THE BRIDGE

タグ Pioneers Festival

進化を続けるウィーンの Pioneers Festival、「良いスタートアップイベント」づくりの秘訣とは?

SHARE:

ヘルシンキのSlush、ダブリンのWeb Summit、ケルンのPirate Summitなど、数千名〜数万名規模の欧州を代表するスタートアップイベントはいくつかあるが、ウィーンで開催される Pioneers Festivalもまた欧州では有名なスタートアップイベントの一つだ。 今年もまた、Pioneers Festivalは5月24日・25日にウィーンの宮殿で開催され、約3000名の起業家・投資…

Pioneers Festival 2016より。オーストリアのクリスティアン・ケルン首相も登壇。
Pioneers Festival 2016より。オーストリアのクリスティアン・ケルン首相も登壇(著者撮影)

ヘルシンキのSlush、ダブリンのWeb Summit、ケルンのPirate Summitなど、数千名〜数万名規模の欧州を代表するスタートアップイベントはいくつかあるが、ウィーンで開催される Pioneers Festivalもまた欧州では有名なスタートアップイベントの一つだ。

今年もまた、Pioneers Festivalは5月24日・25日にウィーンの宮殿で開催され、約3000名の起業家・投資家・企業担当者などが集まり、盛況を博した。今回のPioneers Festival のイベントの様子、また主催者の考える「良いスタートアップイベントのデザイン方法」についてレポートしたい。

良いマッチングを実現するためには「量よりも質が大事」

「スタートアップイベントはあくまでビジネス機会を広げることにフォーカスするべきです。イベントによって、本来出会うのに時間がかかるような出会いの機会を増やせることが大事だと思います。」

「良いスタートアップイベントとは何ですか?」という筆者の質問に対して、PioneersのCEO・コーファウンダーのAndreas Tschas氏はこう答えてくれた。

「本来出会うのに時間がかかるような出会いの機会を増やす」。つまり、投資家と起業家、起業家と企業担当者のマッチングを効率的に実現することは、Pioneersが注力しているポイントの一つだ。

確かに、筆者の周囲の人々の意見を伺う限りは、スタートアップイベントがリピーターを失う原因の一つに「イベントが大きくなりすぎる」という点がある。つまり、参加者層が広がりすぎると、出会いたい人に出会える機会が減ってしまうのだ。

PionnersのCEO・コーファウンダーのAndreas Tschas氏
PionnersのCEO・コーファウンダーのAndreas Tschas氏

この点に関して、Pioneersは質の良いマッチングができるように気を配っており、参加者は回を重ねても2500人〜3000人に収まるように調整している。「量よりも質をとっています」とTschas氏は言う。

参加者の質を保つために、主催者は「Pioneers Challenge」というプログラムを通じてスタートアップを募り、選考を突破したスタートアップでなければ参加できないようにしている。今回は500のスタートアップ枠に対して、4000の応募があったそうだ。また、7つの領域ごとにスタートアップを分けて、特定領域のスタートアップの数が偏らないようにしている。

こうして選ばれたスタートアップ約500社、300名ほどの投資家、その他企業担当者や政府関係者、メディアなども集めて、参加者の属性がバランス良くなるように考慮されている。

また、人と人をつなげるという点に関しては、オンラインのマッチングシステムも導入しており、参加者だけがログインできるページから、会いたい人に事前にメッセージを送ってミーティングをアレンジすることも可能だ。二日間という限られた時間を参加者が最大限に活用できるような工夫が凝らされている。

そして、会場内のレイアウトも、個別ミーティングに使えるスペースにかなりの場所が割かれている。

オープンな会話を促進するための、カジュアルな雰囲気づくり

「伝説のVC」Tim Draper氏は、「スタートアップを励ます歌」を壇上で熱唱した。
TeslaやTwitter、Skypeに投資をした VC、DFJのファウンダーTim Draper氏は「スタートアップを励ます歌」を壇上で熱唱した。

もう一点、イベントづくりにおいて気をつけていることとして「参加者同士がオープンな会話ができるように、リラックスできる、カジュアルな雰囲気をつくることも大切です」とTschas氏は言う。

「カジュアルな雰囲気づくり」という点では、確かにPioneersは秀逸だ。まず、各会場は照明や音響に工夫がこらされていて、特にメイン会場はコンサート会場のようだ。

気の利いたジョークを挟んでテンポよくプログラムを進行する司会、プログラムもエンターテイメントの要素が取り込まれている。シリコンバレーの著名投資家Tim Draper氏が「スタートアップを励ます曲」を壇上で熱唱したり、生体チップをその場で手首に埋め込む実演デモがされたりと、聴衆が飽きないようにうまく練られている。こうした「楽しさ」は、参加者同士の心理的な距離を縮める上で重要だ。

オーストリア首相も登壇「スタートアップと協力することが大事だ」

会場は宮殿だ。シャンデリアで装飾された華やかな内装がスタートアップ色に染まった。
会場は宮殿。シャンデリアで装飾された華やかな内装がスタートアップ色に染まった。

Pioneersが立ち上げられたのは2012年のこと。「テクノロジーの力で個人の力が強まっている時代において、もっと起業家と企業が結びつく機会があるべきだと思った」とTschas氏は言う。起業家・スタートアップと投資家・企業を結びつけるプラットフォームとして誕生したPioneersは、年々進化を遂げてきた。

中でも今年のプログラムの目玉の一つはオーストリア首相の登壇だった。今月5月17日に就任したばかりのクリスティアン・ケルン首相は初めて公の場に姿を表す場所として、スタートアップイベントを選んだ。「失業率を下げ、競争力を高めるためには、スタートアップと協力することが大事だ」と首相が壇上で話すと、会場からは大きな拍手がわいた。

「今ここで約束をしてくれませんか? さらに私たちとの議論を深めるために、来年もまたPioneersに来てくれませんか?」とTschas氏がステージ上で首相に嘆願すると、首相は「分かった。だが、議論を深めるためになぜ1年待つ必要があるんだ?」と巧みに回答する一幕もあった。

今年は3月に東京で「Pioneers Asia」が開催され、アジアにもそのネットワークを広げているが「ぜひ、次回東京でPioneersを開催した際には、安倍首相にも来てもらいたい」とTschas氏は意気込む。

ここ1、2年では、世界中で良いスタートアップを発掘する取り組み「PIoneers Discover」が始まったり、スタートアップにシード投資をする「Pioneers Ventures」がローンチしている。Pioneersは、イベントを超えてその活動とネットワークを拡大し続けている。

以下は今回のイベントの様子だ。また、会場で出会った個々の起業家・スタートアップの話は、後ほど別途お届けしたい。

ARアプリを開発するBlipper
ARアプリを開発するBlipper
スタートアップに必要なノウハウを学ぶ「Academy」の部屋
スタートアップに必要なノウハウを学ぶ「Academy」の部屋
Product HuntのAndreas Klinger氏とBinary Capitalの Jonathan Teo氏のセッション
Product HuntのAndreas Klinger氏とBinary CapitalのJonathan Teo氏のセッション
スタートアップのピッチブース
スタートアップのピッチブース
会場入り口
会場入り口

pioneers2016 - 9

pioneers2016 - 13

スポンサー企業のブースエリアも多くの人でにぎわう
スポンサー企業のブースエリアも多くの人でにぎわう
参加者のエネルギー補充のためにドリンクや軽食も常に提供されていた
参加者のエネルギー補充のためにドリンクや軽食も常に提供されていた

pioneers2016 - 15

pioneers2016 - 14

----------[AD]----------

ウィーンから初上陸するスタートアップ・カンファレンス「Pioneers Asia」の見どころ

SHARE:

昨年から今年にかけて、ヨーロッパ発のいくつかのスタートアップ・カンファレンスがアジアに拡大し始めている。昨年はフィンランドの Slush が Slush Asia を初開催し3,000人以上の参加者を集めた。また、アイルランドのダブリン(今年からはポルトガルのリスボン)で開催されている WebSummit は初のアジアイベントとして、昨年、RISE を香港で開催した。そして、オーストリアを起点とす…

announcing-pioneers-asia-2016_featuredimage
Pioneers Festival 2015 の模様(撮影:池田将〜2015年5月・ウィーン)

昨年から今年にかけて、ヨーロッパ発のいくつかのスタートアップ・カンファレンスがアジアに拡大し始めている。昨年はフィンランドの Slush が Slush Asia を初開催し3,000人以上の参加者を集めた。また、アイルランドのダブリン(今年からはポルトガルのリスボン)で開催されている WebSummit は初のアジアイベントとして、昨年、RISE を香港で開催した。そして、オーストリアを起点とするカンファレンス Pioneers Asia が23日、東京で開催される予定だ。

ヨーロッパのカンファレンスの中には、趣向を凝らして現地の古城や宮殿で開催されるものが少なくない。Pioneers は本家ウィーンでは、オーストリア建国の祖・ハプスブルク家が誇るホーフブルク宮殿を会場にして開催されているが、それにならって、東京では日本古来の情緒が体験できる場所として八芳園を会場に選び開催することにしたのだそうだ。

announcing-pioneers-asia-2016_broaderview
ウィーン本家のイベント会場はホーフブルク宮殿(撮影:池田将〜2015年5月・ウィーン)

Pioneers は昨年から、東京で Pioneers 本戦のピッチ・コンペティションに参戦できる予選を開催していたが、それが今回の Pioneers Asia の開催につながったと言える。Pioneers Asia には、オーストリアの科学研究経済担当長官 Harald Mahrer 氏や、ウィーン市長市議会上級議員の Renate Brauner 氏も来訪し講演する予定だ。昨年来、ロンドンパリなど、ヨーロッパの主要都市の市長の来日が相次いでいるが、今回の Pioneers Asia の開催もヨーロッパ諸国で日本のスタートアップ・シーンへの期待が高まっていることの表れと考えてよいだろう。

announcing-pioneers-asia-2016_harald mahrer
オーストリアの科学研究経済担当長官 Harald Mahrer 氏 (撮影:池田将〜2015年5月・ウィーン)
announcing-pioneers-asia-2016_renate-brauner
ウィーン市議会上級議員の Renate Brauner 氏 (撮影:池田将〜2015年5月・ウィーン)

Pioneers Asia での講演者の一例を挙げておくと、THE BRIDGE でもおなじみの豪華な顔ぶれだ。

  • Matt Mullenweg 氏(Wordpress) ・・・ 関連記事
  • Dirk Ahlborn 氏(Hyperloop) ・・・ 関連記事
  • Laurens Rutten 氏(Coolgames) ・・・ 関連記事
  • Brian Wong 氏(Kiip) ・・・ 関連記事
  • Jung-Hee Ryu(류중희)氏(Futureplay) ・・・ 関連記事
  • Cyril Ebersweiler 氏(Hax) ・・・ 関連記事
  • Vinnie Lauria 氏(Golden Gate Ventures) ・・・ 関連記事

THE BRIDGE でも現地レポートをお届けする予定なので乞うご期待。

<関連記事>

----------[AD]----------

オーストリア最大のスタートアップ・カンファレンス「Pioneers Festival」が、東京でメンタリング・プログラム「Pioneers Dojo」を立ち上げへ

SHARE:

オーストリア最大のスタートアップ・カンファレンス「Pioneers Festival」が2016年には初のアジア進出、3月23日には日経との共催により、東京で Pioneers Asia が開催されることが明らかになった。これと歩調を合わせる形で、東京ではメンタリング・プログラム「Pioneers Dojo」が展開される予定で、11月7日のプログラム開始に先立ち、エントリするスタートアップの募集が…

pioneers-dojo_featuredimage

オーストリア最大のスタートアップ・カンファレンス「Pioneers Festival」が2016年には初のアジア進出、3月23日には日経との共催により、東京で Pioneers Asia が開催されることが明らかになった。これと歩調を合わせる形で、東京ではメンタリング・プログラム「Pioneers Dojo」が展開される予定で、11月7日のプログラム開始に先立ち、エントリするスタートアップの募集が開始された。このプログラムでは、5ヶ月間におよぶメンタリングの後、デモデイが3月12日に設定されており、優秀な成果を収めたスタートアップには、Pioneers Asia の会場においてサービスを披露する機会が提供される。

Pioneers Dojo はもともと Pioneers Academy という名前で、Pioneers Festival の一部として経験が豊富ではない起業家やスタートアップにメンタリングを提供するイニシアティブとして機能してきた。Pioneers がアジア進出するのを機にブランドを改め、東京をはじめとするアジアから、オーストリアを中心とするヨーロッパへと進出するようなスタートアップを増やしたいという意気込みから、Pioneers Dojo にリブランドされることとなった。

メンターを務めるのは次の方々だ。

  • Frédéric Peyrot 氏(Japan Venture Show)
  • 木村忠昭氏(アドライト)
  • 田所雅之氏(Fenox Venture Capital)
  • 深田浩嗣氏(Sprocket)
  • Daniel Heffernan 氏(Stripe Japan)
  • Christiane Brew 氏
  • Eli Lyons 氏(Bisiu)
  • 藤井悠夏氏(Famarry)
  • Vickie Paradise Green 氏(Paradigm)
  • 渡邊ベンジャミン広司氏(96プロブレムズ)
  • Dave Branson Smith 氏(96プロブレムズ)

東京で Pioneers Dojo をリードするのは、Orange Fab Asia の運営でも知られる Orange Labs Japan でビジネスアナリストを務めるFrédéric Peyrot 氏だ。彼は2週間に一度のペースで、日本の起業家のインタビューを世界に発信するポッドキャスト・プログラム「Japan Venture Show」を手がけている。

日本では、インキュベータやアクセラレータがメンタリングを提供し、そのバッチの修了時にデモデイでメディアや一般ユーザに成果を披露するケースが一般的だったが、ヨーロッパや中東のスタートアップ・カンファレンスの事例を見ていると、ピッチ・コンペティションに先立って、メンタリング・プログラムが提供されるケースが増えている。トレーニングの機会にあふれるシリコンバレーは例外として、世界の多くのスタートアップ・コミュニティでは、スタートアップがサービスを露出するショーケース・イベントが増える一方で、肝心の新生スタートアップが増えないという問題に直面しているからだ。

今後、メンタリングやインキュベーション、ショーケース・イベントがタグを組み、セットで提供されることは多くなるだろう。

<関連記事>

----------[AD]----------

オーストリア最大のスタートアップ祭典「Pioneers Festival」が東京予選を開催、排便タイミング予測デバイス「D Free」が優勝

SHARE:

Pioneers Festival はオーストリア・ウィーンで毎年開催されるスタートアップ・イベントで、2011年の開始以来、今年で5回目を数える(今年の Pioneers Festival は5月28日と29日に開催)。 このイベントに日本から参加する代表チームを決める東京予選が今日 Impact HUB Tokyo で開催され、排便タイミング予測デバイスを開発する D Free が優勝した。入…

pioneers-festival-tokyo-2015-winner-featuredimage
優勝した D Free のチーム。東京〜ウィーン往復相当のマイレージが、日本航空から贈呈された。

Pioneers Festival はオーストリア・ウィーンで毎年開催されるスタートアップ・イベントで、2011年の開始以来、今年で5回目を数える(今年の Pioneers Festival は5月28日と29日に開催)。

このイベントに日本から参加する代表チームを決める東京予選が今日 Impact HUB Tokyo で開催され、排便タイミング予測デバイスを開発する D Free が優勝した。入賞者と他の参加スタートアップを見てみよう。

なお、審査員を務めたのは次の方々だ。

  • Nikola Pavesic, CEO at Justa.io
  • Vickie Paradise Green, Founder of Paradigm / Chairman of the board at Run for the Cure® (乳がん早期発見啓発活動推進協議会)
  • 株式会社アドライト CEO  木村忠昭氏
  • Shingo Potier de la Morandière, co-founder of Impact HUB Tokyo
  • Tim Romero, former Representative Director of Engine Yard, K.K. / Host of Disrupting Japan podcast

Impact Hub Community Award(1位):D Free(聴衆賞も受賞)

pioneers-festival-tokyo-2015-dfree-1

D Free は、排便タイミングを予測するウエアラブル・デバイスだ。超音波を使って腸内の便の大きさを計測、人が便意を感じるようになる仙骨が刺激されるまでの時間を予測してくれるので、ユーザはあわててトイレを探す必要がなく、便失禁の心配から解放される。健常者はもとより、パーキンソン病患者、身体障害者や高齢者など容易にトイレにたどりつけない人々が、おむつの利用をする必要が無くなり、人間が自身の尊厳を取り戻すのを助ける。

同社はプロトタイプを作成し、便の大きさ検出と排便タイミング予測が可能であることを実証済。個人差については、機械学習機能により精度が上がっていくしくみ。2016年 Q1 に自己利用ユーザに向けてマーケティングを開始、2016年Q3 には介護施設や病院での利用につなげたいとしている。

pioneers-festival-tokyo-2015-dfree-2

2位:Mister Suite

pioneers-festival-tokyo-2015-mister-suite-1

Mister Suite は、AirBnB に代表される宿泊施設の貸し出しホストや小規模旅館オーナー向けの業務代行サービス。ホストや旅館オーナーに代わって、問い合わせ対応、宿泊者への鍵の貸し出し、清掃作業などを提供する。東京オリンピックが開催される2020年には、海外から日本への2,000万人の観光客が訪れると推測されているが、一方でホテルの供給部屋数は毎年1,800室ずつしか増えておらず、年間370万人分の宿泊施設は不足する。一方、東京の住居などの未入居率は17%なので、Mister Suite は同社サービスの提供により、これらの空部屋を宿泊施設として活用されるのを促進したいと考えている。

予約管理のシステムが清掃の指示と連携しており、ある滞在客が退出した後、新たな客をいつ受け入れられるかなども自動的に計算され、予約受付ページに反映されるようになっている。将来は、小規模ホテル、旅館、温泉、他のシェアリング・エコノミー・ビジネスにも商圏を広げていきたいとしている。

pioneers-festival-tokyo-2015-mister-suite-2

3位:Wovn.io

pioneers-festival-tokyo-2015-wovn.io

Wovn.io は、JavaScript のコードを一行挿入するだけで、ウェブサイトを複数の言語に翻訳できるソリューションだ。世界には30億人のインターネット・ユーザがいるが、そのうちの70%は非英語話者とされる。Wovn.io は導入したウェブサイトは、これら非英語話者のユーザへのアクセスが可能になる(彼らのピッチは英語話者向け)。

9ヶ月前にローンチし、これまでに12万ページを翻訳。ウェブサイト・オーナーはメニューから機械翻訳にするか人間翻訳にするかが選べ、前者は Google 翻訳、後者は gengo によって翻訳される。現在、WordPress、Drupal など各種CMS への導入ができるしくみを開発中だ。

<関連記事>

以下は入賞しなかったものの、東京予選で雄弁なピッチを披露したスタートアップ・チームだ。

Tamecco

pioneers-festival-tokyo-2015-tamecco-1

Tamecco は、アマゾン・ドットコムで体験できるレコメンデーションなどのユーザ体験を、リアルの対面販売の世界に持ち込もうとするプラットフォーム。人工知能ローヤルティ・アプリを使って消費者行動を収集し、実店舗において商品のレコメンデーションの機能を提供、ユーザの好みや位置情報などに基づいて、店舗のオーナーは割引クーポンなどをアプリに配信できる。

美容院、リラクゼーション店舗、ラーメン店などのフランチャイズ店舗がターゲット。現在、吉野家、立ち食い寿司や、Re.Ra.Ku(リラク)などの一部店舗に導入している。iBeacon を使ってしくみでは Android ユーザをカバーできないが、Tamecco では iPhone ユーザも Android ユーザも100%捕捉できるとのこと。また、スマートフォンを持っているだけでよく、ユーザに能動的なアクションを求めないので、若年層のみならずシニア層にも使ってもらえるとしている。

pioneers-festival-tokyo-2015-tamecco-2

JANDI

jandi_screenshot

JANDI は企業向けのコミュニケーション・プラットフォームだ。この分野では Slack が有名だが、JANDI チームによれば、Slack は欧米で開発されたしくみであるため、必ずしもアジアのビジネス・シーンのニーズを反映していない。JANDI では東京、台北、ソウルにオフィスを持ち、それぞれの地域のユーザニーズを反映したプラットフォームを開発することで差別化を図りたいとしている。

同社は昨年11月、韓国の Softbank Ventures Korea 、中国の VC である Cherubic Ventures(心元資本)、韓国の Ticket Monster 代表シン・ヒョンソン(신현성)氏らから200万ドルを資金調達している。

<関連記事>

PAYGATE

pioneers-festival-tokyo-2015-paygate

PAYGATE はクレジットカードの決済システムを開発。Square やコイニーなどの決済サービスとは差別化路線をとり、ICチップが埋め込まれたクレジットカードの決済を取り扱うなど、より高い信頼性や安全性が求められる大企業での決済需要をターゲットにしている。PCI-DSS 認証を受けた決済SDKも提供しており、カード決済機能を含むアプリを開発するデベロッパは、このSDKを使うことで PCI-DSS 認証を省くことができ開発工期を短縮することができる。

FlashTouch

pioneers-festival-tokyo-2015-flashtouch-1

NFC を使った認証システムや決済システムは、OS のバージョンが一定以上でないと使えなかったり、それぞれのシステムに合ったアプリを導入する必要がある。FlashTouch は、どんなスマートフォンにも搭載されているウェブブラウザを使って、光の点滅によってユーザ情報を店舗などに配置されたデバイスに伝達、モバイル決済、個人認証、カギ認証などを可能にする。特許取得済みの技術を利用しており、(店舗などデバイスを配置する側の)1IDあたり1ヶ月20ドルで提供される。

pioneers-festival-tokyo-2015-flash-touch-2

Odigo

pioneers-festival-tokyo-2015-odigo

Odigo は海外から日本に来る旅行者向けの旅行計画・旅行体験共有プラットフォーム。地元に住む写真家や作家によって、観光スポットが紹介される。観光振興事業を行っている都道府県や市区町村の宣伝予算を獲得してマネタイズする計画。

Zest

pioneers-festival-tokyo-2015-zest-1

Zest は、各種業界向け派遣作業担当者の行動予定表自動化システムを開発。現在、建物検査業界で市場テストを行っている。導入費10万ドル、月額料金2,000ドルと、業界標準の同様のシステムの約10分の1で利用できるのが最大の特徴。アジア諸国への展開のため、シンガポールでのオフィス開設を計画している。

pioneers-festival-tokyo-2015-zest-2

Swingnow

pioneers-festival-tokyo-2015-swingnow

メッセージのやりとり、カレンダー管理、連絡先管理の効率化を追求するプラットフォーム。Swingnow は Swingmail(メッセージング)、Swingcal(カレンダー管理)、Swingbook(連絡先管理)の3つのアプリで構成されており、英語圏ではすべてが公開済。日本では昨日、Swingmail が公開された


pioneers-festival-tokyo-2015-judges
審査員とのQ&Aセッション
pioneers-festival-tokyo-2015-andreas-tschas-andre-casaclang
Pioneers Festival 設立者の Andreas Tschas(右)と、東京予選オーガナイザーの Andre Casaclang(左)
----------[AD]----------