タグ hacomono

月謝制店舗向け会員管理・予約・決済システム「hacomono」運営、シリーズAでALL STAR SAAS FUNDから5億円を調達

SHARE:

フィットネスクラブ・スクールなど月謝制店舗のための会員管理・予約・決済システム「hacomono」​を開発・提供する hacomono (旧称:まちいろ)は22日、シリーズ A ラウンドで5億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、ALL STARS SAAS FUND。同社は2020年8月にも、ALL STARS FUND から1億円を調達しており、本ラウンドはそれに続くもの…

3月19日に開催された IVS 2021 Spring の「LaunchPad」でピッチする hacomono 代表の蓮田健一氏
Image credit: IVS

フィットネスクラブ・スクールなど月謝制店舗のための会員管理・予約・決済システム「hacomono」​を開発・提供する hacomono (旧称:まちいろ)は22日、シリーズ A ラウンドで5億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、ALL STARS SAAS FUND。同社は2020年8月にも、ALL STARS FUND から1億円を調達しており、本ラウンドはそれに続くものだ。

hacomono は月謝で運営する店舗の入会や予約、各種決済、会員管理など一連の手続きをまとめたクラウドサービス。フィットネスクラブを運営する上で必要な紙の手続きなどを効率化し、スタッフの業務量を削減する。導入店舗数は半年前の80から現在は500に、MRR は1,000万円以上に達した。店舗の非対面運営が求められる時代背景が追い風になっている。

フィットネス業界においては中小向け SaaS はレッドオーシャンながら、hacomono は大型チェーンにも対応できるため、業界売上上位50社中上位12社に導入されているという。今後は会員管理や予約・決済にとどまらず、CRM や MA、店舗における HRTech ツールなどとも連携し、リアル店舗のための ERP を目指す。全国に5万ヶ所以上ある公共運動施設のデジタル化も視野に入れる。

via PR TIMES

フィットネスクラブのデジタル化「hacomono」運営にALL STAR SAAS FUNDが1億円出資、新型コロナ影響で利用拡大

SHARE:

フィットネスジムやヨガスタジオなどの運営をデジタル化する「hacomono」を手掛けるまちいろは8月5日、ALL STAR SAAS FUNDを引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。2013年創業の同社が外部から資本を受け入れるのはこれが初めて。株価や払込日などの詳細は非公開。 hacomonoはフィットネスやヨガ教室、ダンススクールなど、月謝で運営する店舗の入会や予約、各種決済、会員管…

hacomono.png
hacomonoウェブサイト

フィットネスジムやヨガスタジオなどの運営をデジタル化する「hacomono」を手掛けるまちいろは8月5日、ALL STAR SAAS FUNDを引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。2013年創業の同社が外部から資本を受け入れるのはこれが初めて。株価や払込日などの詳細は非公開。

hacomonoはフィットネスやヨガ教室、ダンススクールなど、月謝で運営する店舗の入会や予約、各種決済、会員管理など一連の手続きをまとめたクラウドサービス。フィットネスクラブを運営する上で必要な紙の手続きなどを効率化し、スタッフの業務量を削減する。特に昨今の感染症拡大問題によって、店舗は人との接触を削減する必要があり、1月と7月での導入件数は倍増している。

hacomono2
hacomonoウェブサイト

ウェブサービスの形式で提供され、利用ユーザー側の機能としては体験予約や事前決済、ウェブ入会、予約、iPadを活用したQRコードによる会員チェックイン、マイページ、デジタル会員証の発行などがある。一方、運営側には予約管理やチケットの管理、月会費管理から解析までを提供する。初回の費用は20万円で、月額は店舗1店舗あたり3万5000円から。決済などはオプション料金が必要になる。2019年7月にサービスを公開し、現在80店舗が利用している。

今後の展開としては同社はリアル店舗ビジネスのサブスクリプション、予約・決済をテーマにしており、ダンスやゴルフなどのスクール事業、シェアオフィスなどのスペース事業といったフィットネス以外の領域も視野に入れる。今回調達した資金でプロダクトの開発やカスタマーサクセスの体制強化を進め、2021年中の1000店舗獲得を目指す。