東南アジアのモバイル決済プロバイダCoda Paymentsが、GMO、楽天、CAVなどから230万ドルを調達

SHARE:

coda-payments-featuredimage

一部の先進国を除いて、東南アジアではネット決済に困難を極める。ユーザの大多数が銀行口座やクレジットカードを持たないからだ。それゆえ、先ごろ THE BRIDGE でも紹介した Candy のような、独自の決済エコシステムが形成される余地があるわけだ。

シンガポールに本拠を置く Coda Payments は、インドネシアなどの国々で、地元のモバイルキャリアと提携することで、ユーザにモバイル決済サービスを提供している。同社は今日、GMOグローバルペイメントファンド、楽天、サイバーエージェント・ベンチャーズGolden Gate Ventures、Skype 共同創業者でエンジェル投資家の Toivo Annus 氏から、シリーズAラウンドで230万ドルを調達したと発表した。

Golden Gate Ventures は、THE BRIDGE のアドバイザーでもある Jeffrey Paine 氏が創業パートナーのテクノロジーファンドである。Coda Payments は2011年に創業し、Golden Gate Ventures と Toivo Annus 氏からは昨年、シードラウンドで90万ドルを資金調達している。

サービスを開始した今年3月以降、同社は共にインドネシアのモバイルキャリアである AxisEsia と提携し、インドネシアのユーザに決済サービスを提供している。一方、コンテンツプロバイダ側では、Garena(シンガポール)ChangYou(中国・暢遊)Boyaa Interactive(中国・博雅互動)CJ Internet(韓国) などのゲームパブリッシャーと提携、ゲームプレーヤーに対するアイテム課金を、電話会社の料金請求やプリペイド精算で実現している。

neil-davidson_portraitCoda Payments の投資家に、日本から3社もの卓越したテクノロジー企業を迎えることができて大変うれしい。GMO の決済、楽天のEコマース、サイバーエージェントのゲーム——3社はそれぞれの得意分野に加え、東南アジアにおいて活発に投資を行っていることから、彼らの参画によって、Coda の成長はさらに加速することができるだろう。

(Coda Payments CEO Neil Davidson 氏)

今回調達した資金を使って、同社は東南アジアでさらに多くのキャリアとの提携を進めていく計画だ。

インターネットやモバイルを使った決済手段が限られる東南アジアでは、この分野に多くの競合が存在する。その一部を知るには、Tech in Asia の最近の記事「東南アジア発でPayPalに挑むスタートアップ10社」のほか、タイの JazzPay の項目を参照してほしい。

----------[AD]----------