それに関連して出てくる面倒な問題を忘れさせてくれる、理想的な開発環境の提供を目的としている。

FluxFlexは、日本人の二人の技術アントレプレナーによって設立、開発された。一人はサンフランシスコ在住で、以前は京都にあるブログホスティング企業である「はてな」に務めていた。もう一人は東京在住で、以前は日本のセカンドライフのようなメタバースであるMeet Meの開発管理を担当していた。

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------