中国のライブストリーミングプラットフォーム「Inke(映客)」、香港市場上場で約170億円の調達を計画中

by TechNode TechNode on 2018.7.13

Inke(映客)創業者の Feng Yousheng(奉佑生)氏
Image credit: TechNode(動点科技)

中国のモバイルライブストリーミングプラットフォーム「Inke(映客)」が、1株あたり3.85〜5香港ドル(約55〜約72円)の公募価格で、香港での上場を計画している。同社の申請によれば、12億香港ドル(約172億円)の調達が見込まれる。株式は7月12日に取引を開始する予定だ。

申請によれば、同社は2017年の売上ベースで中国の2番目に大きいモバイルライブストリーミングプラットフォームだ。売上額は39.4億人民元(約665億円)で、市場の15.3%を占める。

Inke の月間アクティブユーザは2016年の第4四半期にピークを迎え、2017年初頭には26%の減少に転じた。ユーザ数は3,300万人から2,200万人に落ち込んだ。2017年第2四半期から数字は持ち直しているもの、ピークの数値には戻っていない。2018年第1四半期の月間アクティブユーザは2,530万人。

<関連記事>

同社は黒字化していないが、営業およびマーケティング費用の割愛により、2016年に15億人民元(約250億円)だった損失は、2017年に2.39億人民元(約40億円)にまで減少した。調整後の利益は5.68億人民元(約96億円)から7.91億人民元(約133億円)に増加。しかし、2016年に43億人民元だった売上高(約725億円)は、2017年に39億人民元(約658億円)まで減少した。

同社は、ライブストリーミングビジネスの売上の大半を、ユーザがバーチャルアイテムなどを購入できるバーチャル通貨「Inke Diamonds(映客鑽石)」の販売に依存している。ライブストリーマーが受け取ったバーチャルアイテムは「Inke Coins(映客硬幣)」に換金でき、それが一定額に達すれば人民元に換金できる。同社によればライブストリーマーに支払われる費用は、売上の55%に上るとしている。

Inke は当初、調達額を明らかにしないまま3月にIPOを申請していた

今年初めには、ライブストリーミングプラットフォームの「Huya(虎牙)」が5月29日、ニューヨーク証券取引所に上場した。Huya 株は取引開始時、23.27米ドルから31米ドルに上昇。他の2つのライブストリーミングプラットフォームである「Douyu(斗魚)」と「Huajiao(花椒)」も、香港での IPO 計画を噂されている。

<関連記事>

【via Technode】 @technodechina

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------