BRIDGE

タグ LeCloud(楽視雲)

Le Sports(楽視体育)がシリーズBラウンドで10.7億ドルを資金調達——時価総額は31.5億ドル

SHARE:

3月はインターネット大手 LeEco(楽視、旧 LeTV)の関連会社にとって恵みの多い時期のようだ。LeCloud(楽視雲)が10億元(1億5,000万米ドル)のシリーズAラウンドをクローズするとまもなく、同グループ内でも勢いのあるオンラインスポーツメディア企業 Le Sports(楽視体育)がシリーズBラウンドで70億元(10億7,000万米ドル)もの資金調達を行い、それにより Le Sport…

LeTV-jia

3月はインターネット大手 LeEco(楽視、旧 LeTV)の関連会社にとって恵みの多い時期のようだ。LeCloud(楽視雲)が10億元(1億5,000万米ドル)のシリーズAラウンドをクローズするとまもなく、同グループ内でも勢いのあるオンラインスポーツメディア企業 Le Sports(楽視体育)がシリーズBラウンドで70億元(10億7,000万米ドル)もの資金調達を行い、それにより Le Sports の時価総額は205億元(31億5,000万米ドル)となった。このニュースは、深圳の上場企業 Caissa Touristic(凱撒旅遊)による発表から間接的な形で明らかにされた。

同発表によると、Hainan Airlines(海南航空)傘下の旅行サービス企業である Caissa Touristic が12億元の資金を他の Hainan Airline 系企業とともに Le Sports に投資したという。これによりオンラインスポーツメディア企業(Le Sports)持分の5.85%を取得することになる。

現地報道によると、中国の実業家である Wang Jianlin(王健林)氏(Wanda Group=万達集団 オーナー)、CMC Holdings(華人文化控股)、さらには政府系投資企業も投資に参加したという。

TechNode(動点科技)が LeEco に詳細を確認したところ、Le Sports が B ラウンドを終了したこと以外、特段のコメントは得られなかった。

Le Sports がスピンオフされて2年が経過した昨年5月、シリーズAラウンドで8億元の資金を調達した時点では時価総額28億元だったが、そこから1年を待たずして時価総額は7倍(原文では6倍となっているが、実際には7倍)以上に急上昇した。

この重量級の企業グループは近年、目覚ましい動きで現地メディアを賑わせていた。同社はスポーツ動画のストリーミングサイト Zhangyu.tv(章魚TV)を3億元で買収したほか、中国のトップサッカーリーグの放映権を27億元で取得、さらにはシンガポールを拠点とするスポーツマーケティング企業 MP & Silva と交渉してサッカーその他の権利を包括パッケージで獲得した

Caissa Touristic の発表では、Le Sports の財務状況も示されている。2015年末時の決算によると、このオンラインスポーツメディア企業の営業収益(監査前ベース)は4億1,700万元(6,430万米ドル)、純資産は4億800万元(6,290万米ドル)であった。

オンラインスポーツは、中国で成長しているオンライン動画ストリーミング市場の中でも新興の分野である。Alibaba(阿里巴巴)は2014年に広州のサッカーチーム Evergrande(広州恒大淘宝)の半分を12億元で買収した後、この成長市場に参入するため昨年スポーツ関連企業を設立した。Jack Ma 氏が支援する Yunfeng Capital(雲鋒基金)もまた、Le Sports のシリーズAラウンドに参画している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

中国のクラウドサービス新旗手「LeCloud(楽視雲)」、シリーズAで10億人民元(約170億円)を調達

SHARE:

中国インターネットの大手 LeEco(旧社名 LeTV、楽視)傘下のクラウドコンピューティング及びデータプロセッシング企業 LeCloud(楽視雲)が木曜日(3月3日)に発表したところによると、重慶市が運営する800億元の投資ファンドである重慶市戦略性新興産業投資基金(Chongqing Industrial Investment Fund)が主導したシリーズA資金調達ラウンドにおいて、同社は10…

Image credit: LeEco
Image credit: LeEco

中国インターネットの大手 LeEco(旧社名 LeTV、楽視)傘下のクラウドコンピューティング及びデータプロセッシング企業 LeCloud(楽視雲)が木曜日(3月3日)に発表したところによると、重慶市が運営する800億元の投資ファンドである重慶市戦略性新興産業投資基金(Chongqing Industrial Investment Fund)が主導したシリーズA資金調達ラウンドにおいて、同社は10億元(1億5,000万米ドル)を獲得した。

Image credit: LeEco
Image credit: LeEco

このクラウドコンピューティング企業に対する LeEco の持ち分は60%から50%に減少するが、LeEco の LeCloud に対する最高出資比率は依然として維持され、新たな出資者の持ち分は16.67%に留まる。

新たに得た資金は商品開発、サービスの向上、雇用、事業の開発、マーケティングに活用される予定だ。同社はまた、LeCloud 従業員に対して持株インセンティブ制度を導入することを明らかにした。

LeEco の海外進出計画の一環として、LeCloud は動画、法人向けビジネス、動画シェア、バーチャルリアリティ、オートマチッククラウドプラットフォームのためのクラウドコンピューティングサービスを今後向上させていく。

LeCloud の公式データによると、同社は現在650の CDN ネットワークノードを60の国と地域で網羅しており、10万の法人ユーザと何十億もの個人に対してサービスの提供を行っている。

この提携はまた、LeEco と中国のクラウドコンピューティングの中心地である重慶市当局とのさらなる協力を促すことになるだろう。LeEco は、重慶市のクラウドコンピューティング及びビッグデータに関する研究開発、生産、流通、運営、インキュベーション、マネージメントサービスを促進させることを計画しており、重慶市当局は協力事業とブロードバンドのリソースに関わる支援をしていく予定である。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------