BRIDGE

タグ HOMMA

家版の”Tesla”「HOMMA ONE」試作公表ーー本間氏が手がける「成長する家」、米国市場で100戸の展開目指す

SHARE:

スマートな建売住宅の設計・建設から販売を手がける「HOMMA(米国本社)」は7月31日、都内でメディア向けの発表会を開催し、現在開発中の住宅プロジェクト「HOMMA ONE」を公開した。 2019年3月に完成予定のHOMMA ONEは「HOMMAプロジェクト」全体のプロトタイプ住宅の位置付けで、従来からあるスマートホームの技術をビルトイン形式で提供し、既製品を含むスマートデバイスにより音響や照明、…

38243756_10156525990273252_6776149398725328896_n

スマートな建売住宅の設計・建設から販売を手がける「HOMMA(米国本社)」は7月31日、都内でメディア向けの発表会を開催し、現在開発中の住宅プロジェクト「HOMMA ONE」を公開した。

2019年3月に完成予定のHOMMA ONEは「HOMMAプロジェクト」全体のプロトタイプ住宅の位置付けで、従来からあるスマートホームの技術をビルトイン形式で提供し、既製品を含むスマートデバイスにより音響や照明、空調、セキュリティなどの生活サービスを一元管理する。

これに合わせ、同社はサンワカンパニー、積水ハウス、パナソニック・エコソリューションズ、米国ヤマハ、LIXILなどの国内住宅関連企業とパートナーシップを結ぶことも公表している。

プロジェクト全体としてはコミュニティ単位での開発、販売を志向しており、1戸ずつの注文住宅ではなく、3〜10戸(HOMMA ONE)、10〜20戸(HOMMA X/テン)といったまとまった戸数の宅地開発を進めるほか、そこで利用されるセキュリティやシェアリングなどのサブスクリプションサービスの開発も検討している。

またHOMMAは、2016年10月に公表している初回ファイナンスに続き、2017年10月にセカンドとなるファイナンスを実施したことも明らかにした。既存投資家に加えてMUFG、三井住友海上キャピタルなどが増資引受先となり、調達額は約700万ドル。合計の調達額は1160万ドルとなった。

車の「Tesla」、家の「HOMMA」というポジション

homma_001

本間毅氏にプロジェクトについて聞いたのが約2年前。車にTeslaがあるように、家にはHOMMAがある。そのポジションを取るのが当面のゴールになるのだろう。

情報化で大きく変わったものはごまんとある。例えばメディアは誰でも気軽に発信できるようになり、個人がインフルエンサーとなる時代がやってきた。車もそうだ。前述のTeslaはもちろん、Uberは「車」という所有物を「移動」というサービスに変化させた。AWSやAirbnb、wework、挙げればキリがない。

では家はどうか。シェアの考え方で新居住宅の頭金を貸してくれる「Loftium」のようなモデルはあるものの、家自体をアップルやテスラのような垂直統合のモデルで再定義しよう、というチャレンジはあまりみかけない。(SFに出てきそうな3Dプリンタのお家はあるけど)

何が変わるのか、変わって欲しいのか、変わらなければならないのか。

相変わらずステルス状態は続いているが、以前の取材に比べれば大分理解できるレベルになっていたので、本間氏に直接聞いた話と合わせてその考え方を紐解いてみたい。

成長する家「HOMMA」を想像する

homma_006

公開されているコンセプトムービーでは各所にコントローラー系のデバイスが出てくる。本間氏の話では、これらは独自に作るというよりは、既製品をうまく取り込めるインフラとなる、という話だった。過度なインテグレーションは全体の体験を作りやすいが、逆に言えば「押しつけ」になる可能性もある。

そういう意味でサードパーティーを取り込めるIoTプラットフォームが家に組み込まれている、という姿は理解しやすい。なお、発表会では家を操作できるスマホアプリのインターフェースが披露されていた。

homma_004

もうひとつ、コンセプトで気になったのがこのワードだ。まあ当たり前の注文住宅のオーダーに合わせる、という話に聞こえるのだが、実はもうちょっと深い。

本間氏は会話の中でとある古い住宅のエピソードを共有してくれた。その家は大きく、中央にリビングのようなスペースがあるのに使われていない。要は家族構成が変わったのに家の方が最適化できず、使わないスペースがぽっかりと空いている、というのだ。

これはよくある話ではなかろうか。人は時間が経てば成長するしライフスタイルも変化する。けど家はそう簡単に変えることができない。もし、この課題が柔軟なアイデアで解決されるのであれば、苦痛から解放される家族は多いだろう。

時代はまさにシェアという新しい価値を得ている。HOMMAがこの共有経済をどのように家に組み込んでくるのか、事業モデル的にも興味が湧く。

homma_007

HOMMAのプロジェクトがさらに興味深いのは戸建ではなく、「コミュニティ」に注目している点だ。インターネット的な視点から言えば、ある程度のボリュームがなければ情報化は成立しない。

前述のシェアの考え方でも、戸建に住む人が何かをシェアしようとするより、ある一定のコミュニティ単位でやりとりした方がビジネス的にもメリットが出る。もちろん、建売住宅の販売ビジネスとしてもまとまった数があった方がいいのは当然の話だ。

2019年3月を目標にまずはプロトタイプの小規模コミュニティ「HOMMA ONE」が立ち上がり、その次のX(テン)、100では2022年までに100戸の住宅を集めたコミュニティ設置を目指す。

家を作るのは物理的に時間がかかるが、こういう骨太のチャレンジこそ本間氏のような大人でなければ手が出ないだろう。続報を待ちたい。

世界的な「住生活のイノベーション」を探求する本間毅氏がスタートアップに復帰、Mistletoe、B Dashなどからシードで410万ドルを調達

SHARE:

世界的な課題に挑戦するため、かつての学生起業家が現場に戻ってきた。 1995年にウェブ制作・開発を手掛けるイエルネットを学生起業し、その後ソニーや楽天で活躍した本間毅氏が手掛ける新たなスタートアップについて本誌に語ってくれた。 「HOMMA」が取り組む課題は「家」。Redefining our standard of livingとサイトに記された通り、人生の中で最も重要な衣食住のひとつ…

imgp19322

世界的な課題に挑戦するため、かつての学生起業家が現場に戻ってきた。

1995年にウェブ制作・開発を手掛けるイエルネットを学生起業し、その後ソニーや楽天で活躍した本間毅氏が手掛ける新たなスタートアップについて本誌に語ってくれた。

「HOMMA」が取り組む課題は「家」。Redefining our standard of livingとサイトに記された通り、人生の中で最も重要な衣食住のひとつの未来像を作るという意欲的なプロジェクトだ。再度の起業は一切考えてなかった本間氏をスタートアップの世界に戻したのはひとつのきっかけからだった。

「家を購入しようと考えたんですが、作るのに数年かかる。数年ですよ。日本でも数カ月でできるのに。しかもすごく高い。それでなんらかのソリューションがあると思って調べたんですがない。それで考え始めたのがきっかけです」

しかし本間氏は起業の世界に「再登板」を決断するまで2年近くの時間を費やすことになる。

「本当にこれは必要なのかどうか。ソリューションがないのか。急ぐ必要はなかったのでしっかり準備をしました。それと20代の起業はそうとは言ってなかったけど、やっぱりどこか自己実現のためっていう部分があったんじゃないかな。でも今回ははっきりとしたビジョンが自分の中で見つかって、それで世の中のために残りの人生をかけてやるんだという決心がついた。だから私はこれをやるんです」。

この自問自答する本間氏自身を納得させたビジョンというのが次のライフスタイル、特に住生活のイノベーションについてだった。

「電話が100年かかってiPhoneになった。車はフォードから100年かかってTeslaを生み出したんです。でも、家はどうでしょうか?100年かかって変わったでしょうか?」

本間氏が口にした「住宅版のTesla」という表現は私にも理解しやすいように、という意味で使われたんだろうが、たった7文字が達成しようとしている世界観は相当に果てしない。元々は家が高いから、購入するのに数年かかるからという理由で始まった本間氏の課題解決は結果として「家はもっと面白くなる」という結論に辿り着くこととなる。

homma02

家をスマートに賢くする。まだ目指すビジョンが山頂にあるとするならまだ山の麓、1合目に差し掛かったところだろうか。

資金調達に関してはMistletoe、B Dash Ventures、Genuine Startups、500 Startups Japan、East Ventures、Draper Nexus、建築事務所のKMDWらがシードラウンドに参加。個人投資家としては、楽天の三木谷浩史氏をはじめ、元オプトの海老根智仁氏、メルカリの山田進太郎氏、m&s partners Pte. Ltd.代表の眞下弘和氏、元楽天CTOの安武弘晃氏、元コロプラの千葉功太郎氏、マシ・オカ氏という錚々たる顔ぶれが集まった。

出資金は410万ドル。シード段階でこの金額は国内のスタートアップであれば破格だが、彼らがこれから挑戦する世界戦のことを考えると相応だろう。さらに彼のビジョンに共感したメンバーがAppleやTesla、Amazon、ディズニーといった企業から彼の元に集まる。現在はシリコンバレー拠点でフルタイム7名の体制でプロダクトの準備を進めているそうだ。

homma03

では、どういう未来像を描き、現在の状況はどのようなものになっているのだろうか。

まだステルス状態でもあり、また、彼の思い描く「新しい住宅」のビジョンに対して現在進めているプロダクトが最適解かどうか検証している段階ということもあって、明確な説明はもう少し先の様子だった。ただ、今あるいわゆる「スマートホーム」と言われるデバイス群に対する課題は明確に語っていた。

「いわゆるスマートホーム市場はGoogleやApple、Samsungといったビッグプレーヤーの覇権争いですよね。結果的にアプリも沢山あってデバイスも山ほどある。それで使ってみるんだけどスマートフォンを取り出して電源を入れてアプリを立ち上げ、ログイン画面が出てきて。『で、いつになったらこの電気を切れるんだい?』という状況」

本間氏に言わせれば現時点で使えるソリューションは全然便利ではなく、このスマートホーム市場で考えられる課題は大きく三つあるという。

「スマートホームでまず出てくるのがコントロール。でもこれって単なるオンオフや調整の話。全然面白くない。次にインテグレーションのレベルが低い。例えばサーモスタットを付けたとして、家そのものとの連携が低い。結果としてできることが少なくなってしまう。さらに三つ目が通信で、もし100個のスマート電球を付けたとしてルーターを交換すれば、一から設定をし直さないといけなくなる。汎用のWifiやBLEで通信すると安定性に問題が出てくるんです」

彼の話を紐解くと、どちらかといえばスマートホーム・プラットフォームを標榜し、Samsungが2億ドルで買収したSmartThingsのような水平展開の方向性というよりは、AppleやTeslaのようにデバイスからソフトウェアまで全て垂直に統合するモデルが想像される。しかし本間氏はものには順序があると遮る。

「時間軸の問題です。例えば家を作るとしてそれをイチからやっていたのでは時間がかかってしまう。スケーラビリティのある展開と合わせて考えることが必要で、例えばiPodだってまずはソフトウェアから生まれたわけだし、Teslaだって元々はバッテリーから開発が始まってるんです」

それでも話を聞きながら「2001年宇宙の旅」や手塚治虫作品で夢描いた未来の生活、ライフスタイルのイメージがどうしても目の前に広がってしまう。子供心ながらにはやくそれを見てみたい、そのための手段を本間氏たちは用意しようというのか、という気持ちの高鳴りが止まらなかった。

homma04

もうちょっと予想すると本間氏もいわゆる家に集まるビッグデータ、つまりはセンサーから取れるデータの数々だが、これを基礎とした「人工知能的なもの」によるホームコントロールは意識しているようだった。この分野は古くは大手家電メーカーの音声認識コントロールや最近ではウィンクルの「Gatebox」に見られるコミュニケーション・ロボット領域で挑戦しているプレーヤーを散見する。

つまりは家に帰り、ただいまと言えばロボットが電気を点けて顔認証でユーザーを認識し、その人のソーシャルデータからお気に入りのテレビ番組をレコメンドしてくれるーーまあそういった世界観だ。これを更に高度に発達させた上で「家そのもの」と密接に統合する。

自動運転する家、かなーー本間氏の言葉を借りれば、私たちがこれから出会うことになる「かもしれない」プロダクトはそういうものになるらしい。

シリコンバレーを中心に世界戦に臨む理由を人口が増え続け、集まる人材レベルが高く、さらにここで勝ち残ったものが「世界標準」になりうるからと語る本間氏。日本でも人口減少が近い将来、住宅事情にも影響をさらに与えることになるだろう。

学生起業から約20年。

「本当はね、これを解決してくれる人は出てくると思ってた。でもいないから私がやるんです」ーーそう語る本間氏の目にはこれからやってくるであろう困難を楽しみにしているような、そんな力を感じた。