BRIDGE

タグ Hive

タスク管理プラットフォーム Hive が一般向けにローンチ、機械学習でタスクと手順をマッチング

SHARE:

今年の1月にプライベートベータ版をローンチし、以来600名の顧客を得たのち、Hiveは本日プラットフォームを公開した。(編集部注:原文公開10月19日) Hiveは、ファウンダーのJohn Furneaux氏いわく「アクションとコラボレーションのプラットフォーム」であるという。チーム向けのこのアプリは、一つのダッシュボード内にメッセージング、チームの目標、個人のTo-doリスト、ファイル共有といっ…

Image Credit: Hive
Image Credit: Hive

今年の1月にプライベートベータ版をローンチし、以来600名の顧客を得たのち、Hiveは本日プラットフォームを公開した。(編集部注:原文公開10月19日)

Hiveは、ファウンダーのJohn Furneaux氏いわく「アクションとコラボレーションのプラットフォーム」であるという。チーム向けのこのアプリは、一つのダッシュボード内にメッセージング、チームの目標、個人のTo-doリスト、ファイル共有といった機能が備わっていて、Trello、Slack、Dropoxを一つにまとめたもののような感じもする。

「これはある意味、AsanaとSlackの秘密の私生児みたいなものだと思っています」Furneaux氏はこのように言った。

HiveはMac OSとWindows PC、iOS、Androidのスマートフォン上で利用可能だ。ともによく使われることのある100以上のプログラムを統合している。たとえば、Salesforce、Wordpress、MailChimp、Google Docsといったものだ。

上:Hive上のある手順リスト Image Credit: Hive
上:Hive上のある手順リスト
Image Credit: Hive

Hiveはタスクを自動化しない。むしろ、現在取組んでいるタスクを理解するように努め、プラットフォーム上で毎回タスクを作成する際には、そのリスクを達成するための手順リストが表示される。タスクの手順リストは、ユーザーがカレンダーイベントを作成したり、検索を実行する際にも現れる。

Furneaux氏は言う。

他の人がやるべきことを知らせる手伝いをする上でスマートになることができると考えています。なので、これまでにプライベート版でDeloitteやCapgemini(コンサルティング会社)、GroupM(広告エージェーンシー)に使ってもらい、最高の方法で物事を進めるための手順のライブラリを開発してきました。

チームは自分自身の手順リストも作成することができる。手順ごとに作成者の名前が表示されるようになっている。

自然言語理解を活用して、キーワードを認識し、Hive ユーザーが「記事を書く」「ブログを書く」「ソーシャルメディアに投稿する」と入力した際にフレーズごとの違いを分析する。

目的に大きな違いがない場合でも、たくさんの異なるタスクが存在します。私たちはその違いを捉えて、アドバイスを与えたいのです。まさに、それがマシーンラーニングが活用される部分です。取組んでいるタスクとそのためのベストな手順をマッチングします。

彼はこのようにコメントする。

10名以下のチームはHiveを無料で利用できる。統合できるアプリの数が無制限のプロフェッショナルバージョンは月額8ドルだ。

ニューヨークに拠点を置くHiveは2015年に創業し、8人の社員がいる。昨年、Tribeca Venture Partnersが主導したシードラウンドで140万ドルを調達した。Google、Grey Venturesも投資家として参加している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

シンプルで低価格なスマートホームシステム「HIVE」がKickstarterに登場

SHARE:

米ソルトレイクシティのスタートアップ「HIVE LIFE」社は、「HIVE」という新しいスマートホームシステムを開発している。Kickstarterにて資金調達キャンペーンを開始した。目標金額は10万ドル(約1,200万円)。 このキャンペーンのリワードとなっている製品が、「HIVE hub」と「HIVE sound」だ。 HIVE sound Hive soundは、140mm ✕ 140mm …

Hive

米ソルトレイクシティのスタートアップ「HIVE LIFE」社は、「HIVE」という新しいスマートホームシステムを開発している。Kickstarterにて資金調達キャンペーンを開始した。目標金額は10万ドル(約1,200万円)。

このキャンペーンのリワードとなっている製品が、「HIVE hub」と「HIVE sound」だ。

HIVE sound

HIVE sound

Hive soundは、140mm ✕ 140mm ✕ 30mmとコンパクトな壁掛け型のスピーカーシステムだ。壁のコンセントに接続して利用する。

HIVE sound

Wi-Fi、Bluetoothに対応し、操作は、スマートフォンアプリから行う。個別に操作するだけでなく、家庭内に設置した複数台のHIVE Soundに同時に別々の音楽をかけたりすることもできる。

HIVE sound

音楽は、Google Play Music、iHeartRadio、Pandoraなどのクラウドサービスから直接再生するため、スマートフォンやタブレットのバッテリーを消費することもなく、高品質の音楽が利用できるという。バックアップ用のバッテリーを内蔵し、停電時にも再生を続けることができるようだ。

また、音楽再生のみならず、家庭内で連携したスマートデバイスからの通知やアラームを受け取ったり、緊急時対応サービスへの利用も予定しているという。

Hive Hub

Hive hub
もうひとつの製品、Hive Hubはシンプルでエレガントなデザインの、スマートホームのベースとなるデバイスだ。

HIVE hub

複数のアンテナを内蔵し、Bluetooth、Wi-Fi、ZigBee、Z-wave等に対応、家のロックや照明、オーディオなど様々な家電と連携させることができる。

HIVE

操作はHIVE sound同様、スマートフォンのアプリ(iOS/Android)から行う。内蔵電源のバックアップを備えるだけでなく、インターネット接続のバックアップ用に3Gモデム(別途GSMの契約が必要。)も内蔵しているため、不意な停電時にも機能させ続けることができそうだ。

Hive Hub、Hive Soundともに予定小売価格は299ドル。Kickstarterのキャンペーンでは、99ドルの支援でHive HubまたはHive Sound を手に入れることができる。また、199ドル以上の支援でHive HubとHive Soundのセットを手に入れることができる。(149ドルのセットは完売)。無事に製品化された場合は、2015年5月に出荷予定の模様。

製品は現時点では、米国・カナダ向けとなっており、その他の国での利用は未対応。次に対応するのは、ブラジル・オーストラリアとしている。

オーストラリアのアクセラレータ「Pollenizer」が、シンガポールに新拠点「Hive」を開設

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 オーストラリアに本社を置くアクセラレータ「Pollenizer」が、シンガポールに新拠点Hiveを開設した。シドニーとシンガポールのアーリーステージにあるテック系のエコシステムを結びつけることが目的だ。 Pollenizerは、テックイベントや投資家の交流、ピッチのプラットフォームを通じて、オーストラリアのテック系エコシステムをシンガポールとつなぐ方法を探っ…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

オーストラリアに本社を置くアクセラレータ「Pollenizer」が、シンガポールに新拠点Hiveを開設した。シドニーとシンガポールのアーリーステージにあるテック系のエコシステムを結びつけることが目的だ。

Pollenizerは、テックイベントや投資家の交流、ピッチのプラットフォームを通じて、オーストラリアのテック系エコシステムをシンガポールとつなぐ方法を探っている。現在、オーストラリアのこのアクセラレータは、シドニーに拠点を置く25名のデジタルエバンジェリストのチームから成っている。過去4年間で35社を設立し、数千万ドルの収益を得ている。同チームは、Echelon 2012のためにシンガポールに滞在していたが、同時に開設準備中のシンガポール拠点の候補者を面接していた。

最近のPollenizerの投資先には、現在はシンガポールに拠点を構えるDealisedやPygg、Spreetsがある。

Pollenizer設立者のPhil Morle氏は、同社のブログで次のようにコメントしている。

「Pollenizerは、シンガポールに拠点を置く起業家や投資家、ウェブ事業開発者とのミーティング機会を積極的に探している」

シンガポールの新拠点について興味のある方は、info@pollenizer.comまでEメールでお問い合わせを。

【via e27】 @E27sg