BRIDGE

タグ ハクト

月面探査チーム「HAKUTO」運営のispace、事業会社やファンド12社から101.5億円を調達——国内のシリーズAラウンドで史上最高調達額

SHARE:

月面無人探査コンテスト「Google Lunar XPRIZE」への参加で知られる探査チーム「HAKUTO」運営の ispace は13日、シリーズ A ラウンドで総額101.5億円を調達したとを発表した。このラウンドに参加したのは、産業革新機構、日本政策投資銀行、東京放送ホールディングス(東証:9401)、コニカミノルタ(東証:4902)、清水建設(東証:1803)、スズキ(東証:7269)、電…

ispaceランダー(月着陸船)のコンセプトモデルイメージ
Image credit: ispace

月面無人探査コンテスト「Google Lunar XPRIZE」への参加で知られる探査チーム「HAKUTO」運営の ispace は13日、シリーズ A ラウンドで総額101.5億円を調達したとを発表した。このラウンドに参加したのは、産業革新機構、日本政策投資銀行、東京放送ホールディングス(東証:9401)、コニカミノルタ(東証:4902)、清水建設(東証:1803)、スズキ(東証:7269)、電通、リアルテックファンド(運営元は、ユーグレナ SMBC 日興リバネスキャピタル)、KDDI(東証:9433)、日本航空(東証:9201)、凸版印刷(東証:7911)、スパークス・グループ(東証:8739)。日本国内におけるシリーズ A ラウンドとしては、史上最高の調達額となる。

<関連記事>

今回の資金調達により、ispace は民間では日本初となる、独自開発の月着陸船による「月周回」と「月面着陸」の2つの月探査ミッションを始動させるとしている。同社は独自開発の月着陸船を2020年末までを目途に2回打ち上げ、Mission 1として2019年末頃に月周回軌道へ投入して軌道上からの月探査を、Mission 2として2020年末頃に月面に軟着陸して月面探査ローバーで月面探査を行う予定だ。

via PR TIMES

民間企業による月面探査を競う国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」の中間賞に、日本のハクトがノミネート

SHARE:

民間企業による月面探査を競う国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加するチーム「ハクト」が、太平洋標準時2月19日、Google Lunar XPRIZEが設ける中間賞の書類審査を通過し、モビリティサブシステム中間賞にノミネートされたことが発表された。 「Google Lunar XPRIZE」は、Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団…

Google Lunar XPRIZE

民間企業による月面探査を競う国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加するチーム「ハクト」が、太平洋標準時2月19日、Google Lunar XPRIZEが設ける中間賞の書類審査を通過し、モビリティサブシステム中間賞にノミネートされたことが発表された

Google Lunar XPRIZE」は、Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額4,000万米ドルの国際賞金レース。ミッションは、2015年12月31日までに月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m 以上移動し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。

総額1,000万米ドルのGoogle Lunar XPRIZEの中間賞

中間賞とは、2013年11月にXPRIZE財団とGoogleが発表したもの。月面ミッション達成で授与される総額3,000万米ドルの賞金に加え、総額1,000万米ドルを新たに中間賞として設定している。これは順調に開発を進めているチームを経済的にサポートし、更なる投資や認知を上げることを目的としたものだ。これはGoogle Lunar XPRIZE登録チームにのみエントリー資格がある。

現在、公表された中間賞は、下記の3つの賞からなる総額600万米ドル分。それぞれ月面ミッションには不可欠な要素技術であり、2014年9月末までに、実際に打上げ可能であることを検証できたチームに賞金が与えられる。

    1 イメージングサブシステム中間賞(画像処理系)《4チームまで》:250,000ドル/チーム
    2 モビリティサブシステム中間賞(走行系)《4チームまで》:500,000ドル/チーム
    3 ランダーシステム中間賞(着陸船)《3チームまで》:1,000,000ドル/チーム

中間賞獲得に向けて

ハクトでは今まで開発を進めてきた4輪タイプのローバーと対向2輪タイプのローバーの2タイ プを組み合わせた新しいコンセプトの「デュアルローバー」の開発をおこない、中間賞の獲 得を目指す。

さらに、ハクトを運営するispaceは昨年末に、今までハクトとパートナー関係にあった、東北大学宇宙ロボット研究室と共同研究契約を締結している。2015年末までにおこなう月面ミッションに向け、東北大学宇宙ロボット研究室との連携を強め、研究開発を進めていく方針だ。

以下はデュアルローバーフィールド試験映像。