BRIDGE

タグ grow!

Grow!のリニューアル、そして「BoxToYou」をリリースしたGrow! Inc.が考えるクリエイター支援のプラットフォーム戦略

SHARE:

8月22日、クリエイターの支援プラットフォームサービス「Grow!」がリニューアルをおこなった。そして本日8月30日、日本初の定期販売プラットフォーム「BoxToYou」の正式リリースをおこなった。 これまで、Grow!ボタンを通じファンとクリエイターとの新しい関係を築いていたGrow!がそれまでのあり方を一新し、クリエイターのコミュニティをつくり、継続的にサポートしていくサービスへと転換した。同…

8月22日、クリエイターの支援プラットフォームサービス「Grow!」がリニューアルをおこなった。そして本日8月30日、日本初の定期販売プラットフォーム「BoxToYou」の正式リリースをおこなった。

これまで、Grow!ボタンを通じファンとクリエイターとの新しい関係を築いていたGrow!がそれまでのあり方を一新し、クリエイターのコミュニティをつくり、継続的にサポートしていくサービスへと転換した。同時に「BoxToYou」という、定期販売プラットフォームという新しい形をつくりはじめた。

Grow!が目指すこれからのクリエイター支援のためのプラットフォーム戦略について、Grow!CEOの一ツ木崇之氏に話を伺った。

クリエイターとファンとの関係性を継続していく仕組みを

「個人がソーシャルメディアなどによって自己表現をおこない、そしてファンを獲得しかつそれが継続的におこなえる仕組みをおこなう」ことをもとにGrow!は2011年に誕生し、Grow!ボタンを開発した。クリエーターは任意のサイト上にて「Grow!ボタン」を設置し、ユーザはボタンを押すことで、1ドルと変換したGrow!ポイントがクリエーターに付与できる仕組みだ。

これにより、それまでサイト上にてブログ記事や音楽、デジタルのコンテンツを発信していたクリエーターへの投げ銭が可能となり、よいコンテンツを作成するクリエーターに対する支援の仕組みをつくることができた。

しかしGrow!ボタンの登場以降、Ustreamチップや投げ銭がネット上で行える仕組みが次第に誕生してきたと同時に、継続的に支援をおこなう環境として、大きく形を変える必要性があったと語る。

「コミュニティの継続性と収益の対価性という2つの点を重視し、良いコンテンツをつくるクリエーターをサポートできることを意識した」と、一ツ木氏は語った。そのために、これまでのボタンによるコミュニケーションから、クリエーターとファンによるサポートコミュニティを形成し、より近い関係でクリエーターとファンとの関係をつくるプラットフォームへとGrow!は一新した。

サポートコミュニティは、コミュニティをつくりたいクリエーターがオーナーとなり、サポート会員の月額の会費を払ってもらうことで、クローズの掲示板などをもとに、メルマガ、画像、動画などの電子コンテンツを掲載し、ファンとコミュニケーションをとれる仕組みになっている。それにより、クリエーターとファンによる密なコミュニケーションをおこなうことができ、そして、収益とコミュニケーションの継続性という2つの面を強化した形となった。

個人によってキュレーションされたモノを届ける仕組みを

Grow!は、新しいクリエーターとファンとの関係性を構築するコミュニティへとリニューアルをはかると同時に、新サービス「BoxToYou」を正式リリースした。

「BoxToYou」は、Facebookアカウントによる実名制の定期販売のプラットフォームだ。ユーザは、出品したい商品などを定期的に販売する場をもつことができる。このサービスを開発した背景には、ECや定期購入をおこなうために必要な初期費用や月額利用などによるコスト、PayPalなどの決済問題などによる参入障壁の高さから、多くのクリエーターがウェブを通じて商品を販売することの難しさを解消することが目的と一ツ木氏は語った。「BoxToYou」は、そうした日本の現状の問題を解決し、誰しもが思い思いの品や独自の切り口によってキュレーションされた商品を届けるプラットフォームを目指している。

また、日本にここ近年盛り上がりを見せつつある定期購入サービスを研究する中で感じたものは、多くがソーシャルメディアやイベントなどを通じたユーザとのコミュニケーションによってサービスのファンを獲得しているスタートアップなど、単純な商品力だけではなく、購入者との密なやりとりを通じた付加価値を提供するサービスが多いと一ツ木氏は語る。そうした現状を支援するために「BoxToYou」は、出品者と購入者によるFacebookアカウントを通じたクローズのグループ内にてコミュニケーションをおこない、継続的な関係性をつくっていく。

出品者は、12ヶ月内での販売回数の設定、1000円から1000万円以内による値段の設定、届ける商品、配送予定日、最大販売数などの在庫設定などを記載して申請をおこない、申請が許可された出品者は出品をおこなうことができる。購入したい人は、オーナーのページより購入画面にいき決済をおこなう。決済として、PayPalではなく、stripeというクレジット決済機能を簡単に埋め込めるサービスを使い決済をおこなっている。BoxToYouとしての手数料は、出品者の設定した値段の10%だ。

リリース直後には7人の出品者が登録されており、今後オーナー申請を受け付けながら出品者を増やしていく。また、個人のみならず企業とのOEM提携によるプラットフォーム提供もおこなう。すでに、いくつかのスタートアップや企業との話が進んでおり、出品者を増やし、サービスとしてより使いやすいように改善していく。

定期販売サービス協議会の設置で健全な定期販売市場の活性化をはかる

また、Grow!一ツ木氏はBox To Youを踏まえた数社による「日本定期販売サービス協議会(JSCA : Japan Subscription Commerce Association )」の設置をおこない、設置日の8月20日には関係者を集めたリリース発表イベントもおこなった。

イベントは、秋田の農家支援のプラットフォーム「トラ男 一家」の武田氏や、日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」の生駒氏、厳選したキュレーターによる洋服やコーヒー豆などのライフアイテムの定期販売をおこなう「HATCH」の三浦氏、そして「Box To You」といった国内の定期販売サービスをおこなっているスタートアップによるプレゼン、そして4社も参加企業として名を連ねているJSCAのリリースプレゼンをおこなった。

JSCA会長にGrow!の一ツ木氏、副会長にSAKELIFEを提供する有限会社油忠の生駒氏、HATCHを提供するlap&co,Inc.の三浦氏が就任している。

「今年にかけて、国内だけでも10社近いスタートアップが定期販売サービスをリリースした。取り扱う商品も、嗜好品からファッション、ときに古物商など様々な分野を横断したサービスが誕生していくるだろう。そうしたときに、特定の免許や資格、法的な問題や関税の取り扱いなどについての知識やノウハウをシェアし、業界全体をポジティブな方向にしていく必要性がある。フラッシュマーケやコンプガチャ騒動など、問題発生してから対応するのではなく、盛り上がりがでてくるときだからこそ、企業同士が手を組み、連携していくことは、互いにとってメリットになる」。

JSCA発足の理由について、一ツ木氏は語った。

業界としての健全化やポジティブなイメージを作ることは、サービス提供者だけではなくそのサービスをうけるユーザやファンにとっても意味がある。日本の多くの定期販売サービスは、ソーシャルメディアなどを使い、ユーザとコミュニケーションをとりながらユーザとの顔の見える関係を築くサービスや、クリエーターなどによってキュレーションされた良質な商品や嗜好品などを届けるサービスに注目が浴びている。そのため、一度サービスとしてのネガティブな風潮が広まることは、業界としてのサービスの信頼を失うことにつながる。

定期販売という市場を、共に手を組み業界全体としての方向性や守るべきルールなどを作成し、相互に高め合うことで質の高いサービスをユーザに届けることで業界全体も成長する。企業側、ユーザ側を双方を意識できているからこそ、こうして早期に業界団体設立へと動きだせたのだろう。

Grow!そしてBoxToYouによってクリエーターとファンとのよりよい関係を築いていく

クリエーターとファンとのコミュニティサービスGrow!、そして、定期販売のプラットフォームBox To You。一見、同じようなサービスにも捉えかねないこの2つについて、筆者は、一ツ木氏にどうサービスとして分けているのか質問した。

「そこは明確に分けています。Grow!は電子コンテンツを通じたコミュニティ、そしてBox To Youはクリエーターによってキュレーションされた商品、つまりモノを届けることです。クリエーターと言っても様々な人がいます。情報を届けたり写真や動画を提供できる人もいれば、自分の独自の視点や目利きなどによって編集されたモノや商品を提供できる人もいる。そうした、様々なクリエーターのタイプに対応するためにGrow!とBox To Youは誕生しました」。

つまり、Grow!はクリエーターとファンとでコミュニケーションしながら情報のやりとりをおこなうメディア的存在に、そして、BoxToYouは出品者とユーザとの間に、顔の見える関係の中で商品を届け、ユーザとコミュニケーションしていく”顔の見えるeコマース”という区分けだ。

こうしたGrow!の一新、そしてBoxToYouの誕生の裏には、起業してから変わらない思いがそこにはある。

「ソーシャルネットワークの発展にともない、個人がメディアとして発信力や影響力をもてる時代になってきた。これは今までの時代にはなかった時代の変化がおきている。もちろん、大きく売るためには従来と同じような広告などの方法ととらないといけないと思う。しかし、小さくても個人の思いや尖った発信ができ、そしてそれに対する熱狂的なファンができやすくなったのは確かです。そうした人たちの自己表現の場を提供しつつ、しっかりと継続できるためのマネタイズの方法を提案することによって、ファンとの関係性を良い方向への築いていくことがGrow!がもつ変わらない理念です」。

良いコンテンツを世界に発信すると同時に、そうした良質なコンテンツを継続的に発信していけるための支援のプラットフォームをつくる。その形として、Grow!、BoxToYouが誕生した。最近では、Gumroadなどの登場などによって手軽にそして個人が様々な方法でマネタイズができるサービスも登場している。ソーシャルメディアの発展と同時に、こうした良いサービスや良質なコンテンツをだす人が世界に注目を浴びやすい時代となり、これまでとは違ったクリエーターのあり方がでてくるだろう。

そうした時代の流れの中で、Grow!はいかにクリエーターが活きる環境を作るか、ということを模索している。

BoxToYouも、出品者と定期的なイベントをおこなうなどして販売に対するノウハウの共有など、あくまで出品者であるクリエーターへの支援の体制を整えていく。ユーザとの対話だけでなく、クリエーターへの支援を重視しているGrow!だからこその動きと言える。

いままでになかったプラットフォームをつくり、そこから成功事例と呼べるような素晴らしいクリエーターをどう誕生させるか。そのためのプラットフォーマーとして今後のGrow!は事業戦略を練っている。今回のリニューアル、そして新サービスのリリースはそうしたGrow!の今後の新しいプラットフォーム戦略の大きな出来事になるかもしれない。

StartupBase Profile

grow!-inc-

Company: grow!-inc-

Grow!, the Social Tipping Platform enables you to support your favorite publishers through a single button on a website. You can pay them money directly — as little or as much as you like — and sha…

About StartupBase

Webエンジニアのコミュニティ「jsdo.it」とクリエイターをソーシャルに支援する「Grow!」が提携−−「つくることの喜びを評価しあえる社会をつくっていく」

SHARE:

 面白法人カヤックが運営するWebエンジニアのためのコミュニティ「jsdo.it–Share JavaScript, HTML5 and CSS-」(以下、jsdo.it)が、コンテンツを制作する人をファンがボタンを通じてチップを贈りソーシャルに支援する「Grow!」とこの度提携した。これによって、「jsdo.it」内にてGrow!が提供する「Grow!ボタン」をOAuth認証をおこない任意に設置…

 面白法人カヤックが運営するWebエンジニアのためのコミュニティ「jsdo.it–Share JavaScript, HTML5 and CSS-」(以下、jsdo.it)が、コンテンツを制作する人をファンがボタンを通じてチップを贈りソーシャルに支援する「Grow!」とこの度提携した。これによって、「jsdo.it」内にてGrow!が提供する「Grow!ボタン」をOAuth認証をおこない任意に設置することが可能となった。

 4万人を超えるアクティブな開発者のコミュニティである「jsdo.it」との連携により、ユーザー同士で互いを支援し、評価する仕組みができたことでさらなるクリエイター支援が可能となる。こうした大きなコミュニティとGrow!が提携に至った背景、そして、今後の開発者のあり方はどうなっていくか−−jsdo.itのプロデューサー片岡巧氏と同フロントエンドエンジニアの渕上伸吾氏、Grow!CCOのカズワタベ氏に話を聞いた。

ーーまずは、「jsdo.it」についてお伺いします。

jsdo.it –Share JavaScript, HTML5 and CSS-

片岡氏;jsdo.itは、2010年6月にオープンしました。ブラウザ上にJavaScriptとHTMLとCSSのコードを書くと、ウェブコンテンツが表示されるものです。

また、Forkというカスタマイズ機能によって、自分が書いた作品を別の人がそれを書き換えて、その人の作品としてすることが可能になります。

誰でも簡単に自由にコードを書いて投稿でき、それらをオープンソースの概念に基づいてユーザーが任意に指定することができます。

−−jsdo.itが作られたきかっけはなんですか?

wonderfl build Flash online

片岡氏;そもそも、jsdo.itの前身として2009年6月にオープンした「wonderfl build Flash online」というものがあります。

当時、Flashがメインに使われている時代で、エンジニアは色んなサイトのコードを見ながら勉強したりブログにコードを公開して意見をだしあってました。そうした、コードによるコミュニケーションをもっと自由にできないか、ということからwonderflが誕生し、コードをオープンにして意見交換する場が誕生しました。

その後、HTML5の登場によって、JavaScriptとHTML5とCSSでデバイスに限定されずに自由な表現を使ってWebコンテンツを作れるようになりました。そこから、いまのFlashエンジニアだけでなく、既存のJavaScriptエンジニアやMarkupエンジニアにも楽しんでもらえるのでは、というところから、jsdo.itが誕生しました。

−−どういった使われ方が多いですか?

片岡氏;双方とも、基本はコードによるコミュニケーションを図ることが目的です。調べたい技術の作品やコードを見て勉強したり、コードを見ながらその作品を公開している人にコメントや質問をなげかけたりできます。回答者もForkによってプログラムを書き換えて、「こうしたらいいんじゃない?」というような返答をしたりしています。他にも、非公開設定にしてデバック的に使用してる人もいます。

渕上氏;コードを見て、実行して、質問して、Forkして、という一連のやりとりがおこなわれています。最近だと、教育機関や就職活動との連携もおこなっており、授業の一環で使用してくれています。就職活動としても、面接の前のスキルチェックをjsdo.itでおこない、採用課題をウェブでおこなうなど、様々なところで利用してもらっています。

−−今回のGrow!との提携の理由は?

jsdo.itプロデューサーの片岡巧氏

片岡氏;カヤックの経営理念が「つくる人を増やす」なのですが、つくる人を増やすためにユーザーになにかを還元できないか、というときにGrow!のようにユーザーに評価ができる仕組みがまさにサービスとしての理念とマッチしていたため、声をかけさせていただいたのが経緯です。

カズワタベ氏;Grow!としても、「つくる人を増やす」という思想はカヤックさんの理念と共通しています。つくる人を増やし、つくり続けられる。彼らがコンテンツを公開し、それがGrow!されることによって再びつくるモチベーションが高まる、そんな仕組みとして使われています。

今回の提携は開発者がコードを公開し、それを気に入った人は評価し、つくった人は喜びが得られることで、継続的な投稿やコミュニケーションが発生するのではないかと期待しています。開発者というまさに「つくる人」たちのコミュニティとの提携ということで、お声をいただいたときはとて嬉しく思いました。

−−どのようにして、jsdo.it内で使うんですか

渕上氏;プロフィールの画面でGrow!のOAuth認証をおこなうだけで、作品の下のソーシャルボタンのボックスにGrow!ボタンが自動的にでき、簡単に設置できます。

−−いまの時代は開発者にとってどういう時代だと感じますか

jsdo.itフロントエンドエンジニアの渕上伸吾氏

渕上氏;jsdo.itをみると、勉強のためにコードを投稿している人もいれば、業務で抑えきれなかったフラストレーションを発散したりしてる人がいます。

例えば、CSSだけでアニメのキャラクターを書いてみた、などは、同業の人がソースコードを見ると明らかにおかしいと感じるくらいの才能を発揮しています。これって、コードが読めなくても実は楽しかったりしますよね。

そこから、自分でForkしてコードを書き換えて追加してみたりして、楽しみながら学ぶきかっけがたくさんある時代になってきたと思います。そういた、学ぶ意欲を向上させるきっかけのツールが、次第に増えてきたと感じます。そういったツールを上手く使って、技術の向上や創作活動ができる環境をつくっていけたらと思います。

−−どういうシーンで、Grow!を使ってもらいたいですか?

カズワタベ氏;jsdo.itで言えば、自分が知りたいことに対する、ヒントや解答を与えてくれた人。もしくは驚きを与えてくれた人。そんな人に対して感謝や賞賛の気持ちを示すために、Grow!を使ってもらいたいと思っています。

もちろんコメントしたり、シェアしたりと、様々な賞賛の仕方がありますが、そこにGrow!が加わることはとても有意義なことだと思います。なにかをつくる人にとって、フィードバックがもらえることは創作活動を続けていくのに必要不可欠な、言ってみればガソリンのようなものですから。

ーーそういった意味で、エンジニアに対してきちんと正当に評価がされる社会になるのではと感じますが、どう思いますか?

Grow!CCOのカズワタベ氏

カズワタベ氏;渕上さんがおっしゃっていたように、業務の枠に収まり切らない才能やスキルというのはまさにそうで、ただビジネスに結びついていないだけで、純粋に素晴らしいものを持っている人はたくさんいます。これは音楽やアートなど、他の創作手段も同様です。オンライン上ではそういった作品をよく目にします。そうした、ビジネスと関係のないところでの素晴らしい人や作品もっと光をあて、評価や賞賛を与えれるような社会になることはとても大事なことです。

そういったシステムで浮き上がってきた、尖ったものがビジネスの土俵に登ったときにイノベーションが生まれるのではないでしょうか。Grow!が生み出したいのは、そういった、新しいものが生まれるエコシステムです。作品を投稿して、周囲からの評価によってモチベートされ、さらに洗練されたものを再創作る。そうした仕組みを普及させ、より個人個人が活きていく社会にすることが理想です。

片岡氏;エンジニアの方の魅力は、今までにないサービスを生み出したり、複雑なことや困難な事をシステムを用いて簡単にしてくれるという所がありますよね。そういったエンジニアの活動がもっとたくさんの人に知ってもらい、たくさんの人に評価される、そうした動きがもっと加速していけるといいですね。

−−今後の展開として、どういったものを予定していますか?

jsdo.it html5-Games

片岡氏;つい先日公開したのですが、「jsdo.it html5-Games」というブラウザゲームコミュニティを公開しました。jsdo.itの中からゲームの投稿だけのコンテンツを抜き出した特設のサイトです。数多くのJavaScriptライブラリーも搭載しており、みんなで面白いゲームを作ろうというものです。Web Socketを使いiPhoneをゲームコントローラーにして、遊ぶことも可能です。

渕上氏;普通だと、コードを楽しむのって一部の人以外とても難しいけど、コンテンツとしてゲームを遊ぶことをもっと自由にできたらと考えつくりました。一般の人でも気軽にHTML5に触れる機会が増えればと思います。また、この「jsdo.it html5-games」にもGrow!ボタンが設置可能となっています。

片岡氏;ゲームを遊んでもらって、プレイヤーから評価をもらうことでモチベーションを高めてまた新しいものを作り出す。Fork機能など様々な人が追加してコンテンツを生成することができ、ユーザーと対話しながらゲームをつくる環境ができたらと思います。

ユーザーとの対話やコミュニケーションをもっと可能にする仕掛けをカヤックとしても用意していき、そして、作ることの楽しさを感じて、一人でも多くの作る人が増えていってもらえたらと思います。

ーーGrow!側も、クリエイターやエンジニアとの連携をこれからさらにはかる予定ですか?

カズワタベ氏;今回の提携は開発者のためのコミュニティという、今までにない密なコミュニティへの提供であり、Grow!としても新しいステップだと感じています。これまではクリエイターという広い枠を設けていましたが、今回のような、より密なコミュニティと組んでみたいと常々考えていました。同業者だからこそ、その良さを理解できたり、産みの苦しみや楽しみをわかちあうことができる。そうした関係性にもっとフォーカスして、今後も連携を深めていきたいですね。

コンテンツ制作者の支援プラットフォーム「Grow!」が正式サービスイン

SHARE:

新しいクリエイター支援の仕組みづくりを目指して準備を進めてきた「Grow!」が、国内での正式サービスを開始した。 2012/01/11 この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。

新しいクリエイター支援の仕組みづくりを目指して準備を進めてきた「Grow!」が、国内での正式サービスを開始した。 2012/01/11

この記事はCNETJAPANへの投稿記事です。続きはこちらからお読みください。

Grow!は3月14日、CAMP FIREが3月後半に公開へーー次の注目は集まるクリエイティブだ

SHARE:

2011年はパトロンがキーワードーー3月4日、注目があつまるソーシャル資金調達の2サービスがお披露目のパーティーを実施した。Startup DatingのLTにも参加してくれた2社はそれぞれ公開の日程をGrow!が3月14日、CAMPFIREが3月22日頃(予定)と発表。サービスの内容やそもそものビジネスモデル等についてはこの記事を参考にしてほしい。 さて、私もこのサービスについてどう思うか、ちら…

2011年はパトロンがキーワードーー3月4日、注目があつまるソーシャル資金調達の2サービスがお披露目のパーティーを実施した。Startup DatingのLTにも参加してくれた2社はそれぞれ公開の日程をGrow!が3月14日、CAMPFIREが3月22日頃(予定)と発表。サービスの内容やそもそものビジネスモデル等についてはこの記事を参考にしてほしい。

さて、私もこのサービスについてどう思うか、ちらほら聞かれることがあるのだが、全てにおいて重要なポイントはどのような案件が集まってくるか、ということにかかってるのではないだろうか。Grow!は若干サービスのスタイルが違うが、それでもどのようなサイトに貼られるかで彼らの考えるパトロンプラットフォームの質が決まることになる。

Kickstarterの話題で注目されるDiasporaサンダンス映画祭に出展したThe woods、最近ではデトロイトのロボコップのようなセンセーショナルなクリエイティブなど集まる案件が楽しげであればあるほどプラットフォームの価値が上昇する。逆にいえばそれが集まらなければ投資をしようというユーザーも集まらない。卵が先か鶏が先かという話でいえば、やはり「魅力的な案件」が先、ということになるのだろう。

そういう視点で2サービスを眺めると興味深いことに気がつく。そう、このお披露目パーティーに集まっていた面々のことだ。会場は暗くて正直サービスの詳細紹介等はさっぱり聞き取れなかった(ごめん!)が、振り返って見渡すといわゆるネットの有名人の顔が沢山。リアルに資金調達の話題をしている方々もちらほら。このパーティーそのものの雰囲気がサービスを表現していたように思う。

システムやビジネスモデルに大きく変化が付けられるものでないだけに、こういったリアルでの関係性やクリエイティビティという点で差別化がはかられていくのだと想像する。いずれにしても国内での立ち上げは最初の例だけに公開後の反応が楽しみだ。

3月後半に公開予定のCAMP FIRE。ロゴが一新されてサイトデザインも公開された

Grow!は3月14日公開。greenzなど設置メディアも増えているそうだ。