BRIDGE

タグ GMO Payment Gateway

シンガポールの金融リスクマネジメントプラットフォーム「Jewel Paymentech」、GMO-PGがリードしたシリーズA+ラウンドで資金調達

SHARE:

シンガポールを拠点とする金融リスクマネジメントプラットフォーム、Jewel Paymentech は、東証一部上場企業 GMO ペイメントゲートウェイ(GMO-PG)のシンガポール子会社がリードするシリーズ A+ラウンドで非公開額の資金調達を行ったと本日(3月14日)発表した。 同社にこれまで投資してきた Tuas Capital Partners も今回のラウンドに参加した。 プレス声明で Je…

先週、シンガポールで開催された Money 20/20 に出展された Jewel Paymentech のブース
Image credit: Jewel Paymentech

シンガポールを拠点とする金融リスクマネジメントプラットフォーム、Jewel Paymentech は、東証一部上場企業 GMO ペイメントゲートウェイ(GMO-PG)のシンガポール子会社がリードするシリーズ A+ラウンドで非公開額の資金調達を行ったと本日(3月14日)発表した。

同社にこれまで投資してきた Tuas Capital Partners も今回のラウンドに参加した。

プレス声明で Jewel Paymentech は、今回の資金を自社の市場拡大計画を支えるために利用するとした。GMO ペイメントゲートウェイからの投資の一環として、日本市場でも Jewel Paymentech の製品をローンチする提携も結ぶという。

さらに、製品開発、とりわけ現金から非現金への変換を容易にする AI(人工知能)技術を利用した製品開発にも調達資金を活用する計画だとした。

2014年に設立された Jewel Paymentech は銀行業界や電子決済業界向けにインテリジェントなリスクソリューションを開発している。

同社は、即座のクライアント・オンボーディング、店舗デューデリジェンス、不正取引ロンダリングや偽造・違法製品の管理、予測分析を使った取引詐欺の管理など、電子決済方式の受け入れに伴う課題を解決するインテリジェント・ソリューション製品群を提供している。

シンガポールの本社の他、マレーシアや香港にもオフィスを構えている。

2016年6月、同社は Wells Fargo Startup Accelerator への参加を認められ、同プログラムの一環として Wells Fargo 銀行から非公開額の投資を受けた。

この投資により、1月、Tuas Capital Partners がリードした100万米ドルのシリーズ A ラウンドが終了した。

【via e27】 @E27co

【原文】

GMO-PGが、マレーシアのモバイル決済企業MACROKIOSKに出資

SHARE:

マレーシアのモバイルテック企業 MACROKIOSK は、日本の GMO インターネットグループ傘下の GMO ペイメントゲートウェイ(GMO-PG)から、戦略的投資において金額非開示の資金調達を実施したことを明らかにした。 MACROKIOSK は、発表で次のようにコメントしている。 GMO-PG を戦略的株主に迎えたことで、我々はより高いフィールドに行くことができる。東南アジア地域におけるリー…

Goh-Brothers-Founding-team-of-MACROKIOSK-final
MACROKIOSK の創業者チーム、Goh 兄弟の3人

マレーシアのモバイルテック企業 MACROKIOSK は、日本の GMO インターネットグループ傘下の GMO ペイメントゲートウェイ(GMO-PG)から、戦略的投資において金額非開示の資金調達を実施したことを明らかにした。

MACROKIOSK は、発表で次のようにコメントしている。

GMO-PG を戦略的株主に迎えたことで、我々はより高いフィールドに行くことができる。東南アジア地域におけるリーダーシップを強化するだけでなく、この投資からは、目に見える形でシナジー効果やビジネス成果が生まれるだろう。我々が抱える18の業界の多様な顧客のニーズを受け入れるため、新しい技術を取り入れソリューションを作り出すにあたって、今回の投資はその速度を加速させてくれるだろう。

MACROKIOSK は2000年、Goh Chee Ken 氏、Goh Chee Heng 氏、Goh Chee Seng 氏の3人の兄弟が創業。モバイル決済プラットフォームへのダイレクト接続だけで、代表的なコンテンツプロバイダーが、東南アジア横断で自社のデジタルコンテンツをマネタイズできるようにする、企業向けモビリティおよびモバイル決済サービスを提供している。

金融、航空、ホスピタリティ、レジャー産業まで、18業界・37カ国で利用されており、現在の顧客数は2,000社以上。インタラクティブ、プッシュ通知、認証、セキュリティという重要分野において、完全にセキュアでスケール可能な企業向けモビリティソリューションを提供している。

MACROKIOSK が営業展開している地域は、オーストラリア、中国、香港、インドネシア、マカオ、マレーシア、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム、アラブ首長国連邦のアジア12カ国で、総従業員数は250人以上。

GMO-PG は日本において、日本や東南アジアのEコマース事業者、銀行、代表的な企業に、決済や金融関連サービスを提供する、日本最大の決済サービスプロバイダの一つだ。GMO-PG は、東南アジアの地元銀行や代表的な企業への、Eコマースや決済サービスの提供分野の拡大を模索しており、今回の戦略的投資もそのサービス拡大に道を開くものとなるだろう。

GMO-PG は現在、シンガポール、香港、台湾、マレーシア、タイに5つの現地企業を所有している。また、GMO Global Payment Fund を運営しており、主に決済分野で同社の海外ビジネス展開を進める上で、他社とのアライアンスや協業に取組んでいる。

GMO-PG は、MACROKIOSK に対して今後さらに出資することをコミットしている。

【via e27】 @E27co

【原文】

GMO-PGが台湾のNeweb(藍新科技)に100万米ドルを投資、業務提携を強化

SHARE:

オンライン決済を取り扱う日本企業GMOインターネットの子会社であるGMOペイメントゲートウェイは本日、同じくオンライン決済サービスを提供する台湾企業Neweb(藍新科技)との関係を投資によって強化すると発表した(編集部注:原文掲載8月19日)。昨年始まった提携にさらに100万米ドルが投資されることになる。投資の拡大によって東アジアにおけるGMOの存在感が強まり、さらには日本にNewebを誘致するこ…

gmo-620x390

オンライン決済を取り扱う日本企業GMOインターネットの子会社であるGMOペイメントゲートウェイは本日、同じくオンライン決済サービスを提供する台湾企業Neweb(藍新科技)との関係を投資によって強化すると発表した(編集部注:原文掲載8月19日)。昨年始まった提携にさらに100万米ドルが投資されることになる。投資の拡大によって東アジアにおけるGMOの存在感が強まり、さらには日本にNewebを誘致することにもつながると、GMOは語る。

GMOペイメントゲートウェイは、2014年に初めてNewebと提携を組んだが、同社は東アジア以外でも活発に事業を行っている。シンガポール、マレーシア、タイ(および香港と台湾)に支社を持ち、海外進出を図る日本のEコマース企業に決済サービスを提供している。同時に、今回100万米ドルの投資の出資元であるGMOグローバルペイメントファンドは、各地域の決済サービス関係のスタートアップに投資している。Newebとのパートナーシップと継続した投資は、GMOがNewebを高く評価し、地域全体へ進出できる能力を期待していることを強く示唆している。

だが、今回の新しい100万米ドルの投資は、氷山の一角に過ぎない。数ヶ月前、GMOは国際メガバンクの三井住友銀行より6,500万米ドルの出資を受け、GMOペイメントゲートウェイのEコマース決済ソリューションの強化と、同社が扱うスタートアップ各社の支援に役立てている。GMOはなおも東アジア、東南アジアのEペイメント企業各社への投資のため数百万ドルを用意しており、今回のNewebの動きは数ある動きの1つに過ぎないとみられる。タイの 2C2P も、既にGMOが数回にわたって出資を行っているが、新しい資金注入の例として挙がるかもしれない。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

タイの化粧品ECスタートアップBuzzCommerce、GMO-PGと連携し現地向け複数決済システムを導入

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 タイ向けの化粧品Eコマース、メディアサイトを運営する BuzzCommerce(バズコマース)は今日、同社のメディアサイト「Saroop(サルップ)」上に GMO ペイメントゲートウェイ(GMO-PG、東証:3769)が提供する GMO-PG Global Payment を導入し、クレジットカード、銀行、コンビニ支…

saroop_featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

タイ向けの化粧品Eコマース、メディアサイトを運営する BuzzCommerce(バズコマース)は今日、同社のメディアサイト「Saroop(サルップ)」上に GMO ペイメントゲートウェイ(GMO-PG、東証:3769)が提供する GMO-PG Global Payment を導入し、クレジットカード、銀行、コンビニ支払に対応したと発表した。

<関連記事>

Saroop は Facebook Likes 数39万人を超えるメディアで、ニュースや美容情報を提供、記事中で紹介された商品をそのまま購入できる。GMO-PG は今年6月、同社が出資するタイの現地決済プロセッサー 2C2P を経由して GMO-PG Global Payment の提供を開始しており、Saroop はこのサービスを導入することで、クレジットカードに加え、Bangkok BankKasikorn BankKrung Thai BankSiam Commercial BankThanachart BankUnited Overseas BankCIMB Thai BankBank of Ayutthaya の主要銀行8行のATMおよびオンラインバンキング、さらに、タイ国内のファミリーマートでの商品代金の決済が可能になる。

東南アジアにおいてはクレジットカードの普及率が著しく低いため、Eコマース企業にとってはこの点が足かせとなることが多いが、BuzzCommerce は GMO-PG Global Payment の導入により、この問題を克服し Saroop のサービスを拡大することができる。

BuzzCommerce はバンコクを拠点に2014年4月に設立されたスタートアップで、同5月には East Ventures から資金調達している。調達に関する詳細については、明らかにされていない。

東南アジアのモバイル決済プロバイダCoda Paymentsが、GMO、楽天、CAVなどから230万ドルを調達

SHARE:

一部の先進国を除いて、東南アジアではネット決済に困難を極める。ユーザの大多数が銀行口座やクレジットカードを持たないからだ。それゆえ、先ごろ THE BRIDGE でも紹介した Candy のような、独自の決済エコシステムが形成される余地があるわけだ。 シンガポールに本拠を置く Coda Payments は、インドネシアなどの国々で、地元のモバイルキャリアと提携することで、ユーザにモバイル決済サー…

coda-payments-featuredimage

一部の先進国を除いて、東南アジアではネット決済に困難を極める。ユーザの大多数が銀行口座やクレジットカードを持たないからだ。それゆえ、先ごろ THE BRIDGE でも紹介した Candy のような、独自の決済エコシステムが形成される余地があるわけだ。

シンガポールに本拠を置く Coda Payments は、インドネシアなどの国々で、地元のモバイルキャリアと提携することで、ユーザにモバイル決済サービスを提供している。同社は今日、GMOグローバルペイメントファンド、楽天、サイバーエージェント・ベンチャーズGolden Gate Ventures、Skype 共同創業者でエンジェル投資家の Toivo Annus 氏から、シリーズAラウンドで230万ドルを調達したと発表した。

Golden Gate Ventures は、THE BRIDGE のアドバイザーでもある Jeffrey Paine 氏が創業パートナーのテクノロジーファンドである。Coda Payments は2011年に創業し、Golden Gate Ventures と Toivo Annus 氏からは昨年、シードラウンドで90万ドルを資金調達している。

サービスを開始した今年3月以降、同社は共にインドネシアのモバイルキャリアである AxisEsia と提携し、インドネシアのユーザに決済サービスを提供している。一方、コンテンツプロバイダ側では、Garena(シンガポール)ChangYou(中国・暢遊)Boyaa Interactive(中国・博雅互動)CJ Internet(韓国) などのゲームパブリッシャーと提携、ゲームプレーヤーに対するアイテム課金を、電話会社の料金請求やプリペイド精算で実現している。

neil-davidson_portraitCoda Payments の投資家に、日本から3社もの卓越したテクノロジー企業を迎えることができて大変うれしい。GMO の決済、楽天のEコマース、サイバーエージェントのゲーム——3社はそれぞれの得意分野に加え、東南アジアにおいて活発に投資を行っていることから、彼らの参画によって、Coda の成長はさらに加速することができるだろう。

(Coda Payments CEO Neil Davidson 氏)

今回調達した資金を使って、同社は東南アジアでさらに多くのキャリアとの提携を進めていく計画だ。

インターネットやモバイルを使った決済手段が限られる東南アジアでは、この分野に多くの競合が存在する。その一部を知るには、Tech in Asia の最近の記事「東南アジア発でPayPalに挑むスタートアップ10社」のほか、タイの JazzPay の項目を参照してほしい。

日本のスタートアップFluxflexが、インストールが簡単なカード決済ソリューションを正式ローンチ

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 日本人シリアル・アントレプレナー久保渓氏が率いる Fluxflex は、サンフランシスコの有名なコワーキング・スペース PariSoma に本拠を置く、バックエンド・ソリューションに特化したスタートアップだ。同社は先週、日本のEコマース企業向けに、インストールが簡単でフリーミアムのカード決済ソリューション WebPa…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

fluxflex_logo

日本人シリアル・アントレプレナー久保渓氏が率いる Fluxflex は、サンフランシスコの有名なコワーキング・スペース PariSoma に本拠を置く、バックエンド・ソリューションに特化したスタートアップだ。同社は先週、日本のEコマース企業向けに、インストールが簡単でフリーミアムのカード決済ソリューション WebPay を正式にローンチした。去る4月に実質的にはローンチしていたが、主にテスト目的で限られた人数の開発者しか利用できなかった。

従来の類似サービスに比べ、WebPay はシステム開発者にとってインストールが簡単で、API はアメリカの主要決済処理会社 Stripe と互換性がある。国際カード取引ルールの下では、国境を超えた取引は許可されないため、特定の国のカード取引はその国の会社で処理される必要がある。したがって、WebPay は日本市場のウェブ決済のニーズを満たすことを目指している。

開発者にこのインタフェースを提供するため、Fluxflex は日本で最も古く最大の決済処理会社 GMO Payment Gateway と提携した。正式ローンチにあたり、同社は CyberAgent VenturesArchitype、GMO Payment Gateway から出資を受けた。出資金額は明らかにされていない。

ユースケースに関しては、会計SaaS の Freee や日本酒定期配送サービスの Sakelife が、決済ニーズを満たすため Fluxflex のソリューションを利用している。

cardpayment
Image credit: Stock foto