BRIDGE

タグ monomy

「9歳の少女もデザインして販売」ーーハンドメイドアクセサリーの作成・購入プラットフォーム「monomy」運営元が総額1.2億円の資金調達を実施

SHARE:

ハンドメイドアクセサリーを作成・購入できるプラットフォーム「monomy」を運営するFUN UPは9月4日、総額1.2億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はベクトルおよび個人投資家2名。株式比率や払込日は非公開だ。なお、既存株主である個人投資家の島田亨氏が社外取締役に就任することもあわせて発表している。 monomyではゲーム感覚でパーツを選び、繋げていくことでオリジナルアクセサリ…

SMR_0093.JPG
FUN UP代表取締役の山口絵里氏

ハンドメイドアクセサリーを作成・購入できるプラットフォーム「monomy」を運営するFUN UPは9月4日、総額1.2億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はベクトルおよび個人投資家2名。株式比率や払込日は非公開だ。なお、既存株主である個人投資家の島田亨氏が社外取締役に就任することもあわせて発表している。

monomyではゲーム感覚でパーツを選び、繋げていくことでオリジナルアクセサリーを作成できる。作成したアクセサリーはオリジナルブランドとしてプラットフォーム上に公開され、自身はもちろん他のユーザーも購入が可能だ。なお、アクセサリーの製作や発送はFUN UPの抱えるクリエイターやスタッフが実施するため、ユーザーに手間はかからない。アクセサリーが購入されると、作成者は売上の10%を収入として換金できる。

 

monomyで着目すべき点はアクセサリーを作って売れるだけでなく、アプリ内がコミュニティ化しているということだ。気に入ったデザインはlikeボタンで保存することが可能で、このlikeを送り合うことによりユーザーがコミュニケーションをとっているのだ。

「投稿してだいたい1〜2分でlikeが入ります。自分で考えて作ったものをlikeされると嬉しいんですよね。monomyで作ったものを褒められることで承認欲求が満たされる、自分のセンスを在庫リスクなく発信できる仕組みをこころがけています」(山口氏)。

実際、取材中にmonomyでデザインをつくってみた結果、公開後1分でlikeの反応があった。コアなユーザーだと1日にデザインを100投稿以上することもあり、累計で1000投稿以上している人も。また1000投稿以上している人は販売実績もあり、自分の商品が販売された後はサービスの継続率が20%以上、投稿率も約4倍程度になる。

同サービスを利用するユーザーはアクセサリーを買いたいユーザーが多いのか、作って売りたいユーザーが多いのか聞いてみたところ山口氏は下記のように答えてくれた。

「実際うちのサービスは作り手がほぼ全員売り手なので、作り手買い手というよりはサービスを楽しむユーザーが多いです。買っているだけの人は3%で、47%が他人のものも買うし、自分のものも買うユーザー、50%が自分で作って自分のものだけ買うユーザーです」(山口氏)。

同社はリリース後から良いコンテンツが集まる仕組みづくりのため、使用できるパーツ数や作成率、like数の増加を目指してきた。そして今回新たなフェーズに踏み出すための資金調達の実施に至った。調達資金はエンジニア採用や横展開のプロジェクト、ECサイトへの在庫を持たない商品出品連携などに充当する。

日本のモノづくりとトレンドを組み合わせて世界に発信したい

2017-09-04 7.27.40
9歳の少女もmonomyでデザインをつくり、販売実績をあげている

販売やバイヤー、商品開発などの事業経験をもとにmonomyを作った代表の山口氏。

同社が目指しているのはハンドメイドアクセサリー市場の活性化だけではない。将来的な展望として日本の生産流通の仕組みの改革を目指している。その第一歩としてアクセサリー分野に取り組んでいるということだった。

「日本の製造率は年々下がり、若者も参入してこないため50%以上が低迷し、工場が日々1件つぶれるような現状です。これらを解決するために製造や流通の適正化やトレンドを取り入れた製品づくりなどに取り組んでいます。

monomyはデザインを消費者が、製造元はプロが担う仕組みで使用できるパーツも百貨店で取り扱うものと同品質のものを工場の方とやりとりさせていただいています。そのため在庫リスクを持たずに良い品質のアクセサリーを提供できます」(山口氏)。

製品のクレームは1度もないそうだ。この仕組みを家具やジュエリーといった他の分野の製造に応用していくことで、トレンドを取り入れた品質の高いアイテムの提供を流通業者を挟まない適正価格で実現する。また、海外展開をすることで日本の技術を海外に広めていくこともできる。具体的なことはまだ決定していないが、ファッション文化が日本と比較的近い台湾を視野にいれているそうだ。

まデータ解析も積極的に実施しており、ユーザーがデザインをする中でわかる「どのパーツが人気があるのか」「年代別でよく作られているデザイントレンド」といった情報もわかっている。これらを活用し、生産者に届けることで無駄のない製造の実現も考えているそうだ。

「日本の良い技術を新しいトレンドでもっと多くの人に知ってほしい」と話す山口氏。サービスの横展開と海外展開、そしてデータ活用による製造改革で新しいMade in JapanブランドをFUN UPが発信していけるかもしれない。

スマホ上でデザインするだけで簡単にアクセサリーを投稿・販売できる「monomy」が正式リリース、アクセサリーの売上の10%が換金可能に

SHARE:

ものづくりマーケット「monomy(モノミー)」を開発・運営する FUN UP が同プロダクトの正式リリースを発表した。 「monomy」は、2015年8月24日にプレリリース。1年のサービス提供を経て、投稿作品数が12万個を突破した。 正式リリースにあわせて、作品を販売すると売上の10%が収入として換金できる仕組みを導入する。 スマホでデザインするだけ、大変な製作は自社工房が担うアクセサリーのモ…

monomy

ものづくりマーケット「monomy(モノミー)」を開発・運営する FUN UP が同プロダクトの正式リリースを発表した。

「monomy」は、2015年8月24日にプレリリース。1年のサービス提供を経て、投稿作品数が12万個を突破した。

正式リリースにあわせて、作品を販売すると売上の10%が収入として換金できる仕組みを導入する。

スマホでデザインするだけ、大変な製作は自社工房が担うアクセサリーのモノづくりマーケット「monomy」

簡単にアクセサリーを投稿・販売できる「monomy」

「monomy」は、ユーザがスマホ上でアクセサリーのパーツを自由に組み合わせて、簡単にアクセサリーをデザインできるサービス。3000種類以上の素材からパーツを選ぶことができ、オリジナルのブランドを立ち上げることができる。

利用例の中には、10歳に満たない女の子がアクセサリーをデザインし、販売して収益をあげたことがあるというから驚きだ。このエピソードからも、ユーザに使いやすいサービスとなっていることが伺える。

モノづくりの工程を効率化

作成したデザインは、購入できるようになっている。アクセサリーの受注を受けてから、monomyが自社で持っている工房で職人が1点1点手作りで製作。決済、配送、アフターケアまでも担当してくれる。最近では、専属のカメラマンをつけ、アクセサリーの出荷前に撮影も行い始めたことで、ユーザが作成したアイテムの物撮りも始めたという。

ユーザが自分のブランドとして作成したアクセサリーが売れた場合、金額の10パーセントがブランドオーナーの売上となる。これまで、売上はポイントとしてユーザに還元されていたが、正式リリースによって換金が可能となった。「換金が可能になったことで、さらにユーザの方に使っていただきやすくなりました」と、FUN UP代表の山口絵里氏は語る。

インフルエンサーの利用による盛り上がり

「monomy」は、一般のユーザにも利用されているが、モデルやスタイリストなどインフルエンサーと呼ばれる人々にも利用されている。

インフルエンサーが「monomy」上で自分のブランドを立ち上げ、フォロワーたちがアクセサリーを購入したり、「monomy」を知るきっかけとなっている。今後も、インフルエンサーの増加を考えているという。

コンテストタイアップの可能性

14012442_10209953711260354_1464096770_o

山口氏が可能性を感じているのが、「コンテストタイアップ」企画だ。現在、企画を進めているのがウェディングパーティーにつけるアクセサリーをテーマにした商品コンテストを「monomy」上で実施する。

ユーザはテーマに合わせてアクセサリーをデザインし、ユーザからの評価と審査員の審査を経て商品化するデザインを決定するというもの。ユーザ参加型で商品開発を行うと同時に、プロモーションにもなる施策だ。

ブランドや雑誌、芸能人とのコラボなど、様々な広がりが考えられる。ユーザも自身のデザインが商品化されるとなれば、投稿のモチベーションも上がる。タイアップは「monomy」というサービスを盛り上げる柱となると考えられる。

誰でも「作れる」を簡単に

「monomy」は、現在素材を選んでアクセサリーを作るためのアプリとなっている。「monomy」を運営する過程で広がっている工場や職人とのネットワークは、アクセサリー以外にも広がりうる。

たとえば、家具工場と連携すればランプづくりが可能になり、靴職人等と連携すれば靴をデザインできるようになる。ユーザは今の「monomy」と同様に使いやすいUIで、様々なプロダクトを作ることが可能になる。

FUN UP代表の山口絵里氏
FUN UP代表の山口絵里氏

山口氏「フリマアプリなど、誰でも売れるを簡単にするアプリやサービスは数多く登場しました。私たちが開発する『monomy』は、『誰でも作れる』を簡単にするものなんです。

ユーザからは誰に依頼するかが可視化されて、工場や職人からは誰に依頼されたかが見える。職人の歴史や実績が評価されるプラットフォームにしていきたいと思います」

ユーザが増え、デザインが増えて買われれば、工場への発注も増えていく。購入されてから作り始めるため、それぞれにとってのリスクも少ない。このプラットフォームが育っていけば、モノづくりの考え方がまた変化しそうだ。

スマホでデザインするだけ、大変な製作は自社工房が担うアクセサリーのモノづくりマーケット「monomy」

SHARE:

スマホ上で簡単に自分好みのアクセサリーを作れるモノづくりマーケット「monomy(モノミー)」。運営会社は、2011年の設立以降、インターネット事業を手掛けてきたFUN UP INC.です。8月24日にリリースされたmonomyについて、同社代表の山口絵里さんにお話をうかがいました。 1,500種以上のパーツでアクセサリーをデザイン  アクセサリーのパーツを好きに組み合わせて、自分だけのアクセサリ…

monomy-website

スマホ上で簡単に自分好みのアクセサリーを作れるモノづくりマーケット「monomy(モノミー)」。運営会社は、2011年の設立以降、インターネット事業を手掛けてきたFUN UP INC.です。8月24日にリリースされたmonomyについて、同社代表の山口絵里さんにお話をうかがいました。

1,500種以上のパーツでアクセサリーをデザイン

monomy-my-page monomy-design-process
アクセサリーのパーツを好きに組み合わせて、自分だけのアクセサリーをデザインできるmonomy。スワロフスキー、天然石、チャームなど、パーツは1,500種類以上にも及びます。こうしてデザインしたアクセサリーを、ユーザーはmonomy上に作成したマイページにショーケース。気に入ったデザインが見つかれば、クレジットカード情報と住所を入力することで購入することもできます。

今流行のハンドメイドマーケットプレイスとmonomyが異なるのは、ユーザーは、アクセサリーをデザインするだけでいいこと。というのも、注文が入ってからの製作や発送までの全工程を、monomyがその自社工房で行うから。1,000件の大量注文にも対応できるという自社工房では、アクセサリー作りの経験がある職人さんがひとつひとつ手作りしています。

「最近はハンドメイドマーケットがすごく伸びていて、中には月に1,000件を超える注文が入るアイテムもあるそうです。でも、入った注文に対応するのは個人の方です。寝る間を惜しんで一生懸命作っても量産には間に合わないため、売り切れや数ヶ月待ちも珍しくありません」

オーダーから商品の到着までにかかる時間は、約1週間ほど。運営側がオペレーションを持つことで、ユーザーはデザインすることだけを楽しみ、自分だけのアクセサリーブランドを持つことができる。欲しい人に、欲しい商品がちゃんと届く仕組みを実現しているのがmonomyです。

ゲームエンジンを使って、リアルな製作の感覚を再現


一見すると、女性らしく可愛らしい印象を与えるmonomyですが、それぞれの画面を見てみると至ってシンプル。あくまで主役は、ユーザーそれぞれが持つアクセサリーのブランドです。monomyというプラットフォームがそれを邪魔することがないよう、デザインやUIでもそれを意識しています。

また、オフラインのものや行為をオンラインに持ち込む時に鍵を握るのが、スマホなどの平坦な画面でリアルな感覚をいかに再現できるか。わかりやすい例が、電子書籍リーダーです。指先で、手元の書籍や雑誌をめくるような感覚をいかにオンラインで表現するのか。なかなかの難題です。

monomyのアプリを触ってみると、「手元でアクセサリーを作る」感じが上手く再現されています。重力を再現した物理演算を用いたゲームエンジンを使用することで、指先でパーツをそっと移動させたり、パーツを加えると少し左右に揺れる感じを再現。かなり時間をかけて作り込んだというだけあって、実際に手元で作っているような感覚に陥ります。

「商品を売る前に、ユーザーさんに作ることやコミュニティの楽しさを体験してもらうことが一番大切だと思っています。眠れない夜中や時間がある時に、黙々とデザインしてくださる方もいらっしゃいます。思わず夢中になって手を動かしてしまうようなサービスを目指しています」

目指すのは、モノづくりプラットフォーム

Eri-Yamaguchi-founder-of-Monomy東京文化服飾専門学院に在学し、販売やバイヤー、商品開発やコマースの事業などを経験をする中で、いつかアパレルの分野で新しいことに挑戦したいと考えていた山口さん。世界一周を旅した経験もあり、2年前から韓国や台湾、香港などアジア各国を市場調査でまわったことが、monomyのインスピレーションになりました。

「日本のアクセサリー店やコマースで、自分好みのアクセサリーを見つけるのは大変です。ピアスの穴を開けていないのに、可愛いなと思った物はどれもピアスだったり、金属アレルギーなどで欲しいものが買えなかったり。まだアクセサリー専門のマーケットは存在しませんし、monomyでそんな課題解決ができたらと思っています」

monomyでは、17社のパーツ卸店と提携し、画像だけ委託することで在庫を持つリスクをなくし、受発注の仕組みを独自に作りました。こうすることで、ユーザーにかかる負担やコストをゼロにまで抑えることができる。山口さんの構想は、このモデルを日本製品の家具やカバン、メガネ、ネイル、陶芸品など、さまざまな分野で全国の生産工場と連携をして横展開していくこと。アクセサリーというのは、あくまでスタート地点です。

「企画から商品が店頭に並ぶまでに余計なコストがかかっている分野はいくつもあります。もっと可愛い名前にも出来たんですが、monomyというユニセックスは名前にしたのも、将来的には製造のあたりまえに革命を起こし、生産工場と一般消費者を繋げる新しい「ものづくりのプラットフォーム」にしたいからです」

まずは作る楽しみとコミュニティ、今後は共同購入も

フォロー・フォロワーや試着機能など、欲しいアクセサリーが見つかる工夫を予定するmonomy。プロモーション面では、FUN UPの既存事業のインフルエンサーマーケティングを活かして、読者モデルやブロガーによるブランドプロデュースなどを検討。また、人気ブランドの新作に合うアクセサリーを投稿するコンテストなど、コミュニティを盛り上げる施策を考えています。

コミュニティが確立した後は、共同購入やインセンティブの仕組みの導入も。手間や時間がかかる一点ずつのオーダーメイドでは、スケールが難しい。期間内に同じ商品が欲しい人を一定数集める共同購入なら、コストを下げながら、ユーザーに対してもよりリーズナブルにアイテムを届けることが可能になります。

「原価が安いアクセサリーは、生産数が20個増えるだけで価格が半分になることもあるんです。買い手が増えれば、その分、商品価格を30〜80%下げることもできます。将来的には、デザインを投稿したユーザーさんにインセンティブを与えるようなことも考えています」

リリース時点のmonomyは、あくまでMVP (Minimal Viable Product)だと話す山口さん。まずは、「アクセサリーを楽しみながらデザインし、それが評価される」というユーザー体験を作ることに注力し、ユーザーの反応やフィードバックを見ながら次の一手を見定めていくとのこと。

デザインしたものを実際に作って注文した人に届けるとなると、そこまで出来る、またやりたいと思う人は限られてしまう。monomyの「デザインするだけ」モデルなら、その門戸がぐんと広がるはず。monomyにハマる女性がどれだけ登場するのか、リリース後の反響が楽しみです。