THE BRIDGE

タグ Obike

シンガポールのバイクシェアリングサービス「oBike」が営業停止——GrabCycleは新規ユーザ登録を休止

SHARE:

バイクシェアリング企業 oBike は本日(6月25日)付でシンガポールにおける営業を停止した。同国の厳格化されたバイクシェアリング規制への適合コストにより離脱を強いられたものと思われる。 だが、それだけが撤退の理由ではないのかもしれない。 同社は声明の中で、シンガポールにおける「ドックレスのバイクシェアリングに向け LTA(シンガポール陸上交通庁)が発布した必要条件とガイドラインを満たす」見通し…

Photo credit: Grab

バイクシェアリング企業 oBike は本日(6月25日)付でシンガポールにおける営業を停止した。同国の厳格化されたバイクシェアリング規制への適合コストにより離脱を強いられたものと思われる。

だが、それだけが撤退の理由ではないのかもしれない。

同社は声明の中で、シンガポールにおける「ドックレスのバイクシェアリングに向け LTA(シンガポール陸上交通庁)が発布した必要条件とガイドラインを満たす」見通しが立たないために、同国内のサービスを停止したと述べた。

シンガポールの国会は新たな法律を3月に通過させ、これによりバイクシェアリング事業者向けの認可のフレームワークが導入されることになっている。

これはドックレスのバイクシェアリング企業に対して、ユーザが指定された駐輪場所で使用後に QR コードをスキャンすることを強制するよう求めるものだ。この規制は迷惑になったり道を塞いだりする場所にも無差別に駐輪されるシェア自転車の問題に取り組むためのものである。

バイクシェアリング企業は公共の場所で営業するための認可を7月7日までに申し込まなければならない。当初 oBike は締め切りまでに申請するとしていた。Mobike と Ofo も認可を申請すると表明している。

oBike は確かにライバルのユニコーン企業が持つ巨額の資金を欠いているが、コンプライアンス関連のコストは Anywheel や SG Bike といった小規模なプレイヤーが LTA から認可を受ける妨げになっているようには見えない。

シンガポール会計企業規制庁に提出されている oBike の決算報告をよく見てみると、同社がより大きな財政難に直面しているかもしれないことが暗に示されている。同社は2016年11月の合併から2017年末までの間に313万米ドルの税引前損失を記録していた。

同じ期間内、oBike は67万1,000米ドルの収益を上げた。昨年末時点で、同社は12万9,000米ドルの現金と現金等価物を含む1,390万米ドルの総資産と、1,670万米ドルの総負債を抱えている。

oBike のシンガポール撤退のニュースは、同社が一部のユーザのデポジットを無断で「Super VIP(SVIP)」の会費に切り替えたことを認めた後に流れたものでもあった。あるいは影響を受けるユーザの返金要求を回避するためだったのかもしれない。oBike はまた返金を求めるユーザにデポジットを返金するのが大きく遅れている点でも批判を受けている。

シンガポールにおける営業は停止したが、oBike は他の国においてのサービスは継続すると述べている。SVIP メンバーシップに登録しているシンガポールのユーザは、今後も oBike の海外市場におけるメンバーシップ特典を享受できると同社は付け加えた。

しかしながら、oBike はシンガポールのユーザにデポジットを返金するのかどうか、するとしたらどうやって返金するのかという点については明らかにしなかった。

本日(6月25日)の発表の後、同社の Facebook ページは「#refundmydeposit(デポジット返せ)」というハッシュタグが付いたコメントで炎上している。

oBike を切り捨てた GrabCycle

L-R-Representatives-from-GBikes-Anywheel-Obike-Grab-PopScooter-Sentosa-750x464
3月にシンガポールでローンチした GrabCycle。左から、GBikes、Anywheel、oBike、Grab、 PopScooter の各代表。
Photo credit: Grab

oBike のサービスを使い続けたいシンガポールのユーザは、GrabCycle を通じてそうすることができると oBike は述べた。GrabCycle は配車サービス企業 Grab が今年ローンチした、複数業者のバイクシェアリングマーケットプレイスである。oBike は同社のサービスに関することは直接 GrabCycle に問い合わせるよう遠回しに述べた。

だが Tech in Asia に届いた Grab の声明では前に出た oBike の告知に反して、oBike が「シンガポールで営業するための適切なライセンスもなくなり、大量の自転車を維持することもできなくなる」ために、Grab は「これ以上 oBike の自転車を GrabCycle のマーケットプレイスで提供することはできません」と述べている。

Tech in Asia が本日(6月25日)GrabCycle のアプリをチェックしたときに表示された発表では、同社はこう述べている。

既存ユーザのエクスペリエンス保護のため、一時的に新規ユーザ登録を停止します。

同メッセージは続けてこう述べている。

弊社は積極的により多くの自転車を弊社プラットフォームに取り入れようとしており、間もなく新規ユーザ登録を再開します。

oBike の自転車が失われたことで GrabCycle の供給にも影響が出ている。Grab は既存の GrabCycle 定額費用とデポジットを免除すると述べた。また同社は現在のユーザに対して、同プラットフォームに一番最近参入したバイクシェアリング企業 Anywheel を試してみることができる4週間のフリートライアルを提供している。

業界全体に広がる資金不足

バイクシェアリングのビジネスモデルは全体として、明白な「湯水のように資金を使う」傾向を批判されてきた。無数の競争相手や市場の飽和はバイクシェアリング企業を価格競争に導き、それぞれが様々な大幅値引きや特別価格、そして無料乗車を提供している。

中国では複数の大物プレイヤーが破産してきたが、こういった金遣いの荒い戦略はデポジットや VC からの収入を支出が上回るようになり、その結果としての資金不足が指摘されている。

obike-preashej-750x480.png
Photo credit: oBike

今月、oBike は理由を明らかにすることなくオーストラリア・メルボルンでの業務を畳んだ。同市の行政は、放置自転車や壊れた自転車の撤去の締め切りと、それを遵守できなかった場合の重い罰金が含まれた新しい規則を最近導入していた。

シンガポールにおいて oBike がユーザのデポジットを適正に処理できなかったことに関するここ数週間の議論に続いて、多くのオーストラリア人ユーザもデポジットの返金でトラブルを抱えていると示唆する報告がある。同社のカスタマーサポート回線は不通になっているようである

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

シンガポール発のバイクシェアリングサービスoBike、東南アジアの配車サービス大手Grabと提携

SHARE:

本日(1月22日)oBike が配車サービス企業 Grab との戦略提携を発表した。 第一歩として oBike は自社アプリに GrabPay を取り込み、利用者にキャッシュレスの支払いオプションを追加し、GrabReward ポイントを貯めることができるようにする。また、同社の自転車に Grab のブランディングも追加される予定。 これらは「シンガポールにおけるオンデマンド交通インフラストラクチ…

grab-obike-cycles
Photo sourced by Tech in Asia

本日(1月22日)oBike が配車サービス企業 Grab との戦略提携を発表した。

第一歩として oBike は自社アプリに GrabPay を取り込み、利用者にキャッシュレスの支払いオプションを追加し、GrabReward ポイントを貯めることができるようにする。また、同社の自転車に Grab のブランディングも追加される予定。

これらは「シンガポールにおけるオンデマンド交通インフラストラクチャーの利便性向上」を目指して両社がローンチしていく様々な共同イニシアチブの第1弾である、と oBike は本日(1月22日)声明で述べている

同社は今後数週間でその他のイニシアチブの詳細も公表していくという。同社の自転車シェアリングサービスが Grab のアプリに統合されるか否かは発表していないが、それも一つの可能性である。

別の発表で Grab は GrabPay のために「あらゆる提携を進んで受け入れていく」とし、「顧客が GrabPay をモバイルウォレットとして利用できるようオプションの拡大を続けていきたい」と述べた。

加えて当社では、お客様に別の移動手段や価格帯を提供する新たなモビリティの選択肢を常に模索しています。自転車シェアリングは、目的地に向かう際の最初と最後のワンマイルの移動オプションとして、Grab の現行トランスポートサービスを補完するものです。当社は業界の全トランスポートプロバイダーとの協業機会を模索していきたいと考えています。

Grab が oBike に出資していることを踏まえれば、この発表は順当といえる。oBike は本日(1月22日)Tech in Asia に対してを認め、シンガポールでの提携計画は先週(1月第3週)表面化していた。

最新動向に明るい Tech in Asia の購読者には、シンガポールのクイーンズタウン地区で Grab のブランディングが施された oBike の自転車がトラック後部に積まれているのを目撃した方もいる。その時点では、我々独自には確認できておらず、また、Grab と oBike の両社からコメントを得ることもできていなかった。

WhatsApp-Image-2018-01-16-at-09.56.53
Photo sourced by Tech in Asia

車輪のカバーパネルには「GrabCycle」のロゴが oBike のロゴにはっきりと並んでおり、フレームにも両社のロゴが見える。

grabcycle
Photo sourced by Tech in Asia

Grab と oBike にとっての提携の意義

配車サービス業界ではアプリに自転車を追加するトレンドが続いている。中国の Didi Chuxing(滴滴出行)もまずは ofo(小黄車)との提携を皮切りに、その後 Bluegogo(小藍単車)とも提携しており、いまや自社のサービスをローンチしようとしている。インドの Ola も自転車サービスを発表している

両社の確認は取れていないが、今後 Grab も自社アプリに oBike を追加するように見える。

コンサルタント会社 Simon-Kucher & Partners のマネージングパートナー Jochen Krauss 氏は、今回の統合を理にかなうものと考えている。同氏は次のように述べた。

全体的なゴールはモビリティサービスに包括的なソリューションセットを提供することです。Grab は、時間帯によらず地点 A から地点 B へ最も効率的に移動できる手段を顧客に提供することを目指しており、それはタクシーだったりオートバイだったり、自転車だったりするということなのです。

Grab にとっては、パートナーシップによってすでに確立しているネットワークへのアクセスが得られることになる。Krauss 氏はこう話す。

Grab の立場にたてば、自転車シェアリングで4番手や5番手になりたいと考えるでしょうか?市場にはすでに既存プレーヤーがいるわけですから、パートナーシップは手っ取り早く市場シェアを手にする方法なのです。

財務的には、Grab は GrabPay を利用した oBike 乗車から追加の売り上げが得られると Krauss 氏は話す。また、Grab のアプリへの oBike 統合からも、レベニューシェアリングが生じることになる。oBike のスポークスマンは完全統合の計画に関しては認めていないが、もしあり得るとすればレベニューシェアリングとなるだろうとも話している。

その一環で、oBike は数百万人におよぶ Grab の東南アジアユーザへのアクセスを得ることになる。Grab は1日あたり350万件の取引を取り扱っており、年間では10億件となる。また、新規にローンチしたデリバリーサービス用に、Grab の既存パートナードライバーネットワークにもつながることになる。

しかし、デリバリーセグメントで両社が競合してしまうリスクはないのだろうか? Krauss 氏によれば、「理屈上」はあり得る話だが、実際には「彼らの市場シェアは小さいので問題にはならない」と考えているとのことだ。

最終的には、長期的計画では競合の問題をなくしていくことになると Krauss 氏は話す。

純粋な協力関係になるのか、それともまだ見ぬ何か違うものになっていくのか、という話なのです。両社をさらに近づける機会があるでしょうか?

同氏はそう指摘し、先々には買収もあり得ることをほのめかす。

我々は Grab にも oBike 統合化やその他の計画について問い合わせているが、まだ回答を得ていない。

とにかく、協力関係を通じて両社は利用パターンについてより深い洞察が得られるだろうと同氏は話す。こうして得られた洞察を活用して、両社はオペレーションをさらに効率化できる。

両社のアルゴリズムに乗せられる情報はたくさんあるのです。サプライヤーサイドとしては、人がどこに向かうのか、どこで乗車するか、どこに供給が足りていないか、といったことを知ることができます。両社は戦略的にそうしたエリアに自転車や車を配分することができるのです。

なぜ、より規模の大きな同業他社ではなく、oBike が提携先だったのか

シンガポールを本拠とする oBike は、同社よりも断然規模が大きな中国のライバル企業 ofo や Mobike(摩拜単車)と、シンガポールやマレーシア、タイなどの市場で競合している。

Didi 傘下の ofo の方が Grab のパートナー先としてはわかりやすい相手だった。なぜなら、両社とも中国の配車サービス大手企業を投資家に持つからだ。しかし、Didi と ofo の提携は上手くいっていないとするレポートもある。

The Information によれば、Didi を含めた ofo の投資家らが ofo と Mobike の合併を画策し始めたときからおかしくなったとしている。ofo はまだ共同設立者らが議決権の過半を握っており、両スタートアップが合併に強く反対したため、合併の目論見は失敗に終わった。

一方で、Mobike はトランスポートセクターで巨大な地盤を築く決意は固いようだ。昨年末に中国で自社の配車サービスの展開を開始したのを皮切りに、東南アジアを含め自社のプレゼンスがある市場に横展開しようとしている。これは同地域における Grab やその他の配車サービス企業に対抗する動きとなる。

ofo が Alibaba 傘下である一方、Mobike は Alibaba(阿里巴巴)のライバル Tencent(騰訊)傘下であり、この中国2大巨頭の代理戦争の様相を呈している。

競合に遅れを取っている oBike としては、Grab に合流することは理にかなっている。Grab は東南アジアのリーディング企業であり、ニッチ市場を確立するにあたり、oBike は同地域に集中できる、とスタートアップのリサーチ企業 Oddup の共同設立者 Jackie Lam 氏は Tech in Asia に話している。

同地域で事業展開する自転車シェアリング企業にとっての課題の一つは、ユーザのクリティカルマスを押さえることだと Krauss 氏は話す。これは Grab も目指していることであろう。

シンガポールと同地域の大半には自転車が普及していません。これらの都市で自転車がもっと使いやすくなるには、政府の後押しが必要だと考えています。自転車専用レーンがないといった問題がたくさんあり、言うまでも無く、自転車はまだ安全ではないのです。

更新(1月22日8:00PM): 分析と、Grab と oBike のコメントを追加。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールのoBike、4,500万米ドルを調達——香港に進出、GoBee.Bikeに対抗

SHARE:

シンガポールの自転車シェアリングスタートアップ oBike は、4,500万米ドルを調達した先月のシリーズ B ラウンドに引き続き、香港に進出すると発表した。 oBike は、香港のラマ島やユンロンのほか馬鞍山公園や将軍澳など、自転車専用レーンがすでにある場所で1,000台の自転車を展開する予定。 oBike の共同設立者兼 CMO の Edward Chen 氏は公式プレスリリースでこう述べてい…

Obike.jpg
Image Credit: oBike

シンガポールの自転車シェアリングスタートアップ oBike は、4,500万米ドルを調達した先月のシリーズ B ラウンドに引き続き、香港に進出すると発表した。

oBike は、香港のラマ島やユンロンのほか馬鞍山公園や将軍澳など、自転車専用レーンがすでにある場所で1,000台の自転車を展開する予定。

oBike の共同設立者兼 CMO の Edward Chen 氏は公式プレスリリースでこう述べている。

香港の人々は熱心なハイカーであることは承知しています。当社が香港に進出すると、特に自転車を持っていない人にとってはアクティブなライフスタイルを送るのに素晴らしい選択肢が提供されることになります。ここには270km に及ぶ自転車専用レーンがありますので、香港の人々が当社の自転車シェアリングスキームを取り入れて、日常生活の一部として活用して頂けると確信しています。

自転車を利用するためには、デポジットとして380香港ドル(45米ドル)をまず支払う。その後は15分単位で3香港ドル(0.40米ドル)が課金される。

今回の香港進出は、2017年末までに80の都市に自転車ビジネスを展開するという同社計画の一環だ。アジア太平洋地域において oBike が利用できるのは、オーストラリア、マレーシア、台湾、シンガポールとなっており、これらの国では中国のユニコーンスタートアップ Mobike や Ofo のほか、(スクーターシェアリングにフォーカスしている事業者だが)Neuron Mobility といった小規模企業との厳しい競争を強いられている。

しかしながら、香港では現在、ある挑戦者との競争があるのみだ。それは Alibaba が支援する Gobee.Bike で、この会社は900万米ドル強を調達している。そのため、金額面で言えば、4,500万米ドルを調達した oBike の方が優位な立場にある。

【via e27】 @E27sg

【原文】

----------[AD]----------

シンガポール発のバイクシェアリングスタートアップObike、4,500万米ドルを調達——東南アジアのシリーズBラウンドで、調達額は史上最大規模

SHARE:

シンガポール発の自転車シェアリングスタートアップ Obike は、最近の資金調達ラウンドで4,500万米ドルもの大金を手にした。Tech in Asia のデータによると、この金額は、東南アジアのシリーズ B ラウンドでも最大規模だ。 同社はプレスリリースの中で、投資家には「世界的な運輸プラットフォーム大手」のほか、Grishin Robotics(ロシアの Mail.Ru Group の共同設立…

Obike-Singapore-bike-sharing-photo
シンガポールの Obike
Photo credit: Obike

シンガポール発の自転車シェアリングスタートアップ Obike は、最近の資金調達ラウンドで4,500万米ドルもの大金を手にした。Tech in Asia のデータによると、この金額は、東南アジアのシリーズ B ラウンドでも最大規模だ。

同社はプレスリリースの中で、投資家には「世界的な運輸プラットフォーム大手」のほか、Grishin Robotics(ロシアの Mail.Ru Group の共同設立者兼会長の Dmitry Grishin 氏が設立したベンチャーキャピタル)、東南アジアの複数のファミリーオフィスがいるとコメントした。

CMO 兼共同設立者の Edward Chen 氏は、投資に参画した「世界的な運輸プラットフォーム」の詳細は明らかにしなかった。彼は Tech in Asia に対し、Obike とこの投資家は、「テクノロジーの活用により、都市部の交通を便利でシームレスなものにするという共通の目標を掲げている」と話してくれた。

世界展開にとっての追い風

Obike は今回のラウンドで獲得した資金を国際展開に活用する予定だ。設立後1年に満たないObike はすでにオーストラリア、ドイツ、マレーシア、オランダ、台湾、タイ、英国など10を超える国々に進出している。

Chen 氏は声明で次のようにコメントしている。

当社では、柔軟性と利便性で世界の通勤客を支援すると同時に、二酸化炭素の排出削減にも貢献します。

OBike_Putney_Bridge_Approach_London_12_July_2017-.jpg
ロンドンの Obike
Photo credit: Wikipedia

中国企業の Mobike(摩拜単車)や最近のラウンドで4億5,000万米ドルを調達した Mobike など、自転車シェアリングはテック業界の大きなトレンドとなっている。

両社はすでにシンガポールのほか、世界の複数の都市に進出している。

シリーズ B ラウンドでこれほどの金額を調達した企業はこの地域ではそれほど多くない。オンデマンド動画プラットフォームの Iflix は昨年、今回の Obike と同額の調達を行った。自動車シェアリングアプリの Icarsclub は6,000万米ドル、e コマースサイトの Zalora は1億米ドルを2013年のシリーズ B で調達したが、これが現時点の最高記録となっている。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------