THE BRIDGE

タグ Inke(映客)

中国のライブストリーミングプラットフォーム「Inke(映客)」、香港市場上場で約170億円の調達を計画中

SHARE:

中国のモバイルライブストリーミングプラットフォーム「Inke(映客)」が、1株あたり3.85〜5香港ドル(約55〜約72円)の公募価格で、香港での上場を計画している。同社の申請によれば、12億香港ドル(約172億円)の調達が見込まれる。株式は7月12日に取引を開始する予定だ。 申請によれば、同社は2017年の売上ベースで中国の2番目に大きいモバイルライブストリーミングプラットフォームだ。売上額は3…

Inke(映客)創業者の Feng Yousheng(奉佑生)氏
Image credit: TechNode(動点科技)

中国のモバイルライブストリーミングプラットフォーム「Inke(映客)」が、1株あたり3.85〜5香港ドル(約55〜約72円)の公募価格で、香港での上場を計画している。同社の申請によれば、12億香港ドル(約172億円)の調達が見込まれる。株式は7月12日に取引を開始する予定だ。

申請によれば、同社は2017年の売上ベースで中国の2番目に大きいモバイルライブストリーミングプラットフォームだ。売上額は39.4億人民元(約665億円)で、市場の15.3%を占める。

Inke の月間アクティブユーザは2016年の第4四半期にピークを迎え、2017年初頭には26%の減少に転じた。ユーザ数は3,300万人から2,200万人に落ち込んだ。2017年第2四半期から数字は持ち直しているもの、ピークの数値には戻っていない。2018年第1四半期の月間アクティブユーザは2,530万人。

<関連記事>

同社は黒字化していないが、営業およびマーケティング費用の割愛により、2016年に15億人民元(約250億円)だった損失は、2017年に2.39億人民元(約40億円)にまで減少した。調整後の利益は5.68億人民元(約96億円)から7.91億人民元(約133億円)に増加。しかし、2016年に43億人民元だった売上高(約725億円)は、2017年に39億人民元(約658億円)まで減少した。

同社は、ライブストリーミングビジネスの売上の大半を、ユーザがバーチャルアイテムなどを購入できるバーチャル通貨「Inke Diamonds(映客鑽石)」の販売に依存している。ライブストリーマーが受け取ったバーチャルアイテムは「Inke Coins(映客硬幣)」に換金でき、それが一定額に達すれば人民元に換金できる。同社によればライブストリーマーに支払われる費用は、売上の55%に上るとしている。

Inke は当初、調達額を明らかにしないまま3月にIPOを申請していた

今年初めには、ライブストリーミングプラットフォームの「Huya(虎牙)」が5月29日、ニューヨーク証券取引所に上場した。Huya 株は取引開始時、23.27米ドルから31米ドルに上昇。他の2つのライブストリーミングプラットフォームである「Douyu(斗魚)」と「Huajiao(花椒)」も、香港での IPO 計画を噂されている。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のブランドコンサルティング大手Shunya International(宣亜国際)、ライブストリーミングサービスの「Inke(映客)」を買収へ

SHARE:

A株上場のコミュニケーションエージェンシー Shunya International Brand Consulting(宣亜国際)が、中国の主要ライブストリーミングサービス「Inke(映客)」の少なくとも50%の株式を取得したことを発表した。 Shunya の発表によれば、この取引には設立者チーム、役員、投資機関が所有する株式の交換も含まれるという。また、この取引が現金ベースで行われ、1か月以内に…

Inke(映客)創業者の Feng Yousheng(奉佑生)氏
Image credit: TechNode(動点科技)

A株上場のコミュニケーションエージェンシー Shunya International Brand Consulting(宣亜国際)が、中国の主要ライブストリーミングサービス「Inke(映客)」の少なくとも50%の株式を取得したことを発表した

Shunya の発表によれば、この取引には設立者チーム、役員、投資機関が所有する株式の交換も含まれるという。また、この取引が現金ベースで行われ、1か月以内に完了する予定だとも付け加えている。この取引に関わる株式についてこれ以上の詳細は明らかにされていない。さらに、同社は地元メディアに対して次のように述べている。

(略)Inkeのビジネスモデルは大きな困難に直面しており、同社のエンタープライズ向けビジネスを推進する能力のあるパートナーが必要でした。

Shunya は、デジタルパワーコンパートメント、ブランドコミュニケーション、広報、広告、実験的マーケティング、データマーケティングその他ビジネスソリューションなど幅広い通信ソリューションを提供している。

TechNode(動点科技)は Inke にコメントを求めており、同社からのコメントがあり次第更新する予定。

<関連記事>

この分野への早期参入者として、Inke はこの2年間、中国のライブストリーミングブームに乗って急速に成長してきた。市場の力とチームの力が合わさり、Inke は中国で最も多く投資を集めたスタートアップの一社となった。同社の資金調達の道のりを列挙すると以下のようになる。

  • 2015年7月:A8.comによる1,000万人民元のエンジェルラウンド
  • 2015年11月:SAIF Partners China(賽富中国)、GSR Ventures、Buttonwood Capital による8桁(つまり1,000万を超える)人民元のシリーズAラウンド
  • 2016年1月:オンラインゲーム会社 Kunlun(崑崙)がリードした8,000万人民元のシリーズA+ラウンド
  • 2016年9月:GX Capital(光信資本)がリードした2億1,000万人民元のプレBラウンド

最近の取引において、Inke の投資家 Kunlun(崑崙)が2016年9月に株式の3%を2億1,000万人民元で売却しており、これは Inke のバリュエーションが9か月で17倍以上の70億人民元に急上昇したことを意味している。これは Shunya が昨年株式公開したときのバリュエーション72億人民元にほぼ匹敵する。

バリュエーションは急上昇したが、Kunlun の株式売却が暗示しているのは、Inke が収益に問題を抱えていることだった。2015年の同社の売り上げは3,048万人民元に過ぎず、純利益は167万人民元にとどまっていた。

中国で盛り上がっているその他のバーティカル市場と同じく、ライブストリーミングは中国テック大手企業の代理戦争の戦場の一つだ。大企業の後ろ盾のある競合他社と異なり、Inkeは 単独で運営しており、また同社の天文学的な評価額は、他社が Inke を支援するのをさらに困難にしてしまっている。

中国のスター水泳選手 Fu Yuanhui(傅園慧)氏による、Inke(映客)上でのライブストリーミング

2016年は中国のライブストリーミング業界において「元年」と呼ばれていた。当時、200を超えるライブストリーミングサービスが林立しており、そのうち半数は資金投入を受けていた。しかし、ライブストリーミングの熱狂が冷め業界の規制が強化されることで、中国のライブストリーミング市場は、小規模のプラットフォームが消え去っていくノックアウトラウンドの段階に入ってきている。

アプリのアクティブユーザがピーク時に1日2,500万人を超えていたという Inke のようなトップレベルの企業であっても、資金により事業を回すキャピタルドリブンモデルを維持するのは困難である。Inke の毎月の操業費用はおよそ1億人民元に達していたと設立者の Feng Yousheng(奉佑生) 氏は昨年9月に地元メディアに語っている。

同社はまた今月初め、アプリが Apple のアプリストアから削除されるという問題にも突き当たった。実はこれはAppleによる3度目の削除であり、以前の2回は2016年の1月と2月に起こっている。

Inke には、今年2月15日に評価額72億人民元で上場した Shunya の傘下に入る以外の選択肢はほとんどないようだ。

実はこの2社のタイアップは4月の初めから噂されていたが、当時 Inke はこのニュースを否定していた。両社は3月にジョイントベンチャーを立ち上げ、ライブストリーミングプラットフォームにおける広告ベースのビジネスモデルの開拓と、広告のクライアントとなる顧客獲得を狙っていた。

Inke の設立者F eng 氏は3月、地元メディアに次のように語っている。

(略)ライブストリーミングは広告、eコマース、メンバーシップ、付加価値サービスなどあらゆるビジネスモデルに対応できますが、今でも最高のパフォーマンスを達成しているのは広告です。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

〈次なるBATを探せ〉中国のスタートアップシーンから生まれた新たなスター企業の顔ぶれ(PART 1)

SHARE:

「次なるBATを探せ」シリーズの第3弾。BAT とは中国のテック巨大企業をまとめて表現する言葉で、Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)、Tencent(騰訊)の頭文字をとったものだ。本シリーズでは、中国のIT業界をリードしていくであろう未来のテック巨大企業を調査していく。 iiMedia Research Group(艾媒数衆) は中国の大手調査機関で、グローバル産業の専門家や影響力のあ…

Image credit: DanDan_520 / 123RF

次なるBATを探せ」シリーズの第3弾。BAT とは中国のテック巨大企業をまとめて表現する言葉で、Baidu(百度)、Alibaba(阿里巴巴)、Tencent(騰訊)の頭文字をとったものだ。本シリーズでは、中国のIT業界をリードしていくであろう未来のテック巨大企業を調査していく。

iiMedia Research Group(艾媒数衆) は中国の大手調査機関で、グローバル産業の専門家や影響力のある投資家、100万票以上にも及ぶ一般投票を含めた企業審査員からの調査結果を基に決定された、優れたモバイルインターネット企業のリストを公表している。

私たちはそのリストの中から、これから市場を席巻するであろう8社を選出した。まず前半4社をここで紹介しよう。

<関連記事>

1. Xbed(搜床)——インターネットホテル

Xbed(搜床)はセルフサービスでホテルの部屋を提供している。ここで言うセルフサービスとは、文字通り、サービススタッフ、フロントデスク、セキュリティスタッフがいないことを意味している。ユーザは Xbed を使って、ホテルの部屋の予約やドアのロック開閉、チェックイン・チェックアウト、支払いができ、滞在中は Xbed モバイルアプリ(または Xbed の WeChat=微信アカウント)を使えば何でもできてしまう。

2015年5月設立のXbedが宿泊業界にシェアリング経済モデルを導入したことで、宿泊業界で働くスタッフは清掃を行うパートタイムスタッフだけになる、と言われている。

同社は2016年12月5日にシードラウンドで、Gobi Partners(啓賦資本)と QF Capital(戈壁投資)から100万ドルを調達している。

2. Douyu TV(斗魚)——ライブ放送

2014年設立の Douyu TV(斗魚)は、中国において続々と登場している200以上のストリーミングプラットフォームの中で、最も早い時期からあるライブストリーミングプラットフォームの1つだ。市場規模は2017年で50億米ドル(344億人民元)と試算されている

Douyu TVは、ゲーム業界の大手Tencent(騰訊)から投資を受けており、League of Legends のようなMOBA(マルチプレイヤー・オンライン・バトル・アリーナ)をプレーする多くのトップストリーマーを有し、中国のTwitch.tv と呼ばれている。そして、このストリーミングが継続的なゲームの人気にもつながっており、今や1,500万人のアクティブユーザを含む登録ユーザ数が1億人を超えるという(比較として、Twitchの月間ユーザ数は1億人とされている)。

昨年同社は20億人民元以上(約137億米ドル)の資金を調達している。報道によると、このラウンドで Douyu TV の評価額は10億米ドルを超え、新たな中国ユニコーン企業となったようだ。

Douyu TV の強みといえば、今のところゲームのストリーミングであるが、独自のコンテンツ制作も行っている。

3. Inke(映客)——ライブインターネット配信

中国サイバー管理局によると、11月時点で中国本土には300以上のライブストリーミング企業があるとされている。中国インターネット情報センター(CNNIC)は6月に、中国には全インターネットユーザの45.8%を占める合計3億2,500万人のライブストリーミングユーザがいるとの報告を発表した。 Inke(映客) は、ユーザが自身のコンテンツから収益を得ることができるライブストリーミングアプリだ。

Inke のマネタイズ方法は非常に興味深い。視聴者はアプリ内購入によってバーチャルなギフトをコンテンツ提供者に送ることができ、提供者はそのギフトの価値の30%を受け取る。これにより、プラットフォームの収益性を維持しつつ、「高品質のコンテンツを制作する」モチベーションを提供者側に与えることができる。また、コンテンツ提供者は、インタラクティブなスタンプ機能を使ってコメントを加えることで、「視聴体験を向上させる」ことも可能だ。

人気の韓国バンド「Big Bang」のライブを配信するなどエンターテイメントを利用したプロモーション活動により、Inkeのダウンロード数と収益は増加し、App Annie が発表する2016年4月の iOS・Androidアプリの世界収益ランキングで、なんと第7位にランクインした。

4. Yidao(易到) -カーシェアリング

2010年、まだ Didi(滴滴出行)や Uber は中国市場に参入しておらず、配車事業を開始したのは Yidao(易到)が初だった。その6年後、市場シェアこそトップではないものの、Yidao は、中国74都市と米24都市で現在も配車サービスを提供しており、135万人のアクティブユーザを抱え、その市場価値は150億米ドルに達する。

昨年 Didi が Uber の中国事業買収を発表した後には、「結果的に Yidao が市場第3位から第2位に飛躍した」というジョークさえも飛び交った。かつて市場のパイオニアだった Yidao は、潤沢な補助金と低価格で人気を集める Didi および Uber China の勢力と常に戦ってきた。

実際、2016年7月に中国当局が最終的に配車アプリを法的に認め、配車事業に新たに規制が設けられたことは、Yidao にとって良いニュースだったのかもしれない。この政府の新たな規制では、低価格でサービスを提供するための大幅な割引や補助金などの不正競争を禁止することが定められている。つまり、Didi は、これまで多くの消費者に提供してきた低価格のサービスを継続できなくなるかもしれないが、一方で、高めの価格設定でプレミアムサービスの提供を狙う Yidao にとっては、その影響はかなり小さいと思われる。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------