THE BRIDGE

タグ paidy

スペースマーケットがPaidyと連携、クレカを持たないユーザーの翌月払いに対応

SHARE:

空きスペースを時間単位で貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」は11月22日、決済サービスのPaidyと連携して「Paidy翌月払い」を開始した。これによりクレジットカードを持たない個人でもスペースマーケットでの翌月後払いが可能となる。 これまでサービス利用には原則として事前決済が必要だったが、クレジットカードを持っていない場合に立替え払いとなるケースがあったという。今回「Paidy…

空きスペースを時間単位で貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」は11月22日、決済サービスのPaidyと連携して「Paidy翌月払い」を開始した。これによりクレジットカードを持たない個人でもスペースマーケットでの翌月後払いが可能となる。

これまでサービス利用には原則として事前決済が必要だったが、クレジットカードを持っていない場合に立替え払いとなるケースがあったという。今回「Paidy翌月払い」を導入したことにより、クレジットカードを持っていないユーザーやクレジットカードの利用に抵抗があるユーザーにも利用しやすくなるとしている。

なおスペースマーケットでは、クレジットカードのほかにもGoogle Payやデビットカード、プリペイドカード、ギフトカード、法人向け後払い決済などにも対応している。

2014年に開始したスペースマーケットの掲載スペース数は現在1万件を越え、イベントスペースをはじめ、会議室や撮影スタジオ、映画館、住宅等の空きスペースを利用したいユーザーにマッチングさせている。

なお11月16日に同社は東京建物との資本業務提携についても公表している。今後、両社はマンションのモデルルーム等の有効活用や再開発エリアの不動産活用、その他、賃貸不動産や商業施設等のシェアスペースを取り入れた空室活用など、スペースシェアを前提とした新しい事業モデルの検討を進める。

なお、第三者割当による増資についてはXTech Ventures、オプトベンチャーズ、みずほキャピタル、個人投資家の千葉功太郎氏もこの出資ラウンドに参加している。

via PR TIMES

----------[AD]----------

カードレスオンライン決済のPaidy、シリーズCラウンドで5,500万ドルを調達——伊藤忠商事やゴールドマン・サックスが参加、対面決済に進出へ

SHARE:

本稿は、RISE 2018 の取材の一部である。過去の RISE に関する記事はこちらから。 「Paidy(ペイディー)翌月払い」を提供する Paidy は12日、シリーズ C ラウンド総額5,500万ドルを調達したと発表した。このラウンドのリードインベスターは伊藤忠商事が務め、伊藤忠商事傘下のポケットカード、ゴールドマン・サックスと、名称非開示の事業会社1社が参加した。伊藤忠商事の引受額は、4,…

7月12日、RISE 2018 でピッチする Russell Cummer 氏
Image credit: Masaru Ikeda

本稿は、RISE 2018 の取材の一部である。過去の RISE に関する記事はこちらから。

「Paidy(ペイディー)翌月払い」を提供する Paidy は12日、シリーズ C ラウンド総額5,500万ドルを調達したと発表した。このラウンドのリードインベスターは伊藤忠商事が務め、伊藤忠商事傘下のポケットカード、ゴールドマン・サックスと、名称非開示の事業会社1社が参加した。伊藤忠商事の引受額は、4,200万ドル(約76%)に上ることが明らかになっている。

これは、Paidy(以前は、エクスチェンジコーポレーションまたは ExCo)にとって、2014年7月に実施したシリーズ A ラウンド(3.3億円を調達)、2015年5月に実施したシリーズ A ラウンドのフォローオン(500万ドルを調達)、2016年8月に実施したシリーズ B ラウンド(1,500万ドル)、2017年7月に実施した三菱東京 UFJ 銀行(現在の三菱 UFJ 銀行)と資本業務提携に続くものだ。これまでの調達金額総額は8,083万ドル。

Paidy は、メリルリンチやゴールドマンサックスなどで業務経験のある Russell Cummer 氏らの手により2008年に設立(当時は、エクスチェンジコーポレーション=ExCo)。P2P 金融(ソーシャルレンディング)サービスの「AQUSH(アクシュ)」で事業を始め、2014年に Paidy をローンチした。その後、Paidy の運営は ExCo から事業会社の Paidy に移行している。2018年6月末現在のアカウント数は140万口座超。

7月12日、RISE 2018 でピッチする Russell Cummer 氏
Image credit: Masaru Ikeda

Paidy はクレジットカードが無くても、ケータイのショートメールサービス(SMS)や自動音声による認証コード発行で本人確認が実施され、オンライン購入実施後に、コンビニエンスストアや銀行振込で事後支払できるしくみだ。オンライン事業者にとってはクレジットカードを保持していない消費者を顧客として取り込める上、実際に資金移動は受注時に Paidy からの入金が確定するため売掛リスクが生じない。顧客にとっては、商品が届いてから入金ができるという点で E コマースにおいても安心感が得られる。

今回の調達を受けて、Paidy は伊藤忠商事の持分法適用会社となる。伊藤忠商事は、傘下にコンビニチェーン、カフェチェーンなど多数の小売チェーン事業を抱えており、Paidy ではこれらの店頭でのクレジットカードに依存しない与信決済や対面決済のしくみを開発すると考えられる。また、関係者によれば、タブレットを使った小売店舗向け決済サービスとの提携なども模索しているようだ。

----------[AD]----------

カードレスオンライン決済「Paidy」提供のExCo、三菱東京UFJ銀行と資本業務提携

SHARE:

カードレスのオンライン決済サービス「Paidy」を提供するエクスチェンジコーポレーション(ExCo)は14日、三菱東京UFJ銀行と資本業務提携したことを発表した。この提携を通じた調達金額については明らかにされていない。ExCo はこれまでに、2014年に実施したシリーズAラウンドで330万ドル、2015年に実施したシリーズAラウンドの追加調達で500万ドル、2016年に実施したシリーズBラウンドで…

カードレスのオンライン決済サービス「Paidy」を提供するエクスチェンジコーポレーション(ExCo)は14日、三菱東京UFJ銀行と資本業務提携したことを発表した。この提携を通じた調達金額については明らかにされていない。ExCo はこれまでに、2014年に実施したシリーズAラウンドで330万ドル、2015年に実施したシリーズAラウンドの追加調達で500万ドル、2016年に実施したシリーズBラウンドで1,500万ドルを調達している。

ExCo は、メリルリンチやゴールドマンサックスなどで業務経験のある Russell Cummer 氏らの手により2009年2008年に設立。P2P 金融(ソーシャルレンディング)サービスの「AQUSH(アクシュ)」で事業を始め、2014年に Paidy をローンチした。Paidy の現在のユーザ数は75万人。

Paidy はクレジットカードが無くても、ケータイのショートメールサービス(SMS)や自動音声による認証コード発行で本人確認が実施され、オンライン購入実施後に、コンビニエンスストアや銀行振込で事後支払できるしくみだ。オンライン事業者にとってはクレジットカードを保持していない消費者を顧客として取り込める上、実際に資金移動は受注時に Paidy からの入金が確定するため売掛リスクが生じない。顧客にとっては、商品が届いてから入金ができるという点で E コマースにおいても安心感が得られる。

今回の提携を通じて、直近では、Paidy は三菱 UFJ ファクターの口座振替サービスを利用することにより、前出のコンビニエンスストアや銀行振込に加え、口座振替による支払手段の提供を8月1日から開始する。定期購入やサブスクリプション型のサービスの料金支払の利便性が格段に向上する形だ。また、コンビニエンスストアでの収納代行についても、三菱 UFJ ニコスと DeNA が共同出資する決済代行サービス会社ペイジェントのしくみを使ったものに移行する。

また、Paidy は既に一括払に加え分割払サービスに対応しているが、今後、三菱東京 UFJ 銀行が属する MUFG(三菱 UFJ フィナンシャルグループ)傘下のアコムと、商品購入にまつわるローンサービスでの協業を検討中としている。

----------[AD]----------

ExCo、約3.3億円の資金調達の実施と、カードレスのオンラインペイメントサービス「Paidy」をローンチ

SHARE:

エクスチェンジコーポレーション(ExCo)は7月30日、カードレスのオンラインペイメントサービス「Paidy」をローンチした。 ExCoは、これまでにさまざまなファイナンスサービスを提供している会社で、2009年からはソーシャルレンディングサービスのAQUSHをリリースしたことでも知られている。 Paidyは、オンラインショップで商品を購入する時に、クレジットカードの番号の入力やログイン、事前登録…

Paidy

エクスチェンジコーポレーション(ExCo)は7月30日、カードレスのオンラインペイメントサービス「Paidy」をローンチした。

ExCoは、これまでにさまざまなファイナンスサービスを提供している会社で、2009年からはソーシャルレンディングサービスのAQUSHをリリースしたことでも知られている。

Paidyは、オンラインショップで商品を購入する時に、クレジットカードの番号の入力やログイン、事前登録などの手続きなしで支払いができるオンライン決済サービスだ。消費者は氏名とメールアドレスのみで買い物ができ、支払いプランも一括払いから36回払いまで柔軟に選べることができるという。

支払いの仕組みは、Paidyが代金を店舗に支払い、のちにユーザに対して支払い請求を行うというもので、店舗にとって支払い不履行のリスクを軽減してくれるものだ。この方法によって購入プロセスがシンプルとなり、商品を購入するユーザも通常よりも簡単に商品を購入することができる。

すでに、海外の同様のサービスとして、スウェーデン発のKlarnaがある。Klarnaは、すでに北欧やドイツ、オーストリアなどヨーロッパにサービスを展開しているという。Klarnaは、購入プロセスを簡素化しスピードアップを図ったことで、店舗の顧客購入率が大幅に向上していると語っている。

また、ExCoはサービスのローンチと同時にArbor Ventures、サイバーエージェント・ベンチャーズなどから総額約3.3億円の資金調達を行ったとも発表した。同時に、求人も募集している。

海外では一部に広がりを見せている、カード情報いらずのオンラインペイメントサービス。まだまだ現金での取引が多い日本において、同サービスがオンラインペイメントに新しい動きを作るか、注目していきたい。

----------[AD]----------